現在 三田佳子に関するニュース

俳優ベンガルの息子が偽装結婚で逮捕 『あぶない刑事』お蔵入りに不安の声

しらべぇ / 2016年11月08日19時00分

現在事実関係を確認している模様で、当人はかなり混乱している様子。■『あぶない刑事』ファンから不安の声今回のニュースでもっともショックを受けているのが、『あぶない刑事』のファンたちだ。ベンガルは第1シリーズから出演し、取調室で犯人に「吐け、吐け」と迫るなどして必ず自白に追い込む「落としのナカさん」役で人気者になった。息子の起こした事件であるため直接的な関係は [全文を読む]

高畑裕太容疑者・淳子親子と真逆? まったく制裁を受けない「大物女優」の娘が引き起こした「陰惨事件」

Business Journal / 2016年08月29日11時00分

ただ、現在もまったくと言っていいほど影響を受けていない“親”もいる。 「20年近く、テレビや映画の第一線で活躍している女優Xです。Xは数年前、自身の中学生の娘が引き起こした『事件』を週刊誌にすっぱ抜かれ、大きな話題となりました。内容は陰惨な“イジメ”の内情でしたが、高畑裕太容疑者の事件と悪質さでは大差ないのでは、という声も多い。しかし、大きな話題になった [全文を読む]

高畑淳子だけじゃない!芸能人のバカ息子”不祥事列伝”

デイリーニュースオンライン / 2016年08月27日12時05分

ちなみに長男は現在もTBS社員。二世はコネが利くのだ。 ■問題になった黒木瞳の娘のイジメ騒動 また、これは犯罪として立件されていないが、同級生の女子をトイレに追い込み、服を脱がせて写真撮影した男子中学生が、実は女優・黒木瞳(55)の娘に買収されてそのイジメ行為を行っていたことも以前話題となった。 「実行犯である男子生徒は退学処分、そして被害者である女子生徒 [全文を読む]

『Wの悲劇』は「オカマが支えた映画」、爆笑トークが大盛況!

Movie Walker / 2016年08月11日11時42分

現在、開催中の角川映画祭のイベントで、『Wの悲劇』(84)についてのトークショーが8月10日に角川シネマ新宿で開催。女装パフォーマーでライターのブルボンヌと、映画ライターのよしひろまさみちが、大好きだという映画『Wの悲劇』についてディープなトークを繰り広げた。ブルボンヌは余興である女装版『Wの悲劇』も披露した。 新宿2丁目界隈で絶大な人気を誇るという『Wの [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】優木まおみ、借金苦だった生島ヒロシの会社を救っていた。「神様、仏様、まおみ様!」

TechinsightJapan / 2014年10月31日18時50分

現在はフリーアナウンサーやタレントとして、また所属する芸能事務所・生島企画室では代表取締役会長を務める生島ヒロシ(63)。彼がTBSを退社したのは1989年、日本中がバブル景気に沸いていた時期である。当時は「不動産は買えば上がるもの」と言われ、生島も多額の借入金で不動産投資に熱中していたらしい。しかしバブル崩壊後、負債額は7億円にも膨れ上がっていたのだ。 [全文を読む]

元COSA NOSTRAの鈴木桃子が11月13日にワンマンライブを開催!

okmusic UP's / 2013年10月21日13時00分

ポップユニット"COSA NOSTRA"のヴォーカリストを経て、現在はソロのシンガーソングライターとして活躍する鈴木桃子が、ジャパニーズソウル界屈指のプロデューサー/鍵盤奏者・SWING-O率いる"45trio"と共に11月13日にワンマンライブを開催することが決定した。 【その他の画像】鈴木桃子スウィートでソウルフルかつ圧倒的な歌唱力と、ハッピーな空気感 [全文を読む]

あの大物V系アーティストとの交際は? 吉田里深がひっそり復帰

サイゾーウーマン / 2012年05月07日12時00分

しかし、4月25日付で更新された記事では、現在の所属事務所からのお知らせとして「日記にコメントを頂く場合なのですが、他社様所属のタレント及びアーティスト様のお名前は出さない様お願い致します」との注意書きが記されている。「思わぬ所で他社様にご迷惑をおかけしてしまうことを避ける為」としているが、一体どういうことなのだろうか。「吉田は1996年、現役女子高生水 [全文を読む]

