現在 松田聖子に関するニュース

「ザ・ベストテン」出場回数で見る80年代アイドルブーム

週プレNEWS / 2013年12月02日19時00分

若い世代にはピンと来ないかもしれないが、80年代のアイドル界は、現在に負けず劣らず激しい“アイドル戦国時代”だったのだ。 (取材/村上隆保、浜野清史) ■週刊プレイボーイ50号「16ページ特集 80年代アイドル総選挙」より [全文を読む]

松田聖子の再々婚相手は大地主の御曹司で先祖は殿様 超玉の輿

NEWSポストセブン / 2012年10月18日07時00分

現在、ふたりは、聖子の自宅で暮らしているが、そこは都内の高級住宅街にある100坪の超豪邸だ。 「聖子さんは、この家の他にも一戸建てを所有していて、総資産は10億円ともいわれています。結婚当初は、“聖子さんがA氏を資金援助し、開業医にさせてあげる”なんて噂も囁かれました」(芸能関係者) そんなA氏には離婚した元妻・B子さんがいたが、B子さんはかつてA氏ととも [全文を読む]

武藤彩未が80年代アイドルの名曲を歌い上げる!「A.Y.M. ROCKS ~MUTOな夜~」ライブレポート

エンタメNEXT / 2015年06月14日07時00分

そしてグループアイドル全盛の現在、ソロアイドルとして孤軍奮闘する武藤がカバーしたことに不思議な因縁を感じた。KYON2に勝るとも劣らないアイドル性の感じられる出来に仕上がったと思える。しかし、2番に差しかかったところで歌い出しを間違ってしまう(笑)。せっかく『A.Y.M.』の歌詞忘れを克服したというのに……(笑)。ドジな彩未ちゃんも健在なのである(笑)。 [全文を読む]

愛人との2ショットを撮られた松田聖子、ベールに包まれた新婚生活

サイゾーウーマン / 2012年09月22日13時00分

そしてその奇妙な三角関係は、現在も進行しているそうで……。 松田は今年6月13日、慶應義塾大学病院歯科・口腔外科准教授の河奈裕正氏との結婚を自らのオフィシャルサイトで報告。お相手については「同世代の伴侶」としか紹介されておらず、ツーショット写真を公開することもなかった。しかし、松田の結婚相手が河奈氏だと知った関係者は一様に驚きの声をあげたという。「松田がマ [全文を読む]

「アイドルブーム」はこれから先も続いていくのか カギを握るのは30代以上の単身者

日本タレント名鑑 / 2017年01月16日13時55分

これはAKB48が始めた握手会参加券付のCDの効果が大きく、それにほかのグループも追随して現在のような状況が生まれ、今ではCDの売上を伸ばすには、アイドルのジャンルに限らず、特典会イベントの実施は不可欠とすら言えます。 新曲の音源を聴いたり映像を観たりするだけなら、リリース前にミュージックビデオが公式YouYubeに公開されることも多いので、それで十分事が [全文を読む]

広瀬すず、波瑠、西内まりや…旬の若手女優を続々輩出するSeventeen専属モデル

日本タレント名鑑 / 2016年06月03日10時55分

このほかにも現在活躍中の注目女優を多数輩出しているSeventeenモデル。彼女たちが女優として重宝される理由とは…。 2003年ごろ鈴木えみ、田中美保らの女優進出でSeventeenの注目度が高まるSeventeenでは1970~80年代に『ミスセブンティーン』と題した芸能オーディションを開催。松田聖子さん、工藤静香さんらを輩出していましたが、現在行われ [全文を読む]

土方隆行&渡嘉敷祐一の名コンビがプロデビュー40周年を記念したスペシャル・ライブを開催

okmusic UP's / 2015年12月24日19時00分

【その他の画像】土方隆行土方隆行と言えば、現在でも根強いファンの多い80年デビューの超絶プログレッシブ・ロック・バンド“マライア"のメンバーとして活躍。同時にセッションミュージシャンもしくはアレンジャーとして、浅川マキ、吉田美奈子、松田聖子、浜田省吾、井上陽水、吉田拓郎、角松敏生、玉置浩二、徳永英明、河村隆一等、プロデューサーとしてもエレファントカシマシの [全文を読む]

