モラハラ 三船美佳に関するニュース

判然としない「亭主関白」と「モラルハラスメント」の違い。ジョージは、まことは、西島秀俊は…

messy / 2016年04月02日17時00分

同月15日には6回目の弁論準備手続き(非公開)が行われたというが、スポニチによれば、このとき、三船側から高橋のモラハラに関する膨大な資料が提出されたのだという。ここで高橋側にとって不利な証拠が出されたため、公開の裁判で公にされる事を恐れた高橋が早急に離婚に同意したのではないかという見方だ。 三船は離婚が成立した29日の夜にブログを更新し「数年に及び皆さまに [全文を読む]

松本人志は高橋ジョージを擁護!「モラハラは女のワガママ」なのか?

リテラ / 2015年03月25日13時00分

高橋はこれをTwitterで真っ向否定しているが、この裁判を報じるワイドショーやバラエティ番組では、坂上忍が「僕の意見では、年下と付き合ったら、ありますよ、モラハラなんて!」とモラハラを肯定するような発言をしたり、ダウンタウン松本人志が「弱者が強いみたいな世の中になってしまってて。『女は弱者であるから女は強い』みたいな。ぼちぼち逆転してもいいんじゃないか [全文を読む]

他人事じゃない!「離婚につながるモラハラ」その実態と対処法

WooRis / 2015年02月12日18時00分

高橋ジョージさん・三船美佳さんの離婚騒動ですが、三船さんが別れを決意した理由として、夫のモラハラを挙げたことが一部で報じられ、ますます波紋が広がりましたね。“モラル・ハラスメント=モラハラ”とは、言葉や態度などで相手を精神的に傷つけたり支配したりする行為のこと。傷つくのは被害者の身体ではなく心であることから、証拠が残りにくく、また被害者がモラハラに遭ってい [全文を読む]

神田うの「ウチの夫もモラハラ男」「嫌なら逃げればいいじゃない」で波紋

messy / 2015年03月06日22時00分

家庭内でのモラハラがDVとして認められ、離婚事由になるのか。法的に認められるには、どのような証拠があれば良いのか。誰でも気になるだろう。モラハラという概念が一般に広まれば、これまで黙っていたけれど、あるいは気付かなかったけれど……という既婚男女が声を上げることができるかもしれない。ただ、言葉だけが一人歩きしてしまえば誤解も招く。 3月5日放送の『ノンストッ [全文を読む]

じつはバツ2だった高橋ジョージ 元妻・三船美佳への発言に賛否両論

しらべぇ / 2017年04月01日10時00分

離婚理由にあった「モラハラ」の件についてもやんわりと否定した。■「じつはいい人?」との声もあるが...一連の流れを見たネット民からは高橋を称賛する声が。・モラハラって言われてたけど全然いい人じゃん・「会いたいって思われる父親になりたい」ってすごく良い言葉だと思う。グッときた・言いたいことがすごく伝わる。悪気はなかったんだよね・感動した。いろいろあったと思う [全文を読む]

心理カウンセラー「モラハラされても慌てて離婚する必要ない」

NEWSポストセブン / 2015年07月15日16時00分

モラハラと呼ばれるそれは、果たしてどこまで理解されているのだろうか。モラハラや虐待について詳しいノンフィクション作家の黒川祥子さんと、三船美佳が高橋ジョージとの離婚裁判に証拠資料として提出した『カウンセラーが語るモラルハラスメント』著者でカウンセラーの谷本惠美さんが、もしも夫がモラハラをしたならば、どうすればいいのか話し合う。 * * * 黒川:自分の夫が [全文を読む]

“モラハラ”報道の米倉涼子・夫が憤る、所属事務所のイメージ操作「いくらなんでも、ひどすぎる」

日刊サイゾー / 2015年04月16日13時00分

離婚問題の浮上する女優・米倉涼子の夫が、週刊誌で報じられたモラハラ疑惑に激怒し、場合によっては公の場での反論も辞さないと息巻いていることを、夫の仕事関係者が漏らしている。 「いくらなんでも、ひどすぎる報道だと言っていた」 この関係者によると、米倉の夫は週刊誌の報道が出たことで業務のスケジュールを大幅に変更せざるを得なくなり、マスコミを避けるため大阪のウィー [全文を読む]

夫のモラハラでうつ病を発症し離婚を検討…慰謝料請求に必要な準備とは?

