成績 山本昌に関するニュース

中日・落合GM 講演会で“名指しでぶった切った選手”

WEB女性自身 / 2013年10月24日07時00分

でも、来年1年の成績によりますよね。成績悪かったら、1試合も放れないとなったら、50まで投げる姿を俺は見たいなあと思ったって、谷繁監督がどうやって判断するか。半分、俺の仕事だけども、いちばんいい方法論を探していかなきゃならない」(落合氏・以下同) 山本昌といえば、中日一筋30年。200勝を達成した現役最年長投手。本人は「50歳まで現役」を目標に掲げる。だが [全文を読む]

最年長勝利の世界記録めざす中日・山本昌「50歳だからってハンデをもらえるわけじゃない」

週プレNEWS / 2015年01月17日14時00分

「この時期はまだ成績も出てないし、今シーズン、頑張ろうって気持ちが沸々とわいてくるんです。今年はね、マンガ的なことをしてやろうと思ってるんです。岩田鉄五郎ばりのね(笑)」 マンガ家、水島新司さんの描く岩田鉄五郎は、ご存じ、『野球狂の詩』に登場する50歳超のサウスポーだ。大柄な山本昌とは違い、細身の老体にムチ打って、「にょほほほ~」と叫びながら投げる。 「 [全文を読む]

【プロ野球】7色のユニフォームで戦ったオリックス。どのユニフォームのときが強かった?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月09日17時05分

【ホームユニフォームでの成績】19勝25敗/勝率.432 借金6という残念な結果になってしまった。やはり、ホームゲームには勝ち越してもらいたいものだ。 白のユニフォームは誰にでも似合うのだが、このユニフォームでお立ち台に立つ回数が一番多かったのが、T-岡田の6回だった。よって、ホームユニが一番似合うのはT-岡田としたい。 ■今季からネイビーになったビジタ [全文を読む]

【プロ野球】不振の大阪桐蔭 vs.逆襲の履正社!両校OBの”4番打者対決”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月24日17時05分

今回は、この夏の大阪大会でも俄然注目されている2校の「OBプロ野球選手の4番打者成績」を比較してみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■大阪桐蔭OBの不振 ※成績は7月20日現在、カッコ内はリーグ順位。 中村剛也(西武) 70試合 打率.251(26)/12本塁打(10)/33打点(19) 昨年の本塁打、打点の二冠王も今 [全文を読む]

月間防御率0.00!中日・岩瀬仁紀の完全復活

ベースボールキング / 2017年07月05日11時30分

6月の月間成績は、14試合・11回2/3を投げて無失点。1勝0敗10ホールド・1セーブ、11奪三振で防御率0.00という完璧としか言いようがないものだ。まさに“死神”復活といったところだろう。 ◆ 帰ってきた“強い中日”と岩瀬 これだけの成績を残せば、当然“月間MVP”というところも視野に入ってくる。実際、6月下旬にNPBから発表された候補選手リストにも、 [全文を読む]

【プロ野球】T-岡田と吉田正尚が驚きのツートップ。オリックスが超重量打線にシフトアップ!

デイリーニュースオンライン / 2017年08月13日16時05分

特に得点圏打率は.375とチームトップの成績を残している。 8月6日の日本ハム戦では、先制の2ランホームランを放ちヒーローとなった。「幻の本塁打事件」以来、ホームランのときは両足でホームベースを踏むようになったマレーロは、チームに欠かせない戦力だ。 ■4番ロメロは勝利呼ぶ ロメロだけは、先発する試合では4番固定で起用をされている。ここまでの成績は打率.29 [全文を読む]

確かな実力をつけた広島の4番・鈴木誠也

ベースボールキング / 2017年05月12日11時00分

昨季“神ってる”活躍で広島の25年ぶりのリーグ優勝に貢献した鈴木は、今季も10日のヤクルト戦で1試合2本塁打を記録するなど、ここまで打率.312、7本塁打、27打点と好成績を残す。打点は阿部慎之助(巨人)と並びリーグトップ、本塁打もリーグ2位につけるなど、広島打線には欠かせない存在となった。 進化を続ける22歳の若武者に山本昌氏は「キャンプの時に取材させ [全文を読む]