生放送CMのミスが評判に 三田佳子、少女時代の思い出語る

WEB女性自身 / 2017年02月18日06時00分

中山「プロフィールを拝見したのですが、三田さんは現在75歳。驚異的な若さですね!今日はあらためて三田さんの女優になったきっかけを伺いたいと思います」 三田「女優になるきっかけは、中学生のときに森繁久彌さんの娘役でラジオに出演したこと。もう60年以上も前の話だから、詳細は省くわね。そんなところまで話していたら、夜が明けちゃうから(笑)。ラジオ全盛の時代から [全文を読む]

「この人に撮られたら一流」 早田雄二氏と名女優達の逸話

NEWSポストセブン / 2016年11月25日07時00分

被写体としては、ずっと同じポーズを保つのは大変ですし、当時は撮影用のライトがあたるとものすごく熱かったので、とても助かりました」 現在のようにその場で写真の出来映えが分からない時代に、わずか5分程度で撮影を終えていたというのだ。アシスタントを務めていた息子の橘牧男氏が話す。 「1日で何十人も撮る着物カタログの時は、1人につきテストと本番の2枚だけ。でも、失 [全文を読む]

バラエティーの新金脈 大物タレント再発掘ブームのワケ

NEWSポストセブン / 2016年10月04日16時00分

実は現在、テレビ業界にはちょっとした“大物タレントブーム”が来ていて、同番組だけでなく、多くのバラエティーにビッグネームが出演しています。 今年の出演者だけでも、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、志村けんさん、三田佳子さん、なべおさみさん、内田裕也さん、三遊亭円楽さん、野口五郎さん、萩原健一さん、森昌子さん、北島三郎さん、浅野ゆう子さん、中村玉緒さ [全文を読む]

差し替え、代役......高畑裕太容疑者逮捕でテレビ局大慌て!? 母・高畑淳子も出演激減避けられない過去の「二世タレント逮捕事例」

Business Journal / 2016年08月24日16時00分

また高畑は現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』にて息子・裕太との親子共演が決定していたが、こちらも白紙になったという。 多くの関係者ばかりではなく、母親までの顔までも潰すかたちになった今回の一件。逮捕された際に、高畑は「女性を見て、欲求を抑えられなかった」と語ったとされるが、欲求に身を任せた代償は計り知れないほど大きいようだ。 [全文を読む]

高島礼子、「芸能活動自粛」をまぬがれたのは三田佳子を反面教師にしたから?

アサジョ / 2016年07月06日15時00分

その高島は現在、花王とヨネックスの2社とCM契約を交わしているほか、7月21日には主演ドラマ「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日)がスタートするが、いずれも降板や放送中止の予定はなく、芸能活動を自粛することはなさそうだ。そんな高島がとある大女優と好対照だと芸能ライターが指摘する。「家族が薬物事件で逮捕された例と言えば、三田佳子のことを思い出す人は多いはずで [全文を読む]

踏ん張れなかったNHK大河ドラマ『花燃ゆ』、『平清盛』と仲良く並んで“歴代ワーストタイ”を徹底分析!

おたぽる / 2015年12月15日19時00分

最終回には、「2006年ミス・ユニバース世界大会」総合2位に輝き、現在はモデルやタレントとして活動する、ドラマ初出演の知花くららを投入したが実らず。 裏のテレビ朝日で放送された『フィギュアスケートグランプリファイナル世界一決定戦2015』の男女フリーが、20.7%の高視聴率を取ったことも少なからず影響しただろうが、それにしても、大河ドラマの最終回で、前週よ [全文を読む]

『花燃ゆ』、ラスト1話残して『平清盛』下回る! 最終回12.5%割れで「大河ワースト」に

サイゾーウーマン / 2015年12月12日12時45分

第15話で初の1ケタ台(9.8%)に転落すると、現在までに通算5度の9%台を記録している。 途中、第29話では、話題性を狙ってか、生駒里奈ら乃木坂46の十福神(フロントメンバー10人)を出演させる奇策に出たが、視聴率は12.0%でその効果はなかった。第36話から最終章・明治編に突入し、やや盛り返した感はあったが、伸び切れぬまま最終回を迎えることになるようだ [全文を読む]

嘉門洋子が演じた“覚せい剤がらみ”の役に衝撃が広がる

メンズサイゾー / 2014年02月21日10時00分

「嘉門は当時も現在もパーティーへの参加については否定していますが、今回のドラマ出演によってその過去が蒸し返された形ですね。むしろ、よく引き受けたとその度量を評価すべきでしょう(笑)。過去には暴力団組長の情婦という報道もありましたが、それも本人は否定しています。近年は露出が少なくなっていた嘉門ですが、11年に初のヘアヌード写真集を発売、昨年には週刊誌で小説 [全文を読む]

フォーカス