作品 三池崇史に関するニュース

日本人映画監督初 三池崇史のオフィシャルYouTubeチャンネル「三池崇史の穴」がスタート!

PR TIMES / 2016年09月15日15時33分

心を惹きつける過去の数々の三池崇史監督作品の予告編は勿論、三池監督の魅力が詰まった動画コンテンツを同時配信。今後も随時、三池監督関連の動画をアップ予定です。三池監督ファンも、役者を目指す人も、是非ともチャンネル登録・ご視聴を宜しくお願い致します! 気になるその中身、まずはこれまでの三池崇史監督作品の予告編を一挙配信!また、映画界の未来を憂うあまり、三池崇史 [全文を読む]

マンガ原作映画はオリジナルを超えることができるか?日本名(迷)作マンガ映画史

日本タレント名鑑 / 2016年03月15日09時55分

大島渚の『忍者武芸帳』(1967)はマンガの原画そのものを撮影し、そこに役者が吹き替えるという「漫読」的な、今見るとかなり斬新な方式で、マンガの映画化作品の先駆的な作品だった。以降も人気マンガは続々と映画化されていったが、SMAPの香取君バージョンに先駆け映像化されていた、せんだみつおが両津勘吉を演じた実写版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(1977)な [全文を読む]

「ジョジョの奇妙な冒険」映画版の逆襲――なぜ、舞台はスペインでなければならなかったのか?

文春オンライン / 2017年08月20日11時00分

もちろん、ジョジョという作品全体のことを言っているわけじゃない。今回映像化される「第4部序盤」はおそらく、単行本100巻を超えるジョジョ史上の中でも、最も「作品として弱い」部分なのだ。 理由は簡単で、「荒木先生の狂気=創造性」が十分に噴出しきっていないから。言葉を換えれば「荒木先生の理性」が、自らの狂気を存分に噴出させるだけのお膳立てを整いきれていないか [全文を読む]

プレイボーイ・プレミアムインタビュー<いきもん伝> 映画監督・三池崇史「僕はそこにいただけなんですよ、ただあたふたあたふたと」

週プレNEWS / 2013年09月18日12時00分

物書きっちゅうのは嘘つきじゃないと務まらん商売だけど、利己心がもたげたら納得のいく作品は書き上がらんね。読み手を泣かせてやろう、感動させてやろう、と気負うとロクなことがない(笑)。なんにせよ、指先が痺(しび)れようとも無我夢中で書き続けること。朝9時から書き出して気が付くと夜の8時になってるぐらいの無心さがなければ、物書きは自分の魂をさらけ出せない」 19 [全文を読む]

『無限の住人』オンライン座席予約が負のスパイラルの要因か

しらべぇ / 2017年05月06日15時00分

1位は圧倒的な強さを見せているディズニー映画『美女と野獣』、2位は劇場版が安定的なファンの支持を集めるアニメ『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』、3位は人気シリーズ作品『ワイルド・スピード ICE BREAK』、4位は菅田将暉をはじめ人気若手俳優が集結した『帝一の國』、5位はこちらも劇場版が毎回人気のアニメ『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シ [全文を読む]

外国人はホラーやグロがお好き? フランス人が選んだ「絶対に見るべき日本映画8作品」

tocana / 2014年05月24日16時30分

外国人におすすめしたい日本の映画はなんだろうか?【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/05/post_4169.html】 さて、あなたがどんなジャンルの作品を思い浮かべたかにかかわらず、多少は日本が素敵に見えるような映画を選んでしまったのではないだろうか。自分の国を紹介するのだから、それは当然とも言える。 しかし"外国人 [全文を読む]

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』『仮面ライダー響鬼』に、イブキ / 仮面ライダー威吹鬼 役等を務めの数々の作品に出演して来たイケメン俳優の渋江譲二が自ら企画・主演・脚本も一部兼務した。本作はイケメン俳優と言う肩書きを払拭する様な「シュールレアリスム【超現実】」にこだわったコメディ作品に仕上がった。 シュールとはシュルレアリスム芸術の形態、主張の一 [全文を読む]

キム・ギドク「2016年3月11日の日本人へ」福島原発の影響で奇形児…衝撃映画で来日

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月11日12時00分

これまでキム・ギドク作品を上映してきた各地の映画祭でも、上映を断られたというこの映画が、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、ついに日本で初めて上映された。監督は上映に合わせて緊急来日。ゆうばりで、キム・ギドク監督に話を聞いた。■忘却には“傷を治療するための忘却”と“恐ろしい忘却”がある――震災からちょうど5年が経ちました。そしてこの作品を見て、僕たちは [全文を読む]

【続報】“アツイ男”市原隼人、原点は両親からの「人が寝ている間に10倍努力しろ」

Woman Insight / 2015年04月21日18時30分

市原さんが「ぶっとんだ作品です。クレイジーな。人生で初めて」と語るとおり、本作は、ヴァンパイアに噛まれるとヤクザ化してしまうという設定だけでなく、蛙やカッパも登場するなど、奇想天外な作品。市原さんは「何かは分からないんですが、壊れるものができる」と出演を決めたそうです。 監督から、「(共演者のリリー・フランキーさんと)波長が合っていたよね」と振られると、 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(8月3日付)

ガジェット通信 / 2017年08月03日21時30分

本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。 ■【8月3日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:7月31日(月)〜8月6日(日)劇場公開作品 SFアクションシリーズ第5弾『トランスフォーマー/最後の騎士王』が第1位! 大 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(4月27日付)

