投手 久保裕也に関するニュース

中日・堂上、日本ハム・大野が抹消…オリ・杉本は今季初昇格 9日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年09月09日13時10分

<9月9日の公示情報> ※13時現在 ※再登録=9月19日以降 ■ 北海道日本ハムファイターズ -登録- 49 公文克彦 / 投手 =抹消= 27 大野奨太 / 捕手 ■ 千葉ロッテマリーンズ -登録- 34 土肥星也 / 投手 =抹消= 23 酒居知史 / 投手 ■ 東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 38 西宮悠介 / 投手 =抹消= 91 久保 [全文を読む]

【9月7日プロ野球全試合結果】広島が6連勝で優勝マジック8、西武・菊池雄星が完封で14勝目、ヤクルトが連敗を9でストップ

サイクルスタイル / 2017年09月07日23時11分

投げては、2番手の九里亜蓮投手が今季7勝目。敗れた阪神は、先発の秋山拓巳投手が5回6失点と誤算だった。 西武、菊池雄星が完封で14勝目…ロッテは打線が沈黙 西武は9月7日、メットライフドームでロッテと対戦。先発の菊池雄星投手が9回10奪三振無失点の快投を見せ、3-0で勝利した。 西武は0-0で迎えた2回裏、打撃好調の山川穂高内野手が今季第15号のソロ本塁 [全文を読む]

【7月30日プロ野球全試合結果】巨人がサヨナラ勝ち、中日が連敗を7でストップ、西武が怒濤の9連勝

サイクルスタイル / 2017年07月30日22時23分

投げては、5番手で登板したカミネロ投手が今季初勝利。敗れたDeNAは守護神・山崎康晃投手が誤算だった。中日が連敗を7でストップ…八木智哉が6回無失点で今季初勝利中日は7月30日、ナゴヤドームで阪神と対戦。先発の八木智哉投手が6回無失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、7-0で勝利した。中日は0-0で迎えた2回裏、走者二塁の好機を作ると、福田永将内野手が適時 [全文を読む]

ソフトバンク・内川が抹消 3日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年06月03日13時19分

<6月3日の公示情報> ※再登録=6月13日以降 ■ 福岡ソフトバンクホークス -登録- 36 牧原大成/内野手 =抹消= 1 内川聖一/外野手 ■ 東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 91 久保裕也/投手 =抹消= 60 古川侑利/投手 ■ 広島東洋カープ -登録- 19 野村祐輔/投手 95 バティスタ/内野手 =抹消= 40 磯村嘉孝/捕手 5 [全文を読む]

【7月23日プロ野球全試合結果】DeNA・筒香嘉智が劇的サヨナラ弾、西武が同一カード3連勝、阪神・メッセンジャーが10勝目

サイクルスタイル / 2017年07月23日22時44分

投げては、先発の石川歩投手が7回途中1失点の好投を見せて今季2勝目。リリーフ陣もソフトバンク打線を無失点に抑える好投を見せた。敗れたソフトバンクは、先発の中田賢一投手が5回途中3失点。打線は好機を生かせなかった。■楽天、前日3連発のアマダーがサヨナラ弾…オリックス・西勇輝は終盤に崩れる楽天は7月22日、Koboパーク宮城でオリックスと対戦。前日3連発を放っ [全文を読む]

【プロ野球】切り札は最後にやってくる! 2月に各球団が「駆け込み補強」した新戦力をチェック?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月18日17時05分

■ラファエル・ドリス ■阪神 ラファエル・ドリス 投手/29歳/右投右打 昨季も阪神で34登板、防御率2.12の好投を見せたドリス。10月に右ヒジ手術を受け、一時は自由契約になったが、劇的な回復力で阪神が再契約。以前と変わらぬ球威を示し、開幕は守護神を任せられそうだ。 ■大松尚逸 ■ヤクルト 大松尚逸 内野手/34歳/左投左打 再生工場・ヤクルトに新たな [全文を読む]

