現在 江川卓に関するニュース

30本塁打でも引退!? 好成績の年にプロ野球界を去った男たち

デイリーニュースオンライン / 2015年11月19日15時00分

現在ならば、絶対に現役続行の好成績。それでも自分のバッティングに納得できなければ辞める潔さ。男の中の男たる引き際だ。 ちなみに、当時「陰毛に白髪が混ざってきたので、潮時と思った」と自身の引退理由を語っていたという都市伝説も残っている。 土井正三(巨人/引退時36歳) 【1978年】110試合/打率.285/4本/28打点 巨人V9時代において、「2番セカ [全文を読む]

長嶋一茂と江角マキコが和解!? その裏で流れた仰天サプライズとは?

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

「実は、騒動の最中に、一茂に再び巨人のユニフォームを着せよういう動きがあったというんです」(芸能記者) 現在、一茂には巨人の野球振興アドバイザーという肩書きがついているが、 「渡辺恒雄球団会長は契約通り、来季まで原監督の続投を表明し、その間に後継者を決めようと算段しています。かつては江川卓氏や落合博満・中日GMの名前が浮上していましたが、現在は松井秀喜氏 [全文を読む]

「オチメメジャーリーガー」争奪戦が超必死すぎる(2)松坂獲得に燃えるDeNA

アサ芸プラス / 2012年10月10日10時59分

「来年9月には長女が小学校に上がりますが、夫人は学術都市・ボストンでの子育てを望み、現在の暮らしを変えるつもりがない。英語も堪能な彼女は、レ軍の婦人会などにも参加してなじんでいます。松坂は倫世夫人の言うことには逆らえませんからね」(現地ジャーナリスト) しかし、現在の成績で松坂がアメリカにとどまれば、招待選手でキャンプを迎え、シビアに結果を求められるのは [全文を読む]

【プロ野球】かつてはオープン戦で引退試合? 江川卓、村山実、杉下茂らのアツいラストピッチを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年03月23日16時05分

現在はシーズン最終戦などに引退試合を行うケースがほとんどだが、かつてはシーズン開幕前のオープン戦で行うことが多かった。そんなシーズン前に開催された名選手の引退試合をピックアップし、エピソードを紹介したい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■長嶋茂雄との同期対決で幕を下ろした杉浦忠 立教大時代は長嶋茂雄(元巨人)、本屋敷錦 [全文を読む]

【プロ野球】東大のエース・宮台康平がドラフト1位!? 神宮を沸かせた最高学府・東大の名選手たちを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年01月18日17時05分

しかし、現在ほどではなかったものの、当時の東大も他の5大学と比べれば戦力は落ちる。そこで、1925年春に明治大、慶應義塾大、立教大、早稲田大とのテスト対戦が組まれることとなった。 そこで活躍したのが力投派右腕の東だ。東の負けるものかと力のこもったピッチングもあり、東大は大奮闘。立教大に3対1で勝利を収めるなど、勝負になることを見せつけ、見事「六」大学リーグ [全文を読む]

「神ってる」選手は昔もいた! 日本シリーズで記憶に残る懐かしの名珍場面

週プレNEWS / 2016年10月29日11時00分

そして、翌95年からは全試合ナイトゲームとなり、現在に至っている。 以前は、10月は日が落ちるのが早く、試合が進むにつれて寒くなるという事情もあったが、現在は地球温暖化と、ドーム球場の増加により、その影響は薄れてきたようだ。 また、日本シリーズは、対戦カードによって注目度や観客動員数が大きく変わることもあった。1980年代頃までのセ・リーグは、巨人がシリー [全文を読む]

よみがえる名場面。プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編1」

週プレNEWS / 2016年10月25日06時00分

シーズン22勝、最優秀防御率を獲得した山田と、セ・リーグ新人王の関本四十四(しとし)が、それぞれ移動日を挟んで中1日で先発するという、現在ではありえない投手起用から始まった第3戦のサヨナラ劇。 この一打を、王は「生涯一のホームラン」と語り、山田は「あの一発で鼻をへし折られ、成長できた」とふり返る。結局、シリーズは4勝1敗で巨人がV7を飾った。 劇的な一打 [全文を読む]

