伝説 高倉健に関するニュース

高倉健に謝罪させた大物俳優とは? 銀座のゲイバーで起きた珍事!

tocana / 2014年07月25日11時00分

石原裕次郎や長嶋茂雄など時代のスターとも親交があり、その男気溢れる性格から、"格好良い"伝説には枚挙にいとまがない。 そんな高倉健に、謝罪をさせた俳優がいる。若かりし頃の梅宮辰夫である。 爆笑問題の太田光がTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』にて梅宮がホステスの女性2人を連れて、ゲイバーでコーヒーを飲んでいた高倉健と長嶋茂雄に遭遇したというエ [全文を読む]

有馬記念でJRA功労者「健さん」馬券来るか!? プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.72

東京ブレイキングニュース / 2014年12月02日18時15分

もう古典に近いこの都市伝説だが、ワクワクした私は「半信半疑」でさっそく試しにCMを見てみた。 すると「菊花賞」というレースのCMで、高倉健がカラオケボックスのステージで唄っていた。出馬表を見たら「ステージチャンプ」という馬が出ていた。この馬から適当に買った。そしたら9番人気にもかかわらず結果は2着。的中してしまった。 衝撃は次週の「エリザベス女王杯」だ。 [全文を読む]

【高倉健】偶然か、必然か? 日本の名優に共通する命日の謎!

tocana / 2014年11月27日08時00分

その一文だけを聞くと、ゲイ疑惑があながち都市伝説に思えなくなってくる。 このような都市伝説が流れたのには理由がある。私生活での目撃談が少ないのだ。そのため、想像が膨らんでしまい、様々な都市伝説が生まれた。なぜ、高倉の目撃談は少ないのか? 高級店関係者に聞いた。 「高倉さんは、高級時計などを送る豪華な逸話が多くありますが、プライヴェートはつつましやかなんです [全文を読む]

黒柳徹子の語る、昭和のテレビのとっておき秘話 #2

文春オンライン / 2017年07月02日07時00分

あの番組のディレクターで、二〇一三年に亡くなった山田修爾さんはとても冒険好きで、新幹線のホームや空港の滑走路から歌わせたり、奇抜なスタジオセットをつくったり、伝説的な演出がたくさんありました。それだけに生放送に付きもののトラブルもしょっちゅうでした。 シブがき隊が歌っている最中には、モックン(本木雅弘さん)のマイクコードが照明の機械に絡まって巻き取られそう [全文を読む]

語っていいとも! 第6回ゲスト・板東英二「僕、この取材ちょっと甘く見てました。こない話できるとはよもや思わなかった」

週プレNEWS / 2015年07月12日12時00分

―それがだいぶ伝説になってるわけですね。ネットに書いてあるそのての逸話って嘘臭いことや都市伝説みたいなものが多いですけど。これは基本ガチで。 板東 自由だったんだよねー。すごい時代。あと大ヒットしたのは、その時まぁ今の吉本の今田(耕司)とか東野(幸治)とかが、たぶん番組に上がるか上がらんかくらいですわ。アルバイトしながら聞いとったっていうのが、テレフォン [全文を読む]

岡田准一が敬服する「降旗&木村」の深い魅力 高倉健作品手掛けた名コンビが「追憶」で復活

東洋経済オンライン / 2017年05月17日08時00分

日本を代表する俳優たちが出演を熱望するのは、降旗、木村両コンビが歩んできた経歴が映画の歴史そのものであり、多くの伝説を生み出してきたからだ。では、ふたりはどのような映画人生を歩んできたのだろうか?降旗康男監督は1934年生まれ。1957年に東大文学部仏文科を卒業後、東映東京撮影所に入社。高倉健とは、彼が出演した美空ひばり主演映画『青い海原』に助監督でついて [全文を読む]

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

そして第三弾の今回は子孫が語る名刀の(秘)事件シリーズ、「伝説の宝刀」です。 また、とうらぶ女子必見の名刀の見方伝授、徳川美術館学芸員が教える、とっておきの「名物刀剣」、大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演する柴咲コウ、春風亭昇太、井伊家の女当主のインタビューなど、刀剣ファンだけでなく、戦国武将好き、歴史好きには必読の一冊です。 [本書の主な内容] 史上初 [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<直撃・堀江淳「“元祖・死亡説”の発信源はあのASKA?」>