楽天、投打がかみ合い日本ハムに快勝…松井裕樹が3年連続30セーブ

サイクルスタイル / 2017年09月07日22時34分

投げては、3番手の久保裕也投手が今季3勝目。敗れた日本ハムは、先発の有原航平投手が6回途中6失点と誤算だった。 また、最後を締めた楽天の守護神・松井裕樹投手が今季30セーブ目。3年連続30セーブを達成した。 [全文を読む]

【プロ野球】松坂大輔がソフトバンク入り…豪華すぎる松坂世代の軌跡

デイリーニュースオンライン / 2014年12月05日16時50分

メジャーリーグのニューヨーク・メッツからFAとなった松坂大輔投手(34)の、福岡ソフトバンク・ホークス入りが決定。3年総額12億円、背番号はプロ入りからボストン・レッドソック ス時代まで背負っていた18番だ。 そこで、平成の怪物と評される松坂大輔の原点を振り返ってみたい。 松坂大輔の名が全国に轟いたのは、横浜高校3年の1998年。MAX152キロの剛速球と [全文を読む]

浅尾だけじゃないッ 「過労死ストッパーたち」の断末魔!(1)

アサ芸プラス / 2012年05月29日10時59分

交流戦で盛り上がりを見せている一方、中日の浅尾やソフトバンクのファルケンボーグなど、救援投手たちの戦線離脱が相次いでいる。理由は昨年から導入された「飛ばないボール」こと、統一球。投高打低で接戦が続き、それが登板数激増につながり、救援陣は“過労死”寸前だ。 肉体だけでなく精神的疲労も 高木守道新監督(70)の下、セ・リーグ首位争いを演じている中日ドラゴンズ。 [全文を読む]

「1位予想」評論家の皆さん、原巨人はそれでも優勝デスカ?(2)久保の離脱で厳しいチーム運営

アサ芸プラス / 2012年04月18日10時59分

投手陣のコントロールが定まらず、打撃陣も1本が出ない。1本が出ないからピッチャーに負担がかかる。まさに負のスパイラルです」 巨人といえば、開幕投手で昨シーズン最多勝(18勝)の内海哲也(29)をはじめ、11勝で新人賞を獲得した澤村拓一(24)、ソフトバンクから移籍組の杉内にホールトン(32)が先発ローテーションに名前を連ねる、いわば“投手王国”でもある [全文を読む]

【プロ野球】大松尚逸(ヤクルト)、田中浩康(DeNA)ら「戦力外通告→他球団テスト→移籍」組はどうなった?

デイリーニュースオンライン / 2017年09月15日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■投手編 久保裕也(楽天、DeNAから移籍) 27試合:3勝1敗/0セーブ/防御率3.60 柳瀬明宏(阪神、ソフトバンクから移籍) 2試合:0勝0敗/0セーブ 防御率43.20 巨人時代は中継ぎとして実績を残した久保裕也(楽天)。2011年は67試合に登板し防御率1.17の好成績も残してい [全文を読む]

日本ハムが楽天との延長戦を制す…レアードが値千金の決勝打

サイクルスタイル / 2017年08月25日23時28分

投げては、5番手の増井浩俊投手が今季4勝目。敗れた楽天は打線が粘りを見せるも、5番手で登板した久保裕也投手が誤算だった。 [全文を読む]

楽天が連敗を3でストップ…聖澤諒が土壇場で起死回生の逆転打

サイクルスタイル / 2017年07月30日18時13分

投げては、5番手で登板した久保裕也投手が今季2勝目。敗れたオリックスは、3番手で登板した黒木優太投手が誤算だった。 [全文を読む]

楽天、前日3連発のアマダーがサヨナラ弾…オリックス・西勇輝は終盤に崩れる

サイクルスタイル / 2017年07月23日17時23分

投げては、3番手の久保裕也投手が今季初勝利。敗れたオリックスは、先発の西勇輝投手が7回まで無失点に抑える好投を見せるも、終盤に楽天の一発攻勢の前に沈んだ。 [全文を読む]