【プロ野球】西野真弘、安達了一は盤石。残る一、三塁で激しい戦いが…。オリックスのレギュラー争い~内野手編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月26日17時05分

打率.264、33打点、63得点の成績を残し、ガッチリと正二塁手の座をキープした。 西野の魅力は、小柄な体格ながらパンチの効いた打撃。リードオフマンとしてさらに貢献度を高めるなら、昨季.335だった出塁率をもっと上げることが必要だ。 ■負けられない30代の内野手たち チーム最年長となる小谷野栄一。昨季は故障に泣かされ、思うような成績を残せなかった。ただ、2 [全文を読む]

【プロ野球】オリックス・中島宏之は復活できるのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年08月14日17時25分

開幕から3度目の抹消となった6月26日までの成績を見てみよう。 132打数/31安打/打率.235/本塁打2/打点11 この数字ではやはり寂しい。中島の年俸に見合った成績とはいえない。 ■代打を出された中島 3度目の抹消後、中島はファームで約1カ月調整。自身の誕生日に間に合わせるかのように7月30日に1軍登録。即スタメンで出場。二塁打を含む2安打を放ち、調 [全文を読む]

【プロ野球】おじさんたち、がんばっています! 中島宏之と小谷野栄一が3年目のオリックスで存在感を発揮中

デイリーニュースオンライン / 2017年08月06日16時05分

■スタートダッシュを引っ張った小谷野 4月のオリックスは15勝を挙げる素晴らしい成績だった。その時期、チームを引っ張っていたのは小谷野だろう。 4月の成績は打率.341、2本塁打、13打点と好調。今季、初勝利のヒーローも小谷野だった。そこからチームは波に乗り6連勝。4月15日には、今季初の4番に座り、2打点で勝利に貢献。ヒーローに輝いた。 ■若い選手に慕 [全文を読む]

解説者がみた首位・広島

ベースボールキング / 2017年08月01日10時00分

またチーム成績をみても、打率(.280)、得点(518)、本塁打(104)、盗塁(74)はいずれもリーグトップの成績を残し、チーム防御率もリーグ2位の3.28を記録。投打に充実している。 ◆ 山本昌氏「終盤に強い」 プロ野球解説者の山本昌氏は「(試合)終盤に強いですよね。終盤に突き放したり、逆転したりするゲームが非常に多いです」(7月26日に放送されたニ [全文を読む]

【プロ野球】エースのピッチングを取り戻せ!負けが込んできた金子千尋(オリックス)はどうしてしまったのか?

デイリーニュースオンライン / 2017年07月16日16時05分

6月、7月は1勝4敗という成績に終わった。 オリックスがなかなか浮上できないのは、エースで勝てないことが一因。いったい金子はどうしてしまったのだろう? ■3・4月度月間MVPを受賞 金子は開幕戦こそ勝敗がつかなかったものの、その後は順調に勝ち星を重ね、4月に登板した4試合は全てに勝利。特に4月14日のソフトバンク戦は92球、2安打完封という完璧な内容だった [全文を読む]

解説陣も絶賛!進化が止まらない広島・鈴木誠也

ベースボールキング / 2017年06月26日10時00分

ここまで打率.305、15本塁打、56打点の成績を残し、4月25日の巨人戦から48試合連続4番で出場するなどチームに欠かせない選手に成長した。 山本昌氏は「4番を自力で奪ったような感じがします。このまま若い鈴木選手が成長していくと、末恐ろしい4番打者になりそうですね」(5月11日放送の『ニッポン放送ショウアップナイターヤクルト-広島戦』)と期待を寄せる。 [全文を読む]

【プロ野球】酉年が幕を開けた! 2017年に注目すべき「オリックスの年男」を紹介!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月01日17時05分

