ドラマ 松山ケンイチに関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

暮れにかけてはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ヒットに、こちらも文春砲に見舞われた『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の大ピンチ。極め付けは大晦日の『NHK紅白歌合戦』の疑惑の紅組勝利――etc. 中でも、最もインパクトが大きかったのは、やっぱりSMAPの解散でしょうね。1月の解散報道スクープ直後に5人が生出演した『SMAP×SMAP』( [全文を読む]

『真田丸』『逃げ恥』を越える名作は生まれるか!?お薦めしたい2017年冬(1月期)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年01月12日14時15分

2017年の年始特番も一通り終わり、いよいよ冬ドラマが始まります。昨年後半も『真田丸』や『逃げ恥』など、名作と呼ばれるドラマ作品がたくさん生まれました。今期はどんなドラマが話題になるのでしょうか?今から楽しみですね。 という事で、2017年の冬ドラマ(1月期)から、特にお薦めしたいドラマを、筆者の独断と偏見で5本選ばせて頂き、勝手に紹介させて頂きます。もち [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

最近のドラマではだいぶ少なくなったヤンキードラマ。深夜枠で時々放送しているとついつい観てしまう・・・なんて事はありませんか?アクションや人情、そして青春と、人より少し熱い青年・少年たちの活躍。なぜかワクワクドキドキしてしまいます。そんな、今だから観直したい、心が躍り出しそうなヤンキードラマ。懐かしいものから厳選して10作品集めてみました。意外なあの人も出演 [全文を読む]

テレビウォッチャー・てれびのスキマが選ぶ、2015年のテレビ事件簿【ドラマ編】

日刊サイゾー / 2015年12月30日15時00分

2015年のドラマを振り返る際、真っ先に挙げなければならないのは『下町ロケット』(TBS系)だろう。多くのドラマが視聴率1桁台と2桁台の境目でもがいている中、20%超えする回もあるなど、高視聴率を獲得。いわば、ひとり勝ち状態だった。 これには、さまざまな要因がある。中でも大きいのは、伊與田英徳プロデューサー&福澤克雄演出というチームの完成度が、いよいよ円熟 [全文を読む]

『ど根性ガエル』原作モノの連続ドラマが、第1話で描くべきこととは

日刊サイゾー / 2015年07月13日19時00分

今クールのドラマの中から、注目の作品を1本ピックアップし、毎週追っていく新コーナー。 言うまでもないことだが、テレビドラマには2種類ある。すでに小説やマンガなどで原作が存在しているものと、そうではないオリジナル作品だ。昨今のテレビドラマでは前者が優勢であり、2015年7月クール作品でも『花咲舞が黙ってない』『デスノート』『婚活刑事』(日本テレビ系)や『エイ [全文を読む]

木村拓哉「SMAPロス」を癒やす松山ケンイチの“舎弟”奔走

WEB女性自身 / 2017年01月17日00時00分

同クールには草なぎさん主演のドラマもありますし、木村さんもかなりのプレッシャーを感じているようです」(テレビ関係者) 1月15日から始まったドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)で主演を務めている木村拓哉(44)。昨年末で解散したSMAPメンバーたちの動向は、年が明けても大きな注目を浴びている。SMAP 最後の日 となった昨年の大晦日には、木村以外 [全文を読む]

「冬ドラマ」波瀾男女15人の「放送NG言動」をナマ中継!(1)キムタク主演「A LIFE~愛しき人~」の撮影現場裏話

アサ芸プラス / 2017年01月28日09時57分

そこで注目の「冬ドラマ」の舞台裏を徹底追跡。因縁のバトルからサービスシーンのウラ話まで、ドラマの本編をさらにアツく盛り上げる波瀾男女15人の「放送NG言動」をここに独占ナマ中継する! 最注目は、やはり木村拓哉(44)主演の「A LIFE~愛しき人~」(TBS系・日曜21時)だろう。キムタクにとっては、SMAP解散後の初ドラマというだけあって、面目を潰すわけ [全文を読む]

木村拓哉の”俺様プレイ”に賛否もバラエティでの新たな一面に安堵の声

デイリーニュースオンライン / 2017年01月14日09時02分

木村拓哉は1月9日に放送された特別番組『関口宏の東京フレンドパーク2017 新春ドラマ大集合SP!!』(TBS系)に出演。15日から放送される主演ドラマ『A LIFE~美しき人~』(同)チームとして、共演者の竹内結子(36)や松山ケンイチ(31)らと登場した。 番組の放送は6年ぶりで、木村にとっても2003年以来14年ぶりの出演となった。番組内では様々なア [全文を読む]

小雪、11月に単発主演ドラマ決定も……業界内に「コケたら大ごと」と波紋広がるワケ

サイゾーウーマン / 2015年10月18日13時00分

7月に第3子となる男児を出産後初めて公の場に姿を現したが、この11月にドラマ復帰するという情報が飛び込んできた。 「さすがに子どもが3人いて、夫の松山ケンイチさんだけを働かすわけにはいかないということで、11月に単発ドラマで主演を務めるようです。そのドラマの出来によっては、来年の連続ドラマ主演の話も来ているようですよ。本人は女優復帰に前向きで『どんどん仕事 [全文を読む]

『デスノート』『ど根性ガエル』、「主人公&時代設定を改悪」と炎上! 日テレ7月ドラマは爆死!?

