結婚 原田知世に関するニュース

「2014 寿ゴールイン新春杯」誰が一番早く嫁に行く?(1)

アサ芸プラス / 2014年01月21日09時58分

国生さゆりや大場久美子のように、熟女になって一般人と結婚する場合は年下の『ファン』ということが多いが、お相手の神主さんも明菜ファンのようです。未婚で通してきた明菜ですが、神にすがるじゃないけど、結婚も早いんじゃないですか」 しかし、人馬一体でのゴールインは難しいと言うのは前出・城下氏だ。 「確かに、本当に歌手として復帰すれば桜田淳子より話題を呼ぶことは間違 [全文を読む]

永野芽郁「るろうに剣心」ぶり共演の佐藤健に絶大の信頼「もう心配はない!」<半分、青い。>

モデルプレス / 2017年08月22日15時11分

その後、バブル期に漫画家になるという大志を抱いて上京するも、夢は瞬く間に破れ、結婚して娘を授かるも離婚され、シングルマザーになって帰郷。失敗だらけの人生だが、その度に、「やってまった(=やってしまった)」と明るく呟きながら生き抜く。 失敗を繰り返し、先の見えない人生を贈るヒロインがやがてたどり着くのが、ものづくりの世界。病気の母のためにそよ風の様な扇風機 [全文を読む]

語っていいとも! 第43回ゲスト・レイザーラモンHG「グラビアに奥さんが出させていただいてありがとうございます!」

週プレNEWS / 2017年07月16日12時00分

結婚する前、自分ではほんとZ級のグラビアアイドルだったとか言って、当時はいい扱いされなかったみたいなんで。 それで、ひと花咲かせることができなかった思いもあったので非常に嬉しかったみたいです。あの週プレさんで袋に閉じていただいて(笑)。そりゃもうグラビアのMAXというか、1コの山登ったくらいだと思いますけど。でも、なんですかね、そもそもきっかけというか…。 [全文を読む]

1位はやっぱりあの作品…主婦が選ぶNHK「ドラマ10」名作

WEB女性自身 / 2016年11月23日12時00分

結婚したからって、それで めでたし、めでたし なんかじゃない それを身を持って経験している大人の女性だからこそ「私も 」と思えるのがドラマ10なんです」 3位は、檀れい主演の『八日目の蝉』( 10年放送)。物語は、実らぬ不倫の愛の果てに、希和子(檀)は、赤ちゃんを産めぬ体になっていた。もうろうとした意識の中で、愛した男の妻の産んだ赤ちゃんを奪い逃亡。自分の [全文を読む]

「運命の出会い」のカギは“思い出”の共有!再会から恋に発展する秘訣は?

ココロニプロロ / 2016年10月19日12時15分

【彼が一途に片思い!彼女の趣味に寄り添い結婚】◆まゆみさん(35歳)の場合人当たりが良くかわいらしい雰囲気のまゆみさんは、大学2年生の頃に開催された中学校の同窓会で、今の旦那さんと再会したそうです。「中学時代は恋愛対象として全く意識してなかったのですが、ひさしぶりに会ったらすごく趣味が合うのでびっくり。運命の人なんじゃないかと思いました」この日をきっかけに [全文を読む]

バツイチ子持ち女子でもイケメン男子と恋できる?

アサジョ / 2016年10月13日17時58分

女性の恋愛・結婚について詳しいライターは、次のように話す。「それが意外に多いんです。中学生、高校生くらいの子どもを持っている30~40代のシングルマザーは、みなさん生きるため、子どもを育て上げるために必死で働いています。社会に出て働いているから必死の日々とはいえ、ある程度身なりもキレイにしているので、そんな一生懸命な姿に『守ってあげたい』と思う男性は多いん [全文を読む]

小学校までTVのない環境で育った斎藤工が語る北川悦吏子

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

今って、結婚にも夢が持てない社会になっていますよね、ハッキリ言うと(笑い)。でも、こんな考えを吹き飛ばすような出会いがあれば、変わると思うんですよ。恋愛も結婚も、それまで自分が想像していたものの角度が変わる瞬間に起こるのかな、と。そのアングルは出会う人によって変わると思うので、そういう自然な瞬間を、希望を捨てずに待っています(笑い)。 撮影■千川修 ※女性 [全文を読む]

