両親 斎藤佑樹に関するニュース

【野球メシ】日本ハム・ファンのオアシス「焼肉 絵理花」の思い出

文春オンライン / 2017年05月04日11時00分

両親が「体力の限界」と店をたたまれたのが4年前になるだろうか。ヒチョリの引退より早かった。 狂牛病やユッケ食中毒騒動にもビクともせず、野球ファンのオアシスとして愛されてきたが、今はもう建物自体がなくなってしまっている。駅から歩いて角を曲がって、いつも通り「絵理花」の看板が出てるものと思って足が止まる。あぁ、もう、「絵理花」はないんだなと思うのだ。寂しくて [全文を読む]

清宮幸太郎はなぜ左打ちなのか? 怪物1年生を生んだ清宮家の英才教育

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日10時00分

清宮が野球を選んだきっかけはあの名勝負! 両親ともにアスリートの清宮家。怪物1年生はそんな環境の中で多くのスポーツを経験した。水泳やスキー、もちろんラグビーも。港区の相撲大会では4連覇の偉業を成し遂げたこともある。 「ゴールデンエイジ(10歳ごろの運動神経が格段に良くなる時期)までにいろいろなスポーツを経験させたい」と考えた両親だが、その中で清宮が選んだ [全文を読む]

松井秀喜に匹敵の評も 早実・清宮幸太郎を育てた家庭教育

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年06月12日09時26分

清宮選手はこの両親の元で厳しく育てられた。「携帯ゲーム機は禁止。そのため、小学生時代の幸太郎少年は同級生のやるニンテンドーDSを物欲しげに見ていたといいます」(スポーツ担当記者) 日刊ゲンダイのインタビューで父の克幸氏は、「幸太郎がまだ小さい頃、悪いことをした時は、東京タワーの下まで連れていって叱った」と語っている。ただ叱るのではなく、後々に東京タワーを見 [全文を読む]

理想のパパになれない父親たち

NewSphere / 2017年06月03日11時00分

この不平等の原因は、父権制に基づくジェンダー・イデオロギー(両親の子どもたちへの接し方や家庭において男性と女性が担う役割に影響を与える力の原動力)だと、一部の研究者と評論家は主張している。 父親であることと男性の健康に注目する研究者として、自分の研究がより複雑な実態を示していると私は考える。従来のジェンダーに対する姿勢や考え方はこの話題の重要な要素ではある [全文を読む]

千葉ロッテ・大嶺祐太の結婚披露宴で考えたこと

NEWSポストセブン / 2016年12月25日16時00分

祐太はご両親との縁が薄く、きょうだいとも漁師をしている祖父の武弘さんと祖母の孝子さんに育てられた。実家でおじいさんの取材を私が希望すると、祐太は「ええー本当に来るんですか……」と渋々家に連れて行ってくれた。平屋建てのこじんまりしたお家で、私を連れて家に上がると祐太はふいとどこかに消えた。 それからしばらくしたドラフト前の秋口、石垣島の空港でたまたま居合わ [全文を読む]

大阪桐蔭・藤浪投手 帽子つばに父から「楽笑」のメッセージ

NEWSポストセブン / 2012年08月30日16時00分

その活躍の陰には、親友の支えと両親の教えがあった。 大阪桐蔭には、「もうひとりのしんたろう」がいる。記録員・倭慎太郎(やまと・しんたろう)くん(17才)だ。中学時代は、藤浪投手とバッテリーを組んでいた捕手で、“藤浪と甲子園に行きたい”と同校に進学。しかし、右ひじの怪我のため、高校2年生の秋から選手としての道を諦め、記録員として藤浪投手を支えている。倭くんの [全文を読む]

小林麻耶がハンカチ王子と結婚秒読み? 秋にも正式発表とのウワサが…

メンズサイゾー / 2012年08月13日16時00分

1月の伊勢神宮参拝には斉藤の両親も一緒に行っていたため、「すでに親も公認の仲」と言われたが、「昔からの友達」「結婚は絶対にないです」と小林は交際説を一蹴。しかしいくら友人とはいえ、斉藤の家族旅行に女一人で付いていくというのはやはり「それなりの関係」がなければありえない。形式上、一応否定はしてみせたものの、実際は深い仲であるという見方が有力だった。「実際、報 [全文を読む]

12球団キャンプ「オフレコ報告書」(7)

アサ芸プラス / 2012年03月05日10時59分

キャンプでは両親の姿も見ていないので、親離れもしたのかもしれません。1年越しで占い師の進言を理解したのですかね」(前出・球団関係者) 笑顔が絶えないのは斎藤ばかりではない。 昨年の日本シリーズでノーアウト満塁を無失点で抑えてブレイクした、ソフトバンク・森福充彦(25)がイケイケだ。 「さっそく芸能界からも声がかかりまして、このキャンプ中、大ファンであるウル [全文を読む]

フォーカス