映画 寺山修司に関するニュース

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

劇作や演出はもとより俳句、詩歌、小説、評論、映画監督、そして競馬ファン、ボクシングファンとそのフィールドを語るときりがない日本の誇るマルチ天才アーティスト。また、その活動は、日本のみに留まらず、フランス、オランダ、イタリア、ポーランド、ドイツ、イギリスそしてアメリカと、世界各地で演劇活動を行ったのみならず、海外での映画賞も数多く受賞している。その寺山修司に [全文を読む]

語っていいとも! 第9回ゲスト・高橋ひとみ「『ふぞろい学校』って言われて。未だにあの作品を超えるものがないねって」

週プレNEWS / 2015年08月16日12時00分

クールで大人なイメージも魅力でドラマに映画と出演作多数、最近ではバラエティなどで見せるカワイい素顔も人気でますます幅広い御活躍。そんな、ひとみ姉サンと蛭子さんの接点はそもそも…?(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―友達がいないという蛭子さんから、まさかのご紹介をいただきました(笑)。 高橋 光栄です! 本当にお友達って言ってくださって光栄です。 [全文を読む]

やなせたかし作詩、松村禎三の作曲による幻の作品収録、ひばり児童合唱団の歌によるCD「こどものための音楽」4月17日発売。「初恋の恋人に巡りあったように胸がときめきます」(やなせたかし)

DreamNews / 2015年03月17日09時00分

【その1】ひばり児童合唱団・松村禎三が皆川おさむのソロとひばり児童合唱団のために作曲した映画主題歌「ぼくが鳥になったら」は録音以来の再演・舞台初演の録音となります。【その2】寺山(森崎)偏陸(寺山修司の弟)寺山による劇団「天井桟敷」のメンバーでもあった偏陸が「ぼくが鳥になったら」でナレーションを担当。【その3】松村禎三による幻の合唱曲松村禎三が教科書等のた [全文を読む]

“中村蒼史上1番”チャラくてハイテンション!『せいせいするほど、愛してる』関西弁が「新鮮」と話題に モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2016年08月02日23時00分

以降、爽やかなルックスを活かし、映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍してきた。“イケメン俳優”と呼ばれ、王道の学園モノやラブストーリーにも出演してきたが、そのイメージを真正面から覆すような役にも積極的に挑戦。中でも2015年、ドラマ「無痛~診える眼~」(フジテレビ系)で演じた先天性無痛症で無毛症の青年“イバラ”は、てい髪姿で「誰か分からないほど」のインパクトを残 [全文を読む]

菅田将暉がボクサーに!故・寺山修司が遺した小説を映画化

Movie Walker / 2016年07月23日07時49分

原作は、劇作家や映画監督、俳人など数えきれない肩書きを持ち、日本のあらゆるカルチャーに絶大な影響を及ぼしながら、1983年に逝去した故・寺山修司が遺した唯一の長編小説。 本作には、寺山の描いた過激な世界観を映像化するに相応しいスタッフとキャストが集結。主人公の新次を演じるのは『ピンクとグレー』(16)『ディストラクション・ベイビーズ』(16)など話題作に多 [全文を読む]

菅田将暉×ヤン・イクチュン『あゝ、荒野』は2部作へ!初ビジュアル解禁

CinemaCafe.net / 2017年04月26日06時00分

菅田将暉と『息もできない』の監督・主演ヤン・イクチュンをW主演に迎え、寺山修司が唯一遺した傑作長編小説を映画化する『あゝ、荒野』。2部作となる本作の公開日が、前篇10月7日(土)、後篇10月21日(土)に決定。併せて、生前の寺山氏とも親交があった世界的写真家・森山大道の撮り下ろしによるイメージビジュアルが初解禁となった。 かつて母に捨てられた新次は兄のよう [全文を読む]

「サッポロ ホワイトベルグ」新アンバサダー中村蒼さん出演のWEB動画公開

PR TIMES / 2017年04月04日12時16分

近年の主な出演作は、ドラマ「かぶき者 慶次」(2015 NHK)、「洞窟おじさん」(2015 NHKBSプレミアム)、「無痛~診える眼~」(2015 CX)、「せいせいするほど、愛してる」(2016 TBS)、「潜入捜査アイドル・刑事(デカ)ダンス」(2016 TX)、「真昼の悪魔」(2017 CX)、主演映画「東京難民」(2014)、映画「トワイライト [全文を読む]

菅田将暉の本音「もう制服は着たくない」におののくオトナたち

アサジョ / 2017年05月21日18時15分

来年公開の映画「となりの怪物くん」に土屋太鳳とW主演する菅田将暉。原作はコミック累計部数500万部を超える漫画家ろびこによる少女漫画だ。菅田はイケメンで天才だが、予測不能な行動で周囲から怖がられる“怪物”の吉田春を演じる。 菅田は現在公開中の映画「帝一の國」や昨年公開の映画「溺れるナイフ」「セトウツミ」など、制服姿の高校生役を演じることが多いのだが、「自分 [全文を読む]

中村蒼が結婚 「せいせい」宮沢さん役で女子を虜に 難役も演じきる実力派若手俳優<略歴>

モデルプレス / 2017年01月21日18時48分

◆ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍する実力派 中村は1991年3月4日福岡県生まれ。06年に寺山修司原作による舞台「田園に死す」で主演デビュー。その後もドラマ、映画、舞台と活躍中。 2015年はドラマ「無痛~診える眼~」(15 CX)で先天性無痛症で無毛症の青年という難役を見事に演じきったほか「洞窟おじさん」(15 NHKBSプレミアム)、SPドラマ「図書館 [全文を読む]

中村蒼、“宮沢さん旋風”受けて思う本音「少しくらいは対抗できた」 新たな挑戦ではイメージ一新 モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2016年10月08日10時00分

2016年の芸能界を舞台に、ネットテレビ局の勃興、青春映画ブーム、スキャンダルにネットニュースなど、新しい常識・テレビあるあるを取り上げながら、偽のアイドルグループ「デカダンス」が激動の芸能界を潜り抜け、事件を解決していく様を描く。 中村が演じるのは、刑事ドラマに出てくるような熱血刑事になることを夢見ていたが、上司からの初命令で“事件捜査のためアイドルとし [全文を読む]

フォーカス