映画 松嶋菜々子に関するニュース

松居大悟・初の漫画『恋と罰』発売で友人だけに話した本当の夢

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月12日17時00分

昨今、テレビドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(テレビ東京系)、映画『アズミ・ハルコは行方不明』などで大きな注目を浴びる映画監督・松居大悟が、『奴隷区 僕と23人の奴隷』の漫画家・オオイシヒロトとタッグを組み、約4年の歳月をかけて長編漫画『恋と罰』を完成させた。松居監督が初の長編漫画原作を手掛けた本作は、独身塾講師の [全文を読む]

女性の上位が入れ替わり「北斗晶」さんが三冠,男性は「つるの剛士」さん今年も強し。 -有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2014【こそだて】

DreamNews / 2014年12月03日14時00分

私たちが映画やテレビ、新聞・雑誌などのメディアを通して目にし、憧れを抱いたり共感を覚えたりするたくさんの有名人。メディアを通して見るその姿には、父親や母親を始め、見る者や今の時代の家庭や家族を映し出しているとも言えます。実際に子育てをしながら仕事をしている人もいれば、役柄として母親や父親役をしている人もいます。あるいは実際には、しっかりと子育てをしている [全文を読む]

玉城ティナ、ロリータ服姿が「リアルラブドールみたい」と騒然 ウシジマくん出演には「無理がある」の声

おたぽる / 2016年08月27日12時00分

それに対して、ロリータ系のファッションは、青文字系のファッション雑誌に掲載されることが多いため、『赤青、両方のファッションを難なく着こなせちゃうティナちゃんは凄い』『ファッションジャンルの垣根を超えた』などと、改めて、ファッション業界で注目を集めているようです」(芸能関係者) 「ViVi」の専属モデルといえば、これまでに、山口智子や松嶋菜々子、水原希子など [全文を読む]

島崎遥香が“生の自分”を魅せた!映画『劇場霊』中田秀夫監督インタビュー

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月21日10時00分

監督は『リング』や『仄暗い水の底から』で人の業から起こる怪奇現象を描いてきたホラー映画界の巨匠・中田秀夫。近年は前田敦子を主演に据えた『クロユリ団地』をヒットさせ、まさかの“中田秀夫ホラー×国民的アイドル”のコラボを成功に収めた中田監督。今回は華やかさの裏に嫉妬うずまく“劇場”を舞台に、AKBのセンター経験もある島崎が、実力がありながらも売れない女優・沙羅 [全文を読む]

やっぱり可愛い大杉漣!おじさんたちのテラスハウスが濃くてハァハァする/『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第一話レビュー

messy / 2017年01月16日23時00分

「バイプレイヤー」とは、多くの映画やドラマに出演し、主演俳優に引けを取らない人気のある名脇役のことを表します。このドラマは、遠藤憲一(55)、大杉漣(65)、田口トモロヲ(59)、寺島進(53)、松重豊(53)、光石研(55)<※50音順>と、まさに日本の映画・ドラマ界に欠かせないバイプレイヤー6名が本人役で登場。現在公開中の蒼井優主演映画『アズミ・ハルコ [全文を読む]

松嶋菜々子、KSK知らなかった…7月会見舞台裏

NewsCafe / 2016年07月29日12時29分

見聞きした会見あれこれを振り返ってみよう」 記者「最近、何かとマイナス面で注目を浴びているEXILE軍団の映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の完成イベントは、黒い噂とは関係なくキャーキャーと盛り上がってました」 デスク「軍団メンバーたち出演者がずらーっと50人も勢ぞろい。映画の方は連休も奏功して公開2日で35万人動員とはすごいね」 記者「全国での [全文を読む]

ゼクシィ、リハウス、きれいなおねえさん!CMでブレイクした女優・俳優たち!