アサ芸プラス / 2017年02月28日12時57分

高倉健、志村けん、つぶやきシローと続いた「実は死んでいた」の都市伝説は、どのように生まれたのか。「デビューから2年後の83年に、バイクの事故で左脚を複雑骨折して、40日間ほど入院したんですよ。そのことは記事にもなったんですけど、発端はそこです」 インターネットはもちろん、携帯電話もない時代に、情報はあらぬ方向に転がっていった。「そもそも入院したのは東京だ [全文を読む]

国内外のビッグネームが明かす高倉健の素顔とは?

Movie Walker / 2016年08月20日08時29分

スクリーンを通し、「寡黙で不器用だが芯の通った男の中の男」というイメージを確立した彼だが、その素顔とはいったいどのようなものだったのか?20名以上もの証言を基に、今なお語り継がれる高倉の“伝説”をパズルのように紡ぎ合わせたドキュメンタリーが『健さん』(8月20日公開)だ。 まず驚かされるのが、その証言者たちがとにかく豪華だということ。『ブラック・レイン』( [全文を読む]

福山雅治×チャン・ハンユーの主演映画、80年代ヒット作「狼/男たちの挽歌・最終章」のような作品に?―中国

Record China / 2016年08月12日10時50分

今でも伝説として語り継がれるほどの人気作だ。 10月に予定されたクランクアップに向けて、現在は日本で撮影が進んでいる。高倉さんが演じた検事役(「追捕 MANHUNT」では国際弁護士)を演じるのは、中国の俳優チャン・ハンユー(張涵予)。原田芳雄さんが演じた検事を追いかける警部役は、歌手で俳優の福山雅治が演じる。 この弁護士と警部、およびヒロインとの関わりにつ [全文を読む]

福山雅治とは言葉の壁あり、「あまり交流できていない」ダブル主演の俳優チャン・ハンユー―中国

Record China / 2016年07月26日11時30分

今でも伝説として語り継がれるほどの人気作だ。 ダブル主演するのは福山雅治や男っぽい魅力で人気の俳優チャン・ハンユー。このほど、大阪でロケ中のチャン・ハンユーが、現場取材中の中国メディアのインタビューに答えた。 チャン・ハンユーによると、福山雅治とは言葉の壁があるため、「まだあまり交流できていない」とのこと。ヒロインを演じるのは中国人女優チー・ウェイ(戚薇) [全文を読む]

福山雅治とチャン・ハンユーがダブル主演!高倉健さんの人気映画、大阪でクランクイン―中国メディア

Record China / 2016年06月21日19時20分

この映画は当時中国で空前の大ヒットを記録し、そのフィーバーぶりは今でも伝説として語り継がれるほど。そのため今回のリメークは中国でも注目度が非常に高い。 中国の俳優チャン・ハンユー、福山雅治がダブル主演。高倉健さんが演じた無実の罪で追われる弁護士(前作では検事)をチャン・ハンユーが、それを執拗に追いかける警部を福山雅治が演じる。また、前作で中野良子を中国のト [全文を読む]

原節子さん 親友に明かした「42歳で電撃引退」の“反省”

WEB女性自身 / 2015年12月03日06時00分

伝説の大女優 原節子さん(享年95)が、9月5日に肺炎で亡くなっていたことが明らかになった。42歳の若さで突然、映画界を引退した原さん。その生涯には、最後まで 謎 という言葉がついてまわった。 引退後の原さんと親しく付き合った数少ない1人が女優の司葉子(81)だ。60年に小津安二郎監督の『秋日和』で共演。以来、ときには2時間以上の長電話も楽しむ 親友 だっ [全文を読む]

別冊宝島『日本刀』が異例の23万部突破!高倉健も愛した“日本刀”の魅力とは!?

