現在 宮崎駿に関するニュース

愛知以外にも「ジブリパーク」誕生の可能性はあった!? 狭山丘陵の「トトロの森」、幻となった福岡の「トトロの街」とは

おたぽる / 2017年06月07日20時00分

この「ジブリパーク」は現在の土地をそのまま活かし、新たな施設はパビリオンの跡地10箇所に建設されることになるそうだ。「トトロのふるさと村」以外に、どのような施設が造られることになるのか。詳細が明らかにされていけば、Twitterでの大喜利は今回よりも落ち着いたものになりそうではある。 最近の宮崎駿監督と地方における関わりをあげると、沖縄県・久米島で、子ど [全文を読む]

やっぱり? スタジオジブリ・宮崎駿監督、長編映画復帰へ そのせいでヤフトピが皮肉な並びに!?

おたぽる / 2017年02月24日20時40分

また、現在宮崎が制作している短編アニメーション『毛虫のボロ』もまだ制作途中(CGアニメの制作には、石井朋彦氏がプロデューサーを務める制作会社クラフターも参加)。『NHKスペシャル 終わらない人 宮崎駿』では、初めて挑むCGでのアニメ制作に宮崎が悪戦苦闘している姿も映し出されていた。次回長編がCGなのか手描きなのかは不明だが、どちらを選んでもかなりの苦労があ [全文を読む]

『君の名は。』大ヒットで新海誠も“ポスト宮崎”!? 細田、庵野……“ポスト宮崎”といわれたクリエーターたち

おたぽる / 2016年09月22日21時00分

なお、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが「日本アニメの後継者」と名言するのは、その宮崎吾朗ではなく、『エヴァンゲリオン』シリーズを手掛け、現在『シン・ゴジラ』が大ヒット中の庵野秀明。 [全文を読む]

ため息が出るほど美しい!ジブリ映画の舞台にもなった絶景まとめ

TABIZINE / 2016年02月19日16時00分

現在も結核と戦った人々の資料が残っています。長野に訪れた際には、立ち寄ってみると勉強になるはずですよ。 崖の上のポニョ 広島県 福山市 次は『崖の上のポニョ』です。広島県の福山市にある小さな港町、鞆の浦(とものうら)がイメージの1つになっていると言われています。 公式には映画の舞台ではないと否定されているそうですが、この町に滞在しながら監督は構想を練ったと [全文を読む]

<悪意で切り抜くメディアに疑義>宮崎駿監督アカデミー名誉賞の名スピーチに爆笑問題・太田の「的はずれな反論」

メディアゴン / 2014年12月07日03時49分

しかし、スタジオジブリは現在、スタッフの雇用方法を変え必要があるほどの赤字体質であると言われています。何故なら宮崎監督は、20代の頃に東映動画で労働組合で書記長まで務めた人です。儲けよりもアニメーターの労働条件を優先して守りたい、という考えが根底にあります。ジブリ作品は世界中で売れていても、決して大儲けにはなっていないようです。興行収益は全て固定費と次回製 [全文を読む]

ドワンゴ会長・川上量生「ニコニコ動画を健全な“出会いの場”にしたいんです」

週プレNEWS / 2013年12月02日06時00分

約2000万の動画がひしめく国内最大の動画投稿サイトである「ニコニコ動画」を生み、現在も数々の革新的サービスを送り出しているIT界の寵児、川上量生(かわかみ・のぶお)。その胸のうちには、意外な“社会的使命感”が秘められていた! *** 国内の代表的なIT企業のひとつに数えられる、株式会社ドワンゴ。この会社を20代で立ち上げ、東証一部上場にまで導いた若き企業 [全文を読む]

ソックリすぎる!! 『天空の城ラピュタ』の元ネタとは?

ハピズム / 2013年07月09日18時00分

なので、常に「現在」を「未来」の手段としてしか考えないため、荒廃しているのだ。 [全文を読む]

隣のあの子は、なんのプロ? 噂のNHKアプリの「意外な」使われ方

Forbes JAPAN / 2017年01月31日08時30分

現在、YouTubeにはこのアプリで作った動画が何万本もアップされています。音楽の著作権の問題で動画を掲載できるプラットフォームに制限があるため、正確な数は把握できないのですが、アプリのリリースから1年が経った今でも、毎日数千~1万本程度の動画が作られているようです。では、どういった場面でこのアプリが使われているのでしょうか? おそらく多くの場合は、忘年会 [全文を読む]

砂田麻美監督が語った誰も知らないスタジオジブリ

WEB女性自身 / 2013年12月12日00時00分

でも撮れば撮るほど、ある種の狂気を感じて……」そう語るのは、現在公開中の映画『夢と狂気の王国』の砂田麻美監督(35)だ。 ゼロ戦の設計者・堀越二郎と文学者の堀辰雄という実在の人物をモチーフにしたスタジオジブリ作品『風立ちぬ』は、宮崎駿監督引退というニュースも追い風となり、興行収入118億円を超えた。『夢と狂気の王国』はこの『風立ちぬ』製作の佳境であった昨秋 [全文を読む]

東浩紀、福島第一原発観光地化計画「“クールジャパン”ではなく“クールフクシマ”を!」

週プレNEWS / 2013年11月18日12時00分

そこに込められた、“危険すぎる思想”に迫る! ■不幸な出来事が文化を輝かせる 90年代より思想界の第一線に立ち、現在は自ら立ち上げた出版社「ゲンロン」を経営しながら、作家活動も行なっている東浩紀。そんな彼が、「福島第一原発観光地化計画」(以下、観光地化計画)というアイデアを得たきっかけは、1986年に原発事故を起こした旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ [全文を読む]