シェアしたくなる法律相談所 / 2016年11月08日20時00分

高橋ジョージさんと三船美佳さんの離婚騒動で、すっかり定着した「モラハラ」という問題があります。 「モラハラ」とは「モラルハラスメント」の略で、簡単に言えば言葉の暴力や無視、横暴な態度などにより、相手を精神的に傷つけるものを指します。精神的DVとも呼ばれるもので、肉体的なDVよりも多くの夫婦間で問題になっているものと思われます。 とある夫婦の間で、仮に夫のモ [全文を読む]

三船美佳の弁護士が説明 高橋ジョージの見解は「誤解招く」

NEWSポストセブン / 2016年04月07日11時00分

証人尋問となると、モラハラ問題から娘のことまですべて筒抜けになってしまう可能性がある。高橋さんとしては、それは避けるべきだと。ここで離婚に同意した方がいいと判断したのだそうです」(芸能関係者) 離婚成立後、高橋は報道陣にFAXを送付。《三船美佳さんが離婚訴訟の訴えを取り下げたことを受け入れ、協議離婚することに同意致しました》と綴り、あくまで三船側が訴訟を取 [全文を読む]

整形を強制する者も! ハリウッドで伝説となった「モラハラ夫」エピソード

サイゾーウーマン / 2015年03月02日13時00分

高橋ジョージ・三船美佳夫妻の離婚訴訟で話題になった、夫婦間のモラルハラスメント(通称モラハラ)。罵声を浴びせたり、威圧的な言葉で脅したりして相手を精神的に追い詰め、無気力にすることで自分の支配下に置くことをいう。精神的暴力ともいわれ、ドメスティックバイオレンス(DV)の1つだとされている。 英語では「エモーショナル・アビュース」「メンタル・アビュース」と呼 [全文を読む]

高橋ジョージ「モラハラ報道」のウラ事情を告白!?

日刊大衆 / 2017年03月02日12時05分

2月22日放送の『モシモノふたり』(フジテレビ系)に、ミュージシャンの高橋ジョージ(58)が出演し、モラハラ疑惑や離婚騒動の真相について語った。 今回は、同じく離婚経験があり旧知の仲であるタレントのつちやかおり(52)と二人で語り合った後に、女優のマルシア(48)、タレントの森尾由美(50)も加わり、“離婚経験者たちの自虐反省ホームパーティ”を開催した。 [全文を読む]

モラハラに詳しい作家 高橋ジョージは「典型的モラハラ夫」

NEWSポストセブン / 2015年07月13日16時00分

モラハラや虐待について詳しいノンフィクション作家の黒川祥子さんは、モラハラの特徴を「何一つ、自分に非はないという形をとりながら、言葉で、あるいは無視することで、妻を追い詰めるわけです」と語る。 その怖さと実態を黒川さんと、三船美佳が裁判に証拠資料として提出した『カウンセラーが語るモラルハラスメント』著者でカウンセラーの谷本惠美さんが話し合った。黒川:高橋さ [全文を読む]

「パパの役目は終わった」!? 三船美佳・高橋ジョージ夫妻に“計画離婚”説が浮上のワケ

日刊サイゾー / 2015年03月18日11時00分

三船サイドは、モラハラ関連本2冊にふせんを貼って裁判所に提出。モラハラを前面に押し出して戦うようだが、それでは離婚原因として弱いという意見が各方面から上がっている。 「三船の弁護士は、元日弁連副会長で元東京弁護士会会長の若旅一夫氏という大物だが、専門は離婚ではなかったはず。モラハラは民法の離婚事由に当てはまらないだけに『いくら若旅先生でも、本当に勝てるのか [全文を読む]

