現在 松田聖子に関するニュース

「ザ・ベストテン」出場回数で見る80年代アイドルブーム

週プレNEWS / 2013年12月02日19時00分

若い世代にはピンと来ないかもしれないが、80年代のアイドル界は、現在に負けず劣らず激しい“アイドル戦国時代”だったのだ。 (取材/村上隆保、浜野清史) ■週刊プレイボーイ50号「16ページ特集 80年代アイドル総選挙」より [全文を読む]

松田聖子の再々婚相手は大地主の御曹司で先祖は殿様 超玉の輿

NEWSポストセブン / 2012年10月18日07時00分

現在、ふたりは、聖子の自宅で暮らしているが、そこは都内の高級住宅街にある100坪の超豪邸だ。 「聖子さんは、この家の他にも一戸建てを所有していて、総資産は10億円ともいわれています。結婚当初は、“聖子さんがA氏を資金援助し、開業医にさせてあげる”なんて噂も囁かれました」(芸能関係者) そんなA氏には離婚した元妻・B子さんがいたが、B子さんはかつてA氏ととも [全文を読む]

武藤彩未が80年代アイドルの名曲を歌い上げる!「A.Y.M. ROCKS ~MUTOな夜~」ライブレポート

エンタメNEXT / 2015年06月14日07時00分

そしてグループアイドル全盛の現在、ソロアイドルとして孤軍奮闘する武藤がカバーしたことに不思議な因縁を感じた。KYON2に勝るとも劣らないアイドル性の感じられる出来に仕上がったと思える。しかし、2番に差しかかったところで歌い出しを間違ってしまう(笑)。せっかく『A.Y.M.』の歌詞忘れを克服したというのに……(笑)。ドジな彩未ちゃんも健在なのである(笑)。 [全文を読む]

愛人との2ショットを撮られた松田聖子、ベールに包まれた新婚生活

サイゾーウーマン / 2012年09月22日13時00分

そしてその奇妙な三角関係は、現在も進行しているそうで……。 松田は今年6月13日、慶應義塾大学病院歯科・口腔外科准教授の河奈裕正氏との結婚を自らのオフィシャルサイトで報告。お相手については「同世代の伴侶」としか紹介されておらず、ツーショット写真を公開することもなかった。しかし、松田の結婚相手が河奈氏だと知った関係者は一様に驚きの声をあげたという。「松田がマ [全文を読む]

「アイドルブーム」はこれから先も続いていくのか カギを握るのは30代以上の単身者

日本タレント名鑑 / 2017年01月16日13時55分

これはAKB48が始めた握手会参加券付のCDの効果が大きく、それにほかのグループも追随して現在のような状況が生まれ、今ではCDの売上を伸ばすには、アイドルのジャンルに限らず、特典会イベントの実施は不可欠とすら言えます。 新曲の音源を聴いたり映像を観たりするだけなら、リリース前にミュージックビデオが公式YouYubeに公開されることも多いので、それで十分事が [全文を読む]

広瀬すず、波瑠、西内まりや…旬の若手女優を続々輩出するSeventeen専属モデル

日本タレント名鑑 / 2016年06月03日10時55分

このほかにも現在活躍中の注目女優を多数輩出しているSeventeenモデル。彼女たちが女優として重宝される理由とは…。 2003年ごろ鈴木えみ、田中美保らの女優進出でSeventeenの注目度が高まるSeventeenでは1970~80年代に『ミスセブンティーン』と題した芸能オーディションを開催。松田聖子さん、工藤静香さんらを輩出していましたが、現在行われ [全文を読む]

5位舛添要一!結婚回数多すぎて「結婚に向いてない」と思う有名人1位

VenusTap / 2016年05月13日19時40分

■5位:舛添要一(3回)・・・6.6%現在、妻子と一緒に、政治資金で高級イタリア店やスパリゾートで過ごした疑惑が持たれ、世間を騒がせている政治家の舛添要一。政治家であるがゆえ、結婚は1度きりかと思いきや、2度の離婚歴があり、現在3度の結婚です。最初の妻は、1978年にヨーロッパ留学中に出会ったフランス人で、1981年に離婚。そして、1986年に結婚した2度 [全文を読む]

土方隆行&渡嘉敷祐一の名コンビがプロデビュー40周年を記念したスペシャル・ライブを開催

okmusic UP's / 2015年12月24日19時00分

【その他の画像】土方隆行土方隆行と言えば、現在でも根強いファンの多い80年デビューの超絶プログレッシブ・ロック・バンド“マライア"のメンバーとして活躍。同時にセッションミュージシャンもしくはアレンジャーとして、浅川マキ、吉田美奈子、松田聖子、浜田省吾、井上陽水、吉田拓郎、角松敏生、玉置浩二、徳永英明、河村隆一等、プロデューサーとしてもエレファントカシマシの [全文を読む]

年末の『日本レコード大賞』で放送事故!? 仲間由紀恵が松田聖子に失言で……

日刊サイゾー / 2016年01月05日11時00分

それもそのはず、すべてをかなぐり捨てて聖子の元に走り、それが原因で大モメしているのが、現在の聖子のダンナであるK氏なのだ。 「聖子さんは2012年に医師のK氏と再々婚しましたが、略奪婚だったといわれています。K氏は前妻との間に双子の子どもがいて、それまでは円満な家庭を築いていましたが、聖子さんの歯の治療を担当するようになり、性格が一変。最終的に彼は妻と子ど [全文を読む]

破格の松田聖子からドアラ&つば九郎まで…紅白より面白いディナーショー事情

デイリーニュースオンライン / 2015年11月18日12時30分

大きな収入源の一つになっている」(芸能プロ関係者) 松田聖子の破格チケットは完売状態 現在、ディナーショーの女王として君臨しているのが松田聖子。11月と12月のわずか2カ月で16会場24公演が予定されている。価格も破格で最も高価なチケットは1人4万9500円! 平均が3万5千円といわれるディナーショーの中でも強気な値段設定である。そして、もっと驚きなのがそ [全文を読む]

フォーカス