小池徹平 ドラマに関するニュース

ド派手アクションの刑事もの?悪に立ち向かう所轄の正義?イケメン満載の兄妹愛?心に残った2017年春ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年07月20日17時30分

物語のキーとなる主人公の親友「広沢由樹」を演じたのは小池徹平さん。後半どんどん明らかになっていく真実、怒涛の展開にドキドキさせられたものです。個人的には志賀廣太郎さん演じる広沢由樹の父親の味のある演技が大好きでした。 CRISIS~公安機動捜査隊特捜班~ この作品も忘れてはいけません。『CRISIS~公安機動捜査隊特捜班~』。とにかく、演者たちのアクション [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

新人俳優の起用が多く、松本潤さん、小栗旬さん、成宮寛貴さん、石垣佑磨さん、上地雄輔さん、松山ケンイチさん、亀梨和也さん、速水もこみちさん、三浦春馬さん、小池徹平さん、小出恵介さん、水嶋ヒロさん、三浦翔平さん、ユージさん、他にも特撮系ドラマで大活躍している俳優さんなど、数多くのイケメン俳優を輩出しているのも特徴のひとつです。 不良を更生させようと、野球経験も [全文を読む]

完全復活のシェネル「ドラマに合い過ぎて怖い」と話題

dwango.jp news / 2017年05月10日12時00分

今週5月12日(金)放送の第5話では主人公・深瀬(藤原竜也)は何も知らなかった自分を情けなく思っている矢先、自分の知らない親友・広沢(小池徹平)の一面を知ることになったり、「次に誰が狙われるかわからない」と言っていたジャーナリスト・小笠原(武田鉄矢)の言葉を思い出し、胸騒ぎがする深瀬。といったあらすじからも読み取れるように回を重ねるごとにサスペンスに、よ [全文を読む]

すでに1話延長が決定!? 多部未華子『浪速少年探偵団』に1社提供パナソニックが異例の大盤振る舞い!

日刊サイゾー / 2012年07月15日08時00分

共演者で関西出身の小池徹平クンやスタッフにイントネーションを聞いたり、プライベートでもずっと関西弁を使っていたそうです。また、このドラマには子役が多数出演していますが、子どもたちにもかなり懐かれていましたよ」(同) そんな多部の人柄がスポンサーであるパナソニックにも伝わったのか、このご時世ではかなり珍しいことが起こったそうだ。「実は、第1話を撮影していると [全文を読む]

リバース、湊かなえ作品との「隠れコラボ」が話題に

日刊大衆 / 2017年06月02日08時05分

主人公の深瀬(藤原竜也/35)は、友人の浅見(玉森裕太/27)と、10年前に事故で亡くなった広沢(小池徹平/31)の実家がある愛媛を訪問。そして二人はその晩、広沢の地元の友人らが開いてくれた飲み会に参加する。 この飲み会は「食事処さざなみ」という店で行われたのだが、この店の看板が映し出されると、店の名前に見覚えがあるという視聴者が続出。実はこの「食事処さざ [全文を読む]

塩系男子の次は人情男子 イケメン評論家が選ぶ注目のイケメンベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月17日12時00分

【画像あり】元記事はこちら 【1位】小池徹平 塩系男子の次は温かみ溢れる“人情男子”が来ると思っています。菅野美穂さんを射止めた堺雅人さん、仲里依紗さんを射止めた中尾明慶さんも人情たっぷりの役者さん。不安定な社会情勢の中、悩みを受け止め、笑顔で励ましてくれる人情男子を女性は求めています。2013年後半はほっこりさせられる男性がモテモテになりそう。ドラマ『 [全文を読む]

2位は岡田将生!「結婚したいイケメン俳優」1位は?

日刊大衆 / 2017年06月18日06時05分

第3位(7%)には、V6の井ノ原快彦(41)と小池徹平(31)が同率でランクイン。まず井ノ原は、ドラマ『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)に出演。正義感が人一倍強い刑事役を演じた。そんな井ノ原を選んだ理由としては「テレビ画面からも人の良さが伝わってくる」(29歳女性)、「優しく、裏表がなさそう」(38歳女性)と、温厚そうな雰囲気に好感を持っている人が多 [全文を読む]

リバース「いまだ深まる謎」に視聴者騒然!

