練習 斎藤佑樹に関するニュース

斎藤佑樹がケビン山崎氏のジムでトレーニング!「清原の二の舞?」の声も

しらべぇ / 2017年01月26日19時00分

斎藤はすでに11月から同ジムに通っており、連日額に汗しながら厳しい練習に励んでいるという。■清原和博の野球人生を変えたケビン山崎氏「ケビン山崎」と聞いてピンとくる人は、かなりの野球マニアだろう。西武から巨人に移籍し、成績が下降気味になった清原和博がプロレスラーの前田日明に紹介され、師事したトレーナーである。同氏の提唱するトレーニング「トータル・ワークアウト [全文を読む]

斎藤佑樹 21勝は「ムリ」だが15勝「ぐらい…だったら…」

NEWSポストセブン / 2012年03月18日07時00分

ひたすらバットと白球に向き合うプロ野球キャンプ――己を高め、ライバルを蹴落とす真剣勝負の場だからこそ、練習の合間に洩れる選手の一言一言は切実である。“流しのブルペンキャッチャー”として知られるスポーツジャーナリストの安倍昌彦氏は、そんなつぶやきを聞き逃さなかった。以下、安倍氏のレポートだ。 * * * 2月23日。ヤクルトとの練習試合に投げた斎藤佑樹はまさ [全文を読む]

早実との死闘から10年。元駒大苫小牧・香田監督を襲った苦悩と挫折

週プレNEWS / 2016年08月23日06時00分

当時は、練習環境に大きなハンデを抱える雪国のチームが優勝するなんて前代未聞のことでした。僕自身も高校時代は野球をやっていましたが、関東でも冬場は手がかじかんで練習になりませんでしたから。雪の中で練習に励む駒大苫小牧の選手たちを見て、「人間って、やる気になればなんでもできるんだなあ」と驚かされたものです。 ―香田監督の第一印象について「コミカルなまでに腰が低 [全文を読む]

【プロ野球】日ハム・栗山監督は不甲斐ない…キャンプで見えた12球団の期待度

デイリーニュースオンライン / 2015年02月10日06時50分

練習量がすごいため、振り負けることもなく、野球の能力は培われる。ただ、身体で野球をやっていたら1年間を勝ち抜くことは無理だ。「個」が戦略的に野球をやらねば、優勝に足りない勝ち星を稼ぐことは難しい。 個人が戦略的に野球をやれるかどうかにかかっている。たとえば、昨年169個も三振を喫したエルドレッド。バットに当てられなければ「意味のないアウト」だ。走らなくてい [全文を読む]

斎藤佑樹 二軍で火だるまでも「走り込みは必要ないっス」 チームメイトは「アイツ抜きで優勝しよう」大合唱

アサ芸プラス / 2012年09月14日10時54分

「生来の練習嫌いが原因でしょう。昨年、吉井投手コーチが、『あんなに練習しない選手は初めて見た』と言っていたのが象徴的な話です。キャンプで強制される走り込みはしても、自主的にはやらない。だから春先はキャンプの“貯金”で下半身が安定して、球にスピード感もあったから、低めの変化球の出し入れで勝負ができた。ところが、貯金が尽きれば、先輩・武田勝のように出どころが [全文を読む]

王貞治氏 入団当時の“馬場正平投手”との練習の思い出語る

NEWSポストセブン / 2012年05月19日07時00分

実は巨人のON、王貞治、長嶋茂雄のふたりとも練習をともにしていた。当時を知る王貞治氏(福岡ソフトバンクホークス会長)が“馬場正平投手”の思い出を語った。 * * * 僕は、巨人にはピッチャーとして入団したのですが、球団の首脳(当時の監督は水原茂、ヘッドコーチは川上哲治、投手コーチは中尾碩志)は、早い段階から、僕をバッターとして育てることを考えていたようで、 [全文を読む]

G坂本「監督へのあてつけ」でヤクルト宮本と合同自主トレか

NEWSポストセブン / 2012年02月01日07時00分

キャンプ前には各自、自主トレーニングを行ってキャンプに臨むわけだが、有名選手の中には他球団の選手と練習する者もいる。今年はイチローと川崎宗則(ともにマリナーズ)の自主トレに、なぜか投手の斎藤佑樹(日ハム)が参加した。また、西岡剛(ツインズ)と中田翔(日ハム)という組み合わせもあった。 「斎藤はイチロー、川崎と同じ所属事務所。西岡と中田は大阪桐蔭高出身という [全文を読む]