ガジェット通信 / 2017年04月27日21時00分

本ランキングは週ごとにその週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計をとっているもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。 ■【4月27日】「今週末みたい映画ランキング」 対象:4月24日(月)~4月30日(日)劇場公開作品 今週末は熱い男たちの映画が続々公開。 ヴィン・ディーゼル主演の大ヒットカ [全文を読む]

成功=行動! キャスティングディレクターが考える“出会い”の重要性

anan NEWS / 2016年03月20日12時00分

映画やドラマの作品の成功を大きく左右するのがキャスティングの力。 俳優と作品との出会いが傑作を生むこともあれば、当たり役との出会いによって、俳優がスターに成長することも。映画の現場で、そんな“出会い”のきっかけ作りをしているのが、キャスティングディレクターの杉野剛さん。 「映画の配役の最終的な決定権は監督にありますから、僕の役割は、監督の好みや作品のテイス [全文を読む]

「無限の住人」が木村拓哉×三池崇史監督で実写映画化!

Movie Walker / 2015年10月05日06時01分

97年に第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、単行本全30巻の累計発行部数が約500万部を誇る「無限の住人」は、江戸時代の日本を舞台としながら奇抜な衣装や独創的な武器が多数登場する独特の世界観を持つ作品。主人公が不老不死という点からも、実写化は困難とされていたが、今回実現に至った。 木村が演じることになるのは、主人公である不老不死の肉体を持 [全文を読む]

ジョジョ主演の山崎賢人 「ヒョロすぎてジョジョ立ちできない」の声

しらべぇ / 2016年09月28日17時30分

結果、『四月は君の嘘』『orange』『ヒロイン失格』など、数々のマンガ原作作品で主要キャストを演じており、実績のある山崎に落ち着いた模様。しかし、これにはジョジョファンは不満の様子。困ったら山崎賢人を使っとけという日本映画界の風潮。— タック二階堂™ (@tak_nikaido) 2016年9月28日しかも、山崎賢人主演とか大丈夫?あの人ヒョロいのにジョ [全文を読む]

続・ヒット中!『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー「初稿にパワーと説得力が無いとダメ」

ガジェット通信 / 2016年07月25日18時00分

本作で監督を務めているのは、ご存知! 宮藤官九郎さんなのですが、宮藤さんの作品って監督だけをやるパターン・監督も脚本もやるパターンなど色々ありますよね。『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は、監督&脚本の両方タイプ。今回ガジェット通信が敢行したインタビューでは、そのへんの住み分けについてなど、色々とお話を伺ってきました。 【関連記事】『TO [全文を読む]

菅谷哲也、テラスハウス卒業後の恋愛事情は?【インタビュー2】

Woman Insight / 2016年04月25日20時00分

前編では作品についてのお話が中心でしたが、後編では恋愛についてのお話もお聞きしました! 前編はコチラ→★菅谷哲也が伊藤英明からもらった物が意外すぎる Woman Insight(以下、WI) 今回 菅谷さんが演じた小池は “宇宙オタク” ですが、菅谷さん自身は “●●オタク” みたいな部分はありますか? 菅谷哲也さん(以下、菅谷) これといってないんです [全文を読む]

かつて国内外で物議を醸した”スシポリス” 世界最⼤のカンヌ国際映画祭フィルムマーケットにてポスター賞を受賞!

PR TIMES / 2015年05月29日10時36分

⽇本政府がかつて海外メディアからバッシングを受けた「スシポリス事件!?」に着想を得た3DCGショートアニメ『SUSHI POLICE』が、2015年カンヌ国際映画祭のフィルムマーケットで「The Hollywood Reporter」誌が選ぶポスター賞(THE 2015 CANNES POSTER AWARDS)を受賞しました!⽇本政府がかつて海外メディア [全文を読む]

市原隼人主演×三池崇史監督作『極道大戦争』がカンヌ映画祭の監督週間に正式招待

Entame Plex / 2015年04月21日19時19分

「神様のパズル」以来7年ぶりとなる三池作品への参加となった市原は「三池組は、スタッフ全員がお互いに信頼でつながっていて、三池監督には生半可なものは渡せないって感じで限界までこだわる職人気質な方が多くて、そうした現場に毎日いられることが嬉しかったです」と撮影を振り返った。 すると、三池監督から最初に今作の台本を読んだ感想を聞かれ「カエルは出てくるし、河童は [全文を読む]

【連載:シネマ守銭奴】『愛と誠』の見どころ(銭どころ)

AOLニュース / 2012年06月16日10時00分

で、もし作品に興味をもっていただけたら、ぜひとも劇場に足を運んで、身銭をはたいてご鑑賞いただければこれ幸いです。さて、記念すべき第一回めの作品は『愛と誠』。三池崇史監督の最新作です。三池崇史といえば、僕が住む街荻窪でたまに見かける"風貌がどことなく三池監督に似ているお婆さん(金髪にサングラス、チンピラっぽいシャツ姿)"がおりまして、僕は密かに「荻窪の三池崇 [全文を読む]

嵐・櫻井翔の『ラプラスの魔女』が”ゴリ押し映画”と猛批判のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年03月23日07時07分

3月20日、嵐・櫻井翔(35)主演で小説家・東野圭吾(59)のデビュー30周年記念作品『ラプラスの魔女』が映画化されることが判明した。併せて、近年の映画で多く起用されている広瀬すず(18)、福士蒼汰(23)や三池崇史(56)監督らの参加が発表されると、巷では「ウンザリ」だといった非難が相次いでいる。 ■広瀬すず、福士蒼汰、三池崇史…醸し出される“テンプレ感 [全文を読む]

フォーカス