【プロ野球】超変革~サブマリン・青柳晃洋(阪神)の来期に期待。偉大な大先輩・小林繁に学ぶところとは?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月02日16時05分

青柳が現在のサブマリン投法に変えたのは、少年野球時代のコーチの勧めだという。対する打者が口々に、「怖い、怖い」と連呼するのが打者を封じるという意味で楽しくもあった。 投げるとき体が下から浮き上がることで、潜水艦に似ていることから名づけられた“サブマリン投法”。 打者にとって厄介な下から浮き上がる球筋と適度な荒れ球が、今の青柳にとって生命線となっている。 [全文を読む]

タコ踊り、マサカリ、背面投げ… 昭和の変則投法7選

NEWSポストセブン / 2016年09月09日16時00分

ただし、現在のルールではボーク。 【ロカビリー投法】若生忠男(1955~70年 西鉄、巨人)105勝107敗 2.81 打者から背番号が見えるほど上半身をひねってアンダーハンドで投げる様が、ロカビリー歌手の振り付けに似ていた。 【超アンダースロー】高橋直樹(1969~86年 東映、西武ほか)169勝158敗13S 3.32 ボールの握りを見せながらアンダー [全文を読む]

【高校野球】甲子園開幕のプラカード先導を特定の高校が務めるワケとは?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月29日17時05分

ただ、「先導したチームが勝ち上がると受験勉強に差し障りがある」と2年生が担当するようになり、現在では1年生も先導役を務めるようになっている。 プラカード・ガールになりたい、と西宮高校に入学する生徒も多く、毎年、倍率は2倍、ときには3倍にも及ぶという狭き門。過去には、祖母・母・娘3代に渡ってプラカードを持った生徒もいれば、抽選の縁で担当したチームの選手と結ば [全文を読む]

【センバツ高校野球】今こそ振り返りたい”1973年の江川卓”

デイリーニュースオンライン / 2016年03月18日17時40分

もちろん、現在も破られていない大会記録だ。■その後の江川卓 高校最後となる3年夏、江川は県大会の3試合でノーヒットノーランを達成するなど、作新学院を春夏連続の甲子園出場へと導く。初戦の柳川商(大分)戦は延長15回までもつれ、2−1で作新学院がサヨナラ勝ち。江川はこの試合、23奪三振をマークしている。 続く銚子商戦は雨の中の試合となり、0−0のまま延長戦へ突 [全文を読む]

【プロ野球】元DeNA・大田阿斗里がオリックスと育成契約で再スタート

デイリーニュースオンライン / 2016年02月16日16時00分

横浜(当時、現在はDeNA)に入団後は「阿斗里」の登録名でプレー。高卒1年目から1軍で先発を任され期待を受けるも、なかなか結果を残せず。5年目までに通算27試合に登板する一方、1勝も挙げることなくその間に10連敗を喫してしまう。もう1敗すると、NPB史上ワースト記録に並んでしまうところまで来ていた。 ■本名に戻した2013年に飛躍。しかし翌年からは再び低 [全文を読む]

巨人監督「万年候補」江川卓氏が語っていた監督就任への思い

NEWSポストセブン / 2015年10月25日16時00分

少なくとも現在、僕は、答える言葉を持っていない。それは、いつの日か、もしそのような声をかけていただくことがあれば、その時真剣に考えればよいことであろう。〉(同書より。以下〈〉内同) 監督への夢は言及していないが、〈話がきたら考える〉という姿勢は昔も今も変わらないようだ。 2010年4月に発売された『巨人-阪神論』(掛布雅之氏との共著)では、「指導者として、 [全文を読む]

ポスト原監督 若手育成力やスター性で中畑清氏を推す意見も

NEWSポストセブン / 2015年10月10日16時00分

現在、クライマックスシリーズ(以下CS)を戦っているものの、今季で2年契約が切れる原辰徳監督退任の報道が飛び交っている。5日、渡邊恒雄巨人軍最高顧問と会談したものの、去就に関する話は出なかった。昨年はペナントレースで優勝こそしたもののCSで破れ日本シリーズに進出できず。2年連続で日本シリーズを逃すとなれば、監督交代の可能性は高くなりそうだ。 仮に原監督の退 [全文を読む]

横浜高校・渡辺監督の大ウソがなかったらDeNA筒香は誕生しなかった!?

