作品 山崎豊子に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、90年代の純愛ドラマの扉を開いたのは、91年1月スタートの『東京ラブストーリー』だった。それ以前、連ドラ界はトレンディドラマの時代だったのが、『東ラブ』以降は“純愛ド [全文を読む]

松嶋菜々子、傑作小説の映像化で主演「身の引き締まる思い」

モデルプレス / 2016年12月12日10時36分

そして、式子の心の支えとなっていくも心に傷を抱える大学教授・白石など、山崎豊子作品ならではの、個性的で人間味あふれる登場人物たちが次々と登場する。 ◆松嶋菜々子「大変光栄」 起用理由も 松嶋が山崎豊子作品に出演するのは今回が初。「これまで多くの傑作を世に送り出してこられた山崎豊子先生原作のドラマに主演させていただくことは大変光栄であり、身の引き締まる思いが [全文を読む]

医者が守るのは命?金?名誉?絆!?記憶に残る“医療ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月22日09時55分

今回はそんな、多くの人の記憶に残った印象深い医療ドラマ作品を、ドクターメインで10作品選んでみました。みなさんは覚えていますでしょうか? 絶対に外せない!日本の医療ドラマの先駆け『白い巨塔』患者第一主義の医者と出世命の医者、二人の対照的な医者の人間ドラマを描いた『白い巨塔』。小説の連載が始まった1963年からすぐに人気に火が付き、読者からの反響の大きさに完 [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

こんなときは、温かい部屋でゆっくりと読書なんていかがでしょうか? 今回は、ぜひ原作を読んで欲しい日本のドラマ作品を5本ピックアップして紹介させて頂きます。既にドラマを観て内容や結末を知っていたとしても、より深く楽しめる原作を選んでみました。もちろん、ドラマを知らなくても十分に楽しめる名作ばかりです。 空飛ぶ広報室(有川浩)2013年にTBSでドラマ化された [全文を読む]

上川隆也が“ドラマ化不可”の「沈まぬ太陽」で主演!

Smartザテレビジョン / 2015年12月18日08時34分

主人公・恩地元を演じるのは山崎作品をテレビドラマ化した「大地の子」('95年、NHK総合)で新人ながらも主人公を演じ一躍脚光を浴びた上川隆也。20年の歳月を経て、山崎作品の主役に再び抜てき。さらに、そのライバル行天四郎役に渡部篤郎が決定している。上川は「私の人生を大きく変えることになった『大地の子』放映から20年が経ちました。自らも50代に入り、一つの大き [全文を読む]

玉木宏が女性を翻弄 松嶋菜々子主演SPドラマにミムラ・相武紗季・木南晴夏ら豪華キャスト集結

モデルプレス / 2017年02月17日10時29分

(この作品に再び関わることになり)何かご縁を感じます。 戦前、戦後の日本の経済というものも描き、風俗、社会の成り立ち、そういったものがはっきりと具体的に見えるというところがすばらしいなと思いました。 ■小澤征悦 コメント これは大河ドラマだ!と思いました。人生、運命に翻弄されていく人々の流れを描いた壮大な作品だなと思い、さすが山崎豊子さんの作品だと思いまし [全文を読む]

『クラ☆クラ』脚本家 「ガード下でくだをまくサラリーマンを描きたかった」

太田出版ケトルニュース / 2015年10月01日13時09分

たぶん僕が今まで発表した作品から見ても、全然違うものだったので、プロデューサーのみなさんは思いもよらなかったでしょうね。ぶっちゃけていうと、これまでのアニメであまり描かれていない作品を作ってみたいと思ったんです」 作品は、近未来の火星に作られた「第4東京都」を舞台に、高校生テストパイロットやエンジニアたちが繰り広げる青春グラフィティ。ところが丸戸さんは、「 [全文を読む]

どこにも出かけてくない冬こそ一気に読みたい長編小説 4選

IGNITE / 2015年02月20日14時00分

■大地の子 山崎豊子 山崎豊子さんの小説は、ドラマ化や映画化された作品も多数ありますが、原作は読んだことがないという人も少なくないのでは。 彼女の作品は、社会問題や戦争の悲惨さを扱ったものが多くあり、「大地の子」も中国残留孤児の半生を描いた物語。ドラマ化されているので、耳にしたこともおそらくあるでしょう。 上・中・下の3巻からなる長編小説なので、一気に読 [全文を読む]

東京ドラマアウォード2016において2作品が優秀賞を受賞

PR TIMES / 2016年11月07日17時57分

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)が制作したオリジナルドラマ2 作品が、東京ドラマアウォード2016 でそれぞれ優秀賞を受賞しました。詳細は以下の通りです。[表: http://prtimes.jp/data/corp/1355/table/3410_1.jpg ] 東京ドラマアウォードは、作品の質の高さだ [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト 雑誌『ダ・ヴィンチ』×「WOWOW」連動フェア&キャンペーン スタート ~第1弾「連続ドラマW 沈まぬ太陽」放送記念「山崎豊子」フェアを開催~

DreamNews / 2016年04月25日16時00分

本ドラマは、WOWOW開局25周年記念作品で、上川隆也、渡部篤郎など豪華キャストが出演します。またアフリカや中東ロケなどドラマWシリーズでかつてない規模で製作され、全20話の放送予定です。開催書店店頭では、「山崎豊子」の文庫作品全20点を揃え、オリジナルブックカバーや「ダ・ヴィンチ×沈まぬ太陽」オリジナルフリーペーパー、宣伝用告知DVD等で売場を盛り上げま [全文を読む]

フォーカス