サイゾーウーマン / 2015年05月26日13時03分

25日、日本テレビ系で7月から放送されるドラマ『デスノート』のキャストが明らかになった。2006年公開の映画版で藤原竜也が演じた主人公・夜神月は窪田正孝に決定し、松山ケンイチが熱演したライバル役のLは山崎賢人が演じるという。謎の人物・ニア役の優希美青を含め3人のビジュアルも公開されたが、ネット上では早くも「ミスキャスト」と批判されているほか、ドラマ化にあた [全文を読む]

いよいよ視聴率一桁も!? 低空飛行を続けるNHK大河『平清盛』の苦悩

日刊サイゾー / 2012年05月13日08時00分

低視聴率にあえぐNHK大河ドラマ『平清盛』だが、第2部の初回となる4月29日放送の第17話の視聴率は13.9%、5月6日の第18話は13.5%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。4月22日放送の第16話の視聴率が11.3%とワースト記録だっただけに、上向きの兆しが見えてきたのか?「どうでしょうか、微妙なところです。というのも、第13話でも11. [全文を読む]

「キムタクドラマ」からの卒業! 木村拓哉が役者として新たな一歩を踏み出した『A LIFE』の成功

messy / 2017年03月23日21時30分

木村拓哉(44)が主演を務めたドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)が3月19日に最終回を迎え、平均視聴率は全話で最高の16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。放送前は散々高すぎる期待値を煽られ、スタートするや「まさかの15%割れ」と数字ばかりが取り沙汰されてきたが、終わってみれば今クール放送のドラマの中では最も高い視聴率を維 [全文を読む]

爆笑太田、キムタク『A LIFE』を大絶賛!「気合いが違う」

日刊大衆 / 2017年02月17日11時00分

ラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、爆笑問題の太田光(51)が現在放送中のドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)をベタ誉めした。 2月7日に放送された同番組で、まず太田は「浅野くんはすごいね、あれはいいね~」と、『A LIFE』に出演中の浅野忠信(43)について言及。続けて、「木村拓哉のドラマって何がすごいって、役者の気合いの入り方 [全文を読む]

<木村拓哉主演>ドラマ「ALIFE~愛しき人~」は医療ドラマの傑作

メディアゴン / 2017年01月24日07時40分

もちろん、このドラマだけではなく、病院の個室では父の顔も見た。担当医師は筆者が東京から到着する夜まで待っていてくれた。勤務時間外だろうに筆者に父の最期の様子を説明するために待っていてくれたのだ。そして、遺体が病院の外で待っている葬儀社の車に乗せられ発車するまで見送ってくれた。その病院のマニュアルなのか、そういうケースに於けるそのドクターだけのルーティンなの [全文を読む]

フジの爆死枠に引導?小雪の主演ドラマ『大貧乏』7.7%低調スタート

デイリーニュースオンライン / 2017年01月12日09時23分

小雪(40)主演の新ドラマ『大貧乏』(フジテレビ系)の初回放送の平均視聴率が7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)であることが判明した。過去にプライベート絡みで様々な悪評を受けてきたセレブ系女優の本格復帰に対する世間の声は冷たい。 ■かつての人気女優・小雪は賞味期限切れ? 2011年に松山ケンイチ(31)と結婚し、今や三児の母となった小雪。今回の [全文を読む]

タラレバ娘・吉高、リアルは「恋多き娘」?

日刊大衆 / 2017年02月18日16時00分

ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)で主演を務める吉高由里子(28)。ドラマでは「キレイになっ“たら”、もっといい男が現れる!」「好きになれ“れば”結婚できる!」と言い訳ばかりで、いまだ幸せにたどり着けない、独身で彼氏なしのアラサー女性を演じている。ドラマの中では恋愛から縁遠い役柄だが、吉高自身はまるで真逆。恋多き人生を送っていた。 連続テレビ小説『花 [全文を読む]

キムタク、草なぎ「どちらも絶好調!」ではいけないのか? SMAP対決を煽る風潮に疑問

messy / 2017年02月10日21時00分

メディアでは現在、木村主演ドラマと、草なぎ剛主演のドラマが放送されていることから、視聴率での対決を煽っている風潮がある。当事者はもとより、ファンにとっても、なんでもかんでも対決させ、真偽も定かでない不仲説を煽るメディアは不愉快なものだろう。 SMAP解散直後の1月より、早速主演ドラマがスタートした木村と草なぎ。木村は『A LIFE?愛しき人?』(以下、『A [全文を読む]

「元SMAP」の看板に価値なし! キムタクVS草なぎ対決は、どっちも負け?

日刊サイゾー / 2017年01月19日09時00分

1月11日、主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の試写会で報道陣に抱負を聞かれると、「全力で」と笑顔を見せた。だが、その気合と裏腹に、同ドラマのスタートは決して好調とはいえないようだ。 「今クール最大の注目は、火曜ドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)で主演している草なぎ剛との直接対決です。グループ解散騒動以降、代表曲『世界に一つだけの花』は累計 [全文を読む]

必死さがアダに?木村拓哉「A LIFE」初回が残念だった3つの理由

デイリーニュースオンライン / 2017年01月16日20時00分

木村拓哉(44)がSMAP解散後初の主演を務めるドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)が15日にスタートしました。初回平均視聴率は14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とのことで、まずまずの好発進。とはいえ、あれだけTBSが力を入れてこの程度か、という見方もできます。 このドラマ、木村拓哉を支える共演者に竹内結子、松山ケンイチ、浅野忠信、及川光 [全文を読む]

フォーカス