作品 宮部みゆきに関するニュース

韓国の「村上春樹旋風」と「東野圭吾人気」に見る時代の変化

文春オンライン / 2017年07月21日11時00分

ファンクラブはもちろん、作品に登場する料理を再現する集まりなどもある。 2009年から2010年にかけて3巻組で発売された『1Q84』韓国語版は合わせておよそ200万部が売れたという。 『騎士団長殺し』(版元「文学トンネ」)も6月30日にネット等での先行予約が始まると、『1Q84』の4倍近い注文が入り、たちまちベストセラー1位となった。発売前からすでに合 [全文を読む]

有名作家を多数輩出!!「『このミステリーがすごい!』大賞」が本当にすごい4つの理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年09月26日15時00分

仲村トオルと伊藤淳史のW主演でドラマ化、更には映画化までされた人気作品、『チームバチスタの栄光』。実はこの作品、この賞を取ってから出版が決まったのです。今でこそ有名な作家となった海堂尊ですが、彼もこの賞の出身だったのです。また、先日芥川賞と直木賞が発表されました。お笑い芸人のピース・又吉直樹の芥川賞受賞で注目が集まっていますが、実は直木賞をとった東山彰良は [全文を読む]

【TBSオンデマンド】TBS地上波5月放送「宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー」の見逃し配信が決定!第1夜『理由』本日23時より配信スタート!

PR TIMES / 2012年05月09日17時54分

TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」は、5月7日(月)にTBS地上波で放送されたドラマ「宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー 第1夜『理由』」の見逃し配信を、本日5月9日(水)23時よりスタート!これを皮切りに、5月にTBS地上波で毎週月曜21時より放送される、第2夜『スナーク狩り』、第3夜『長い長い殺人』、最終夜『レベル7』とあわせ、「 [全文を読む]

オンライン書店「e-hon」池井戸潤、宮部みゆき 両氏の映像作品連動プレゼントキャンペーンを開催中! ~抽選でオリジナルグッズや図書カードなどをプレゼント~

DreamNews / 2017年08月10日17時00分

株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、藤井武彦社長)が運営するオンライン書店「e-hon」(http://www.e-hon.ne.jp)は、人気作家・池井戸潤氏、宮部みゆき氏の映像作品と連動した2つのキャンペーンを開催しています。株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、藤井武彦社長)が運営するオンライン書店「e-hon」(http://www.e-hon. [全文を読む]

TBS 5月の毎週月曜よる9時!宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー・第一夜『理由』 第二夜『スナーク狩り』 第三夜『長い長い殺人』 最終夜『レベル7』宮部みゆきの名作ミステリーをドラマ化!

PR TIMES / 2012年03月28日17時58分

TBSでは2012年5月、原作モノからTVオリジナルなどの2時間ドラマを中心に映画、スポーツ、ドキュメンタリーなど様々なジャンルの作品を提供し、視聴者から好評を得ている月曜ゴールデン枠で、今、日本の文学界を牽引している人気作家の一人・宮部みゆきの作品を4週連続で放送する!一人の作家の原作を4作品、4週連続でドラマ化して放送するという企画は月曜ゴールデン枠の [全文を読む]

宮部みゆき『三鬼』の挿画作家・北村さゆりさんが明かす舞台裏

サライ.jp / 2017年09月01日19時00分

夏目漱石が朝日新聞で数々の作品を発表したように、その歴史は古い。新聞小説には挿画がつきもの。『虞美人草』や『明暗』『 それから』といった漱石作品の挿画は浮世絵師の名取春仙が描いたし、司馬遼太郎と須田剋太、泉鏡花と鏑木清方といった名コンビも新聞小説が舞台だった。村松友視の『悪友の条件』、山本兼一の『命もいらず名もいらず』といった新聞小説の挿画を描いた気鋭の日 [全文を読む]

『バイプレイヤーズ』で注目の若手監督が原作! “片想い”をテーマにした問題作『恋と罰』コミック化で語る創作の裏側

週プレNEWS / 2017年05月31日17時00分

WEB漫画として反響を呼んだ問題作が待望の単行本化! そこで前編「「すべての片想いをしたことある人に贈ります」」に続き、ふたりの異色クリエイターが作品に込めた想いに対談で迫る――。 * * * ―「初タッグの時とは置かれた状況がかなり変化した」とのことでした。特に松居さんは、映画やドラマでも大活躍。ちょっと鼻が高くなってたりしませんでしたか(笑)? オオ [全文を読む]

宮部みゆき氏本人の朗読音声解禁!!最新刊『過ぎ去りし王国の城』4月24日(金)発売!!

