歌舞伎 香川照之に関するニュース

野村萬斎、片岡愛之助…“伝統芸能”を背負いながらも挑戦をためらわない俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月02日07時00分

主演の野村萬斎は言わずと知れた狂言方和泉流の狂言師であり、共演の市川猿之助も歌舞伎役者です。今回は、彼らのように日本の伝統芸能を背負いながらも、映画やドラマで活躍する俳優たちを紹介します。 「市川中車」の名を継いだ怪優…香川照之 2011年に九代目市川中車を襲名して歌舞伎界へ進出したのが、香川照之です。彼の父親は、歌舞伎役者の二代目市川猿翁。しかし3歳の時 [全文を読む]

亀治郎 香川照之への注目を「面白くないと思っている」の証言

NEWSポストセブン / 2012年05月15日07時00分

4月28日に行われたオープニングイベントに登場した市川亀治郎(36才)は、6月に九代目市川中車を襲名して歌舞伎デビューを果たす従兄・香川照之(46才)に、こんな辛口エールを送った。 「厳しいスタートでしょうね。ぼくがテレビ(ドラマ)に出て感じるのと同じドキドキを感じてほしい」 「亀治郎さん自身も、6月に四代目市川猿之助を襲名して名実ともに澤瀉屋トップに君臨 [全文を読む]

香川照之 澤瀉屋一門のための会社設立も猿之助は蚊帳の外

NEWSポストセブン / 2012年06月08日16時00分

6月5日、九代目市川中車を襲名した香川照之(46才)が、ついに歌舞伎役者としてのスタートを切った。40才を超えて歌舞伎に挑戦するためにそれまで俳優として積み重ねた名声をかなぐり捨てるように“0からのスタート”を強調してきた香川だが、裏ではしたたかだった。昨年末、ある布石の一手を打っていたのだ。 「実は、香川さんは会社を設立して、猿翁さんとふたりで代表取締役 [全文を読む]

フランス人夫との間のハーフの息子梨園入りを寺島しのぶ願う

NEWSポストセブン / 2012年09月30日07時00分

人間国宝である父・尾上菊五郎(69才)、母・富司純子(66才)、弟・尾上菊之助(35才)という歌舞伎の超名門一家の長女として誕生した寺島は、私生活では2007年2月に、フランス人アートディレクターのローラン・グナシア氏(44才)と国際結婚して幸せな生活を掴む。 グナシア氏との結婚報告会見では「男の子が生まれたら歌舞伎役者にしたい」という思いを明かしている。 [全文を読む]

「染五郎の復帰公演でも空席が……」勘三郎、團十郎の相次ぐ逝去で暗雲漂う新・歌舞伎座のこけら落とし

日刊サイゾー / 2013年02月08日09時00分

歌舞伎俳優・市川團十郎さんが3日夜、肺炎のため66歳で亡くなった。昨年12月には中村勘三郎さんも亡くなっており、歌舞伎界の中心的存在であった2人が相次いで亡くなっただけに、歌舞伎界やファンのショックは計り知れない。しかし、最もダメージを受けそうなのが、4月にこけら落とし公演を控えた新・歌舞伎座を運営する松竹だという。 「團十郎さんの死を受け、松竹の株価は下 [全文を読む]

亀治郎 香川照之長男の猿之助襲名を「ボンクラだったら×」

NEWSポストセブン / 2012年04月01日07時00分

今年6月に四代目市川猿之助を襲名する亀治郎だが、それ以上に世間の注目を集めているのが、香川照之(46才)の市川中車を襲名しての歌舞伎界入りだ。 香川と亀治郎は従兄弟でありながら、数年前、東京・上野のある寺でバッタリ出会うまでまったく接点はなかったという。 そしてこの日、亀治郎は香川の中車襲名について、どう思うかという質問に、 「いや別に…どうでもないです [全文を読む]

片岡愛之助と結婚した藤原紀香に“梨園の洗礼”!?「香川照之の二の舞いに……」

日刊サイゾー / 2016年03月31日17時00分

交際中だった女優の藤原紀香と歌舞伎俳優の片岡愛之助が3月30日、結婚を発表した。 2人は所属事務所を通じ「本日3月30日(水)歌舞伎俳優・片岡愛之助と女優・藤原紀香は婚姻の手続きをいたしましたことを、ご報告させていただきます」とコメント。同31日には都内ホテルで結婚会見を行い、300人近くの報道陣が集まる中、金屏風の前でツーショットを披露した。 馴れ初めに [全文を読む]

