自宅 樹木希林に関するニュース

『海よりもまだ深く』 是枝裕和監督が撮り下ろし!池松壮亮主演! ハナレグミ「深呼吸」ミュージックビデオ解禁

NeoL / 2016年05月18日16時07分

2005年、完全自宅録音による3rdアルバム『帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』をリリース。夏にはSUPER BUTTER DOGの代表曲をタイトルにした竹中直人氏監督映画「サヨナラCOLOR」が公開となり、エンディング・テーマとして忌野清志郎氏とのデュエットも披露している他、サントラも担当した。同年9月、初のベスト・アルバムをリリース [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】川崎麻世、夫婦関係継続も自宅に居場所なく カイヤ「この家は私のもの!」

TechinsightJapan / 2016年05月11日18時00分

5月10日の『川崎麻世オフィシャルブログ「麻世仲の猫たち」』には、彼が撮ったという自宅でくつろぐカイヤの写真が数枚ほどある。たくさんのキャンドルの灯りの中に浮かび上がるカイヤは、体のラインを強調するセクシーなワンピースで横たわり、まるで男性誌のグラビアのようだ。だがこの自宅に川崎麻世は住んでいない。 YouTubeに公式チャンネルを持つカイヤは『Caiy [全文を読む]

本木雅弘 全身がんの姑・樹木希林と離れ、英国移住のわけ

NEWSポストセブン / 2016年03月03日07時00分

本木と樹木は、自宅はそれぞれの空間を大切にしようと話し合って、1階が樹木と内田裕也(76才)の住まい、2階が本木一家の住まいとした。両家はエレベーターのみでつながっており、階段では行き来できない構造となっているという。 樹木は夫の内田とは別居している時期も長い。彼女にとって、子供と孫に囲まれて暮らす生活はこの上ない幸せだった。その矢先、彼女を病魔が襲う。2 [全文を読む]

樹木希林、モデルルームのような自宅を公開

Smartザテレビジョン / 2015年12月24日11時58分

―映画の冒頭はご自宅の様子から始まりましたが。 「あのシーンは、本当はなかったんですよ。車で自宅に寄ったときにスタッフが皆降りてくるから、あ、ここを撮る気だなと思って(笑)。お宅拝見企画ではないから、いつも掃除しているので、普段はこのような感じですというふうに撮影し始めたら、掃除のシーンからのスタートになりました」。 ―とてもきれいなご自宅ですね。 「い [全文を読む]

椎名林檎、片足だけ素足で街を徘徊! 同行のヒゲ面男性は“略奪愛”のお相手?

サイゾーウーマン / 2013年04月11日13時00分

児玉氏の自宅はオセロ・中島知子が籠城したマンションや樹木希林の自宅の近くで、芸能人ご用達の高級住宅街です。椎名は現在埼玉県在住ですが、この写真は渋谷区で撮られたものだというだけに、彼の自宅に連日通っているということは明らか。ほかにも都内やさいたま市での2人の目撃談も浮上しているだけに、すでに周囲にバレてしまっても構わないということなのでしょうね」(芸能ライ [全文を読む]

「やっぱりハンパじゃない!」樹木希林の認知症CMに業界内外から絶賛の声

日刊サイゾー / 2012年04月07日08時00分

逆にしゃべらないほうがいい時は、自宅にいるのに何度インターホンを押しても完全無視。マスコミの特性を熟知している。本当に感心させられますよ」と話す。 昨年、夫の内田が一般女性と不倫の末に逮捕された際には集まったマスコミを自宅に招き入れ、会見を行った。「不倫されたのにいつもの調子で話していましたからね。さすがにビビリましたよ」(スポーツ紙記者) 一方で、直後の [全文を読む]

本木雅弘も苦笑…樹木希林の「不倫」賞賛コメントがさすが!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月13日06時30分

2人が一緒に登場するのは2012年の5月以来で、(普段)本木は自宅で樹木と家事に励んでいることなどを明かしたという。そんななか、取材陣から「不倫」について質問された樹木は、以下のような持論を展開した……のだそう。 (不倫を)やってみて。後が大変だと分かって人間的に成熟すればいいの」(本木がこの質問に対して、しどろもどろしていると)「本木さんは後が面倒くさ [全文を読む]

樹木希林 自宅リフォームで「夫・内田裕也と同居開始」告白!?

WEB女性自身 / 2014年08月28日16時00分

樹木は30年以上にわたる別居を解消し、ついに内田裕也(74)と一緒に暮らすことに!?自宅にいた樹木に、インターフォン越しに真相を聞いた。 ――ご自宅をリフォームされていますが、いよいよ裕也さんと同居されるのですか?「……もう住んでいるんですよ。実はね、ここに」 えっ、もう同居中!? 樹木のスクープ告白に記者の胸は躍った。だが、樹木は飄々と話を続ける。「ただ [全文を読む]

禁断の「芸能人の犯罪」を一挙プレイバック!(4)“暴行”篇

アサ芸プラス / 2014年08月20日09時58分

87年には「『北の国から』に感動し、会いたかったし、覚えてほしかった」という理由で脚本家の倉本聰氏の自宅玄関前で腹にナイフを突き立て割腹。倉本氏が第一発見者となり病院へ搬送された。翌年には、映画館「松竹セントラル」に大型乗用車で突っ込み正面ドアなどを大破させたことも。現在も細々と俳優業を続けており、今後も「暴発」の可能性は十分ありそうだ。 日本を代表する [全文を読む]

内田裕也「俺にも取材しろ」!? 樹木希林の「全身がん」告白に便乗か

サイゾーウーマン / 2013年03月22日13時00分

自宅で直撃取材を行った記者が語る。 「自宅のインターフォンを押せば、本人が対応してくれるのですが、『この件に関しては、お話ししません』と断られてしまいました。しかしこちらがあきらめずに、次々と話題を振れば、なんとなくですがコメントはしてくれます」 当初は「樹木なりのブラックジョーク」という説もあったが、さまざまなコメントをつなぎ合わせると、「がんと診断され [全文を読む]

フォーカス