歌舞伎 寺島しのぶに関するニュース

海老蔵、寺島しのぶ22年ぶりの共演はリリー・フランキーの新解釈「座頭市」

dwango.jp news / 2016年10月23日15時20分

2015年2月3日、東京EXシアター六本木で「六本木歌舞伎」の幕が上がり、注目の演目は「地球投五郎宇宙荒事」となった。市川海老蔵と中村獅童の歌舞伎への熱い想いから始まった宇宙規模の新作歌舞伎は、脚本に人気脚本家の宮藤官九郎、演出を歌舞伎初挑戦となる鬼才・三池崇史が参戦。超多忙な四人が奇跡的に集まり、見事な化学反応を起こし、公演は連日満員の大盛況のまま千秋楽 [全文を読む]

強制じゃないのになぜ? 歌舞伎界から役者が消えない理由

citrus / 2017年05月29日19時00分

2017年5月の歌舞伎座團菊祭五月大歌舞伎にて、女優寺島しのぶさんの長男寺嶋眞秀(てらじままほろ)くんが、初お目見えをしたことがニュースになりました。まだ4歳ながら「魚屋宗五郎」という作品で、酒屋の丁稚与吉役として立派にセリフを言い、祖父である尾上菊五郎とともに、芝居を大いに盛り上げました。5月の歌舞伎座では、眞秀くんの他にも新 坂東彦三郎の長男 侑汰くん [全文を読む]

やはり天才、市川海老蔵の「座頭市」が凄まじい

dwango.jp news / 2017年02月04日12時03分

2015年2月、「六本木歌舞伎」第1弾となる「地球投五郎宇宙荒事」が上演され、市川海老蔵と中村獅童が共演、脚本を宮藤官九郎、演出を三池崇史が手がけ、連日満員の大盛況となった。 その第2弾として発表される、脚本をリリー・フランキー、演出は三池崇史が担当する新解釈の「座頭市」が遂にベールを脱いだ。歌舞伎界を牽引する市川海老蔵と、日本を代表する女優である寺島しの [全文を読む]

フランス人夫との間のハーフの息子梨園入りを寺島しのぶ願う

NEWSポストセブン / 2012年09月30日07時00分

人間国宝である父・尾上菊五郎(69才)、母・富司純子(66才)、弟・尾上菊之助(35才)という歌舞伎の超名門一家の長女として誕生した寺島は、私生活では2007年2月に、フランス人アートディレクターのローラン・グナシア氏(44才)と国際結婚して幸せな生活を掴む。 グナシア氏との結婚報告会見では「男の子が生まれたら歌舞伎役者にしたい」という思いを明かしている。 [全文を読む]

尾上菊五郎「大名跡を寺島しのぶの息子に」の真意を語る

NEWSポストセブン / 2016年04月14日16時00分

「(娘が)どうしても歌舞伎役者にしたいって言うのでね。ならせるなら、ゆくゆくは『梅幸』を継がせるかね」。この発言に歌舞伎界が激震した。 4月5日、都内で行われた「團菊祭五月大歌舞伎」取材会。尾上菊五郎(73才)が長女・寺島しのぶ(43才)の長男、つまり孫の眞秀(まほろ)くん(3才)に、音羽屋の大名跡である梅幸を継がせると明言した。眞秀くんは寺島とフランス人 [全文を読む]

代官山デートのトリンドルと七之助 歌舞伎界も応援ムード

NEWSポストセブン / 2015年09月17日07時00分

中村屋は名門ですし、きちんと筋を通さなければ、梨園の妻になるということに反発する人も少なくないでしょうから…」(歌舞伎関係者) 日本の伝統芸能である歌舞伎界では、ハーフの役者はこれまで1人しかいなかった。明治から昭和初期に活躍した15代目市村羽左衛門だ。 「15代目羽左衛門は歌舞伎界でも伝説となるほど美形で、江戸三座の一角を担う名門である市村座の座元として [全文を読む]

寺島しのぶ 眞秀くん初お目見え叶えた2歳からの超英才教育

WEB女性自身 / 2017年05月13日06時00分

「男の子ができたら歌舞伎役者にしたい」と結婚会見で語っていた寺島しのぶ(44)。その言葉が現実のものとなった。5月3日に開幕した團菊祭で長男の眞秀くん(4)が初お目見えを果たしたのだ。 『魚屋宗五郎』の丁稚役で眞秀くんが花道から登場すると、会場から「かわいい!」と歓声が。そんな姿を客席後方で見守っていた寺島とフランス人夫のローラン・グナシア氏(49)、そし [全文を読む]