映画『海辺のリア』公開記念 仲代達矢×鈴木敏夫 黒澤明と小林正樹…2大映画監督との秘話

PR TIMES / 2017年06月16日11時01分

映画『海辺のリア』脚本・監督 小林政広/企画・制作 モンキータウンプロダクション)が現在公開中の仲代達矢。かつての大スターで、現在は認知症の疑いのある主人公を演じています。役者人生65年、現在84歳の仲代達矢がこの作品に込めた思いとは?また、日本映画界の2大巨匠・黒澤明と小林正樹との秘話も語ります。この模様は6月18日(日)にオンエアします。どうぞお楽しみ [全文を読む]

Hulu×クラフター 櫻木優平監督 スマートCGアニメーション 発表

PR TIMES / 2017年03月25日15時05分

現在、クラフターに在籍。クラフター企画・原作『ソウタイセカイ』概要[画像3: https://prtimes.jp/i/23394/10/resize/d23394-10-273288-1.jpg ] [全文を読む]

【大胆予想!】2020東京五輪・開会式を手がけるクリエイターたち

ガジェット通信 / 2016年08月13日14時00分

現在開催中のリオ五輪。ブラジルを代表する映画監督フェルナンド・メイレスが手がけた開会式はなかなかに圧巻な演出でしたね。そうなんです、競技が始まってしまうと代わり映えのしない五輪で、各国“独自のエンタメ力”が問われるのが開会式なのです。 となると、そろそろ気になってくるのは、2020東京五輪の開会式は誰がやるのか? 今回、長年エンタメ業界を取材してきた筆者の [全文を読む]

街道トラッカーズ 日光街道(3/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年08月01日09時00分

国の登録有形文化財・岸本家住宅主屋は現在カフェとして営業中 俺が陸送屋の時代、春日部から神奈川の厚木まで、都心経由と国道16号経由ではどっちが早く着くか、同僚のゾノと競争したことがあった。 結果、深夜帯だったにも関わらず、都心経由が1時間以上も早く、首都圏の外縁がいかに広大かを思い知らされた。 明治時代は魚屋で現在は酒店の永文商店 国道16号というのは、 [全文を読む]

【進撃の巨人のモデルはココだ!】世界に点在する驚きの城塞都市とは

IGNITE / 2014年11月15日10時40分

その当時のものが現在もほぼ完璧な状態で残されています。壁の高さはマンションの3階ほどの10メートルあり、外部からの侵入を防いでいました。今でも、城塞の中で普通に生活が営まれており、統一感のあると建物が見せる風景は圧巻です。■壁に囲まれた状態が見事に残る城塞都市カルカソンヌ(フランス)フランスの南部にあるのがカルカソンヌという城塞都市です。フランスでは、モン [全文を読む]

“宮崎駿監督が今の自分を作った” 『トイストーリー』監督、氏への熱い思いを吐露

NewSphere / 2014年10月29日18時24分

同氏は現在ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ、ピクサー・アニメーション・スタジオ両スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーだ。 講演では、日本のアニメ映画の巨匠、宮崎駿とその作品について映像を紹介しながら熱い思いが語られた。◆『カリオストロの城』に衝撃 ラセター氏は、1980年代のはじめ、ディズニーで働き始めた。入社当時、子供向けアニメを製 [全文を読む]

「映画界の損失」 スタジオジブリのアニメ撤退ニュース 海外からは驚きと悲しみの声

NewSphere / 2014年08月05日11時50分

スタジオジブリは4日、現在公開中の『思い出のマーニー』を最後に、アニメ制作から撤退、映画制作部門を一度解体することがわかった。宮崎駿監督の引退表明から1年足らずのニュースに、海外からは驚き惜しむ声が寄せられ、メディアも大きく報じている。 【次世代の環境作りのための再構築】 スタジオジブリの代表取締役でもある鈴木敏夫プロデューサーは、8月3日放送のTBS系「 [全文を読む]

若手監督が1年かけて探り当てたスタジオジブリの正体

WEB女性自身 / 2013年11月21日07時00分

でも撮れば撮るほど、ある種の狂気を感じて……」 そう語るのは、現在公開中の映画『夢と狂気の王国』の砂田麻美監督(35)。『夢と狂気の王国』は、宮崎駿監督作品『風立ちぬ』製作の佳境であった昨秋から9月に行われた引退会見までの約1年間を丹念につづり、宮崎駿監督、高畑勲監督、鈴木敏夫プロデューサーというジブリをけん引する“3人の王”の魅力をあますところなく伝えて [全文を読む]

「ガッチャマン」と「宮崎駿引退」にみる日本映画の終焉

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

これは現在、大々的に公開中の映画「ガッチャマン」を見た人の感想コメント。どんな駄作でもゴリ推しファンの投票で2.5点ぐらいにまでは持ち上げられるヤフーの5点満点ユーザー評価でも、9月2日現在で1.81という、まるで楽天の田中将大投手の防御率並みの数字を叩き出しているのだ。 では、なぜここまで酷評されるのか? 「それはあきらかに映画作りへの志の欠如に尽きると [全文を読む]

問題続出のフジテレビ『ワイドナショー』ダウンタウン松本人志「降りようと思っている」発言の深刻度

日刊サイゾー / 2017年06月10日19時00分

ただ、現在のフジテレビは『世界の何だコレ!?ミステリー』で「月は自転しない」と中学レベルの理科の知識を間違え、『ノンストップ!』においてネット情報をもとに「存在しない『ガリガリ君』の味」を取り上げてしまうなど、致命的なミスを連発している。もはや“大学生のコピペレポート”レベルの番組制作能力しかない現在のフジテレビに、松本の“警告”は届くだろうか? (文=平 [全文を読む]

フォーカス