早実・清宮幸太郎「ドラフト拒否」の裏工作(2)今後の育て方と弱点

アサ芸プラス / 2017年05月13日17時56分

現在の早大の監督が斎藤時代の應武篤良氏から高橋広氏に代わって、野球部の練習は一変しました。一昨年、楽天に3位指名された茂木栄五郎や、巨人に2位指名された重信慎之介、昨年の日ハム2位指名の石井一成ら、早大の野手が即戦力としてプロで活躍し始めている背景には、高橋監督の指導力があります。それでも他大学や社会人に比べるとまだ練習は甘く、グラウンド外にまで目は届きま [全文を読む]

大谷翔平が足首の故障でWBCを辞退!1月のキックボクシング動画に批判の声も

しらべぇ / 2017年02月04日05時00分

■ダルビッシュとのキックボクシング練習が原因?足首の故障については、「ダルビッシュとのキックボクシング練習が原因なのではないか」との噂がある。これはダルビッシュがInstagramにアップロードした動画に、足を痛めているはずの大谷がボクシンググローブを持ち、リズムよく跳ねながら右足でキックを放つ姿が映っているため。軽快な動きをみせているだけに「これをきっか [全文を読む]

斎藤佑樹、ポルシェ供与疑惑&勝ち星ゼロの元凶は「勘違い」と「練習しない大学時代」

Business Journal / 2016年07月16日17時00分

「大学時代、練習しませんでしたからね。全体練習以外の個人練習こそが自分を高めていく。なのに、彼は怠った。だから、大学1、2年のときは高校時代の貯金で抑えられたけど、3年以降は苦しみ、プロに入っても伸び悩んだ。すべての元凶は大学進学ではないでしょうか」(同前) 若いうちに失敗しておけ――。野球選手にとって、中堅といえる年齢になってしまった斎藤に足りなかった [全文を読む]

“カイエン青山”から”マカン鎌ヶ谷”に!? ハンカチ王子・斎藤佑樹投手に文春砲が炸裂

ガジェット通信 / 2016年07月13日18時00分

今回、鎌ヶ谷の二軍練習場に行くのに車をねだり、マカンをもらったということで新たに“マカン鎌ヶ谷”なるアダ名がついてしまっている模様だ。 北海道日本ハムファイターズ公式 (@FightersPR)は『Twitter』にて 今日の先発は斎藤!前半戦最後の試合を勝利で飾ろう!! と斎藤投手の画像つきでツイートしているのだが、応援メッセージの他に 公式さん、センテ [全文を読む]

日ハムの注目新人・有原、最大の懸念は先輩・斎藤の影?見劣りの実績、実は“遅い”直球…

Business Journal / 2014年12月09日06時00分

試合前の練習でタイミングを見計らい、「今、ご挨拶申し上げてもよろしいでしょうか。この度、入団しました○○です」と、直立不動で自己紹介しなければならないのである。「先輩のほうから近寄って、『今度入った後輩はお前か?』などと言われようものなら、引退するまで説教されます」(ベテラン記者)●違いすぎる身体能力 もっとも、斎藤は先輩風を吹かすような性格ではないが、斎 [全文を読む]

12球団キャンプ「オフレコ報告書」(4)

アサ芸プラス / 2012年03月02日10時59分

「落合監督時代と打って変わって練習量が激減。皆、引き揚げるのが早く、ブランコ(31)なんてほぼ練習していません(笑)。球団関係者も『全体の練習量が減っているので、プロなんだから足りないところは自分自身でやってほしいんですが』と不安げに話しています」(球団関係者) 老指揮官への風当たりはこれだけにとどまらない。球団関係者が続けて明かす。 「落合前監督は『一 [全文を読む]

