甲子園 斎藤佑樹に関するニュース

甲子園のスター選手を獲得しない巨人 人気凋落心配する声も

NEWSポストセブン / 2015年10月31日16時00分

即戦力を求めるばかりに、今年も甲子園のスターを指名しなかった――。22日のプロ野球ドラフト会議で、巨人は立命館大学の桜井俊貴投手の単独指名に成功。公立高校出身で甲子園不出場ながら、大学でエースに上り詰め、今年は春5勝、秋はここまで6勝を上げ、春秋連覇の立役者となった大器である。巨人のドラフト戦略について、野球担当記者が語る。 「巨人の傾向としては、目先の勝 [全文を読む]

【プロ野球】中村紀洋、松井稼頭央、筒香嘉智、清宮幸太郎…。歴史の目撃者となった元野球少年たち~甲子園球場編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月20日17時05分

7年ぶりとなる外野芝の張り替えを行うなど、甲子園球場の受け入れ準備も着々と進んでいる。 今回はそんな甲子園球場をめぐる、ちょっと不思議な「縁」の話をしてみたい。一流選手たちの「甲子園の舞台に立ちたい」と思わせる動機についてだ。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■バックスクリーン3連発を目撃した2人の2000本安打達成者 甲 [全文を読む]

【高校野球】78球で完全試合も?少ない球数でも輝いた伝説の投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月22日16時05分

5季連続の甲子園出場を逃した衝撃とともに、ドラフト候補のエース、山崎颯一郎の延長「15回208球」に及ぶ熱投が報われなかった悲しさ・悔しさが伝えられた。 過密日程やチーム事情など、どうしてもひとりの投手に負担がかかってしまうことがあるのは否めない。そこで奮起する姿に心奪われるのもまた事実だ。実際、加藤投手のニュースに対して「あっぱれ!」と賛辞を贈るメディア [全文を読む]

甲子園のスターといえば誰?1位はやっぱりあの選手!

しらべぇ / 2016年08月06日21時00分

7日から夏の全国高校野球選手権甲子園大会が開幕。今大会は150キロを超えるストレートを投げる横浜藤平や履正社寺島など好投手が多く、注目が集まっている。甲子園大会といえば、数多くのスタープレーヤーを輩出している場所。そのなかでもっとも人気のある「スター」は誰なのだろうか。■甲子園のスターといえば?そこでしらべぇ編集部が独自にピックアップした13人のうち「誰が [全文を読む]

早実との死闘から10年。元駒大苫小牧・香田監督を襲った苦悩と挫折

週プレNEWS / 2016年08月23日06時00分

中村 実は甲子園というのは世界最大のビッグトーナメントです。全国の高校をまとめ上げるこのシステムは、アメリカのような大国ではまず成立しません。中学生では硬式と軟式に分かれてしまいますし、大学生はプロに人材が流れもします。すべての人材が等しくひとつの大会で争えるのは甲子園だけなんですよ。 ―なるほど。甲子園の面白さの秘密がわかった気がします。 中村 プロ野 [全文を読む]

斎藤佑樹がケビン山崎氏のジムでトレーニング!「清原の二の舞?」の声も

しらべぇ / 2017年01月26日19時00分

筋力を大幅にアップし、かつて甲子園でみせた150キロ近い速球を取り戻そうと考えているようだ。■ファイターズファンに聞いてみたファイターズファンのSさんに聞いてみた。「斎藤佑樹がどうなろうと、ファイターズには影響ないでしょう。彼の『例年以上』なんて、ボージョレ・ヌーボーの『過去最高の出来栄え』みたいなものですし、実力が伴わないビッグマウスもいつものことですか [全文を読む]

人気書籍『野球部あるある』チームが本気で集めた「すごいぞ!清宮あるある」。阪神ファンは早くも清宮を戦力構想に入れている

週プレNEWS / 2015年10月03日13時30分

甲子園で話題を独占した早実の清宮幸太郎。 まだ高1…!? スゲー。高1の時のオレって、一体何してたんだっけ…と自分を振り返ってしまうすべての人に、累計10万部超の人気書籍『野球部あるある』チームが送る「清宮あるある」! *** 【清宮あるある①】 清宮批判をする人の注文が、高校1年生に求めるレベルではない この夏、毎日のように新聞・TVで報道された清宮だが [全文を読む]

