舞台 松たか子に関するニュース

前田敦子 マナー違反で劇場からいったん退席

NEWSポストセブン / 2016年04月07日07時00分

芸能人たちが数多く詰めかけたのは、演出家・野田秀樹の最新舞台『逆鱗』の東京での千秋楽公演だった。 『逆鱗』は水族館の下に人魚が生息するという謎の伝説をめぐって展開される幻想的な物語。主役の人魚を松たか子(38才)が演じるほか、阿部サダヲ(45才)、瑛太(33才)、井上真央(29才)ら豪華キャストが舞台せましと動き、泳ぎ回る演出が見どころで、チケットは即完 [全文を読む]

松潤「無関係な打ち上げ参加」で人脈作り!?

日刊大衆 / 2017年06月20日15時05分

嵐のライブ演出や構成も担当している松本は、舞台演出に対して研究熱心だ。生のステージを見られる機会があれば、可能な限り足を運ぶ。ジャニーズのライブや舞台はもちろん、それ以外の舞台もよく観に行っているようだ。そして観劇した際には、自分が出演していないのに打ち上げにまで参加してしまうこともあるという。 以前、嵐のレギュラー番組『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)に [全文を読む]

SF 映画の金字塔が、舞台として上演決定!豪華キャスト・スタッフで贈る奇跡の舞台「メトロポリス」

NeoL / 2016年07月17日11時36分

原点にして頂点とされる作品が、いま、舞台で甦る―。 映画『メトロポリス』(監督:フリッツ・ラング、原作・脚本:テア・フォン・ハルボウ)は、1926 年に製作されたドイツのモノクロ・ サイレント映画だ。製作時から100 年後のディストピア未来都市を描いたこの映画は、以降の SF 作品に多大な影響を与え、 「SF 映画の原点にして頂点」とされている。製作されて [全文を読む]

“男前ナンバーワン女優”松たか子の人魚姿にファン歓喜! 井上真央には、「花燃ゆショック」を心配する声

おたぽる / 2016年02月08日12時00分

先月29日、東京芸術劇場で公演開始された舞台『逆鱗』に、松たか子が主演として登場。野田秀樹が作・演出・出演する「NODA・MAP」への出演は7年ぶりということで、ファンからは「待ってました!」「松さんを生で観られて幸せ!」と、歓喜の声が上がっている。 「舞台『逆鱗』は、人間のふりをして地上に現れた人魚が、海中水族館の『人魚ショー』で人魚のふりをした人間と出 [全文を読む]

強制じゃないのになぜ? 歌舞伎界から役者が消えない理由

citrus / 2017年05月29日19時00分

襲名披露と言えば、2月には中村勘九郎の長男が勘太郎を、次男が長三郎を襲名し、かわいらしい二人の桃太郎でりっぱに舞台をこなしていたのも記憶に新しいところ。なんといっても歌舞伎座の公演は25日間、休みなしです。その興行を休まずやりきるというだけでもすばらしいことですね。眞秀くん4歳。彦三郎くん4歳。勘太郎くん5歳。長三郎くん3歳。(襲名時)…なんとまあ、みんな [全文を読む]

『アナ雪』熱唱で改めて注目 歌手・松たか子の実力とキャリアとは?

リアルサウンド / 2014年04月24日19時42分

「1997年に『明日、春が来たら』でデビューしたとき、既に彼女はトップ女優としてドラマや舞台で大活躍していました。同曲は話題性が先行して50万枚以上の売上を記録、自身最大のヒットとなりましたが、その後はどうしても『本業は役者』というイメージが払拭できなかった。また役者業が多忙なため通常のミュージシャンのように積極的なプロモーション露出ができなかったことも [全文を読む]

人気沸騰の高橋一生「普段はスタジオ入りも気づかないほど」

WEB女性自身 / 2017年01月25日06時00分

「彼は幼少期から映画やドラマに出演していましたが、主戦場は舞台でした。30代の舞台役者の中でいちばんの演技派といわれ、演出家から名指しでオファーされるほどです。高橋さんが出演する小劇場はいつも満席で、女性だけでなく男性の演劇ファンも多い。集中力が高く、圧倒的な存在感で活躍の場を広げてきたのです」(舞台関係者) 舞台での評判を聞いたNHKは、早くから高橋に [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

