舞台 宮沢りえに関するニュース

長澤まさみの舞台がお色気シーンでチケット高騰 1枚10万円も

NEWSポストセブン / 2017年01月30日07時00分

今まで舞台を見たことがないという人もこの“2つ”の舞台に続々と足を運んでいる。 長澤まさみ(29才)主演の『キャバレー』と宮沢りえ(43才)主演の『足跡姫~時代錯誤冬幽霊~』が話題だ。 「上演期間がかぶる上に、しかも双方が限界というくらいの濡れ場まで挑戦しているとあって比較されています。両方観に行く人も多い。本人たちも意識しているようです」(舞台関係者) [全文を読む]

“ヨルタモリ”で人気再燃中!宮沢りえの魅力とは?「試練を乗り越えつかんだ女優力」

アサ芸プラス / 2015年06月21日09時57分

03年に野田秀樹氏(59)演出の舞台「透明人間の蒸気」への出演をきっかけに、再び芸能活動への情熱を取り戻したのだった。 昨年公開の映画「紙の月」で、大学生との関係に溺れ、勤務先の銀行から多額の金を横領するパート主婦役を好演した宮沢。同作品の会見では、当時の思い出をこう振り返っている。「30歳で野田秀樹さんの舞台に立ち、自分の無力さを思い知った。このままでは [全文を読む]

急遽の代役で、評価うなぎ登りの「宮沢りえ」…女優魂どう思う?

NewsCafe / 2013年05月20日12時00分

4月9日から今月12日までの約1カ月、東京芸術劇場で公演されるとあって、多くの演劇ファンが注目していた舞台だった。しかし千秋楽も近づいた今月6日、重要な役どころを担っていた天海祐希が急病により入院。青天の霹靂に周囲の耳目が集まるなか、代役に抜擢されたのが宮沢りえだ。主演を務める野田の強い説得で代役を引き受けたという宮沢は、睡眠時間を削って稽古に励み、なんと [全文を読む]

急遽の代役で、評価うなぎ登りの「宮沢りえ」…女優魂どう思う?

NewsCafe / 2013年05月20日12時00分

4月9日から今月12日までの約1カ月、東京芸術劇場で公演されるとあって、多くの演劇ファンが注目していた舞台だった。しかし千秋楽も近づいた今月6日、重要な役どころを担っていた天海祐希が急病により入院。青天の霹靂に周囲の耳目が集まるなか、代役に抜擢されたのが宮沢りえだ。主演を務める野田の強い説得で代役を引き受けたという宮沢は、睡眠時間を削って稽古に励み、なんと [全文を読む]

“男前ナンバーワン女優”松たか子の人魚姿にファン歓喜! 井上真央には、「花燃ゆショック」を心配する声

おたぽる / 2016年02月08日12時00分

先月29日、東京芸術劇場で公演開始された舞台『逆鱗』に、松たか子が主演として登場。野田秀樹が作・演出・出演する「NODA・MAP」への出演は7年ぶりということで、ファンからは「待ってました!」「松さんを生で観られて幸せ!」と、歓喜の声が上がっている。 「舞台『逆鱗』は、人間のふりをして地上に現れた人魚が、海中水族館の『人魚ショー』で人魚のふりをした人間と出 [全文を読む]

天海祐希代役の宮沢りえを巡る野田秀樹と三谷幸喜のやり取り

NEWSポストセブン / 2013年05月16日07時00分

野田秀樹(57才)と三谷幸喜(51才)の初共作となった舞台『おのれナポレオン』の公演が終わると、いつも明るい天海の姿が誰の目にもおかしく映った。これまで経験したことのないだるさを感じ、公演中から苦痛と闘っていたという。都内の病院で精密検査を受けると「軽度の心筋梗塞」と診断された。その知らせは舞台の全関係者にすぐに知らされ、そのまま会議が行われた。 「三谷さ [全文を読む]

