現在 三田佳子に関するニュース

俳優ベンガルの息子が偽装結婚で逮捕 『あぶない刑事』お蔵入りに不安の声

しらべぇ / 2016年11月08日19時00分

現在事実関係を確認している模様で、当人はかなり混乱している様子。■『あぶない刑事』ファンから不安の声今回のニュースでもっともショックを受けているのが、『あぶない刑事』のファンたちだ。ベンガルは第1シリーズから出演し、取調室で犯人に「吐け、吐け」と迫るなどして必ず自白に追い込む「落としのナカさん」役で人気者になった。息子の起こした事件であるため直接的な関係は [全文を読む]

高畑裕太容疑者・淳子親子と真逆? まったく制裁を受けない「大物女優」の娘が引き起こした「陰惨事件」

Business Journal / 2016年08月29日11時00分

ただ、現在もまったくと言っていいほど影響を受けていない“親”もいる。 「20年近く、テレビや映画の第一線で活躍している女優Xです。Xは数年前、自身の中学生の娘が引き起こした『事件』を週刊誌にすっぱ抜かれ、大きな話題となりました。内容は陰惨な“イジメ”の内情でしたが、高畑裕太容疑者の事件と悪質さでは大差ないのでは、という声も多い。しかし、大きな話題になった [全文を読む]

高畑淳子だけじゃない!芸能人のバカ息子”不祥事列伝”

デイリーニュースオンライン / 2016年08月27日12時05分

ちなみに長男は現在もTBS社員。二世はコネが利くのだ。 ■問題になった黒木瞳の娘のイジメ騒動 また、これは犯罪として立件されていないが、同級生の女子をトイレに追い込み、服を脱がせて写真撮影した男子中学生が、実は女優・黒木瞳(55)の娘に買収されてそのイジメ行為を行っていたことも以前話題となった。 「実行犯である男子生徒は退学処分、そして被害者である女子生徒 [全文を読む]

『Wの悲劇』は「オカマが支えた映画」、爆笑トークが大盛況!

Movie Walker / 2016年08月11日11時42分

現在、開催中の角川映画祭のイベントで、『Wの悲劇』(84)についてのトークショーが8月10日に角川シネマ新宿で開催。女装パフォーマーでライターのブルボンヌと、映画ライターのよしひろまさみちが、大好きだという映画『Wの悲劇』についてディープなトークを繰り広げた。ブルボンヌは余興である女装版『Wの悲劇』も披露した。 新宿2丁目界隈で絶大な人気を誇るという『Wの [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】優木まおみ、借金苦だった生島ヒロシの会社を救っていた。「神様、仏様、まおみ様!」

TechinsightJapan / 2014年10月31日18時50分

現在はフリーアナウンサーやタレントとして、また所属する芸能事務所・生島企画室では代表取締役会長を務める生島ヒロシ(63)。彼がTBSを退社したのは1989年、日本中がバブル景気に沸いていた時期である。当時は「不動産は買えば上がるもの」と言われ、生島も多額の借入金で不動産投資に熱中していたらしい。しかしバブル崩壊後、負債額は7億円にも膨れ上がっていたのだ。 [全文を読む]

元COSA NOSTRAの鈴木桃子が11月13日にワンマンライブを開催!

okmusic UP's / 2013年10月21日13時00分

ポップユニット"COSA NOSTRA"のヴォーカリストを経て、現在はソロのシンガーソングライターとして活躍する鈴木桃子が、ジャパニーズソウル界屈指のプロデューサー/鍵盤奏者・SWING-O率いる"45trio"と共に11月13日にワンマンライブを開催することが決定した。 【その他の画像】鈴木桃子スウィートでソウルフルかつ圧倒的な歌唱力と、ハッピーな空気感 [全文を読む]

あの大物V系アーティストとの交際は? 吉田里深がひっそり復帰

サイゾーウーマン / 2012年05月07日12時00分

しかし、4月25日付で更新された記事では、現在の所属事務所からのお知らせとして「日記にコメントを頂く場合なのですが、他社様所属のタレント及びアーティスト様のお名前は出さない様お願い致します」との注意書きが記されている。「思わぬ所で他社様にご迷惑をおかけしてしまうことを避ける為」としているが、一体どういうことなのだろうか。「吉田は1996年、現役女子高生水 [全文を読む]

2017年春ドラマ、何を観る?<あらすじ&見どころまとめ>

モデルプレス / 2017年04月11日08時30分

彼は突然、誠が“運命の人”と信じる現在交際中の女性について「残念ながら君は騙されている」と言い放ち…? ■日曜日 ◆「小さな巨人」 放送日:4月16日スタート/毎週日曜よる9時(TBS系) 出演者:長谷川博己、岡田将生、芳根京子、香川照之ほか 今作は、謎解きを重視した本来の警察ドラマとは一線を画した“今までにないドラマ”。警視庁と所轄の確執、警察内部の戦い [全文を読む]

ご存じですか? 3月3日は応仁の乱が始まった日です

文春オンライン / 2017年03月03日07時00分

現在の御霊神社)に陣をとった。この日は西暦(グレゴリオ暦)でいえば1467年3月3日で、いまからちょうど550年前のきょうにあたる。日本史を大きく画したともいわれる応仁の乱(応仁・文明の乱)は、いままさに始まろうとしていた。 畠山家は細川氏・斯波氏と並び管領職を認められた三家のひとつで、政長は長らく、従兄弟にあたる畠山義就(よしひろ)と家督争いを続けていた [全文を読む]

生放送CMのミスが評判に 三田佳子、少女時代の思い出語る

WEB女性自身 / 2017年02月18日06時00分

中山「プロフィールを拝見したのですが、三田さんは現在75歳。驚異的な若さですね!今日はあらためて三田さんの女優になったきっかけを伺いたいと思います」 三田「女優になるきっかけは、中学生のときに森繁久彌さんの娘役でラジオに出演したこと。もう60年以上も前の話だから、詳細は省くわね。そんなところまで話していたら、夜が明けちゃうから(笑)。ラジオ全盛の時代から [全文を読む]

フォーカス