ドラマ 山田太一に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

ドラマや情報番組など、多ジャンルにわたる視聴率の底上げがあったからである。そんな局のパワーは、当初「楽しくなければ~」のキャッチフレーズに相応しくないといわれた、あの部署にも伝播した。フジテレビ報道局である。■世紀のスクープ時に、1985年8月12日――。その日、午後6時過ぎに羽田空港を離陸した日本航空123便は、相模湾上空で制御不能となり、群馬県の御巣鷹 [全文を読む]

TBSドラマの栄光の歴史!?お休み最後の贅沢「日曜劇場」を振り返る

日本タレント名鑑 / 2015年10月04日09時55分

TBSの日曜夜9時のドラマ「日曜劇場」。翌日からの仕事や学校に向け、おうちでゆっくりまったりしながら「家族で観られるドラマ」です。視聴率も良いので製作費もかけられ、じっくり作られているのでクオリティも高く役者陣も豪華。「お休み最後の贅沢」として最終回を惜しみながら、毎回次回作を期待してしまう・・・そんな特別な枠でもあります。 その歴史は古く、なんと1956 [全文を読む]

橋田壽賀子『おしん』で提起「これ以上の経済的豊かさ不要」

NEWSポストセブン / 2012年09月03日07時01分

1990年代、視聴率20%超えが当たり前だったドラマは、今や視聴率10%を超えれば“合格”といわれる。“ドラマ離れ”と言われ始めたのは、いつからだろう。 歴史を振り返ると、1958年に制作された日本初のテレビドラマ『私は貝になりたい』(TBS系)に始まり、かつては社会現象を巻き起こすドラマが毎年のように誕生していた。 例えば、民放ドラマの中で、過去最高の視 [全文を読む]

6人の人気脚本家からひも解く、テレビドラマの歴史と魅力『キャラクタードラマの誕生』

日刊サイゾー / 2014年01月14日19時00分

2013年、『あまちゃん』や『半沢直樹』がヒットし、テレビドラマは大きな話題となった。実は、このふたつの作品には共通点がある。それは、どちらも「キャラクタードラマ」であることだ。 成馬零一氏が上梓した『キャラクタードラマの誕生: テレビドラマを更新する6人の脚本家』(河出書房新社)は、岡田惠和(『銭ゲバ』『泣くな、はらちゃん』)、坂元裕二(『それでも、生き [全文を読む]

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

■富良野へ一方、ドラマでもフジテレビに新しい芽が出ようとしていた。1979年夏、かつて『三匹の侍』や『若者たち』を企画した白川文造サンは、フジプロダクションの中村敏夫プロデューサーらと共に、富良野へ出掛けた。フジプロはフジのドラマ部門を制作するプロダクションである。中村プロデューサーは、かつて倉本聰サン脚本の『6羽のかもめ』を手掛けた人物だった。そう、前編 [全文を読む]

「人間を信じすぎるな」――山田太一18年ぶりのドラマシナリオ本『ナイフの行方』が書籍化!

PR TIMES / 2015年06月11日12時39分

「人間は変わらない」、「みんなが人間を信じすぎている」などのセリフが胸に突き刺さる山田太一の傑作ドラマ『ナイフの行方』(NHK/2014年12月放送)のシナリオを完全収録した書籍が発売決定! [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/1561/resize/d7006-1561-522261-1.jpg ] 2014年12月22~23 [全文を読む]

石原さとみ、堺雅人、満島ひかりら受賞「東京ドラマアウォード2014」

モデルプレス / 2014年10月23日15時26分

【モデルプレス】23日、都内にて「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2014」のメインイベントである「東京ドラマアウォード2014」授賞式が行われ、俳優の堺雅人、女優の石原さとみ、満島ひかりらが登壇した。 今年で7回目となる「東京ドラマアウォード」は、作品の質だけでなく“市場性”“商業性”にスポットを当て、“世界に見せたい日本のドラマ”というコン [全文を読む]

「家族狩り」で難役こなした松雪泰子の力量に女性作家が脱帽

NEWSポストセブン / 2014年09月13日16時00分

夏のドラマもそろそろクライマックス。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が総括した。 * * * 猛暑の中を走ってきた「夏ドラマ」。いよいよ秋になり、大団円を迎えつつあります。「刑事モノ」「医療モノ」ドラマはぐんと減り、「不倫モノ」が注目された今クールを振り返ってみると……ドラマに、ある「ものさし」をあててみる。すると面白いように、くっきりと傾向性が二つに [全文を読む]

伝説の「低視聴率ドラマ」 面白すぎる断末魔」(2) 大コケ原因を分析

アサ芸プラス / 2012年06月13日10時54分

低レベル脚本に柳葉敏郎が「俺の名前を消せ!」 長澤まさみ「テング素顔」にさんまがキレたッ 過去にあまたある残念なドラマには、それぞれに大コケした事情と原因が存在する。その典型的なケースを例に、解明と分析! まずは、黒木瞳(51)と坂口憲二(36)のW主演作「愛するために愛されたい」(03年・TBS系)。宇宙開発プロジェクトが舞台のラブストーリーだが、現実感 [全文を読む]

フォーカス