宮沢りえ 熱愛報道のV6森田剛と絆の「手つなぎ沖縄旅行」

WEB女性自身 / 2016年11月01日00時00分

お嬢さんはこの春から小学校に通われていて、月曜日は学校がありますから、シッターさんかお知り合いのところに預けて、2人でバカンスを楽しみに行ったのでしょう」(芸能関係者) 熱愛のきっかけは、8月9日から東京・シアターコクーンで上演されていた舞台『ビニールの城』での共演だった。ある舞台関係者は、こう説明する。 「この舞台は今年5月に亡くなった蜷川幸雄さんが演出 [全文を読む]

母急逝の宮沢りえ 悲しみ支えた大竹しのぶも92歳母を介護

WEB女性自身 / 2014年10月08日07時00分

9月30日、宮沢りえ(41)が出演する舞台『火のようにさみしい姉がいて』の東京公演が終了した。9月23日に母・光子さん(享年65)が亡くなってから1週間、悲しみをひた隠しながら舞台に立ち続けたというりえ。彼女にとって感慨深い公演となったようで、18時から行われた中打ち上げにも彼女は参加していた。場所は舞台会場の東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーン [全文を読む]

大竹しのぶと宮沢りえ 故・中村勘三郎因縁めぐり冷戦状態

NEWSポストセブン / 2014年09月28日16時00分

9月6日からスタートしている舞台『火のようにさみしい姉がいて』。この舞台、日本演劇界を牽引する2大女優の大竹しのぶ(57才)と宮沢りえ(41才)の舞台初共演ということもあり、上演前から大きな話題を呼んでいた。 虚構と現実の狭間に苦しむ段田安則(58才)演じる俳優の男は妻(りえ)と療養のために、20年ぶりに故郷へと帰ってきた。そんなふたりの前に現れたのが、彼 [全文を読む]

鈴木京香 元恋人・堤真一のオファー受け11年ぶり朗読劇共演

NEWSポストセブン / 2012年05月24日07時00分

ある舞台関係者が語る。 「この朗読劇は、いわば突貫工事のような形で企画されました。キャスティングもごく限られた時間の中で行われたそうです」 というのも、当初は寺島しのぶ(39才)の舞台が予定されていたのだが、2月に妊娠が発覚。降板せざるをえなくなり、舞台そのものが中止となった。その代案として急浮上したのがこの朗読劇だった。 「主宰は堤さんが所属する事務所で [全文を読む]

宮沢りえ「奇跡の43歳」円熟の色香

日刊大衆 / 2017年02月20日12時00分

なんと、宮沢は出演中の舞台を終えてから来場するため、遅れて登壇するというのだ。 舞台とは、劇作家で演出家の野田秀樹が主宰する『足跡姫~時代錯誤冬幽霊(ときあやまってふゆのゆうれい)~』。その中で宮沢は踊り子を演じているが、艶やかすぎる演技と役柄が業界内外で話題になっている。 「着物をはだけて肩や太ももを見せたかと思えば、全身透けた衣装をまとうなど、とにかく [全文を読む]

V6森田剛、熱愛発覚の宮沢りえとの“頬タッチ”舞台が「生々しかった」

アサジョ / 2016年10月27日16時35分

今年5月12日に亡くなった演出家・蜷川幸雄が演出するはずだった舞台「ビニールの城」で2人は共演。舞台は蜷川氏に対する敬意を表して追悼公演となったのだが、2人は稽古中から絆を深めていたようだ。「舞台では宮沢演じるモモが、森田演じる生身の人間を愛せない朝顔にグイグイ迫っていく内容だったんですが、稽古の時点で森田が宮沢の頬に触れるシーンを演じる際、そこだけ妙に生 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】増田有華、AKB48時代に秋元康から「聴いてみなさい」と薦められた歌手

TechinsightJapan / 2016年02月03日19時14分

増田有華が舞台『元禄港歌-千年の恋の森-』の千秋楽を観劇した感想をブログに綴った。自身も数々の舞台を経験しているだけに共感するところが多かったのか、「カーテンコールに出てこられた演者さんを見て、涙したのははじめてでした」というほど感動したらしい。そんななか、舞台の劇中歌からかつて秋元康にメールでアドバイスされたことを思い出した。 Bunkamuraシアター [全文を読む]

月9で初演技にチャレンジ!注目のモデル・林田岬優が女優に!