寺島しのぶ、ハーフ息子の歌舞伎デビューで叶えた積年の悲願

アサジョ / 2017年05月14日10時14分

団菊祭五月大歌舞伎で、尾上菊五郎の娘である寺島しのぶの息子、眞秀君が歌舞伎デビューを果たした。常々「男に生まれて歌舞伎がしたかった」と公言してきた寺島の息子であることに加え、夫がフランス人で、公式には歌舞伎界初のハーフの役者が誕生することもあり、話題になっている。「寺島は、弟の菊之助が歌舞伎で初舞台を踏んだ時に、家が弟を中心に回り始め、自分が舞台に立てない [全文を読む]

市川海老蔵を支える“姉”寺島しのぶ「寄り添いの約束」

WEB女性自身 / 2017年08月17日11時00分

8月2日から始まった六本木歌舞伎『座頭市』で主演を務めるべく、名古屋を訪れていた市川海老蔵(39)。 妻の小林麻央さん(享年34)が亡くなったのは6月22日。最愛の妻を亡くしながら、成田屋宗主として、父として、海老蔵は激務に励んできた。そして8月に入り始まった「座頭市」。名古屋の後は大阪へと、子どもを置いて計11日の公演日をこなさなければならない。さぞかし [全文を読む]

寺島しのぶが“母の顔”に! 寺嶋眞秀くんと「徹子の部屋」登場

Smartザテレビジョン / 2017年05月05日05時05分

“こどもの日”の5月5日(金・祝)に放送される、トークバラエティー「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に、先日、歌舞伎座の舞台で初お目見得したばかりの4歳・寺嶋眞秀(まほろ)くんと、その母で女優の寺島しのぶが出演する。 寺島しのぶとフランス人アートディレクター、ローラン・グナシア氏の長男として誕生した眞秀君。歌舞伎の人間国宝・尾上菊五郎の孫でもある彼は、歌舞伎[全文を読む]

海老蔵「リリーさんは確信犯!?子供の前でやるべき芝居じゃない」

Smartザテレビジョン / 2017年02月04日06時00分

2月4日~20日(月)まで東京・EXシアター六本木で公演される、六本木歌舞伎第二弾「座頭市」の公開舞台稽古が行われた。会場には市川海老蔵の長女・麗禾(れいか)ちゃんと長男・勸玄(かんげん)君も訪れ、海老蔵の演技を観賞した。 '15年の六本木歌舞伎「地球投五郎宇宙荒事」に続く第二弾は、リリー・フランキーが名作「座頭市」を新解釈で書下ろし、前公演同様に鬼才・三 [全文を読む]

尾上菊之助と播磨屋4女の結婚の裏に幸四郎家との確執も

NEWSポストセブン / 2013年02月23日07時00分

播磨屋・中村吉右衛門(68才)の4女である波野瓔子(ようこ)さん(30才)と音羽家・尾上家の跡取りである尾上菊之助(35才)の電撃婚は、暗いニュースばかりが続いた歌舞伎界に咲いた久しぶりの明るい話題だった。 だが、ふたりの結婚については、こんな声も上がっている。 「今回の結婚の背景には、松本幸四郎さん(70才)の高麗屋と、音羽屋、播磨屋の長年にわたる確執が [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】寺島しのぶ 「なぜ自分は歌舞伎役者になれないのか」絶望と孤独に悩んだ日々を告白

TechinsightJapan / 2017年07月04日18時50分

歌舞伎俳優の市川海老蔵が4日のブログで、長女・麗禾ちゃんの「なぜ私は(舞台に)出られないの? 歌舞伎座にもでたい」という思いに応えられず「なんとかしなくては」と対応に苦慮していることを明かしている。同じ日の情報番組で女優・寺島しのぶも少女時代に“なぜ自分は歌舞伎役者になれないのか”と絶望し、自分の将来像を描けず孤独感に苛まれたと告白した。 歌舞伎の世界では [全文を読む]

有働由美子と寺島しのぶ、お互いの顔が瓜二つでビックリ!