日刊大衆 / 2017年06月09日06時05分

このドラマは、主人公・深瀬和久(藤原竜也/35)の恋人・越智美穂子(戸田恵梨香/28)の元に届いた「深瀬は人殺し」という告発文をきっかけに、深瀬の親友だった広沢由樹(小池徹平/31)の事故死の真相を探っていく物語。これまでも深瀬を含む、当時広沢の事故現場に居合わせた同級生たちを巻き込んださまざまな事件が“謎”として提示されてきた。 第8話では、告発文を書 [全文を読む]

小栗、松潤、亀梨…イケメンだらけな「伝説の学園ドラマ」

日刊大衆 / 2016年10月03日13時30分

他にも、現在芸能界の一線で活躍している速水もこみち、小池徹平、小出恵介、水嶋ヒロなどがこのシリーズからブレイクしている。 08年の『ごくせん』第3シリーズからは、Hey!Say!JUMP高木雄也、三浦春馬、ジャニーズWEST中間淳太と桐山照史、三浦翔平、ユージなどが出演していた。不良っぽい雰囲気の高木は、女子のハートを鷲づかみにし、またたくまに人気タレント [全文を読む]

小池徹平の魅力は「うる目力」での感情表現 時代劇でも発揮

NEWSポストセブン / 2015年12月09日07時00分

WaTの電撃解散発表で注目を集める小池徹平(29才)が時代劇に初主演する。石ノ森章太郎さん原作の時代劇『佐武と市捕物控』で下っ引きの若者佐武役を演じるのだが、そこで発揮されたのは“うる目力”だという。時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野氏が綴る。 * * * 近年、「目力が強い」俳優は結構いるが、小池徹平にはそれとは一味違う“うる目力”がある。その力は「 [全文を読む]

リバース、視聴者の「犯人予想」が白熱!

日刊大衆 / 2017年05月12日07時05分

藤原演じる平凡な会社員の深瀬が、戸田恵梨香(28)演じる恋人の美穂子に届いた「深瀬は人殺しだ」という手紙をきっかけに、10年前に起きた親友・広沢(小池徹平/31)の事故死を振り返るというストーリーだ。深瀬は事故当日に、自分の他に現場にいた谷原(市原隼人/30)、浅見(玉森裕太/27)、村井(三浦貴大/31)ら仲間の誰かが、事故と見せかけるためになんらかの嘘 [全文を読む]

期待作の湊かなえドラマ『リバース』、カワイイだけで30代迎えた小池徹平の試練

Business Journal / 2017年04月14日20時00分

物語は主人公・深瀬和久(藤原竜也)が越智美穂子(戸田恵梨香)と運命的な出会いを果たすところから始まるが、そんななか自宅に「人殺し」と書かれた貼り紙がされ、深瀬は動揺すると同時に、10年前の旅行で親友・広沢由樹(小池徹平)が亡くなった“事故”を思い出す。 その後、深瀬は当時の旅行メンバーであり現在、教師となった浅見康介(Kis-My-Ft2・玉森裕太)や、 [全文を読む]

湊かなえ『リバース』が藤原竜也主演でドラマ化決定!