Woman Insight / 2015年11月27日09時00分

大好きな宮沢りえの舞台に「衝撃を受けた」 林田岬優 ドラマはいろいろ観ていましたが、具体的に誰かを目指すというよりは、女優さんたちがドラマなどで演じてる役をみて「私もこの役を演じてみたい」という気持ちのほうが大きかったです。だから、小さいころは部屋でこっそり、“一人五役”を演じてました(笑)。ドラマを観て、演技に興味を持ち始めたのは小学生のころですね。妹と [全文を読む]

宮沢りえ 年下俳優・小久保寿人を愛娘公認で自宅に泊める

NEWSポストセブン / 2013年10月10日05時00分

現在出演中の舞台『MIWA』の休演日前日でもあった10月6日の夜9時過ぎ、りえは愛娘(4才)や友人らと都内の雑居ビルの3階にあるバーにいた。途中、友人女性がりえの娘を連れて店の外に出て遊ばせるが、そこで彼女がぐずりだしてしまう。 その様子を察したのか、りえはバーのベランダから顔を出すと、「いい加減にしないとママ怒るよ! 早く戻って来なさい!!」と言って娘 [全文を読む]

空前のテレビドラマ人気 小劇場出身の舞台役者が支えている

NEWSポストセブン / 2013年08月10日16時00分

それはみんな「小劇場」の出身者で、舞台で育ってきている、ということです。 かつて、テレビの中の人気者は、演劇舞台とは離れた場所にいました。特に「アングラ」「小劇場」と呼ばれるマイナー系(テレビ的大御所に対して)は、触ってもいけないし踏み込んでもいけない、いわばアブナイ領域でした。もちろんその出身者が、メジャーなテレビドラマに出ることもごくごく限られていたの [全文を読む]

宮沢りえ“代役大成功”美談の裏で「最後まで反対していた」降板女優・天海祐希の情念とプライド

日刊サイゾー / 2013年05月19日12時00分

天海祐希の降板で舞台『おのれナポレオン』の代役を宮沢りえが見事に務め、大ピンチを救った英断が大いに株を上げた。だが、関係者からは当の天海が宮沢の代役案に反対していたという、裏話も聞かれる。 天海が入院した6日、その日のうちに主演の野田秀樹が独断で宮沢に出演オファー、翌日の深夜には宮沢から受諾の返事をもらい、8日に天海の降板とともに発表されたが「7日の深夜ま [全文を読む]

青木さやか 40代突入で抱く新たな野望「舞台女優に…」

WEB女性自身 / 2013年05月06日07時00分

「昨年夏に上演された舞台『三谷版 桜の園』で、青木さんは演技もさることながら、前説でAKB48の『ヘビーローテーション』の替え歌を披露して喝采を浴びたんです。そうした“舞台映え”が評価されて野田秀樹さんに声をかけられ、今年10月には宮沢りえさん、瑛太さん、井上真央さんらが出演する舞台『MIWA』への出演も決まっています」(舞台関係者) 3月に不惑を迎えた青 [全文を読む]

大河内奈々子、離婚原因は夫・宅間孝行の「女優に手を出す」悪癖か

サイゾーウーマン / 2012年05月12日12時00分

みんな宅間さんのやり方や性格に嫌気が差して、彼の元を離れていってしまったんです」 宅間は同劇団で俳優として舞台出演するだけでなく、脚本から演出まですべてを手がけている。また脚本家としてはサタケミキオ名義で活動してきたが、2009年からは宅間孝行で統一している。 演劇界では蜷川幸雄をはじめとして、“鬼演出家”による激しい演技指導が世間一般にも知られている。演 [全文を読む]

AKB須藤凜々花だけじゃない!? 芸能人の衝撃“結婚宣言”まとめ

dmenu映画 / 2017年07月24日07時00分

舞台となった沖縄が荒天だったため、急遽野外から室内に会場が変更になるなど、開票前から波乱含みでした。そんな中、最も大きな波乱となったのが、NMB48の須藤凜々花による“結婚宣言”。 本当に結婚するのかも含めて、今後の動向が注目されますが、過去にも世間の大きな注目を集めた結婚宣言がありました。 ステージ上からの“恋人宣言”から、衝撃の“引退宣言”へ 衝撃の“ [全文を読む]

フォーカス