小説 三島由紀夫に関するニュース

ええ~ッ。そんな繋がりあったの!? 三島由紀夫と石原慎太郎の“アヤシイ“関係!

tocana / 2014年04月26日21時00分

「十一月半ばのよく晴れた夜半すぎ、埼玉県飯能市の大きな邸の車庫から、五十一年型のフォルクスワーゲンがけたたましい音を立てて走り出した」(『美しい星』より引用) 三島由紀夫の小説『美しい星』の冒頭である。ちなみに車の行き先は街の外れにある羅漢山。そして目的はなんと、空飛ぶ円盤との交流である。 小説が発表されたのは昭和37年。以前からUFO観測に熱中していた三 [全文を読む]

特報!三島文学の最高峰「剣」の唯一のTV版ドラマが2月7日(火)にCS・TBSチャンネル2で放送!

PR TIMES / 2017年02月01日17時40分

三島由紀夫がその前年に著した小説「剣」をTBSがいち早くTV化したものだ。 そして最近、TBSの局内から三島由紀夫の決起9か月前の未発表の肉声テープも発見された。三島由紀夫が仮面を脱ぎ捨て、人間三島由紀夫の素顔をさらし語り尽くしている一級の一次資料だ。この発見をきっかけに今、あらためて三島由紀夫の文学の魅力を見つめなおすムードが高まっている。 [画像2: [全文を読む]

プライバシー侵害の基準となっている「宴のあと事件」とは

シェアしたくなる法律相談所 / 2015年09月28日09時36分

■「宴のあと」事件とは 「宴のあと」というのは、三島由紀夫の小説です。 この小説は、いわゆるモデル小説で、昭和34年の東京都知事選で敗れた元外務大臣とその妻で料亭の経営者である女性をモデルとしたものです。 小説中でモデルとなった人物の本名は出てくるわけではないですが、モデルとされた側が、私生活を「のぞき見」し、もしくは、「のぞき見したかのような」描写を公 [全文を読む]

明治以降の文壇で一番ケンカが強い作家は誰だろう?

メディアゴン / 2015年06月16日07時00分

安部は三島のボディーガードをしていたし、安部の武勇伝を三島は度々小説のプロットやストーリーに引用している。安部は俳優・安藤昇が昔、渋谷で料金の極めて高い警備保障会社を経営していた頃の舎弟である。安藤昇は知人のナイトクラブで暴れる力道山に手を出せない警官に代わって、力道山を拘束し、謝罪させている。石原慎太郎も三島由紀夫にボクシングを教えた一人だが、スポーツと [全文を読む]

『東京ロンダリング』がさらに深化…“事故物件”をめぐる人々の生き様とは

週プレNEWS / 2016年09月09日15時00分

作家・原田ひ香の最新刊『失踪.com 東京ロンダリング』は、そんな事故物件に関わる大家、不動産業者、住人など様々な人々の物語からなるオムニバス小説。読み進めるうちに各編が複雑にからみ合い、やがて大都市東京の多様な問題が浮き彫りになっていく――。 そこで、実際に事故物件の情報を収集・提供するサイトを運営する大島てる氏との対談が実現。前編記事(本当に怖いのは [全文を読む]

没後45年に偉業達成!三島由紀夫のエンタメ小説『命売ります』が2015年 紀伊國屋書店新宿本店 文庫年間ランキング1位に

@Press / 2016年01月21日14時30分

しかし出版社営業部員による「隠れた怪作小説 発見!」という手書き文字の新帯にして再展開を始めた2015年7月から一気に人気に火がつき、その後計22万部を重版。現在の累計発行部数は26万部を超えています。(2016年1月21日現在 26刷 累計26万6,200部)<『命売ります』帯付き書影>https://www.atpress.ne.jp/releases [全文を読む]

亀梨和也が「美しい星」特別講義にサプライズ登壇 リリーの童貞いじりに会場爆笑

映画.com / 2017年05月24日19時55分

[映画.com ニュース]三島由紀夫の異色SF小説を映画化する「美しい星」を題材にした特別授業“三島由紀夫と映画「美しい星」”が5月24日、東京・明治大学駿河台キャンパスで行われ、スペシャルゲストとして主演のリリー・フランキー、共演の亀梨和也、吉田大八監督が参加した。同大学の文学部文芸メディア専攻・伊藤氏貴准教授による特別授業に出席した学生たちは、リリーと [全文を読む]

三島由紀夫の隠れた怪作が20万部突破!三島作品No.1を決定する“緊急国民投票”も開催中

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月24日09時00分

1968年に『週刊プレイボーイ』にて連載された、三島由紀夫の長編小説『命売ります』。同作は、従来の三島作品のイメージを覆すような、軽いタッチとスリリングな展開で繰り広げられる、極上のエンタメ小説だ。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 1998年に文庫版が刊行された『命売ります』だが、2015年10月13日(火)に累計発行部数が20万部を突破した。刊 [全文を読む]

現代人に理解不能な日本人の不思議を描くナショナリズム小説

NEWSポストセブン / 2012年11月18日07時01分

【書評】『憂国始末』(藤野眞功/新潮社/1600円+税) フィリピン最大の刑務所でプリズンギャングのボスに上りつめた男のノンフィクション『バタス 刑務所の掟』から、週刊誌の内幕を描いた長編小説『犠牲にあらず』まで幅広いジャンルを手掛ける気鋭の若手作家が著した「剣豪小説ばりの現代空手小説」である。 尖閣・竹島問題を端緒として急激にナショナリズム旋風が吹き荒れ [全文を読む]

京都で読みたい、京都が舞台のティーン向け小説3つ

マイナビ進学U17 / 2015年10月02日12時25分

映画化もされた人気小説! 「鴨川ホルモー」2浪の末念願だった京都大学に合格した主人公が、ひょんなことから奇妙なサークルに入部してしまい、「ホルモー」という謎の競技に明け暮れる青春(?)の日々を描いた「鴨川ホルモー」。京都大学をはじめとする市内4大学のサークルがオニを競わせるという奇抜な設定ながら、まるでスポーツ青春小説を読んでいるような気になるから不思議で [全文を読む]

フォーカス