年末の『日本レコード大賞』で放送事故!? 仲間由紀恵が松田聖子に失言で……

日刊サイゾー / 2016年01月05日11時00分

それもそのはず、すべてをかなぐり捨てて聖子の元に走り、それが原因で大モメしているのが、現在の聖子のダンナであるK氏なのだ。 「聖子さんは2012年に医師のK氏と再々婚しましたが、略奪婚だったといわれています。K氏は前妻との間に双子の子どもがいて、それまでは円満な家庭を築いていましたが、聖子さんの歯の治療を担当するようになり、性格が一変。最終的に彼は妻と子ど [全文を読む]

破格の松田聖子からドアラ&つば九郎まで…紅白より面白いディナーショー事情

デイリーニュースオンライン / 2015年11月18日12時30分

大きな収入源の一つになっている」(芸能プロ関係者) 松田聖子の破格チケットは完売状態 現在、ディナーショーの女王として君臨しているのが松田聖子。11月と12月のわずか2カ月で16会場24公演が予定されている。価格も破格で最も高価なチケットは1人4万9500円! 平均が3万5千円といわれるディナーショーの中でも強気な値段設定である。そして、もっと驚きなのがそ [全文を読む]

芸能記者がこっそり明かす! 誰にも言えない「女性芸能人の夜の素顔」

サイゾーウーマン / 2014年04月28日13時00分

現在一人娘の神田沙也加は、超ヒット映画『アナと雪の女王』で披露した歌唱力で評価もうなぎのぼりですが、実の母のこんな一面を知ったらディ●ニーもさぞビックリ!? ■山田花子、後輩芸人に「写メ撮ってこい」 「芸人やスタッフの間で悪評が立っているんですが、山田花子がパンサー・向井慧の下半身の写真を『どうにかして手にしたい』と、後輩らに撮影を強要しているそうです。昔 [全文を読む]

ベッキー、酒井法子を支援した事務所にご立腹!? 会長の“人間愛”に不満爆発か

サイゾーウーマン / 2013年05月28日13時00分

かつて相澤氏が世に送り出した松田聖子や酒井法子ら、大物タレントが悲しみの声を寄せる中、現在同事務所の“稼ぎ頭”であるベッキーについては進退が不安視されているという。 1998年に『おはスタ』(テレビ東京系)でデビューを飾ったベッキーもまた、相澤会長が発掘して育てたタレントの1人。番組出演だけでなく、歌手に女優にとマルチな活動を行い、現在もバラエティ番組10 [全文を読む]

松田聖子の結婚は話題作り!? 元祖・スキャンダル歌姫が再々婚!

サイゾーウーマン / 2012年06月14日09時45分

お相手は、東北大歯学部を卒業後、慶大医学部助手などを経て、現在は慶応大学医学部准教授(歯科・口腔外科学)の河奈裕正氏准教授。ドイツへの留学経験なども持つ、スーパーエリート。2人は数年前に知人の紹介で知り合い、医師と患者の関係から、やがて恋人同士に発展、結婚にいたったようです。聖子さんにとっては3回目の結婚。神田正輝さんとの離婚後、2度目の歯科医の男性との結 [全文を読む]

松田聖子、娘・神田沙也加との「確執」まで新曲プロモに利用か…すべて計算尽く

Business Journal / 2017年05月18日21時00分

梅宮は2003年に離婚して、松田聖子と同じくシングルマザーになったが、現在15歳になる娘とは別居中。娘を祖父母の家に預けて、自身は都内のマンションで独り暮らしをしていることを公表している。 同番組内では、「娘に料理はつくらない」「母乳をあげなかった」という独自の子育て論を展開したが、この発言に非難が殺到した。このように何かと批判されやすい梅宮だが、スポーツ [全文を読む]