栗田貫一、林家ペー、キンコン・梶原雄太……批判殺到の芸能界「モラハラ夫」たち

サイゾーウーマン / 2015年03月11日13時00分

9日放送の『私の何がイケないの?』(TBS)でのモラハラ発言が波紋を呼んでいる栗田貫一。女優の妻・大沢さやかに対する「死んでくれ」といった発言が予告映像で流れた時点から、ネット上では「最低すぎる」「モラハラの域を超えている」といった批判が殺到している。近頃芸能人夫婦でも取り沙汰されている“モラハラ問題”だが、またしても新たなモラハラ夫が出現してしまった。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】和田アキ子に“○○ハラ”の疑惑。陣内智則や国山ハセンアナらが証言。

TechinsightJapan / 2015年01月25日18時05分

高橋ジョージと三船美佳の離婚問題で注目される「モラルハラスメント(モラハラ)」について、バラエティ番組『アッコにおまかせ!』が取り上げた。モラハラ以外にも「スモークハラスメント」、「スメルハラスメント」など○○ハラと呼ばれる定義は30種類近くもあるという。しかも、和田アキ子の行為はその中のいくつかに該当するのではないかと共演者から証言があった。 「モラルハ [全文を読む]

高橋ジョージが三船美佳との離婚”自虐ネタ”で復活した舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2017年02月27日11時40分

しかし週刊誌で高橋の“モラハラ”が報じられるなど、徐々に関係が悪化。13年末から別居生活に入ると、15年から1年の離婚訴訟の末、昨年3月に正式に離婚が成立していた。 この日の放送では、そんな当時のモラハラについても話題となり、それが原因で一時は、高橋も仕事を干されたという。しかし、一連の報道については「報道内容と裁判でやってる内容は違う」と否定し、自らの言 [全文を読む]

高橋ジョージに娘を2年半会わせず?三船美佳の”非情さ”に大ブーイング

デイリーニュースオンライン / 2016年11月13日14時06分

モラハラ離婚”によって悲劇の主人公だったはずの彼女に何があったのかーー。 一連の報道によると、2013年におよそ3億円をかけて新築した自宅は現在では高橋が一人で住んでいる状態だったが、三船は離婚成立後もその住宅ローンを、毎月40万円ずつを支払っていたとみられており、周囲の説得もあって三船は財産分与を申し立てる決断をしたという。住宅ローンはあと数年を残すの [全文を読む]

あの美女が“ユヅ”の魅力&“モラハラ問題”を熱弁!

Smartザテレビジョン / 2015年04月18日10時01分

言葉や態度による精神的な暴力で相手を攻撃するモラルハラスメント(通称=モラハラ)。最近は夫婦間での問題として社会的に大きな話題を集めている。 今回のゲストには、弁護士の住田裕子氏やモラルハラスメントに関する著書もある経済学者・安冨歩氏もおり、専門的な立場からの解説も交えて、モラハラの問題点を掘り下げていく。 “夫や彼氏に言われてショックだった一言”をテー [全文を読む]

高橋ジョージが明かした三船美佳の”情緒不安定エピソード”に視聴者が騒然

デイリーニュースオンライン / 2016年12月08日08時05分

かつての“モラハラ”イメージも払拭されつつある高橋ジョージに対し、三船美佳への世間のイメージは少しずつ変化してきているようだ。 高橋は22日に『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際にも、三船とのエピソードを明かしている。付き合っていく中で、過去の交際人数について問いただす三船の質問が日に日にエスカレートしていったようで、当初は「3人?」「30 [全文を読む]

離婚騒動で正体がバレた?三船美佳が「くず」扱いされるお家事情

デイリーニュースオンライン / 2016年10月31日12時08分

当初は高橋によるモラハラが原因と言われ、彼女に同情票が集まっていましたが、その後、神田正輝(65)との不倫報道をはじめ、父・三船敏郎が作った多額の借金を高橋が返済し終えて用済みとなったあと、三船が『パパの役目が終わった』と笑顔で話していことなどが暴露される一大事に。『悲劇の女』イメージは一転、単なる性悪女という評判が広まってしまいました」(スポーツ紙記者) [全文を読む]

フォーカス