作品 三池崇史に関するニュース

日本人映画監督初 三池崇史のオフィシャルYouTubeチャンネル「三池崇史の穴」がスタート!

PR TIMES / 2016年09月15日15時33分

心を惹きつける過去の数々の三池崇史監督作品の予告編は勿論、三池監督の魅力が詰まった動画コンテンツを同時配信。今後も随時、三池監督関連の動画をアップ予定です。三池監督ファンも、役者を目指す人も、是非ともチャンネル登録・ご視聴を宜しくお願い致します! 気になるその中身、まずはこれまでの三池崇史監督作品の予告編を一挙配信!また、映画界の未来を憂うあまり、三池崇史 [全文を読む]

マンガ原作映画はオリジナルを超えることができるか?日本名(迷)作マンガ映画史

日本タレント名鑑 / 2016年03月15日09時55分

大島渚の『忍者武芸帳』(1967)はマンガの原画そのものを撮影し、そこに役者が吹き替えるという「漫読」的な、今見るとかなり斬新な方式で、マンガの映画化作品の先駆的な作品だった。以降も人気マンガは続々と映画化されていったが、SMAPの香取君バージョンに先駆け映像化されていた、せんだみつおが両津勘吉を演じた実写版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(1977)な [全文を読む]

伊原剛志、“唯一の日本人”の挑戦 世界の名優より受けた刺激と覚悟 モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2015年11月09日07時00分

【モデルプレス】俳優の伊原剛志(52)が海外作品へ参加する際の強い覚悟を語った。紀里谷和明監督、初の世界進出作品「ラスト・ナイツ」(11月14日公開)に出演する伊原。同作は、とある時代の封建社会を舞台に、主君への揺ぎない忠誠心と、不正はびこる権力の元で散っていく、気高い騎士たちの姿を描き出したドラマ。アメリカが誇る名優、モーガン・フリーマンと英国アカデミー [全文を読む]

プレイボーイ・プレミアムインタビュー<いきもん伝> 映画監督・三池崇史「僕はそこにいただけなんですよ、ただあたふたあたふたと」

週プレNEWS / 2013年09月18日12時00分

物書きっちゅうのは嘘つきじゃないと務まらん商売だけど、利己心がもたげたら納得のいく作品は書き上がらんね。読み手を泣かせてやろう、感動させてやろう、と気負うとロクなことがない(笑)。なんにせよ、指先が痺(しび)れようとも無我夢中で書き続けること。朝9時から書き出して気が付くと夜の8時になってるぐらいの無心さがなければ、物書きは自分の魂をさらけ出せない」 19 [全文を読む]

『無限の住人』オンライン座席予約が負のスパイラルの要因か

しらべぇ / 2017年05月06日15時00分

1位は圧倒的な強さを見せているディズニー映画『美女と野獣』、2位は劇場版が安定的なファンの支持を集めるアニメ『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』、3位は人気シリーズ作品『ワイルド・スピード ICE BREAK』、4位は菅田将暉をはじめ人気若手俳優が集結した『帝一の國』、5位はこちらも劇場版が毎回人気のアニメ『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シ [全文を読む]

外国人はホラーやグロがお好き? フランス人が選んだ「絶対に見るべき日本映画8作品」

tocana / 2014年05月24日16時30分

外国人におすすめしたい日本の映画はなんだろうか?【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/05/post_4169.html】 さて、あなたがどんなジャンルの作品を思い浮かべたかにかかわらず、多少は日本が素敵に見えるような映画を選んでしまったのではないだろうか。自分の国を紹介するのだから、それは当然とも言える。 しかし"外国人 [全文を読む]

嵐・櫻井翔、4年ぶり映画単独主演決定 広瀬すず&福士蒼汰との初共演に期待の声殺到

モデルプレス / 2017年03月21日05時30分

【櫻井翔・広瀬すず・福士蒼汰/モデルプレス=3月21日】作家・東野圭吾氏のデビュー30周年記念作品「ラプラスの魔女」が映画化されることが20日、発表された。同作では、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰が初めて共演。ファンからは「翔くん主演映画とかヤバイ、すずちゃんと福士くんと共演とかもっとヤバイ」「この3人が初共演なのは意外!楽しみ!」と期待の声が続々と上がっ [全文を読む]

木村拓哉×三池崇史監督“最強タッグ”でカリスマコミックを実写映画化 コメント到着

モデルプレス / 2015年10月05日06時00分

小岩井宏悦プロデューサーは「『死なない侍』という存在が数十年もトップの俳優として色あせない彼の存在感と重なり、アクションを具現化する身体能力、色気、この作品が持つ哲学を支えることができる人間力など、確かに彼しかいない」とキャスティングの理由を明かす。 ◆「自分の中でなんかざわめいた」初タッグに奮起 物語は、剣客集団・逸刀流に両親を殺され、実家の剣術道場を潰 [全文を読む]

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』『仮面ライダー響鬼』に、イブキ / 仮面ライダー威吹鬼 役等を務めの数々の作品に出演して来たイケメン俳優の渋江譲二が自ら企画・主演・脚本も一部兼務した。本作はイケメン俳優と言う肩書きを払拭する様な「シュールレアリスム【超現実】」にこだわったコメディ作品に仕上がった。 シュールとはシュルレアリスム芸術の形態、主張の一 [全文を読む]

山崎賢人は自分を殴り、神木隆之介は目で魅せる―「ジョジョ」実写化で“見えない敵”と戦う男たち<撮影現場レポ&会見>

モデルプレス / 2017年04月20日12時00分

賢人くんも話していたように、(シッチェスの)景色がすごくいいので、どんなお芝居をしても町の風景に助けられる部分がすごく大きかったですが、僕の中ではこの作品における康一の役目を意識しました。オールバックですが、おそらく、一番髪型が落ち着いていると思います(笑)。普通なんです。康一という人間はこの映画の中で、いたって「普通」でなければいけないというのは、シッ [全文を読む]

フォーカス