現在 岩下志麻に関するニュース

時代劇研究家・春日太一氏が選ぶ「心震える大河ドラマ」TOP5

NEWSポストセブン / 2016年08月21日07時00分

現在放送中の大河ドラマ『真田丸』は好評を博しているが、歴代最高の大河ドラマはどの作品なのか? 時代劇研究家・春日太一氏とともに50年超の放送史を振り返り、名作を完全ランキング化した。春日氏が選んだベスト10の中から、1位~5位の作品を春日氏の寸評(「」内)とともに紹介しよう。【1位『独眼竜政宗』(1987年)】主演/渡辺謙(伊達政宗)、原作/山岡荘八、脚本 [全文を読む]

「武勇伝のように語っている」坂上忍、初体験のお相手は意外すぎる大物女優だった!?

サイゾーウーマン / 2014年05月21日13時00分

プライベートでは、2003年に元スチュワーデスの女性との離婚を経て、現在は30代の一般女性との半同棲を公にしているが、そんな坂上が“本当の初ロマンス”を迎えたのは、ある意外すぎるベテラン女優だったという。ネット上では「共演NG」という説もあるその人物だが、裏には知られざるこんな逸話が存在していたようだ。 坂上といえば「ブスが嫌い」をはじめとする、歯に衣着せ [全文を読む]

料理、洗濯は夫、掃除は業者…観月ありさが「16億円豪邸生活」で失った“代償”

アサ芸プラス / 2016年11月10日17時58分

お金持ちアピールは、現在流れている鍋のCMやサザエさん役にはそぐわないと思います」 神田うののように“セレブ生活”を前面に押し出し過ぎて、反感を買わないように。“口は禍の元”を忘れないでほしい。 [全文を読む]

週プレ創刊50周年!で、レアなバックナンバーの高額ランキングは?

週プレNEWS / 2016年10月20日06時00分

というわけで、最後に週プレバックナンバーの高値ランキングを発表しちゃいたいと思います! (※2016年10月現在、ARATAMA新店での在庫・取扱価格となります) ★第1位 2万4000円 1970年5月12日号(No.18) 内容:今や泣く子も黙る大女優・岩下志麻のギリギリセミヌードグラビア7P。『極道の妻たち』で知られるが、週プレにご登場いただいてたん [全文を読む]

離婚と交際が同時発覚!“新・魔性の女”満島ひかりが妻より女優を選んだ理由

アサジョ / 2016年05月20日09時59分

こうしたなか“妻”を求められることに悩んだのかもしれません」(前出・芸能ジャーナリスト) 現在、「トットてれび」(NHK)で黒柳徹子役を好演している満島だが、一部では早くも“新・魔性の女”との呼び声も。女優として、女性として、今後どのように成長していくかが楽しみだ。(李井杏子) [全文を読む]

某大物俳優、連ドラ現場で若手イジメ降板…薬物・恐喝未遂で逮捕歴、撮影休止で多額損失

Business Journal / 2016年02月06日17時00分

現在、吉沢が演じている寿司職人役だが、当初は内田の役柄だったという。「ショーケンは共演者の好き嫌いが激しく、特に若手の俳優には難癖をつけるのが常です。183cmの長身でイケメンの内田に目をつけ、何かにつけて徹底的にいびった。『あいつ、なんだか独り言言ってて気持ち悪いんだよ』と、演技指導以外のことまで文句を言い始めた。プロデューサーにまで『こいつ、使えないか [全文を読む]

裕次郎、渡哲也…浅丘ルリ子が語る昭和大スターとの交遊録

WEB女性自身 / 2015年05月05日07時00分

現在は活動の場を舞台に移し、精力的に活躍している。 そんな浅丘さんが、昭和の大スタートたちとの華麗なる交遊録を語ってくれた。【石原裕次郎】「裕ちゃんは日活の1年後輩。日活から石原プロに6年間お世話になりましたし、仕事でもプライベートでも多くの面で支えになってくれました」【小林旭】「私が旭さんと付き合っていたのは20歳のころ。父の反対もあって結婚はできません [全文を読む]

向井理の元カノが「極妻」で鮮烈濡れ場を披露!

メンズサイゾー / 2013年03月13日14時00分

その原田が、6月に公開される映画『極道の妻たち NEO』で鮮烈な濡れ場を披露するが、現在発売中の「アサヒ芸能」(徳間書店)がその詳細を伝えている。 原田が演じるのは、主演の黒谷友香の宿敵で、過去に恋人のヤクザを刺殺されたあだ討ちに燃える姉御役。その恋人との熱い一夜を思い起こすシーンでは、騎乗位でたわわなバストを解禁。後ろにのけぞりながら感じるしぐさを見せ、 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(1)平均視聴率40%「独眼竜政宗」が変えた大河の歴史

アサ芸プラス / 2013年03月12日09時54分

政宗のヒットはそんな時代の変わり目を、うまく捉えることができたのが理由でしょう」 「政宗」はNHKが行った「もう一度観たいあの番組」でも大河ドラマ部門で第1位を獲得するほど、“記録”だけでなく“記憶”にも残る名作となり、現在の大河ドラマのベースとなっている。 「『政宗』が始まった頃は、大河ドラマの視聴率が悪く、もう大河ドラマはやめようという声がNHK局内で [全文を読む]

フォーカス