フォーム 斎藤佑樹に関するニュース

「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(4)斎藤佑樹←角盈男(野球解説者)

アサ芸プラス / 2012年03月09日10時54分

その理由は今年取り組んでいるフォームの改造にあります。 ご存じのように、斎藤のフォームの特徴は、軸足(右足)が折れるところにあります。昨年は始動の段階から軸足を折っていました。今年は、左足を上げるまでは伸ばしたままで、そのあとに軸足を折るというフォームに変えています。このフォームだと体の反動を使えるので、球のスピードは増します。「斎藤は球威がない」という周 [全文を読む]

背水のウインターリーグ参戦も松坂大輔に冷たい視線。バッシング逃れすら虚しい?

週プレNEWS / 2016年12月15日10時00分

フォームを直せ』と言う人もいますが、直したくてもあの体形では直せないんです。むしろ、あんな苦し紛れのフォームで140キロ台を出せるんだから大したものですよ。 とはいえ、ボールを離す位置がバラバラなので制球が定まらないのも当然です。まずは痩せて、正しいフォームに直すのが先決でしょう」 来季は松坂にとって、3年契約の最終年。年俸4億円の選手がここ2年で登板わ [全文を読む]

斎藤佑樹の野球人生を狂わせたのは早大時代とプロ野球OB指摘

NEWSポストセブン / 2014年06月11日07時00分

特に「フォームの改悪」だ。あるプロ野球OBはこう語る。 「高校時代は理想的なフォームで、これはとんでもない投手が出てきたぞと思って楽しみにしていたが、大学に進んでから、まるで別人のようになった。正直これでは厳しいというのが感想だった」 どう改悪されたのか。 「高校時代、斎藤は軸足を曲げて力をためる独特のフォームをしていた。軸になる右足を曲げることで、踏み出 [全文を読む]

そういえばどうなった…!? 日本ハム・斎藤佑樹のこれまでの野球人生と今季成績

デイリーニュースオンライン / 2015年12月02日11時00分

しかし、大学生活後半になると徐々にフォームを崩し、コアファンの間では「斎藤は大丈夫か…?」と実力を危ぶむ声も出ていた。 それでもドラフトでは、日本ハム、ロッテ、ソフトバンク、ヤクルトの4球団が競合。当たりクジを引いた日本ハムに入団することになる。 絶好のスタートから一転… 【2011年】19試合6勝6敗 防御率2.69 異例の注目を浴びながらプロ生活をス [全文を読む]

ノムさんが考える斎藤佑樹の復活の条件とは…

ベースボールキング / 2017年02月13日00時30分

野村氏は「上体だけで投げているから、下(下半身)の力をリリースポイントのところに上手に伝えるという理想的なフォームに程遠い」と指摘し、「普通良い投手は投げ終わった後に、(投げた)腕が跳ね返ってくる」とつづけた。 さらに野村氏は斎藤佑が復活するための条件に「走って走って走りまくる。何のために足腰を鍛えてるの?いい球投げるためでしょ。足腰を使ったフォームが理 [全文を読む]

斎藤佑樹が楽天にボコられ大炎上!もう“過去の栄光”にしがみつくしかない!?

アサ芸プラス / 2017年02月22日17時59分

投球結果はともかく、グッズ収入で戦力になるしかないというわけです」(週刊誌記者) 本人は股関節を柔らかくして大学1年時のフォームに戻そうとしているとスポーツ番組で語っていたが、過去の栄光にすがって未来は開けるのだろうか。(佐々木たける) [全文を読む]

ダルビッシュも見放した日ハム・斎藤佑樹。栗山監督の“最後通告”で再生は?

週プレNEWS / 2016年12月14日06時00分

体が硬いからしなやかなフォームで投げられず、球威もキレも出ない。また、体の硬さは疲労の回復も遅くさせるので連投が利かない。今は先発失格の烙印(らくいん)を押されて中継ぎに回っていますが、中継ぎに必要な球威と連投可能なスタミナにも欠ける。 さらに制球もアバウトで、その日の調子はマウンドに上がってみないとわからないタイプ。監督やコーチからすれば、実に使いづらい [全文を読む]

高卒後プロで指導者に恵まれた田中と斎藤に差が出るのは当然

NEWSポストセブン / 2014年06月12日07時00分

もともと腕も振れるので、コントロールもよくなるんですよ」 田中と斎藤のフォームの最大の違いは、下半身の使い方にあると村田氏はいう。 「踏み出したひざで体重を吸収できる田中と、できない斎藤。それで斎藤はコントロールばかり気にするので、小手先で投げるようになってしまいましたね」 田中がこうしたフォーム改造に取り組むきっかけになったのは、プロでいくつも壁にぶち当 [全文を読む]

元日ハム宮本「努力で叶わぬものを斎藤佑樹“持ってる”」

NEWSポストセブン / 2012年11月22日07時00分

オーバーハンドからサイドスローへフォームを変更したのだ。「130キロ台後半しか投げられない自分が、140キロ台後半を投げる投手たちと張り合っても仕方ない。先発を諦めました。自分は左投手ですから、対左打者のワンポイントでも使ってもらえるように、左ヒジを下げて、左打者のアウトローに角度のついたボールが投げられれば勝負できる……そう思ったんですけどね」 [全文を読む]

王貞治氏 入団当時の“馬場正平投手”との練習の思い出語る

NEWSポストセブン / 2012年05月19日07時00分

ただ、バッターに対しては、体を横に曲げて腕を真上から振り下ろすような、オーバーハンドのフォームではなく、どちらかというと、腕が斜め上から振り下ろされるスリークオーター気味のフォームだったので、威圧感というのはありませんでした。スピードもびっくりするような球速ではなかったと記憶しています。 だけど、ボールの球質はとても重かった。キャッチャーのミットに収まる [全文を読む]

フォーカス