清宮幸太郎はなぜ左打ちなのか? 怪物1年生を生んだ清宮家の英才教育

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日10時00分

4回戦(対早大学院)でも3安打を放つと、準々決勝では今夏も甲子園に出場している東東京の強豪・関東一を相手に高校第1号となる130メートル弾をかっ飛ばした。 “スター不在”と囁かれていた今年の高校球界において、最高のデビューを見せたこの怪物をメディアが見逃すわけもなく、過去に例を見ないほどの大熱狂を巻き起こした。 清原和博&桑田真澄のKKコンビなど、今までの [全文を読む]

公開から2週間で早くも1,000万UB突破!高校野球公式サイト「バーチャル高校野球」高校野球100年の歴史から激選された名シーン動画集「甲子園が揺れた瞬間」2015年8月3日(月)公開!

PR TIMES / 2015年08月03日19時57分

「平成の怪物」松坂大輔、「5打席連続敬遠」松井秀喜らの、往年の名勝負が動画で復活 ~侍ジャパントップチーム各メンバーからの特別動画や地方大会ダイジェストも公開~ 朝日新聞社と朝日放送が共同で立ち上げた全国高等学校野球選手権大会のコンテンツを提供する公式サイト「バーチャル高校野球」(URL:http://www.asahi.com/koshien/)内で、過 [全文を読む]

今や偽者まで出現! 甲子園バックネット裏に陣取る“ラガーさん”って誰?

週プレNEWS / 2014年08月15日06時00分

夏の風物詩として誰もが認める甲子園。そこで近年、春のセンバツとともに自らが風物詩化している“ラガーさん”をご存知だろうか。ラガーシャツを着て、全試合をバックネット裏から観戦、テレビ中継に必ず映っている人物として有名なのだ。いったい何者なのか……本人に直撃した! ■「印象に残っている試合? うーん、“決勝戦”ですね」 ――えー、まずは自己紹介をお願いできます [全文を読む]

元甲子園準優勝投手大越基氏「プロで7勝できる自信あった」

NEWSポストセブン / 2012年02月18日07時00分

かつての「悪童」が甲子園に帰ってくる、今度は「監督」として――。大越基氏、40歳。仙台育英時代に甲子園で準優勝投手となりながら、進学した早大野球部をわずか半年で退部。その後、メジャー傘下の1Aサリナスを経て、1993年にドラフト1位でダイエー(現・福岡ソフトバンク)入団。 だが、投手としての活躍は果たせず、野手転向後、2003年に解雇を宣告された。選手とし [全文を読む]

斎藤佑樹が楽天にボコられ大炎上!もう“過去の栄光”にしがみつくしかない!?

アサ芸プラス / 2017年02月22日17時59分

甲子園の生んだ大スターとして、活躍ゼロでも毎年話題になる投手といえば北海道日本ハムの斎藤佑樹だ。 今年でプロ7年目。同期で共に甲子園を沸かせた田中将大(ヤンキース)には、稼ぎも実績も大きく引き離され、同僚では後輩の大谷翔平にも矢のようなスピードで交わされてしまった。過去6年で通算14勝、しかもこの4年間ではたったの3勝では、トレードもしくは戦力外通告をされ [全文を読む]

ハンカチ王子からの転落…日ハム・斎藤佑樹の”ごっちゃん体質”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月23日15時06分

甲子園大会決勝戦で延長15回を闘い抜いて引き分け、翌日に再試合。駒大苫小牧を相手に再び投げきり、見事に母校・早稲田実業に優勝をもたらした。そして、死闘の最中もハンカチを取り出しては額の汗を拭う爽やかな姿が、日本中を虜にした。 現在は北海道日本ハム・ファイターズ所属の斎藤佑樹(28)投手の登場は、まさにスター誕生だったが──星は地に落ちてしまった。 老舗スポ [全文を読む]

そういえばどうなった…!? 日本ハム・斎藤佑樹のこれまでの野球人生と今季成績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日11時00分