北川悦吏子初の「不倫の恋」はピュアで切ない秘密の恋

Smartザテレビジョン / 2015年10月03日05時00分

そういう人が結婚した後に恋をしたらどうなるのか、私自身最大の共感を持って描きました。世の中で『おばさん』と呼ばれてしまう世代の人にぜひ見てほしい」とアピール。 シリーズ三部作全てに出演した谷原は、今作で主人公を演じた原田を「月」に例え、「昔から名月として変わらない『中秋の名月』のよう。ずっと変わらない透明感やピュアさをこれからも持ち続けてほしい」と絶賛した [全文を読む]

”ラブストーリーの神様”北川悦吏子が初めて描く不倫の恋!

PR TIMES / 2015年09月30日15時59分

そういう人が結婚した後に恋をしたらどうなるのか、私自身最大の共感を持って描きました。世の中で『おばさん』と呼ばれてしまう世代の人にぜひ観てほしい」と自信をのぞかせた。 シリーズ三部作すべてに出演した谷原は、今作で主人公を演じた原田を「月」に例え、「昔から名月として変わらない『中秋の名月』のよう。ずっと変わらない透明感やピュアさをこれからも持ち続けてほしい」 [全文を読む]

【ウラ芸能】吉田羊、ナゾ多き美女が別れた理由

NewsCafe / 2015年03月05日15時00分

ただ、三谷はその後一般女性と再婚していますから、付き合っていても短期間だったでしょう」デスク「それだけじゃないだろ…」記者「本人は年下の男と付き合うことが多かったそうですが、結婚を迫られ、"子供を産んでほしい"と言われたことで別れたことがあると話しています」デスク「なるほどねぇ…チトもったいないな」記者「5月公開の映画『脳内ポイズンベリー』で共演している俳 [全文を読む]

陣内智則に攻めてほしい大物女優ランキング

messy / 2014年10月13日12時00分

まず、アノ藤原紀香と結婚までした男ですよ。代表作のない大女優・藤原紀香、楽屋に加湿器を10台以上持ち込む潤い大女優・藤原紀香。そんな二人の結婚生活は、夫の動物アレルギーを一切考慮しなかった紀香に嫌気がさした陣内の不倫によってあっさり崩壊するわけですが……(嫁が紀香とわかっていながら、陣内とヤッちゃえる女も相当すごい)。 離婚後も陣内はモテのアウトバーンを降 [全文を読む]

“汚れ役”演じた原田知世 クリエイターと離婚も、本音は「もう働きたくない」!?

日刊サイゾー / 2014年02月12日09時00分

さらには、ドラマ放送前の昨年12月27日、2005年に結婚したイラストレーターのエドツワキ氏との離婚を発表した。 「結婚後、ほとんど原田の私生活は知られず、11月末に行われた同ドラマの製作発表では『実生活で若い男が現れたら? 私はそんなことはないですね』とコメントしていただけに、まったく夫婦の不仲がうかがい知れなかった。ただ、結婚後はナレーションの仕事が中 [全文を読む]

原田知世 再出発決意させた姉・貴和子の極秘離婚とシングル母奮闘

WEB女性自身 / 2014年01月20日00時00分

お2人の間にはお子さんも生まれず、原田さんの夫婦関係については、よいも悪いも含めて、ほとんど報じられませんでした」(芸能レポーター・城下尊之さん) ’05年5月の結婚から8年半。突然の発表に、芸能レポーターたちも驚いたという。離婚について、彼女は口を閉ざしたままだ。しかし、取材を進めるうち、本誌は原田家の知人から意外な証言を得た。「実は、お姉さんの貴和子さ [全文を読む]

“あまちゃん効果”で再浮上した薬師丸ひろ子の、異質すぎる「アイドル女優」人生

日刊サイゾー / 2013年12月13日11時00分

そんな中、世間をアッと言わせたのが、ロックバンド「安全地帯」の玉置浩二との結婚だった。 「91年に結婚するも、わずか7年後に離婚。玉置の嫉妬による深刻なDVが離婚の原因だと、当時は報じられました。90年代後半からはテレビドラマにも本格進出し、2002年には『木更津キャッツアイ』(TBS系)での好演で、再び注目を集めました。映画でも、『ALWAYS 三丁目の [全文を読む]

