現在 宮崎駿に関するニュース

押井守がたどり着いた「未来論=幸福論」という結論

lifehacker / 2017年05月23日10時00分

「そもそも過去があり、現在があり、未来があるという考え方は果たして本当に正しいのだろうか?」と最近僕は考えます。過去は記憶の中にしか存在しません。存在しないからこそ過去なわけですよね。では、未来ってなんだろうか? …人間の脳髄に宿った妄想以外の何物でもない。現実的に考えるならば、世の中には現在しかありません。現在を考えるよすが(手がかり)として過去が生み出 [全文を読む]

宮崎駿監督、「伝統芸」の引退撤回 検索候補に「勘弁してください」

J-CASTニュース / 2017年05月20日14時57分

5月20日現在、ヤフーの検索欄に、「宮崎駿」と入力すると、検索候補に 「宮崎駿 最後」「宮崎駿 新作準備」 などと上がる中、4番目には 「宮崎駿 勘弁してください」 とうんざりしたような「候補」が見受けられた。 過去の引退宣言については、その表現方法や公表方法(式典での本人発言か事務所の発表か、など)の違いはあるが、今回の「引退撤回」につながる(「風立ち [全文を読む]

やっぱり? スタジオジブリ・宮崎駿監督、長編映画復帰へ そのせいでヤフトピが皮肉な並びに!?

おたぽる / 2017年02月24日20時40分

また、現在宮崎が制作している短編アニメーション『毛虫のボロ』もまだ制作途中(CGアニメの制作には、石井朋彦氏がプロデューサーを務める制作会社クラフターも参加)。『NHKスペシャル 終わらない人 宮崎駿』では、初めて挑むCGでのアニメ制作に宮崎が悪戦苦闘している姿も映し出されていた。次回長編がCGなのか手描きなのかは不明だが、どちらを選んでもかなりの苦労があ [全文を読む]

『君の名は。』大ヒットで新海誠も“ポスト宮崎”!? 細田、庵野……“ポスト宮崎”といわれたクリエーターたち

おたぽる / 2016年09月22日21時00分

なお、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが「日本アニメの後継者」と名言するのは、その宮崎吾朗ではなく、『エヴァンゲリオン』シリーズを手掛け、現在『シン・ゴジラ』が大ヒット中の庵野秀明。 [全文を読む]

ため息が出るほど美しい!ジブリ映画の舞台にもなった絶景まとめ

TABIZINE / 2016年02月19日16時00分

現在も結核と戦った人々の資料が残っています。長野に訪れた際には、立ち寄ってみると勉強になるはずですよ。 崖の上のポニョ 広島県 福山市 次は『崖の上のポニョ』です。広島県の福山市にある小さな港町、鞆の浦(とものうら)がイメージの1つになっていると言われています。 公式には映画の舞台ではないと否定されているそうですが、この町に滞在しながら監督は構想を練ったと [全文を読む]

<悪意で切り抜くメディアに疑義>宮崎駿監督アカデミー名誉賞の名スピーチに爆笑問題・太田の「的はずれな反論」

メディアゴン / 2014年12月07日03時49分

しかし、スタジオジブリは現在、スタッフの雇用方法を変え必要があるほどの赤字体質であると言われています。何故なら宮崎監督は、20代の頃に東映動画で労働組合で書記長まで務めた人です。儲けよりもアニメーターの労働条件を優先して守りたい、という考えが根底にあります。ジブリ作品は世界中で売れていても、決して大儲けにはなっていないようです。興行収益は全て固定費と次回製 [全文を読む]

ドワンゴ会長・川上量生「ニコニコ動画を健全な“出会いの場”にしたいんです」

週プレNEWS / 2013年12月02日06時00分

約2000万の動画がひしめく国内最大の動画投稿サイトである「ニコニコ動画」を生み、現在も数々の革新的サービスを送り出しているIT界の寵児、川上量生(かわかみ・のぶお)。その胸のうちには、意外な“社会的使命感”が秘められていた! *** 国内の代表的なIT企業のひとつに数えられる、株式会社ドワンゴ。この会社を20代で立ち上げ、東証一部上場にまで導いた若き企業 [全文を読む]

ソックリすぎる!! 『天空の城ラピュタ』の元ネタとは?

ハピズム / 2013年07月09日18時00分

なので、常に「現在」を「未来」の手段としてしか考えないため、荒廃しているのだ。 [全文を読む]

隣のあの子は、なんのプロ? 噂のNHKアプリの「意外な」使われ方

Forbes JAPAN / 2017年01月31日08時30分

現在、YouTubeにはこのアプリで作った動画が何万本もアップされています。音楽の著作権の問題で動画を掲載できるプラットフォームに制限があるため、正確な数は把握できないのですが、アプリのリリースから1年が経った今でも、毎日数千~1万本程度の動画が作られているようです。では、どういった場面でこのアプリが使われているのでしょうか? おそらく多くの場合は、忘年会 [全文を読む]

砂田麻美監督が語った誰も知らないスタジオジブリ

WEB女性自身 / 2013年12月12日00時00分

でも撮れば撮るほど、ある種の狂気を感じて……」そう語るのは、現在公開中の映画『夢と狂気の王国』の砂田麻美監督(35)だ。 ゼロ戦の設計者・堀越二郎と文学者の堀辰雄という実在の人物をモチーフにしたスタジオジブリ作品『風立ちぬ』は、宮崎駿監督引退というニュースも追い風となり、興行収入118億円を超えた。『夢と狂気の王国』はこの『風立ちぬ』製作の佳境であった昨秋 [全文を読む]

フォーカス