2006年夏、田中将大と甲子園決勝戦で引き分け再試合の壮絶な投げ合いを披露し、最も有名な野球選手のひとりに登り詰めた斎藤。彼の野球人生そして今季成績を追ってみたい。 空前のハンカチブーム 中学時代は新田町立(現太田市立)生品中で軟式野球部。関東大会ベスト8の実績で2004年に早稲田実に入学した斎藤。 2年次の2005年秋に東京都大会を制し、明治神宮大会ベ [全文を読む]

本当に怪物だった清宮幸太郎 初めての甲子園に残した言葉

NEWSポストセブン / 2015年08月20日07時00分

夏の甲子園準決勝、早稲田実業が仙台育英に敗れた。怪物1年生、清宮幸太郎選手が残した言葉とはなにか。フリーライター・神田憲行氏が現地からお届けする。 * * * ゲームセットの瞬間、アンダーシャツの袖でグイッと目元を拭った。ベンチ前で仙台育英の校歌を聞いているときは口元をきつく噛みしめていた。だがそれなのに、ベンチ裏に戻ってインタビュールームに入ってきたとき [全文を読む]

斎藤佑樹の野球人生を狂わせたのは早大時代とプロ野球OB指摘

NEWSポストセブン / 2014年06月11日07時00分

8年前、甲子園に現れた2人の新世代ヒーロー「斎藤佑樹」と「田中将大」。彼らの将来に、ファンは大きな期待を寄せたが、両者の境遇は残酷なまでに対照的なものとなっている。斎藤の野球人生を狂わせたのは、早稲田大学時代だと指摘する声は多い。 まず誰もが指摘するのが、技術面。特に「フォームの改悪」だ。あるプロ野球OBはこう語る。 「高校時代は理想的なフォームで、これは [全文を読む]

高3夏の甲子園で活躍した投手はプロ野球で大成しにくいのか

NEWSポストセブン / 2013年08月25日07時00分

夏の甲子園の近年の名勝負として思い出されるのが、2006年大会の決勝の斎藤佑樹(当時・早稲田実業、現・日本ハム)と田中将大(当時・駒大苫小牧、現・楽天)の投げ合いだ。とはいえ現在、斎藤は二軍で調整中で、一方の田中はプロ野球新記録となる21連勝を達成した。なぜ、2人はこれほどまでに差が開いてしまったのだろうか。 まずは、今年のプロ野球で規定投球回数に達してい [全文を読む]

逸材の当たり年「大谷翔平世代」に続くのは“3年周期法則”の「1997年組」or“奇跡の世代”「1998年組」!?

日本タレント名鑑 / 2017年05月24日11時15分

ともに甲子園で活躍した藤波晋太郎投手(阪神)、昨年の“ドラ一”投手・田中正義投手(ソフトバンク)などプロ野球選手だけでなく、羽生選手、萩野選手、瀬戸選手のほか、柔道のベイカー茉秋選手、レスリングの土性沙羅選手、新体操の元選手・畠山愛理さんらリオオリンピック活躍組、そしてソチオリンピック出場のフィギュアスケート元選手・村上佳菜子さんも同学年です。 この94年 [全文を読む]

『引き分け再試合』はプロへの近道?

ベースボールキング / 2017年03月27日12時30分

◆ 史上初の珍事 3月26日、春のセンバツ・大会第7日目に甲子園史上初の珍事が起こった。 第2試合の福岡大大濠(福岡)-滋賀学園(滋賀)の一戦が1-1の延長15回引き分け再試合に。これもセンバツでは2014年の広島新庄(広島)-桐生第一(群馬)以来で3年ぶりのことであったが、なんと続く第3試合の福井工大福井(福井)-健大高崎(群馬)の試合も延長15回引き分 [全文を読む]

斎藤佑樹は活躍できないまま引退する?7割の答えは…

しらべぇ / 2017年01月28日07時00分

(画像はYouTubeのスクリーンショット)早稲田実業高校のエースとして甲子園で大活躍し、「ハンカチ王子」の名前とともに一世を風靡した野球アイドル・斎藤佑樹。六大学野球でも活躍し、満を持して北海道日本ハムファイターズに入団。しかし、プロになってからの活躍はお世辞にも期待通りとは言えず、昨シーズンまでの6年間で合計14勝。度重なるケガもあって、思うような成績 [全文を読む]

フォーカス