63試合で打率.290、10本塁打、34打点という成績を残した そして、オフシーズンはアジア・ウインターリーグ(AWB)に参加。ここで、シーズン途中離脱の悔しさを晴らすかのような、ブッチギリの活躍を見せる。18試合に出場して打率.556(54打数30安打)、6本塁打、29打点を記録し、安打、本塁打、打点、打率はリーグトップの成績だった。その結果、この大会の [全文を読む]

【プロ野球】《ブレーブス外国人選手列伝》バルボン、ブーマーら阪急、オリックスの外国人選手の系譜

デイリーニュースオンライン / 2016年11月27日17時05分

成績が悪かった原因の1つに、外国人選手の不振が挙げられる。ディクソン以外の外国人が、期待したほどの活躍ができなかった。 外国人選手には、当たりはずれはつきものだが、これほどまで外国人選手が活躍しなかったのは珍しい。やはり外国人選手は、チームの勝利に大きく影響する。そこで、阪急、オリックスで活躍した外国人選手を振り返ってみた。 ※野球の見方が変わるスマホマガ [全文を読む]

【プロ野球】猛牛? それとも虎? オリックスと阪神間のFA移籍を振り返りつつ糸井嘉男の去就を気にしてみる

デイリーニュースオンライン / 2016年11月13日17時05分

移籍前の19993シーズン成績は打率.273、77打点、24本塁打。移籍後の1994年も打率.246、77打点、17本塁打と活躍した。しかし、その後は振るわず阪神で3年間プレーして引退となった。 ■山沖之彦 山沖之彦は1994年オフにFA宣言。阪神へ移籍したものの故障の影響で1軍登板はなく、1995年限りで引退。筆者のなかに、阪神のユニフォーム姿の山沖はま [全文を読む]

【プロ野球】生き残りをかけた終盤戦。8月に調子を上げてきたモレル(オリックス)に来季はあるのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年08月29日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■期待はずれのモレル オープン戦では好成績を残し、「これはいけるのではないか」と思われたモレル。しかし、開幕から4番で起用されながら、ファンをガッカリさせる結果となってしまった。 3月、4月の成績は、88打数20安打、打率.227、1本塁打、10打点。さらに、Koboスタ宮城で放った来日初 [全文を読む]

【プロ野球】育成出身の大田阿斗里、園部聡はオリックスを救えるか?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月04日17時05分

その年はリリーフとして38試合に登板、2勝4敗5ホールド、防御率3.72の成績を残した。しかし、そこをピークに成績が伸ばせず、2015年にDeNAを戦力外になってしまう。 そんな大田に目をつけたのがオリックス。宮崎キャンプに参加させテストを行った。背番号のないユニフォームで実践形式の登板を何度か行い、見事に合格。育成選手として契約することとなった。 その後 [全文を読む]

【プロ野球】球界の七不思議?なぜか勝てないオリックス”Bs夏の陣”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月21日16時05分

1勝2敗の成績であった。 ■2012年までは五分の成績 翌2010年もBs大坂夏の陣を企画。7月のソフトバンク3連戦を、夏の陣にあてた。この年からファンに配布するユニフォームだけでなく、選手も同じく赤い企画ユニフォームで試合をするようになった。 この年は、岡田彰布監督が就任し、同じ名字の岡田貴弘が登録名をT-岡田に変更。この夏の陣でのT-岡田の表記はなんと [全文を読む]

32年の現役生活に幕を下ろした“球界のレジェンド”山本昌を支えた2人の男

日刊サイゾー / 2015年11月27日22時00分

通算219勝、最多勝に3回、沢村賞や最優秀投手などにも輝いた成績は、名実ともに球界を代表するもの。しかし、「レジェンド」と呼ばれた現役生活には、多くの困難があった。 ドラフト5位で中日ドラゴンズに入団した山本の前には、その当初から挫折が待ち受けていた。プロになって初めての合同自主トレに参加すると、キャンプインの前のウォーミングアップメニューにもついていくこ [全文を読む]

フォーカス