結婚 黒木瞳に関するニュース

2016年夏ドラマあらすじ一挙紹介 今クールの注目作は?

モデルプレス / 2016年07月11日07時00分

指輪は、無事見つけ出すことに成功するのだが、未亜は結婚に前向きにはなれなかった。それから少し経った頃、自社の副社長・三好海里(滝沢秀明)が研修の一環で広報部にやって来る。顔を見て未亜は驚く。なんと、それは迎賓館でぶつかった男性で…。 『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』7月12日スタート(毎週火曜日よる10時、関西テレビ・フジテレビ系)/波瑠、横山裕、要潤 [全文を読む]

結婚しても働きたい女性が9割の今、憧れの働く女性ランキング1位はあの女優!

Woman Insight / 2014年10月09日15時50分

結婚退職して、退職後は専業主婦になって子育てに専念したい……一時期そういう女性が増えていたようですが、最近は結婚後も働きたいと願う女性が増加しているようです。やはり夫の収入だけでは生活は厳しい? その現実を調査してみました。 ワタベウェディングが、働く女性507人(既婚221人・未婚286人)に取ったアンケートによると、現在約9割の女性が結婚しても働きたい [全文を読む]

日本生協連調べ 新生活からの美活のお手本にしたい女性タレント 1位「北川景子さん」、2位「菜々緒さん」、3位「ローラさん」

@Press / 2016年03月24日15時00分

年代別にみると、20代は、「料理」(42.4%)、「おしゃれ・美容」(36.8%)、「恋愛・結婚」(24.4%)が、他の年代より高くなりました。料理の腕や外見を磨いて、恋愛や結婚の成就につなげたいとの思いが垣間みえる結果といえそうです。また、この春から職場に新人が来るビジネスウーマンでは、「現在の仕事のスキルアップ」(54.7%)が、新人が来ないビジネスウ [全文を読む]

高視聴率「熟女優」フェロモンの秘密(2)熟女優の舞台裏 黒木瞳「初対面で挨拶しない」共演者は無視 檀れいは代理店幹部に「ボディタッチ攻撃」

アサ芸プラス / 2012年08月29日10時59分

ですが、03年に結婚してから状況が一変しました」(民放ディレクター) 確かに、結婚直後に江角の「年金未払い」が発覚、社会保険庁のイメージキャラを務めていたこともあり大問題に発展した。さらに03年以降はフジテレビのドラマ出演がみごとに皆無となっている。結婚でスタッフ受けが悪くなるとは、女優とは難儀な仕事である。 「明るくて話しやすいけど、敬遠されがち」と評さ [全文を読む]

6月1日は「真珠の日」(6月の誕生石は真珠)1200人に調査!「真珠が似合う有名人」トップ10位を発表 第1位は、やはり今話題のあの人!

DreamNews / 2016年06月01日15時30分

最近タレントのDAIGOさんと結婚し、話題を呼びました。結婚式のことも大きくメディアに取り上げられ、話題性が反映されたようです。また、第3位の黒木瞳さんはどの世代からも安定的な人気を誇っており、誰もが想像する“真珠の似合う大人な女性”の象徴なのかもしれません。ランキングに入っている芸能人をみると、真珠の持つ柔らかく上品で、気品のある清楚なイメージに合う人が [全文を読む]

「冬ドラマ」波瀾男女15人の「放送NG言動」をナマ中継!(4)倉科カナはあの大物俳優と結婚秒読み?

アサ芸プラス / 2017年01月29日17時57分

テレビ朝日の金曜ナイトドラマ「奪い愛、冬」(23時15分)でヒロインを演じる倉科カナ(29)も“大物芸能人”との結婚が秒読み段階に入ったという。「ネガティブ思考の竹野内豊(46)に対して、倉科はいつも前向き。考え方が正反対の2人はしょっちゅう衝突しては、破局と復縁を繰り返してきましたが、今はラブラブで、いつ結婚を発表してもおかしくない状況です」(芸能レポー [全文を読む]

おのののか“トレードマーク”に対する本音「戸惑いを感じた時期もあった」「バラエティに臨むスイッチ」――芸能活動4年を回顧

モデルプレス / 2016年07月17日21時00分

結婚を決めた恋人・倉元早苗(二階堂ふみ)を母・万紀子(黒木瞳)に紹介し終えたばかりで、すべてが順風満帆だった――。そんなある日、会社から突然「お前は藤堂新一を名乗って潜り込んだ偽物ではないか?」とあらぬ疑いをかけられる。 会社では、国民一人一人に割り振られた13桁の“パーソナル・ナンバー”の登録が義務付けられており、そのナンバーの持ち主が数日前、婦女暴行事 [全文を読む]

夫との赤裸々生活明かす黒木瞳の新聞連載コラムが好評

NEWSポストセブン / 2016年02月18日16時00分

《こんな寒い季節、お布団に入って、夫の足を湯たんぽ代わりに自分の足を密着させるとき、ああ、結婚してよかったと思う。1人だとこんな具合にはいかないもんね。芯から冷えた足先が、徐々に温まっていくのが分かる》 1月21日、朝日新聞の連載エッセイ『ひみつのHちゃん』はこんな書き出しで始まった。執筆者は黒木瞳(55才)。一昨年4月から始まったこの連載が今、主婦の間 [全文を読む]

“妻役ならこの女優” 断トツ1位の人気は上戸彩、やっぱりあの胸に包容されたい?

週プレNEWS / 2015年05月04日17時50分

ここまで上戸さんが断トツの1位なのは、『アイムホーム』の話題性以外にも理由が? 結婚後に彼女は連ドラに4作品出演しているが『半沢直樹』から『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』もあり『アイムホーム』まですべてが妻役。 「結婚もしましたし、所属事務所は武井咲さんや剛力彩芽さんなど次世代の主演クラスが育ちましたから、今まで通りに上戸さんが主演をやっていく必要もなく [全文を読む]

20代、30代男子が“お相手したい”美熟女ナンバーワンは?

週プレNEWS / 2012年09月07日11時00分

「キャンギャルでデビューした頃から知ってるけど、結婚してからエロいフェロモンが出るようになった。若い頃よりも断然今のほうがいい」(33歳) 続いて、16票で第2位に選ばれたのは麻木久仁子(49歳)。いまやクイズ番組には欠かせない解答者のひとりで、知性派熟女タレントの代名詞ともいえる存在。20代からの圧倒的な支持を得た。 「頭がいいのに、かわいらしいところ [全文を読む]

フォーカス