PR TIMES / 2015年01月31日10時16分

そして、本誌で続いて紹介される「号(愛称)」を持つ日本刀の、各刀にまつわる伝説や、多くの武将のもとをわたってきた由来などを読むと、いかに日本人が日本刀を愛し大切にしてきたかが感じられる。『利休にたずねよ』で直木賞を受賞した故・山本兼一氏の追悼コラムで、山本氏は刀の品格を「鉄の潤い」とともに感じていた。佐野美術館館長・渡邉妙子氏のインタビューでも「ヨーロッパ [全文を読む]

高倉健・菅原文太が共演した【封印された】任侠映画の決定版とは?

tocana / 2014年12月28日08時00分

■東映悲願!? 伝説級映画の日本版を!! マフィア映画の金字塔『ゴッドファーザー』の日本版を東映でやりたいと思った岡田茂社長(当時)は、山口組の田岡一雄組長(当時)の半生記を描いた実録作品『山口組三代目』を製作する。これが公開されるや、同年1月に封切られ既にシリーズ化されていた菅原文太主演の『仁義なき戦い』を上回る観客動員数を記録し、その勢いで続編『三代 [全文を読む]

総額100万円!「現金10万円」か「ビール1年分」どちらかが当たるプレゼントキャンペーン実施

PR TIMES / 2014年12月05日11時29分

10日(水)は、特番『スタア伝説・永遠の高倉健』(10日午後7時00分~8時00分)山田洋次監督、武田鉄矢、倍賞千恵子が語る“高倉健”。昭和36年放送『宮本武蔵』の秘蔵音源も初蔵出し! パーソナリティは吉田照美と佐藤利明(娯楽映画研究家)。映画音楽とともに、健さんの俳優人生をトークで浮き彫りにしていきます。『大竹まことゴールデンラジオ!』(月―金午後1時0 [全文を読む]

英国で小説化も! 世界が認めた“高倉健史上最異端の名作”とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月30日11時30分

ソロDVD『カマキリ伝説2』では、作品の全シーンをモノマネで再現(新幹線のマネまで!)していたものです。 オイルショックの影響で倒産した町工場の社長(健さん)が、元・学生運動家(山本圭)、沖縄から集団就職で上京し夢破れた若者(織田あきら)とともに、社会への復讐を決意。時速80キロ以下になると爆発する爆弾を超特急ひかり109号にしかける…と、大まかな粗筋紹介 [全文を読む]

<番組制作の裏側でみたスターの裏話>高倉健・明石家さんま・佐野史郎・横山やすし・岡本太郎

メディアゴン / 2014年11月30日02時00分

伝説の天才漫才師である。優しい人だった。ただし、酒が入ると手がつけられなくなる。筆者は新人時代「横山やすし番」であった。所ジョージさん司会の「笑って許して!!」(1983〜1986・日本テレビ)というクイズ番組で、やすしさんはメイン回答者だった。大変扱いがデリケートな人だった。しかし、本番になると抜群に面白い。筆者は駐車場の入り口でやすしさんの入りを毎回待 [全文を読む]

各界「伝説の師弟」(1)芸能界、大物たちの絆

アサ芸プラス / 2013年06月11日10時00分

芸能界にはひと言では語り尽くせない、大物たちの熱い師弟伝説がある。そのいくつかを紹介しよう。 高倉健は千葉真一が売れる前からかわいがっていた。千葉がテレビの「七色仮面」の主役に抜擢された時、まだ日体大の学生服で撮影所に通っていた千葉に対し、「社会人なのだから、社会人らしい格好をしろ」と、まだ新品同様だった自分の背広をプレゼント。千葉は「永遠の師匠」と語る [全文を読む]

松田優作「死神を連れた演技」

アサ芸プラス / 2013年01月31日10時00分

「結果的に優作の遺作となりましたが、公開から20年以上たった現在でも強烈にインプットされた伝説的な悪役です」 監督はリドリー・スコット、共演にはアメリカの刑事役にマイケル・ダグラス、誠実で仕事熱心な日本の刑事役に高倉健と、重厚感あるキャストの中でも、2人に追われる殺し屋役の松田の存在感は圧倒的だという。 「撮影中から体調を崩していたのか、死相が漂い、まる [全文を読む]

フォーカス