大学 菊池桃子に関するニュース

浜崎あゆみがカリスマ性を維持するために“先生”を目指している!?

アサ芸プラス / 2017年05月18日17時59分

「どうやら浜崎は『大学教授』という新たなブランドを手に入れたいようなのです。芸能人が大学の教授職に就く例は増えており、菊池桃子は戸板女子短大の客員教授に、スチャダラパーのBOSEは京都精華大学の特任准教授に就任しています。ただ“カリスマ”にこだわる浜崎は、よりブランド力のある大学を狙っている様子。第一候補は慶應義塾大学との噂もありますが、先方から相手にされ [全文を読む]

菊池桃子 アイドル時代から「大学進学のため勉強は欠かさず」

WEB女性自身 / 2015年01月09日07時00分

両親のアドバイスを受けて高校では大学進学を視野に入れて、進学コースを選んで勉強にも力を入れました。おかげで赤点を取るようなことはなかったですね(笑)」 3年前から母校・戸板女子短期大学で客員教授も務めている菊池。トップアイドルという、多忙な中でも欠かさなかった勉強の日々は、40代を過ぎて大きな実を成らせている――。 [全文を読む]

剛力彩芽、男前な学ラン姿披露 15年ぶり柳葉敏郎主演ドラマに出演

モデルプレス / 2014年06月13日11時02分

今作は商社に勤務するごく普通の50歳の中年サラリーマンが社長からリストラの代わりに命じられたのが、廃部寸前の大学応援団への出向だったという人間ドラマを描く。 その主人公・藤巻大介を柳葉、翌檜大学3年生で古い体質の男社会に嫌悪感を持つフェミニズム論客であるヒロイン・松下沙耶を剛力が演じる。そのほか、応援団の気質をこよなく愛し、大介を熱血指導する世田谷商科大学 [全文を読む]

<Hey! Say! JUMP伊野尾慧インタビュー>デビュー10周年で掴んだ映画初主演 実写化の大役担うも「楽しくやれるのが1番」“変わらない”スタンス

モデルプレス / 2017年05月19日08時00分

僕はその間、大学で勉強できたことがすごく良かったと思っています。 ― 伊野尾さんが『ピーチガール』で主演すると決まった時、メンバーの反応はいかがでしたか? 伊野尾:メンバーは、僕のことを中学生くらいから知っているので、「え!?伊野尾がそんな作品をやるの!?」って驚きのリアクションでしたね(笑)。それぞれがそれぞれの向き合い方でお芝居をやっているので、誰かに [全文を読む]

菊池桃子 同世代に「まだいける」と思ってほしいから勉強続行

NEWSポストセブン / 2016年01月11日07時00分

娘の障害をきっかけに大学院でキャリア論を学び、今もずっと大学の研究室で勉強を続けていますが、どうも私は学ぶことが好きみたいで(笑い)。でも同世代のかたがたも「菊池桃子が勉強しているんだったら、私もまだまだいけるんじゃないか」って思ってもらえるんじゃないかなとも思っています。 私も同年代の女性たちから美容、教養、仕事などさまざまな影響を受けているので、私自 [全文を読む]

民間議員抜擢の菊池桃子 子育て・介護・仕事の「総活躍」

NEWSポストセブン / 2015年10月30日07時00分

「あの頃のアイドルは仕事の合間に学校に行くという感じだったのに、菊池さんは大学進学を視野に入れて、地方でのキャンペーン活動も土日に限定していたんです」(芸能関係者) 4枚目のシングル『卒業―GRADUATION』から7曲連続でオリコン1位を記録。一躍トップアイドルの座へと駆け上ると、1995年にプロゴルファーの西川哲(47才)と結婚、長男(19才)と長女 [全文を読む]

森川美穂 アイドルデビューから29年…大学准教授への意外な転身

WEB女性自身 / 2014年11月06日19時00分

あれから29年……彼女は現在、大阪芸術大学演奏学科准教授としてヴォーカル実技を指導しているという。「’07年に非常勤講師で始めて、今年で8年目になります。教えるということは難しいですね。今の学生はいわゆる“ゆとり世代”ですから。彼らのダメなところを頭ごなしに否定せず、なぜできないのか、どうしたらいいのかを考えてもらうようにしています」音楽番組「ザ・トップテ [全文を読む]

剛力彩芽を救った“応援” 活躍を支える言葉とは モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2014年07月15日16時00分

同作は中年サラリーマンの主人公・藤巻大介(柳葉敏郎)がリストラを免除する代わりとして大学応援団に出向を命じられ、奮闘する人間ドラマ。その中で剛力は古い体質の男社会に嫌悪感を持つヒロイン・松下沙耶を演じ、大介や暑苦しい応援団OBとぶつかりあっていく。ほか風間俊介、高畑充希、大内田悠平、飯豊まりえ、菊池桃子、西田敏行(特別出演)、森口瑤子、ほんこん、反町隆史な [全文を読む]

打ち切りは既定路線?フジ『ノンママ白書』が2%台突入の惨状

デイリーニュースオンライン / 2016年09月07日12時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

株主総会でも総叩き?フジ新ドラマ『ノンママ白書』に非難殺到のワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月02日13時05分

大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

フォーカス