PR TIMES / 2015年04月22日11時34分

宮部氏自身、自著の朗読はよくされているのだが、イベントは最後の朗読会ということもあり、発売を控えた新規の作品を特別に選んだということだ。自らが書いた文章が心地よい抑揚で語られていくこの音源は、透明感あふれ、すがすがしい。物語の世界に本当に入り込んでしまったような錯覚を得られる一品だ。過ぎ去りし王国の城 オフィシャルサイトにて視聴できます!http://ww [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

こんなときは、温かい部屋でゆっくりと読書なんていかがでしょうか? 今回は、ぜひ原作を読んで欲しい日本のドラマ作品を5本ピックアップして紹介させて頂きます。既にドラマを観て内容や結末を知っていたとしても、より深く楽しめる原作を選んでみました。もちろん、ドラマを知らなくても十分に楽しめる名作ばかりです。 空飛ぶ広報室(有川浩)2013年にTBSでドラマ化された [全文を読む]

中谷美紀主演で宮部みゆき「模倣犯」が初ドラマ化!映像化は14年ぶり

dwango.jp news / 2016年06月28日07時00分

中谷美紀のテレビ東京のドラマ作品への出演は、今回が初めて。同ドラマは、テレビ東京が今年、新本社へ移転することを記念した「六本木3丁目移転プロジェクト」のドラマスペシャル第一弾となり、いま注目の若手からベテランまで、豪華なキャストが集結し、これまでに無い規模で制作される大型スケールの特別番組となる。原作の「模倣犯」は、2001年に刊行され、累計420万部以上 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】沢尻エリカ主演ドラマ「悪女について」5/21(月)より配信スタート!

PR TIMES / 2012年05月22日09時26分

《出演》沢尻エリカ、船越英一郎、東ちづる、余貴美子、上地雄輔、中原丈雄、高林由紀子、鈴木砂羽渡辺大、高畑淳子、秋山菜津子、浅田美代子、高橋ひとみ、床嶋佳子、泉谷しげる、西田敏行 ほか〈TBSオンデマンド作品ページURL〉http://tod.tbs.co.jp/item/2647/〈TBS地上波 番組ページURL〉http://www.tbs.co.jp/ [全文を読む]

中谷美紀、宮部みゆき「模倣犯」主演でテレ東初登場!

Smartザテレビジョン / 2016年06月28日07時01分

中谷のテレビ東京のドラマ作品への出演は今回が初めて。年内にテレビ東京系でスペシャルドラマとして放送される。 今作は、テレビ東京がことし新本社へ移転することを記念した「六本木3丁目移転プロジェクト」のドラマスペシャル第1弾。これまでにない規模で、注目の若手からベテランまで、豪華なキャストが集結する。 「模倣犯」は、宮部みゆきの代表作で、累計420万部を突破 [全文を読む]

ネスレシアター「世界のショートフィルム★名作セレクション」、震災後の仙台を舞台にした“Jリーグ20周年記念 特別ショートフィルム”『旅するボール』が4月27日より公開!(その他3作品も順次公開)

PR TIMES / 2015年04月27日13時36分

話題の映画「ソロモンの偽証」(宮部みゆきさん原作)にも出演している西畑澪花さんが主演!ネスレ日本株式会社が開設している無料のウェブ映画館「ネスレシアター」では、「世界のショートフィルム★名作セレクション」と題し、世界中から厳選したショートフィルムを毎週1作品ずつ無料で公開しています。4月27日(月)より、「父娘」と「ちょっと風変りな人」をテーマとした各2作 [全文を読む]