父の睡眠薬服用等ばらした香川照之長男に「大物になる」の声

NEWSポストセブン / 2012年05月21日07時00分

女の子にも優しいって評判ですよ」 ※女性セブン2012年5月31日号 【関連ニュース】亀治郎 香川照之長男の猿之助襲名を「ボンクラだったら×」歌舞伎界入り宣言の香川照之に「亀治郎より目立つな」の批判亀治郎 香川照之への注目を「面白くないと思っている」の証言香川照之の歌舞伎界入りで市川海老蔵の立場が危ういと評論家香川照之 「歌舞伎だけはやらない」と公言してい [全文を読む]

「もう仕事しかない!」離婚の市川中車こと香川照之、“二刀流”の稼ぎっぷりとは

日刊サイゾー / 2017年02月13日07時00分

歌舞伎役者としての評価はまだまだですが、今回は脇役に徹して、右團次さんの襲名披露を盛り上げてましたね。そういう意味では、彼も歌舞伎界にだんだんと染まりつつあるんじゃないでしょうか」(歌舞伎関係者) 市川右近改め、三代目市川右團次の襲名披露公演に出演した、市川中車こと香川照之。 「舞台は常に満員御礼で、その中でも海老蔵さんや香川さんは歌舞伎ファンではない人 [全文を読む]

【ウラ芸能】家庭危機、香川照之に「援軍」

NewsCafe / 2014年07月24日15時00分

デスク「俳優、香川照之(48)が歌舞伎役者・市川中車として初めて東京・歌舞伎座に出演中だけど、家の中が大変だってな」記者「妻の知子さん(43)と家庭内別居中と一部で報じられています」デスク「元々夫の歌舞伎界進出に賛成していなかったんだろ?」記者「知子さんが、あまりの忙しさにお手上げ状態になり、今では劇場にも顔を見せなくなっています」デスク「着物姿のオカミさ [全文を読む]

香川照之、今頃「反省の弁」が出た事情

NewsCafe / 2017年02月08日12時00分

「先週は週刊新潮に、1人息子の歌舞伎俳優、市川団子=だんこ=(13)を父がかつて名乗った猿之助にしたいという強い気持ちを持っていることで『ワーカホリック!を支える執念』と書かれたかと思ったら、発売中の週刊女性がトップ記事で『息子を猿之助には無責任発言でした』などと本人の考えを軌道修正するような記事を掲載しています」と説明するのは全国紙の歌舞伎担当記者。 [全文を読む]

香川照之 離婚後も逃げられない「元CA妻と梨園の複雑な関係」

WEB女性自身 / 2016年12月21日06時00分

2年に「六月大歌舞伎」で歌舞伎の舞台に立った香川と長男(12)。香川は市川中車として長男は市川團子として梨園入りを果たしたが、知子さんも梨園妻として奮闘し続けてきた。しかしさらに、母親としての仕事も重なったという。 「長男は有名私立校に通っていますが、公演が始まると1カ月間はずっと早退させ続けることになります。しかもその手続きも1カ月前までに申請しなれけれ [全文を読む]

香川照之 離婚の陰で元CA妻が耐え続けた「梨園いじめ」の地獄

WEB女性自身 / 2016年12月20日00時00分

12年に「六月大歌舞伎」で歌舞伎の舞台に立った香川と長男(12)。香川は市川中車として、長男は市川團子として梨園入りを果たした。それは、香川にとって 悲願 だったという。 「香川さんがまだ1歳のときに市川猿翁さん(77)と浜木綿子さん(81)が離婚。彼は母に育てられたため、45年にわたって父子関係は断絶状態でした。しかし香川さんは歌舞伎役者になる夢を捨て [全文を読む]

