演技 高畑裕太に関するニュース

高畑裕太が親の七光り脱皮か 極悪チンピラとオタク学生好演

NEWSポストセブン / 2016年08月07日07時00分

バラエティーでもユニークなキャラで活躍中の“二世俳優”の演技力について、テレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * 朝ドラ『まれ』(NHK)から一年、高畑裕太さんが急成長ぶりを見せています。 現在、高畑裕太さんは、『仰げば尊し』(TBS系)で、極悪なチンピラ・陣内剛史、『侠飯~おとこめし~』(テレビ東京系)で、オタク大学生・米倉信也と、2つの作品に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高畑裕太と『侠飯』で共演 内田理央のつぶやきに「だーりお大変な事になってますよ!」の声

TechinsightJapan / 2016年08月24日20時50分

キャストやスタッフの辛い気持ちは分かるが、なかでも内田理央には気を取り直して元気な演技を期待したい。 出典:https://www.instagram.com/rio_uchida (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

「熱い演技」「役が憑依」高畑容疑者へのメディアの高評価は全て的外れだった!

アサジョ / 2016年09月07日17時59分

だが、逮捕されるまでは、その演技力を評価する声が多かったことも事実。見事なまでの手のひら返しと言える状況だが、当の裕太容疑者にはどんな評価があったのか。テレビ誌のライターが検証する。「出世作となったNHK朝ドラ『まれ』では『母譲りの演技力で大抜擢!』と絶賛されていました。ほかにも『全力投球』とか『熱のこもった演技』など歯の浮くような賛辞が並んでいます。ここ [全文を読む]

ロバート秋山、高畑淳子の「セクシーな写真撮りたい」息子・裕太にアプローチ!

Movie Walker / 2016年05月12日17時10分

演技がどヘタな若手俳優ホビー(アルデン・エーレンライク)に、映画監督ローレンス(レイフ・ファインズ)が演技指導をする爆笑シーンの吹き替えにトライした。 どヘタ俳優役の高畑は激しい訛りを交えてセリフを繰り出し、監督役の秋山が彼に演技指導。ボケまくる高畑に対して、秋山は「ふざけてんだろ!」「帰れ!」と監督として怒鳴り散らすなど、ハチャメチャなコンビネーションで [全文を読む]

野村周平に「高畑裕太と同じニオイ」の声! 衝撃の“チャラ天狗”状態を関係者が暴露

tocana / 2017年04月06日09時00分

例えば3月17日放送の「ダウンタウンなう」に出演した際は「酒の席で演技論を語る俳優が嫌い」と公言。坂上忍に「今まで語った先輩とかいる?」と問われると、「佐藤浩市さんは語ってきたすかね」と、あっさり告白した。 野村によると、2015年の映画「愛を積むひと」で佐藤と共演し、酒を飲みに行った際に、自身の演技について「おまえ、カメラを意識して芝居してただろ?」「あ [全文を読む]

益若つばさの水着姿が大胆SEXY、「NEWS=手越」の実態に続々クレーム? 昨日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】

モデルプレス / 2016年08月29日07時30分

◆3位:NEWS加藤シゲアキ&沢尻エリカ、迫真の演技に反響殺到「引き込まれた」「涙なしでは見られない」27日、日本テレビ系「24時間テレビ39 愛は地球を救う」のドラマスペシャル「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」が放送。著書「光を失って心が見えた 全盲先生のメッセージ」(金の星社)を原作に、34歳で両目を失明した中学校教師の主人公・加藤シゲア [全文を読む]

NEWS加藤シゲアキ&沢尻エリカ、迫真の演技に反響殺到「引き込まれた」「涙なしでは見られない」

モデルプレス / 2016年08月27日23時17分

著書「光を失って心が見えた 全盲先生のメッセージ」(金の星社)を原作に、34歳で両目を失明した中学校教師の主人公・加藤シゲアキと、その妻を演じた沢尻エリカが見せた迫真の演技に、視聴者からは多くの反響が寄せられた。◆加藤シゲアキ&沢尻エリカが“魂のぶつけ合い” ドラマでは、加藤演じる熱血教師・新井ヨシノリが網膜剥離にかかり右目を失明、そしてやがて左目も失明し [全文を読む]

「Ray」モデル岡崎紗絵、「仰げば尊し」出演で注目度急上昇 若手俳優陣と共演で“イマドキ”女子高生に<独占コメント到着>

モデルプレス / 2016年07月24日09時00分

吹奏楽部の新しい顧問・樋熊迎一(寺尾)の指導を受ける吹奏楽部員で、パーカッション担当の草刈涼子役に挑戦し、第1話では、演奏シーンやオシャレに着崩した制服姿、フレッシュな演技を披露した。いま注目を集める彼女から、モデルプレスにコメントが到着した。◆岡崎紗絵が初の学園ドラマに挑戦 初の学園ドラマ出演となる岡崎。今回の役どころについて「オシャレと吹奏楽が大好きな [全文を読む]

内田理央、ヒロイン抜擢で“おしり封印”宣言 個性豊かなキャストも決定<コメント到着>

モデルプレス / 2016年06月15日06時00分

腐女子のヒロイン内田さん、アニメオタクの高畑さん、リア充で二枚目な戸塚さんと、皆さん普段は見られない役所を演じており、将来有望な役者陣の演技合戦にご期待下さい」とコメント。 また「大好きな映画にいくつも出演されている三浦さんが、今作でちょっとコミカルなヤクザをメインキャストとして演じる姿を見て、今後テレビでもブレイクすると確信しました。TKOさん演じる箸休 [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.5(3)“親の七光り”俳優・荒木一郎の逮捕

アサ芸プラス / 2016年12月30日09時53分

歌って、演技もこなせる俳優として強烈な存在感を放っていた荒木一郎。彼の母も文学座の看板女優で舞台や映画で活躍しており、一郎は“親の七光り”で文学座デビューしている。 荒木一郎(25)が強制わいせつ致傷で逮捕されたのは69年2月7日。アサヒ芸能では、その夜、さっそく母・荒木道子さんの自宅を訪れ、インタビューに応じてもらった。〈「なんということをしてくれたの [全文を読む]

フォーカス