Entame Plex / 2017年02月13日06時00分

また、ミステリー作品初挑戦となるKis-My-Ft2の玉森裕太、舞台やミュージカルなど役者としてのフィールドを広げている小池徹平、ドラマや映画など数々の作品に出演している三浦貴大、様々な難役を体当たりで演じ出演作の絶えない若手実力派女優の門脇麦はTBSドラマ初挑戦となる。そして、市原隼人が藤原と共にドラマを引っ張り、この新しいミステリーであり人間ドラマの物 [全文を読む]

塚本高史「問題ないです」、小池徹平との漫才に自信

Smartザテレビジョン / 2016年10月27日19時30分

NHK BSプレミアムで'17年2月15日(水)に放送される東京・足立区発ドラマ「千住クレイジーボーイズ」の取材会が足立区の銭湯「タカラ湯」で行われ、主演の塚本高史をはじめ、小池徹平、比嘉愛未、品川徹、北村有起哉が登壇した。物語は、人気ガタ落ちのアラサーピン芸人・恵吾(塚本高史)が、昔組んでいた漫才コンビ“クレイジーボーイズ”の相方・行(小池徹平)が住む北 [全文を読む]

ダメな奴らは、かわいらしい――NHK×松尾スズキ『ちかえもん』という虚実皮膜の痛快娯楽劇

日刊サイゾー / 2016年01月26日19時00分

そして豪商・平野屋の放蕩息子・徳兵衛(小池徹平)との三角関係を、おそらく近松が間近で見て、『曾根崎心中』の着想を得ていくのだろう。 [全文を読む]

「主演がジャニーズかEXILEだったら見ない」連続ドラマ化が発表された『DEATH NOTE』に批判が殺到!

おたぽる / 2015年04月21日17時00分

同作は、06年にアニメ化と実写映画化、昨年には連載開始から数えて「10周年企画」を迎え、今年は小池徹平などが出演し、ミュージカル化もされた人気作。だが、今回のドラマ化に対して、ネット上では「ゴミクズドラマになる予感しかしない」「クソドラマになる確率99%」といった辛辣な声が上がっている。 そもそも、アニメやマンガの実写化は発表されるたびに批判の声が大きい。 [全文を読む]

WaT 10周年を機に5年ぶりの電撃的再始動!

dwango.jp news / 2015年02月14日09時00分

今年、メジャーデビュー10周年を迎えるウエンツ瑛士と小池徹平で結成されたシンガーソングライターデュオWaTが本格再始動することになった。CDリリースは2010年9月から約5年ぶり、ライヴはチケットが即完売した日比谷野音から8年ぶりの活動再開になる。ソロ活動5年間において、ウエンツ瑛士はバラエティー番組のMCや情報番組のコーナーで海外アーティストやハリウッド [全文を読む]

『劇場スジナシin名古屋』ライブ・ビューイング実施決定!!

PR TIMES / 2014年05月14日10時49分

これまでに、大竹しのぶ、森光子、妻夫木聡、宮藤官九郎、三谷幸喜、井上真央、マツコデラックス、小池徹平、壇蜜ら幅広いゲストを迎え、その数は380名を超える。「日本民間放送連盟賞テレビエンターテインメント優秀賞」、「第35回放送文化基金賞 番組部門・テレビエンターテインメント番組 優秀賞」などを受賞。 [全文を読む]

「冷凍マグロ役」だった松本穂香が『ひよっこ』で夢を叶えるまで

文春オンライン / 2017年06月05日11時00分

――小池徹平さんが演じてた役ですよね。理想の男性のタイプもストーブさんのような……。 松本 いえ……ちょっと違います(笑)。自分が支えてあげないとダメだなっていうパターンの人ですよね、ストーブさんは。 ――どちらかというと頼れる人が好きなタイプ? 松本 一緒にいて楽しくて、尊敬できる。今は年上の方のほうが憧れますね。 ――『ひよっこ』の登場人物で言うとど [全文を読む]

非モテドラマ主演の美男美女、藤原竜也と桐谷美玲の明暗

NEWSポストセブン / 2017年04月29日16時00分

10年前に失った唯一無二の親友・広沢由樹(小池徹平)の事故死を、今も忘れることができない。ことあるごとに時間をリバース(遡)していくうちに、衝撃的な「秘密」が──。 謎めいたストーリー、小気味良いテンポ。ゼミ仲間と過ごした「大学時代」と、サラリーマンの「今」。二つの時間の往復が、ドラマに緊張感を与えています。 映像的な工夫も、面白い。「現在」から「過去」へ [全文を読む]

フォーカス