最近 松田聖子に関するニュース

<ライバルなき時代の真剣勝負>NHK紅白歌合戦「聖子VS明菜」はなぜ注目されるのか?

メディアゴン / 2014年12月20日03時33分

実生活では、結婚もせず、最近は体調を崩し暫く休業していました。こんなドラマチックなライバル関係を見せつけられれば、当時を知らない今の中高生だって、関心を持ってしまいますよね。今、筆者は会う人会う人に「聖子と明菜どっち派?」と聞きながら、紅白が始まるのを今か今かと待っています。 [全文を読む]

武藤彩未。活動休止前ラストライブ、それはつかの間のサヨナラ

エンタメNEXT / 2015年12月27日07時00分

LoGiRLでのパートナーである清野茂樹氏を相手に、武藤が最近聞いているプレイリストを紹介するという趣旨のプログラムが場内に流される。 武藤お気に入りの洋楽・邦楽の楽曲が流され、4曲目に紹介されたのはスピカの夜の『SPICA』。武藤とはかつて可憐Girl'sでともに活動していた島ゆいかと、さくら学院の卒業生で後輩の飯田來麗のユニットで、フロアからは歓声と手 [全文を読む]

破格の松田聖子からドアラ&つば九郎まで…紅白より面白いディナーショー事情

デイリーニュースオンライン / 2015年11月18日12時30分

そんな芸能人にとって オイシイディナーショーに最近参戦してきたのが、 90 年代に一世を風靡した小室ファミリー。療養中の妻・KEIKOのために働く小室哲哉は2万8千円と全盛期を考えればリーズナブル。 女性ファンの多いhitomiは2万2500円。なにかと爆弾発言で話題の華原朋美は元恋人の小室の上をいく3万2千円で仰天エピソードが飛び出すかも。中堅からベテ [全文を読む]

We're GEM! もっと深いメンバーのこと、教えます!

エンタメNEXT / 2014年12月16日08時00分

最近はトークイベントで無茶ブリされた時のリアクションで笑いをとってます。 金澤 マネージャーさんから「面白く即興ダンスをして」と言われた時のロボットのようなダンスに癒されました(笑)。――森岡悠さんはどうでしょう? 金澤 知的女子です。偏差値が高くて、お勉強ができるんですよ。 村上 最近は英語力をメキメキ身につけてます。 ――どんどん金澤さんの逆をいってま [全文を読む]

ジャパニーズポップスの黄金期が甦る

NewsCafe / 2014年10月31日15時00分

そんな彼女の周辺に、最近興味深い動きがあった。超高級オーディオ機器のレビューや新製品紹介をふんだんに掲載する雑誌「ステレオサウンド」が、松田聖子初となるSACDを企画・発売して話題を集めているのだ。SACDとは、一般的なCDよりも再生できる音の範囲が広く、より生の音に近いサウンドが再現できるメディアとして、オーディオ愛好家の間で人気の音楽ソース。昨今話題 [全文を読む]

松田聖子 離婚情報の裏に慶応病院教授選挙の対抗勢力の影も

NEWSポストセブン / 2014年07月17日07時00分

最近、聖子の離婚情報が各方面に一斉に流れた。どうやら意図的に情報を流した人がいるんです」(芸能ジャーナリスト) 松田聖子(52)の「3度目の離婚間近」という情報が流れたのは、6月下旬のことだ。 「ある週刊誌がその話を元に聖子の離婚スクープを進めていた。ところが締め切り日になって、聖子の夫のK氏(51)から事実無根という抗議書が内容証明で届いた。もし記事に [全文を読む]

芸能記者がこっそり明かす! 誰にも言えない「女性芸能人の夜の素顔」

サイゾーウーマン / 2014年04月28日13時00分

最近でも、恒例のディナーショーの終了後、移動車に乗り込むや否や、カーテンで仕切られた後部座席でお気に入りのマネジャーと2人きりでこもってしまうんだとか。ステージ後のひとっ風呂感覚なのかもしれませんね」 聖子のお盛んすぎる性欲を巡っては、かつて不倫相手だった外国人男性・ジェフくんに暴露本まで出版される始末。現在一人娘の神田沙也加は、超ヒット映画『アナと雪の女 [全文を読む]

「紅白に出てほしい80年代アイドル」ランキング女性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

それでもいくつかのヒット曲があるので、順位には納得です」 9位のおニャン子クラブには、「AKB48とのコラボが見たい」「新旧アイドル対決をしてほしい」と、最近のアイドルとの共演を求める声も。「今はAKBを中心に、グループのアイドルがほとんど。おニャン子のデビューは28年前ですから、彼女たちの子供世代がAKBというわけです。どんな世代差が出るのか、コラボが見 [全文を読む]

「アイドルブーム」はこれから先も続いていくのか カギを握るのは30代以上の単身者

日本タレント名鑑 / 2017年01月16日13時55分

最近は、所帯持ちの人でも趣味としてアイドルを応援する人も珍しくありません。 現在50代以上の人は、若い頃からキャンディーズやピンクレディー、山口百恵さん、40代だと、松田聖子さんや小泉今日子さん、中森明菜さん、そしておニャン子クラブなど、アイドルムーブメントを経験してきた人が多く、その後もずっとアイドル応援し続けている人だけでなく、いったんアイドルから離れ [全文を読む]

星野みちるインタビュー「皆が驚くようなカバーアルバム」セルフ全曲解説

エンタメNEXT / 2016年09月23日09時30分

VIVID SOUNDのスタジオでやっている定期公演で、一人寸劇を最近やっているんですけど、あそこだから許されている気がするんですよ。大きな会場でやるのは不安だし、皆さんキョトンとすると思いますよ(笑)。ただ今回はゲストの皆さんも参加してくれるので楽しみですね。 (取材・文=猪口貴裕/写真=石川真魚) ■星野みちるカバーアルバム 『マイ・フェイバリット・ソ [全文を読む]

フォーカス