舞台裏でもう一つのお仕事ドラマこのお仕事路線が以後、連ドラ界の大勢になったのは、ひとえに『HERO』が高視聴率を獲得したからなんですね。なんと、11話全て30%超え。これは日本の連ドラ史上、今もって唯一の快挙である。脚本は福田靖サン。この作品が彼にとって出世作になったんだけど、面白いのは、実は福田サンはピンチヒッターだったんですね。初回は大竹研という、フ [全文を読む]

松たか子、長塚圭史、首藤康之、近藤良平が歌う!! 演じる!! 『三菱UFJモルガン・スタンレー証券 presents 音のいない世界で』

PR TIMES / 2014年12月10日19時03分

(JFN系列7局ネット:放送日・時間違い)このラジオドラマは、昨冬、新国立劇場で上演された同タイトルの舞台を、長塚圭史がラジオドラマとして新たに脚本を書下ろしたもの。長塚圭史がラジオドラマの脚本を手掛けるのはこれが初となります。演じるのは、舞台と同じ豪華キャスト、松たか子、長塚圭史、首藤康之、近藤良平。さらに、オリジナル主題歌「記憶(とき)のうた」をキャス [全文を読む]

WOWOW:舞台「メトロポリス」放送直前! 演出家・串田和美のインタビュー公開中!

PR TIMES / 2017年04月20日17時42分

巨匠フリッツ・ラング監督による原点にして頂点とされるSF映画とその小説版を原作に、松たか子、森山未來ら実力派キャストと強力なスタッフが集結する串田和美の舞台。 [画像: https://prtimes.jp/i/1355/3679/resize/d1355-3679-318528-0.jpg ] WOWOWでは、松たか子、森山未來ら豪華キャスト出演の舞台[全文を読む]

舞台マナー違反は捏造!?前田敦子の誤算は帽子のイメージがつき過ぎたこと?

アサジョ / 2016年04月16日09時58分

演者として着実に力をつけている彼女だが、その勢いを止めるかのように7日発売の「女性セブン」が、前田の舞台鑑賞でのマナー違反を報じて、女優としてのイメージを大幅ダウンさせた。 同誌によれば、前田は松たか子が主演を務める舞台「逆鱗」の千秋楽公演を鑑賞しに来ていた前田だったが、本人バレを防ぐためか黒いキャスケット帽を深くかぶっていたとのこと。しかし、舞台上映中 [全文を読む]

「日本最強の地味女優」黒木華が『真田丸』で圧勝した理由

WEB女性自身 / 2016年02月20日06時00分

この舞台の迫力に触発され、京都の大学に進学後、野田さんの演劇ワークショップのオーディションを受けた。その後、別作品のオーディション(『表に出ろいっ!』)で野田さんが半年ぶりに彼女に会ったとき『伸びしろ半端なかったよ!』と驚愕していました」(舞台関係者) この作品でヒロインに抜擢されたことで、現在の事務所に所属。徐々にテレビや映画の話題作に出演し始める。 「 [全文を読む]

“いちずな6年愛”はデタラメ! 有名人をオトすことにこだわっていた山本耕史の女遍歴

日刊サイゾー / 2015年08月28日11時00分

「うまくやったよね」 そう語るのは舞台関係者。売れっ子女優・堀北真希(26)をゲットしたのは、12歳年上の俳優・山本耕史(38)。2人は2009年4月期の連ドラ『アタシんちの男子』(フジテレビ系)で初共演し、以来友人関係だったというが、今年5月の舞台で急接近。関係者によると6月から交際を始め、すでに同居生活をスタートさせている。 メディアでは、堀北をオトし [全文を読む]