アサ芸プラス / 2015年05月25日17時59分

全国の野球少年の憧れはもちろん、現在は進学校としても県内有数の名門となった横浜高校だが、そのイメージアップに対する渡辺監督の貢献度は計り知れないのだ。 しかし、渡辺が指導者人生をスタートさせた1965年当時、横浜高校はあまりのガラの悪さから“ヨタ校”と呼ばれ、「学校のバッジを見れば、誰もが避けて通る」と言われるほど、地元民から恐れられる学校だった。当然、野 [全文を読む]

江川卓は100メートル走では松本匡史より速かったと定岡正二

NEWSポストセブン / 2015年05月07日07時00分

詳細は現在『ビックコミックスペリオール』(小学館)に連載中の漫画『江川と西本』(森高夕次・星野泰視。第1巻発売中)に描かれている。 (文中敬称略) ※週刊ポスト2015年5月8・15日号 [全文を読む]

作新学院高校時代の江川卓 通算3年で打たれた本塁打は3本

NEWSポストセブン / 2014年01月30日16時00分

そんな投手は現在も1人もいない。当時は、追っかけ同然の取材をしていたものだ。 世の中には「怪物ブーム」が起き、作新は週末になると招待試合が続いた。九州・沖縄にも遠征。事件はそんな最中、宮崎を訪れていた1973年5月12日に起きた。作新は宮崎実(現・日章学園)を相手に2-2で引き分ける。「江川が打たれた」のだ。宮崎実は前年秋の九州大会の優勝校ながら、部長の不 [全文を読む]

“怪物”江川卓 栃木大会5試合のうち3ノーヒットノーラン

NEWSポストセブン / 2013年08月13日16時00分

卒業後、中日ドラゴンズからドラフト1位指名を受けてプロ入りしたが、プロ通算8勝22敗4セーブと振るわず、現在は千葉県旭市で保険代理店を経営している。 「江川投手に勝ったことで全国の高校から銚子商に招待試合の誘いが殺到した。肩を休めることなく投げ続けたので、プロに入ってそのツケが回ってきた。でも後悔はしていない。プロは江川投手を倒したオマケで行かせてもらった [全文を読む]

長嶋監督はスパルタ方式 体罰も辞さず江川卓氏「怖かった」

NEWSポストセブン / 2012年12月19日16時01分

その意識革命のために、我々はここ、伊東に馳せ参じたんだ!」 翌日からの練習も、現在では考えられないほどのスパルタ式で、しかも基礎練習の繰り返し。ランニング、ダッシュ、筋トレ、ノックに投げ込み。夜も途中で「ビール1本」が許可されるまでは、アルコールもいっさい禁止という厳しさだ。若手とはいえ、すでに一流の技術を持ったプロが、なぜここまでやらなければならないのか [全文を読む]

スクープ三冠王!(2)WBC「江川卓ジャパンが電撃急加速!」「お前の将来のためになるぞ」

アサ芸プラス / 2012年10月03日10時59分

しかも現在は、借金はなくなったと言われる一方、テレビでの露出、稼ぎは減っている状況。しがらみが減り、タイミングとしてはバッチリなんです」(前出・スポーツライター) 【関連記事】 スクープ三冠王!(1)WBC「江川卓ジャパンが電撃急加速!」山本浩二氏はアドバルーン スクープ三冠王!(3)WBC「江川卓ジャパンが電撃急加速!」原監督・江川ヘッド案復活 スクープ [全文を読む]

フォーカス