黒板アートのメイキング映像を公開!宮部みゆき最新作『過ぎ去りし王国の城』の装画を担当した話題の女子高生

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月26日17時00分

作品のカバーイラストは、ハンドルネーム”れなれな”という女子高生が描いたもの。2015年1月に休日の学校にて「アナと雪の女王」のビジュアルを黒板に描いた写真をTwitter上にアップし、5万リツイートもの反響を呼んだ女子高生だ。イメージビデオの内容は、彼女が黒板にイラストを描く模様を取り入れた、一種のメイキング映像と思える仕上がりとなっている。宮部みゆき氏 [全文を読む]

作家と挿絵画家の絶妙な関係性 宮部みゆき『三鬼』の挿画が誕生するまで

THE PAGE / 2017年09月07日12時10分

江戸時代の庶民ものでは定評がある宮部作品の中でも2006年から始まった同シリーズは、雑誌や新聞など発表の舞台を変えながら連載が続けられている人気作だ。北村さゆりは、日本画家として活躍する傍らで、雑誌や新聞などに掲載される小説の挿画も数多く手掛けている。宮部とは、単行本『孤宿の人』(2005年、新人物往来社)の表紙を描いて以来の付き合いとなる。 連載小説の [全文を読む]

『ひよっこ』佐久間由衣、“月9”田中道子…4月ドラマで注目 ブレイク期待のニューカマー

日本タレント名鑑 / 2017年05月19日10時30分

『ひよっこ』“奥茨城一の美人”の素顔は人気モデルまず4月スタート作品で特に注目は、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』にヒロイン・みね子(有村架純さん)の親友・時子役で出演している佐久間由衣さん。ドラマでは“奥茨城”出身の垢抜けない少女を演じていますが、実は彼女、2013年に雑誌『ViVi』のモデルオーディションでグランプリに選ばれたモデル。モデル活動の一方 [全文を読む]

スカイツリーはまだ東京のシンボルではない? 「もうオリンピックなんてやらなくたって、観光客は十分足りている」

週プレNEWS / 2016年06月14日11時00分

―『東京β』には映画、マンガ、さらには音楽まで、様々なジャンルの作品が登場しますが、選ぶ基準はなんだったのでしょうか? 速水 東京を舞台にした作品は膨大にあります。その中で、東京の問題点を批評的に取り上げている作品を意図的に選びました。深川出身の宮部みゆきだったら、自分の生まれ育った下町が変わってゆくことに対する危機感をテーマにタワーマンションの話を書い [全文を読む]

『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき本人の朗読を聴いてみた

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月22日17時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら ⇒ 宮部みゆきが読む『過ぎ去りし王国の城』 http://www.kadokawa.co.jp/sp/sugisarishioukoku/ 宮部氏自身、自著の朗読をすることはほとんどないが、イベントは最後の朗読会ということもあり、新規の作品を特別に朗読しようと思った、という宮部氏の想いから初めて実施された。自らが [全文を読む]

第22回日本ホラー小説大賞 澤村電磁さん『ぼぎわん』が受賞!

PR TIMES / 2015年04月21日09時27分

400字詰め原稿用紙150枚以上650枚以内の作品を対象とし、応募作品の中から最も優れた作品に大賞が与えられる。今回は総数348作品の中から大賞に加え、大賞に準ずる作品として優秀賞も選ばれた。なお、読者賞は一般から選ばれたモニター審査員に最も多く支持された作品に与えられる。受賞作は株式会社KADOKAWAより、大賞受賞作『ぼぎわん』は単行本として、読者賞受 [全文を読む]

どこにも出かけてくない冬こそ一気に読みたい長編小説 4選

IGNITE / 2015年02月20日14時00分

■大地の子 山崎豊子 山崎豊子さんの小説は、ドラマ化や映画化された作品も多数ありますが、原作は読んだことがないという人も少なくないのでは。 彼女の作品は、社会問題や戦争の悲惨さを扱ったものが多くあり、「大地の子」も中国残留孤児の半生を描いた物語。ドラマ化されているので、耳にしたこともおそらくあるでしょう。 上・中・下の3巻からなる長編小説なので、一気に読 [全文を読む]

フォーカス