山本耕史 堀北真希『梅ちゃん先生』現場に連日訪れ拒否された

NEWSポストセブン / 2015年08月28日07時00分

堀北の舞台を見に行った際には、彼女の楽屋で《そろそろお友達になってください》と、自分のメールアドレスと携帯番号を書いた手紙を渡した。堀北からのリアクションはもちろんなかった。 2012年に堀北が連続テレビ小説『梅ちゃん先生』(NHK)に主演していたとき、たまたま山本は、大河ドラマ『平清盛』(NHK)に出演しており、『梅ちゃん先生』の隣のスタジオで撮影してい [全文を読む]

松たか子が「ルキア」CMソングを書下ろし

dwango.jp news / 2015年03月13日12時49分

松たか子は、映画、TVドラマをはじめ、舞台やミュージカルでも活躍しており誰もが認める実力派女優だが、歌手としても多くのミュージシャンとコラボ、コーラスに参加と精力的なアーティスト活動を続けてきた。2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」日本吹き替え版のエルサ役を演じ、劇中で歌唱した『Let It Go~ありのままで~』が映画と共に大ヒットし、その歌 [全文を読む]

宮沢りえ・松たか子同盟に りえの天敵・大竹しのぶ「ギョッ」

NEWSポストセブン / 2014年11月21日07時00分

宮沢りえ(41才)「たかちゃんは、私の中で男前ナンバーワン女優なの!」 松「マジですか?(笑い)やった!」 実はふたりは、2009年に野田秀樹氏が手がけた舞台『パイパー』で、姉妹役で共演して以来の仲だった。 「舞台が始まった当初りえさんは妊娠5か月。まだ結婚も妊娠も発表していないなか、りえさんのお腹はどんどん大きくなっていきました。野田さんの舞台は台詞が [全文を読む]

安住紳一郎&松たか子コンビが岡田将生、芦田愛菜らと共に人体に神秘に迫る「人間とは何だ…!?」

CinemaCafe.net / 2017年08月14日16時00分

本番組では数々の番組を取り仕切ってきた名アナウンサー・安住さんと、TBS系「カルテット」が今年上半期大ヒット、11月からは不朽の名作SFを舞台化する「メトロポリス」にも出演する松さんを司会に迎えるほか、4月クールのドラマ「小さな巨人」も好評のうちに幕を下ろし、現在公開中の映画『銀魂』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』がいずれも大ヒッ [全文を読む]

麻央さん娘・麗禾ちゃん 明るく振る舞う姿に周囲が心痛める

NEWSポストセブン / 2017年06月28日16時00分

その日、主演舞台『ABKAI 2017 ~石川五右衛門 外伝~』の千秋楽を終えたばかりの海老蔵は、長女・麗禾ちゃん(5才)と長男・勸玄くん(4才)を連れて、目を閉じたままのママのそばにそっと寄り添った。麻央さんとの別れを惜しむ人の中には、“一卵性姉妹”といわれた姉・小林麻耶(37才)や松たか子(40才)の姿もあった。 「亡くなる前日までは会話もできていま [全文を読む]

椎名林檎の書き下ろし主題歌を松、満島、一生、龍平が!

Smartザテレビジョン / 2017年01月14日06時00分

本ドラマは、「Mother」('10年日本テレビ系)や「最高の離婚」('13年フジテレビ系)、「Woman」('13年日本テレビ系)など、数々のヒット作を手掛けた坂元裕二の完全オリジナル作品で、冬の軽井沢を舞台に巻き起こる大人たちの人間ドラマを描いた物語。人間ドラマの名手・坂元と、松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平、4人の俳優陣のコラボレーションが [全文を読む]

「落ちぶれてなくてよかった」野田秀樹×阿部サダヲ 12年ぶり舞台で再会

anan NEWS / 2016年01月27日20時00分

松たか子さんに瑛太さん、井上真央さん、阿部サダヲさんという豪華キャストが揃うNODA・MAPの新作舞台『逆鱗』。 野田秀樹さんの舞台といえば、“キル→着る→KILL(殺す)→生きる”だったり、“オイル→老いる”など、単なるダジャレかと思いきや、そこから思いもよらない壮大な世界を見せてくれる。今回は、水族館に現れた人魚の物語ということだけれど…一体どんな舞台 [全文を読む]

フォーカス