神田沙也加の熱愛に母・聖子の影?”半径1メートル”の恋愛体質

デイリーニュースオンライン / 2017年04月09日20時01分

お相手は、現在舞台を中心に活躍中の俳優・村田充(39)で、デビュー当時間もなかった広末涼子(36)の初スキャンダル相手としても話題になった人物だ。2人はすでに半同棲状態にあるとも伝えられており、適齢期ともいえる2人のゴールインに注目が集まっている。 昨夏に舞台「ダンガンロンパ THE STAGE」で共演したことをきっかけに距離を縮め、交際に発展したとみられ [全文を読む]

SEIKO MATSUDA、アメリカの名門ジャズレーベルより日本人初の全米ALリリースが決定

okmusic UP's / 2017年03月31日18時00分

今作を現在Verve Records(ヴァーヴ・レコーズ)のトップを務めるDanny Bennettが絶賛したことで、5月12日にアメリカの名門ジャズレーベルであるVerve Recordsから日本人シンガーとしては初の全米リリースされる事が決定した。【その他の画像】松田聖子アルバム『SEIKO JAZZ』は日本人として初めてジャズ作品でグラミー賞を獲得し [全文を読む]

思い出したその瞬間からリフレインする、懐かしのメロディ!

@Press / 2016年05月02日10時30分

株式会社CCCメディアハウス(本社:東京都目黒区、代表取締役:中西一雄)は、現在過去未来、日本の音楽の中心であろう歌謡曲について考える、Pen最新号「いとしの歌謡曲。」を2016年5月2日に発売いたします(一部地域は発売日が異なります)。日本の歌謡曲の礎ともいえる「はっぴいえんど」に始まり、三大アイドル、そして数々のヒットソングが登場し、読むほどに懐かしの [全文を読む]

ベッキーとSMAP、明暗分けた”所属事務所のタレント管理術”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月30日12時00分

たとえば ・岡田有希子が自社ビルから飛び降り自殺 ・大スターに育てた松田聖子が何の相談もなく独立 ・初期のスターだった桜田淳子が、統一協会(注3)の「合同結婚式」に出席 ・酒井法子が覚醒剤所持で逮捕される そして今回、現在のサンミュージックにとって稼ぎ頭だったベッキーの泥沼不倫が発覚。愛情をかけたはずのタレントたちに、裏切られ続けている。 ■タレント管理は [全文を読む]

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、オールタイムの“神7”は誰になるのか?

アサ芸プラス / 2015年09月07日09時58分

50年以上も第一線にいる吉永小百合の偉大さは、現在の「モノノフ」のルーツと呼べる「サユリスト」という総称が生まれたこと。スターとファンの“信頼関係”が生まれた貴重な瞬間だ。 そして70年代には「アイドル」という言葉が日本に定着し、きらびやかな逸材が続々とデビューする。第1号となった南沙織、歌だけでなくドラマや映画でも支持を得た山口百恵、そして解散を国民的 [全文を読む]

『A.Y.M.ROCKS』で見せた武藤彩未の「進化」と「深化」

エンタメNEXT / 2015年06月18日07時00分

週刊プロレス記者として8年間活躍し、現在はフリーライター&編集者として、エンタメ分野を中心に活躍。近年はももクロやAKB48などのアイドルレポートでファンの支持を得ている。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】クマムシの歌っている方、ケンコバから王座を奪う! 新宿二丁目のアイドルとして“松田聖子”的存在に。

TechinsightJapan / 2015年04月15日20時55分

アイドルとして一世を風靡した頃の松田聖子を知っているのなら、現在は40代ぐらいだろうか。その年代が多いのなら42歳のケンドーコバヤシは同世代の憧れの男性として長らく人気を保っていたのだろうが、29歳の長谷川はまさに年下の“可愛いアイドル”として愛され、新しい新宿二丁目のスターとなったようだ。 (TechinsightJapan編集部 みやび) [全文を読む]

フォーカス