映画 坂本龍一に関するニュース

坂本龍一、過去の音への探求と現在の作曲プロセスをスクリーン上で

NeoL / 2017年04月03日14時18分

世界的音楽家である坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画「RYUICHI SAKAMOTO DOCUMENTARY PROJECT(仮題)」が、11月に公開する。本作は、2012年から5年の長期間に渡る本人への密着取材によって実現したもので、併せて幼少からの膨大なアーカイブ素材も映画を彩っている。大病(2014年)を経て、過去の旅路を振り返りながら、新たな楽 [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:紀里谷和明「『CASSHERN』ファンもいるのに隠れキリシタンみたいに…」(1)

デイリーニュースオンライン / 2015年11月27日21時30分

今回のゲストは映画監督、カメラマンの紀里谷和明さん。映画監督としての3作目である『ラスト・ナイツ』(現在絶賛公開中!)で、クライヴ・オーウェンやモーガン・フリーマンという超一流役者陣を迎えてのハリウッドデビューを果たした紀里谷さんに特大ボリュームのロングインタビューを敢行! 第1回の今回、まずは、なぜか嫌われてしまう紀里谷さんの人間性に迫ります! 頼まれた [全文を読む]

映画『怒り』劇中音楽を坂本龍一が担当、日本が世界に誇る“天才”が集結!

NeoL / 2016年06月22日21時52分

映画『怒り』(9月17日(土)公開)の劇中音楽をあの坂本龍一氏が担当! さらに第2弾ポスタービジュアルと第2弾予告・特報映像が初解禁。6月16日(木)より映画公式サイトにて公開。 「パーク・ライフ」で第127回芥川賞を受賞した吉田修一の原作と、『フラガール』で日本中を感動の涙で包み込んだ映画監督・李相日によって作られた『悪人』。“本当の悪人は誰か”と投げか [全文を読む]

坂本龍一からのメッセージも!『レヴェナント~』がゆうばりで日本最速上映

Movie Walker / 2016年02月29日07時00分

2月25日より開催されている「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」で28日、クロージング作品として『レヴェナント:蘇りし者』(4月22日公開)が上映。上映前に20世紀フォックス映画日本代表のジェシー・リー氏と鈴木直道夕張市長が登壇した。 本作はレオナルド・ディカプリオ主演、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督による実話をもとにした壮絶な人間 [全文を読む]

業界初!! 実話に基づく塾講師ショートフィルムを公開!! 個別指導塾のパイオニア「明光義塾」が「塾講師」のイメージを変える!!

DreamNews / 2015年04月06日14時00分

豪華な出演者と制作スタッフがショートフィルムを彩る 本映像では、講師役としてスタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」(高畑勲監督、2013)のヒロイン・かぐや姫の声優に抜擢された朝倉あきさん、舞台や映画で活躍する注目の若手俳優である水間ロンさんが出演。また、生徒役として映画「るろうに剣心」(大友啓史監督、2012)に少年剣士・明神弥彦役として出演した田中偉登 [全文を読む]

レディー・ガガ、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット…「ゴールデン・グローブ賞」2016年の注目は?

モデルプレス / 2016年01月09日18時00分

「ゴールデン・グローブ賞」とは、”映画”と”テレビ”の2大映像エンタテインメントを対象とする賞。1944年、ハリウッド外国人記者協会が、前年に発表された映画・テレビ番組の中から優れた作品を表彰する場として設立した歴史と伝統のあるアワード。映画・ドラマ界のセレブリティが一堂に会しテーブルを囲むパーティー形式で行われる事から、“パーティー・オブ・ザ・イヤー”と [全文を読む]

アカデミー賞作品賞『ムーンライト』若手監督が明かす日本の名匠が当てた光

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年04月02日19時46分

第89回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、助演男優賞に輝いた映画『ムーンライト』は、マイアミの貧民街に住むゲイの黒人男性の成長物語だ。監督、脚本家、主要キャストは黒人で、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クエスチョニングまたはクィアの頭文字をあわせたセクシャルマイノリティーの呼称)のキャラクターを主人公にした映画が作品賞を獲得し [全文を読む]

坂本龍一さんインタビュー「ゴールは『賞』ではない」

まぐまぐニュース! / 2016年08月11日12時00分

この度、音楽を手掛けた、日本の映画界の巨匠、山田洋次監督と、女優、吉永小百合さんがタッグを組んだ作品「母と暮せば」が昨月、映画祭「第10回JAPAN CUTS !~ジャパン・カッツ!」(ジャパン・ソサエティー開催)で上映された。病より復帰明け、最初の仕事、米国での活動などお話を伺った。 (聞き手・高橋克明) 音楽手掛けた「母と暮せば」がNY上映 久しぶりに [全文を読む]

ビートたけし 『戦メリ』収録時のデビッド・ボウイを述懐

NEWSポストセブン / 2017年02月25日16時00分

デビッド・ボウイと大島渚監督の映画『戦場のメリークリスマス』で共演しているのが、ビートたけし氏だ。たけし氏は著書『テレビじゃ言えない』(小学館新書)の中でこんな思い出を語っている。 * * * あの映画は1983年公開なんだけど、とにかく今じゃ考えられないことばかりでさ。当時、映画とは縁もゆかりもなかったオイラと坂本龍一と、そしてデビッド・ボウイというド素 [全文を読む]

“映画をみてさらに大好きになりました”“白黒の映像が印象的で実にきれい”“あらためて矢野顕子のでかさを感じた”糸井重里、小坂忠、細美武士、ハマ・オカモト、福岡晃子、渡辺祐…各界の著名人が絶賛!!!

PR TIMES / 2017年01月13日13時33分

映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』[2017デジタル・リマスター版]絶賛公開中!絶賛公開中の矢野顕子主演映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。』。劇場公開後も続々とコメントが寄せられ、新たにコメント(第三弾)を発表することとなりました。 ’76年7月25日、アルバム『JAPANESE GIRL』でソロデビューした [全文を読む]

フォーカス