ますます梨園で孤立か? 香川照之「力不足」という言葉で、離婚理由をうやむやに……

日刊サイゾー / 2016年12月18日09時00分

歌舞伎俳優・市川中車としても活動している俳優の香川照之が12日、元キャビンアテンダントの夫人と離婚していたことを、13日付のスポーツ報知が報じた。 離婚が報じられた同日、香川は東京・歌舞伎座で『十二月大歌舞伎』(26日まで)に出演中だったが、終演後、報道陣の取材に対応。「私の力不足。このような結果になりましたことを、深くお詫び申し上げます」と頭を下げた。 [全文を読む]

市川右近「独立」で香川照之の澤瀉屋から弟子流出危機

NEWSポストセブン / 2016年06月07日16時00分

歌舞伎役者・市川右近(52)が来年1月に「三代目市川右團次」を80年ぶりに復活させ、襲名すること、そして屋号を今までの「澤瀉屋(おもだかや)」から「高嶋屋」に変更することを発表して梨園関係者を驚かせた。事実上の独立、と関係者は口を揃える。右近は香川照之(50)が歌舞伎界入りしてから澤瀉屋に不満を抱いていたといわれ、それがついに表面化したと見られている。 市 [全文を読む]

香川照之と不協和音? 市川右近の「独立宣言」真相

NEWSポストセブン / 2016年06月05日16時00分

歌舞伎界に激震が走った──。5月26日、歌舞伎役者・市川右近(52)が来年1月に「三代目市川右團次(うだんじ)」を80年ぶりに復活させ、襲名することを発表した。だが、それ以上に梨園関係者を驚かせたのが、屋号を今までの「澤瀉屋(おもだかや)」から「高嶋屋」に変更することだった。 会見で「高嶋屋になって(澤瀉屋を)離れていくということでは一切ございません」と神 [全文を読む]

香川照之 妻が女将業ボイコットで周囲から驚きの声が出る

NEWSポストセブン / 2014年10月11日07時00分

演劇界での長きにわたる貢献者・功績者に感謝の意を表して、5年に1度各分野の演劇人が一堂に会する『演劇人祭』が10月26日、歌舞伎座で開催される。歌舞伎界からは人間国宝・坂東玉三郎(64才)と市川中車こと香川照之(48才)が出演する。 「朗読劇ではありますが、今回は歌舞伎界を代表しての出演、しかも、玉三郎さんが直々に相手役に指名したということですから、異例の [全文を読む]

【ウラ芸能】香川照之、歌舞伎界で倍返し

NewsCafe / 2013年09月21日15時00分

デスク「この夏、NHK朝ドラ『あまちゃん』とともに、いやそれ以上に注目されたドラマ『半沢直樹』(TBS系)も22日放送で終わりだな」記者「主演の堺雅人(39)をいびり倒すメガバンク常務を演じた香川照之(47)なんですが…」デスク「いいヒールぶりを発揮してたね」記者「実生活でも、腹黒いっていう評判が立っています」デスク「…っていうと?」記者「ご存知のように実 [全文を読む]

息子・染五郎の復帰公演もガラガラ 窮地に立つ松本幸四郎

NEWSポストセブン / 2013年09月20日07時00分

松本幸四郎(71才)が座頭を務める『十月歌舞伎公演「春興鏡獅子」』が、10月3日から東京・国立劇場でスタートする。この舞台で、幸四郎の孫で市川染五郎(40才)の長男・松本金太郎(8才)とともに、香川照之(市川中車・47才)の長男・市川團子(9才)が“胡蝶の精”という大役を務めることになった。 梨園関係者の間では、歌舞伎界で孤立する香川照之が、名門の高麗屋に [全文を読む]

香川照之の息子・市川團子が猿之助の名前を継ぐ可能性も

NEWSポストセブン / 2013年03月31日16時00分

いよいよ4月2日に開場する新・歌舞伎座。平成の新・歌舞伎座の楽しみ方はプラス歌舞伎Gossipが正解。隠し子、親から子への伝承、家の格、ひどい嫁いびり…なにせ梨園には今の日本になくなってしまったドロドロがてんこ盛り。そんな渦中にある歌舞伎役者のひとりは、澤瀉屋の市川猿翁(73才)。 脳梗塞で倒れ、麻痺の残る体で、昨年の襲名公演の舞台に上がった時は、ファンか [全文を読む]

フォーカス