アサジョ / 2017年06月20日18時15分

歌舞伎の家に生まれた寺島は2007年、フランス人アートディレクターのローラン・グナシア氏と結婚し、12年に長男の眞秀(まほろ)君を出産。寺島は女優業と育児を両立させ、5月には眞秀君も東京歌舞伎座公演「團菊祭」で初お目見えし、歌舞伎デビューを飾った。 一方の有働は、2013年11月、静岡県内で空調設備会社を営む5歳年下の青年実業家との遠距離恋愛を女性誌で報 [全文を読む]

寺島しのぶ、執念実って高笑い

NewsCafe / 2017年05月20日00時59分

デスク「女優の寺島しのぶ(44)は、長男の眞秀(まほろ=4つ)が歌舞伎デビューにあたってテレビ番組に出まくりだね」 記者「トーク番組からバラエティー番組でのドッキリ企画まで、親子そろって出まくってました」 デスク「歌舞伎ファンは毎月、歌舞伎座に行くけど、中でも見逃せないお楽しみが5月の『團菊祭』。2年前の『團菊祭』千秋楽では、寺島の父、尾上菊五郎(74)が [全文を読む]

寺島しのぶ 眞秀くんデビューの陰に外堀埋めた水面下の2年間

WEB女性自身 / 2017年05月13日06時00分

音羽屋の第一子に生まれたが、女性だから歌舞伎役者になれなかった寺島。跡継ぎは、弟・尾上菊之助(39)。 女を呪った 日々について、彼女はこう振り返っている。 《弟が6歳で初舞台を踏んだ時、「どうして年上の私が舞台に立てないの」と腹が立つやら悲しいやらで、それに男中心の梨園ですから、我が家は弟を中心に回っていて、私一人が取り残されていく気がして 》(『週刊 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】市川海老蔵、我が子&寺島しのぶ長男の3ショットに「なんか涙出るよ」

TechinsightJapan / 2017年05月07日12時40分

歌舞伎俳優の市川海老蔵がブログに長女・麗禾(れいか)ちゃん、長男・勸玄(かんげん)くん、そして女優の寺島しのぶの長男・眞秀(まほろ)くんとの3ショットを公開した。この歌舞伎界の未来を担う幼い3人の姿に、海老蔵は涙が出そうになったという。 4歳の眞秀くんが5月3日、東京・歌舞伎座で初日を迎えた『團菊祭五月大歌舞伎』で初お目見えを果たした。同公演には市川海老蔵 [全文を読む]

寺島しのぶ 長男のお受験対策を井川遥や木村多江に相談する

NEWSポストセブン / 2015年11月07日16時00分

市川海老蔵(37才)の長男・勸玄くん(2才)が11月1日、歌舞伎座で初お目見えの舞台に立った。海老蔵に手を引かれて花道から登場し、「堀越勸玄にござりまする」と大きな声で挨拶してペコリと頭を下げると、観客から「かわいい!」の大喝采を浴びた。 今年5月、同じく歌舞伎座千秋楽に初登場したのは、寺島しのぶ(42才)の長男・眞秀くん(3才)だった。 9月中旬、ネイビ [全文を読む]

寺島しのぶ 3歳の長男連れ「歌舞伎役者御用達」学校を見学

NEWSポストセブン / 2015年10月05日16時00分

同幼稚園は松本幸四郎(73)、中村吉右衛門(71)、市川染五郎(42)などが通った「歌舞伎役者御用達」学校だ。 「寺島さんは息子さんを歌舞伎役者にするのが悲願。歌舞伎の世界に理解が深い学校がいいと考えたようです」(芸能関係者) 人間国宝の父・尾上菊五郎(72)、母・富司純子(69)、弟・尾上菊之助(38)という歌舞伎の超名門一家・音羽屋の長女として誕生した [全文を読む]

優しさは母・麻央さん譲り…麗華ちゃんが書いた“七夕の願い”

WEB女性自身 / 2017年06月29日06時00分

来月には七月大歌舞伎で史上最年少の宙乗りに挑戦、またその後は数十億円規模ともいわれる襲名披露興行が控えているのだ。 母亡きなかで背負う 梨園の宿命 。だが勸玄くんはすでに、梨園入りのための修行を開始。周囲も驚くほどの 歌舞伎役者としての覚悟 をみせているという。 そして長女の麗禾ちゃん(6)もまた、周囲も驚くほどの成長ぶりを見せている。 「麗禾ちゃんは6月 [全文を読む]

フォーカス