いまから注目!朝ドラ「半分、青い。」フレッシュな若手俳優たち

CinemaCafe.net / 2017年08月23日13時00分

大阪万博の翌年、1971年に生まれ、小学生のときに病気で方耳を失聴したヒロイン・鈴愛(すずめ)が、持ち前のユニークな感性を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っ只中の東京でもまれ、結婚や出産、離婚を経験する人生を描いていく。6月にはヒロインの鈴愛役に永野さんが決定。22日の会見では鈴愛の若かりし頃を描く「岐阜・故郷編」に出演するキャストとして、先述の佐藤さ [全文を読む]

佐藤健、朝ドラ初挑戦!ヒロインの幼馴染み役に「支えるのが僕の役割」

CinemaCafe.net / 2017年08月22日14時59分

大阪万博の翌年、1971年に生まれ、小学生のときに病気で方耳を失聴した鈴愛(永野さん)が、持ち前のユニークな感性を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っ只中の東京でもまれ、結婚や出産、離婚を経験する人生を描き出す。 鈴愛の幼なじみ・萩尾律を演じる佐藤さんは、「北川さんに、これはラブストーリーだけどラブストーリーじゃない。恋愛じゃない、恋愛をするタイミングを [全文を読む]

NHK「ドラマ10」人気を支える“おとぎ話と現実のバランス”

WEB女性自身 / 2016年11月23日17時00分

「私たちは『結婚して出産し、子どもがいること=正義』という価値観を埋め込まれた世代。離婚を経験し、子どものいない私は、自分を 人生の迷子 だと思っています。だから同世代の女性から反響があったとき、『みんなも同じなんだ』と、逆に救われました。 呪縛から解き放たれた といってもいいですね。だからこそドラマ10のせりふは、自分の身から生み出しています。 一人の [全文を読む]

岩井俊二監督が“惜しみない人”と語る主演女優・黒木華の魅力 「自分には充ち満ちた果実にしか見えなかった」

週プレNEWS / 2016年03月26日06時00分

彼女が演じる主人公・皆川七海は出会い系サイトで知り合った男性と結婚、それをきっかけに幸せを得たはずが、欺瞞(ぎまん)に満ちたこの世界で否応なく翻弄(ほんろう)され居場所を失っていく…。 結婚式での偽装家族のバイトをキッカケにメイドとして住み込むことになった屋敷で同居人となる謎の女性・里中真白との出会い。こちらも歌手・Coccoが独自の存在感で起用に応え、 [全文を読む]

FPM 『Moments [Best 45 fabulous tracks by FPM]』× バニラビーンズ「女はそれを我慢しない」インタビュー

NeoL / 2015年11月05日18時00分

活動も9年目に入ったけど、鳴かず飛ばずだから、メジャーで再デビューするのを期に、『1万5千枚売れなかったら解散』という決断を突きつけられて」 リサ「『そろそろ婚期でしょ?』って」 田中「でも、色んなジャンルに熟女枠があるから、そこに需要があると思うんだけど(笑)」 リサ「まだそこまで行ってないですよ!(笑)」 レナ「バニラビーンズは年を重ねたほうが味が出る [全文を読む]

黒木メイサ、仲間由紀恵、広末涼子・・・女優たちを次々に脱皮させるNHK『ドラマ10』枠の挑戦

AOLニュース / 2015年10月12日12時00分

一方、仲間自身が昨年9月に結婚した状況で、劇中では家事や育児を怠るうちに夫が自分の妹と浮気して離婚が持ち上がるなど、働く主婦としての葛藤にも踏み込んだ。 遡れば、『聖女』では広末涼子が貧しさから男をたぶらかして金をせしめる役を演じ、なまめかしい色気を見せた。後に宮沢りえ主演で映画化された『紙の月』では、年齢を重ねても清純イメージの強い原田知世が1億円を横領 [全文を読む]

フォーカス