結婚式 山口百恵に関するニュース

【ランキング】意外?2014年版ウェディングソングTOP20発表!

Woman Insight / 2014年06月12日18時00分

6月といえばジューンブライド! Facebookを見ていても入籍報告や結婚式の写真を目にすることも多く、ジューンブライドって本当なんだな……と実感している今日このごろです。そんな中、興味深い調査データを発見しました。 それは、音楽情報誌『CD&DLでーた』が、10~60代の男女3364人を対象にして行った「あなたのウェディングソングランキング」。 私の年だ [全文を読む]

ET-KING ラブソング満載のスペシャルアルバム『ブライダルコレクション!』4月24日(水)大安吉日発売

リッスンジャパン / 2013年03月29日18時00分

また知人の結婚式が縁で知り合い、意気投合した幅広いフィールドで活躍している放送作家・鈴木おさむ(40才・既婚)、そして更に熟年の理想の夫婦として林家ぺー&パー子ご夫妻とのコラボレーションが実現。鈴木は新曲「スピーチ!!」の作詞とミュージックビデオの企画を担当し、自身結婚11年目で、(結婚を考えている人から)「結婚ってどうですか?」と聞かれることが多々あり、 [全文を読む]

ドライブデートで爆笑!男が思わず笑った「彼女の変な選曲」5つ

Menjoy / 2017年04月16日07時30分

2:『Butterfly』木村カエラ 「ラブソングというか、結婚ソングですよね? 音楽が流れ始めてから、車内が結婚式場に思えてきて笑っちゃいました」(Bくん、27歳/会社員) 結婚式で新郎新婦が会場に入ってくる際の、入場曲などとして使われることが多い、この曲。その結婚式の印象が強すぎて、Bくんはドライブ中に結婚式に参加しているような気分になったのだそう。 [全文を読む]

さくら学院公開授業レポート1限目 水野由結の成長に父兄も大感動

エンタメNEXT / 2015年03月17日07時00分

この唄は(結婚式や卒業式など)祝いの席に歌うような、いい意味の曲ではありません」と語っていることや、「歌は聴く人の理解の多層を保障すべきもの。歌う側が唯一の回答を準備すべきではない」という言葉が印象に残ったようだ。 歌詞を読みながら、さくら学院の卒業を控える自分の今の気持ちになぞらえた解釈を読む田口。「私を待ってる人がいる」に、「待ってろよ、バカヤロー!」 [全文を読む]

ジューンブライドにちなみ「ウェディング(結婚)ソング」ランキングを発表!~音楽情報誌『CD&DLでーた』~

PR TIMES / 2014年06月12日11時20分

今回は自分の結婚式で使いたい曲、結婚式で感動した曲や盛り上がった曲、結婚する相手に贈りたい曲など、あえて結婚式のシーンやシチュエーションを限定せず、それぞれが好きな、おすすめの「ウェディング(結婚)ソング」をテーマとした調査を行いました。 [全文を読む]

一人で生きていくことを覚悟していた女性が人生に立ち向かう──ドラマ『人は見た目が100パーセント』第2話レビュー

おたぽる / 2017年04月25日11時00分

そんな時、城之内は、会社近くのレストランで開かれる、親戚の結婚式に出ることになる。そこには会社の統括マネージャーである松浦(室井滋)も出席するとのことで、オシャレな格好をしていかなければならないという命題を出される。 難題を突きつけられ、服を選びに行ったレンタルドレスショップで、店員に言われた言葉-「オシャレは我慢」。正にそのとおりだと思う。季節を先取り [全文を読む]

ET-KING、スペシャルアルバム『ブライダルコレクション!』発売。キーワードは結婚!

okmusic UP's / 2013年03月29日18時19分

さらにこのアルバムでは、これまた知人の結婚式が縁で知り合い、意気投合した幅広いフィールドで活躍している放送作家・鈴木おさむ(40才・既婚)、そして更に熟年の理想の夫婦として林家ぺー&パー子ご夫妻とのコラボレーションが実現した。鈴木は新曲「スピーチ!!」の作詞とミュージックビデオの企画を担当し、自身結婚11年目で、(結婚を考えている人から)「結婚ってどうです [全文を読む]

ET-KING、スペシャルALで鈴木おさむ、林家ペー&パー子とコラボ!

AOL ミュージック / 2013年03月29日18時08分

さらに今作にて、知人の結婚式に出席したことが縁で知り合い、意気投合したという放送作家・鈴木おさむ(40才・既婚)、そして熟年の理想の夫婦として知られる林家ぺー&パー子ご夫妻とのコラボレーションが実現。鈴木は新曲「スピーチ!!」の作詞とミュージック・ビデオの企画を担当。結婚11年目を迎えた彼は、周囲から「結婚ってどうですか?」と聞かれる機会が多く、まさに「 [全文を読む]

当時の秘話満載!懐かし「青春アイドル」は今

日刊大衆 / 2017年04月27日08時05分

熱くて青かった時代を、一緒に駆け抜けた美のシンボルたちを、本誌は追った! 読者の皆様の青春を彩った懐かしの美女たちは、今、どこで何をしているのか!? 鮮烈に輝く思い出をプレイバックしながら、彼女たちの現在に迫った! 今年の4月7日、1993年に統一教会の合同結婚式に参加し、芸能界からフェードアウトした桜田淳子(59)が、銀座博品館劇場でのコンサートに出演、 [全文を読む]

さだまさしデビュー40周年…数ある名曲、なかでも好きなのは?

NewsCafe / 2013年08月27日12時00分

[女性/30代/主婦]【2位】秋桜(♪うす紅の秋桜が秋の日の)(12.1%)■自分達の結婚式に流した曲だから、思い出がいっぱい![男性/50代/会社員]■山口百恵のファンで聞いてさださんのファンにもなった。[男性/50代/その他]■秋になると、聞きたくなる、一曲で、大好きな歌です。秋の風景が、目に浮かびます。淋しげで、切なくて、はかない歌ですね。[女性/4 [全文を読む]

フォーカス