日ハム斎藤佑樹、V旅行に不参加も「当たり前!」とファンから手厳しい声

アサ芸プラス / 2016年12月15日09時59分

その際のテレビのインタビューで、「今年は活躍できなかったんで」とコメントしたことで、ネット掲示板には「今年って‥‥毎年活躍できてない」「ビールかけてる暇あったら練習してほしい」など、ファンからの痛烈な批判が書き込まれた。「斎藤本人もこの世間の声を目の当たりにしてしまったからなのか、日本一を決めた後の優勝パレードでも一人だけ優勝の喜びとは程遠い、険しい表情が [全文を読む]

お前は後片付けしろよ!日ハム優勝ビールかけで斎藤佑樹のコメントに罵声の連打

アサ芸プラス / 2016年10月03日17時58分

「はぁ?今年?毎年活躍できてないだろ!」「ビールかけてる暇あったら練習しろ」「ハンカチは後片付け手伝えよ」「買ってもらったクルマはどうなったんだ」など、メディアが言いづらい内容をこれでもかと連打されている。「栗山監督じゃなかったら、とっくにクビ切られてる」という評価が正しい今、大谷や中田翔に完全に水をあけられたかつてのスターは、はたしてどう転がっていくのだ [全文を読む]

ハンカチ王子からの転落…日ハム・斎藤佑樹の”ごっちゃん体質”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月23日15時06分

普通の20歳代前半の感覚じゃあない」 「大学時代から全体練習しかせず、個人練習を疎かにして遊んでいた。あれじゃあプロで成功するはずがない」 まあ散々な評判。本当の彼は、あの爽やかなイメージとはかけ離れた行状が多いようだ。……それは大学時代に始まったという。 「早稲田大学野球部に入った途端、取材で女子アナが来るわ、今回のベーマガ社長みたいなタニマチは付くわ。 [全文を読む]

ポルシェおねだりの日ハム・斎藤佑樹、記者間では「バカ殿」呼ばわりの悪評ぶり

日刊サイゾー / 2016年07月21日11時00分

そのアイドル人気はあっという間に消えうせたが、いまだ特別扱いに慣れてしまい、チーム内からは「練習しない」「指示を聞かない」という苦情が聞かれるようになっている。危機感もなくプライドだけが高くなってしまったことで、記者間では「バカ殿」なんてあだ名がつけられる始末だ。 「球団から放り出される日は遠くない。そのときは『これからはジュース1本、てめぇの金で買えよ [全文を読む]

「まだ興業的価値有り」斎藤佑樹、ネットでの“口だけ番長”人気で球界再評価?

サイゾーウーマン / 2014年03月03日13時00分

日本ハムの二軍本拠地兼練習施設である鎌ヶ谷では、「随分と寂しい思いをしたようですよ」とスポーツ紙プロ野球デスクは語る。 「高校時代からずっと注目の的でしたから。早稲田大学卒業後、プロ入り1年目にはキャンプ地の沖縄・名護にワイドショーのリポーターがこぞって取材に訪れ、球場は平日にもかかわらずぎっしり満員。まさに“佑ちゃんフィーバー”が連日巻き起こっていたので [全文を読む]

「イチローの恋人」の助言あった故に210安打の大記録誕生か

NEWSポストセブン / 2012年12月10日16時00分

打撃練習は投手と打者の共同作業であり、お互いの呼吸が合わなければいい練習にはならない。その意味で、打撃投手は単なるピッチング・マシンとは決定的に違うのだ。 「試合前の練習なら、打者の調整をするのが最大の目的ですから、打者が気持ちよく試合に臨めるように投げないといけない。一番気を遣う部分です」 こう語るのは、「イチローの恋人」奥村幸治氏だ。 「プロの打者は [全文を読む]

「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(4)斎藤佑樹←角盈男(野球解説者)

アサ芸プラス / 2012年03月09日10時54分

「桑田に弟子入りして下半身を鍛え直せ」 キャンプ中の練習試合では、いまひとつピリッとしない日本ハムの斎藤佑樹 (23)。今季は“ポストダルビッシュ”の期待もかかるが、ヤクルト、巨人で投手コーチを務めた解説者の角盈男氏は「まだまだ課題あり」と注文をつける。 * 最初に言っておきたいのですが、ダルビッシュと比べられては斎藤がかわいそう。メジャーが100億円出す [全文を読む]

フォーカス