【プロ野球】テレビ特番がゴールじゃない! トライアウト合格者たちのオープン戦成績を検証!!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月28日16時05分

昨年11月に甲子園球場で行われたトライアウトは、投手42人、野手23人の合計65人が参加したが、合格者は3人のみという結果となった。 (※トライアウトを経ていない、自由契約からの移籍選手は除く) 近年ではトライアウトに至るまでの経緯と、選手をとりまく状況をドキュメントするテレビ番組が放送されていることもあって、通常の移籍組よりもちょっと選手に感情移入して [全文を読む]

久保裕也に新垣渚…松坂世代の生き残りが合同トライアウトで足掻いた胸中とは

週プレNEWS / 2016年11月29日06時00分

阪神甲子園球場で行なわれた「プロ野球12球団合同トライアウト」に投手42人、野手23人が集結した。 この日、結果を出したからといって、来季の契約が約束されるわけではないが、それでもやるしかない。男たちの熱き1日に密着した。 * * * 3年連続で雨に祟られていた昨年までとは打って変わり、晴れ渡る青空の下、最高気温20℃というかつてない“熱さ”のなかでの開催 [全文を読む]

楽天 久保 3年ぶり東京Dで白星「今だから言うんですけど、東京ドームのマウンドが一番嫌い」

スポニチアネックス / 2017年09月07日22時26分

◇パ・リーグ 楽天6―4日本ハム(2017年9月7日 東京D) 楽天の久保裕也投手が好リリーフで移籍後3勝目を挙げた。東京ドームでも勝利は巨人時代の14年8月22日・中日戦以来、3年ぶりだった。 2点差の5回2死三塁の場面から3番手で登板。先頭の中田に四球を与えてしまい、「ヤバイと思った」と振り返ったが、続くレアードをスライダーで左飛。6回はきっちり3者凡 [全文を読む]

輝いていた松坂世代は今…悲喜こもごもの野球人生

週プレNEWS / 2015年09月26日06時00分

年俸5億円と投手としては球界最高を誇るが、契約最終年となるこのオフの減俸は免れない。 その杉内とホークス時代はダブルエースとして活躍したカブスの和田毅(つよし)は2012年の渡米以降、故障につきまとわれている。今季も左肩の度重なるケガで故障者リスト入りしており、メジャー生き残りへの見通しは明るくない。 今季、オリックスにFA移籍したかつての打点王・小谷野栄 [全文を読む]

開幕前に覚えておきたい“プロ野球”ツウになれる厳選裏ネタ(1)「“知られざる巨人軍”編」

アサ芸プラス / 2014年03月11日09時57分

「田中邦衛などのものまねで投手陣のハートをワシづかみにしています。『こんな明るいやつだったのか』と投手陣は大喜びで、さらに久保と漫才コンビまで結成して、周囲を笑わせているんです」(巨人番記者) 大竹がボケで、久保がツッコミだという。味を占めた久保が「M・1に出よう」とまで口にしているそうだ。 ■杉内俊哉が福岡を恋しがっている 杉内は昨年、日本シリーズで“ [全文を読む]

巨人の大竹奪取に広島が“プロテクト漏れ選手”獲得で倍返し!(1)

アサ芸プラス / 2013年12月10日09時57分

だから今季、4人の2桁勝利投手を出しましたが、唯一、貯金ゼロの大竹に対する評価は単年で推定1億4000万円だった。それが嫌なら出ていっていいよということだったようです。大竹が抜けた穴は150キロの豪腕ルーキー・大瀬良大地(22)で埋まると見ています」 広島はすでに大竹を見限っていたようだが、迎え入れる巨人内部からさえ不安を口にする声が上がっているという。 [全文を読む]

フォーカス