日本タレント名鑑 / 2016年03月22日13時55分

今年もドラマに映画にCMにと引っ張りだこです。そんな広瀬さんがブレイクしたきっかけのCMといえば、結婚情報誌『ゼクシィ』でしょう。 広瀬さんは当時まだ15歳という若さでしたが、あえて若い女優さんを起用する事で、“結婚への期待感を若いうちから持ってほしい”という取り組みだそうです。結婚は終わりではなく始まり。そして彼女たちのブレイクもこれから。とても縁起が良 [全文を読む]

「3人の女優に断られ……」真価問われる松嶋菜々子 来年公開の阿部寛主演映画『祈りの幕が下りる時』で

日刊サイゾー / 2017年08月10日00時00分

出演者が豪華なので、撮影期間は6月頭から約1カ月半しか確保できませんでしたが、超大作なのは間違いないので、局としても最低でも興収20億円を狙っているようです」(TBS関係者) 阿部寛主演の映画『祈りの幕が下りる時』が2018年に公開される。本作は、東野圭吾の人気ミステリー“加賀恭一郎シリーズ”の最終作だ。 「2010年4月に連続ドラマ『新参者』(TBS系) [全文を読む]

映画でもフジテレビの呪い!? 実写版『ここさけ』大コケで、芳根京子の商品価値も“暴落危機”に

日刊サイゾー / 2017年07月31日11時00分

Sexy Zoneの中島健人とNHK朝ドラ『べっぴんさん』でヒロインを演じた芳根京子が共演する映画『心が叫びたがってるんだ。』が、7月22日に公開された。 2015年公開の劇場版アニメは大ヒットを記録したが、今回の実写版は公開初週の週末興行成績は9位。同じく初登場のアニメ映画『魔法少女リリカルなのは Reflection』は73館の公開で8位につけており、 [全文を読む]

“ゲス”ブームは90年代にもあった!? 昔は年上、今は年下が熱い

anan NEWS / 2016年05月19日12時00分

でも、それって一体どんな気分? モラル的に許されない恋、現実には難しい恋の甘美さや苦さは、ドラマで疑似体験を! 日本のドラマに詳しい、カトリーヌあやこさん(マンガ家・コラムニスト)、田幸和歌子さん(ライター)、杉谷伸子さん(映画ライター、エンタメライター)のお三方にディープな恋が楽しめるドラマを教えていただきました。 * * * 田幸:『不機嫌な果実』のリ [全文を読む]

北斗晶さん、つるの剛士さん強し!篠原涼子さんの躍進にも注目-有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2015

DreamNews / 2015年12月11日13時30分

私たちが映画やテレビ、新聞・雑誌などのメディアを通して目にし、憧れを抱いたり共感を覚えたりするたくさんの有名人。メディアを通して見るその姿には、父親や母親を始め、見る者や今の時代の家庭や家族を映し出しているとも言えます。実際に子育てをしながら仕事をしている人もいれば、役柄として母親や父親役をしている人もいます。あるいは実際には、しっかりと子育てをしている [全文を読む]

氷室京介、映画「藁の楯 わらのたて」予告編で主題歌一部公開

okmusic UP's / 2013年02月15日13時00分

氷室京介が主題歌を担当する、今年4月26日公開の三池崇史監督映画『藁の楯 わらのたて』の予告編が公開された。映画「藁の楯 わらのたて」本予告編木内一裕による同題小説を、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也といった豪華キャストを迎え映画化した『藁の楯 わらのたて』は、10億円の懸賞金により、全国民から殺意を向けられることとなった殺人犯を警視庁まで移送するSPたち [全文を読む]

3位梨花!男性が選ぶ「美人だけど…シワが目立つ芸能人」1位は

美レンジャー / 2017年08月29日22時00分

現在はバラエティ番組を中心にドラマや映画に大活躍。その卓越したコメントやトークでテレビ画面いっぱいに大映しになることも少なくありません。 [全文を読む]

阿部寛と松嶋菜々子が初共演 『新参者』シリーズ最新作『祈りの幕が下りる時』映画化

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年06月28日18時00分

東野圭吾原作の映画『新参者』シリーズ最新作『祈りの幕が下りる時』が2018年に公開されることが決定し、阿部寛と松嶋菜々子が初共演することが明らかになった。連続ドラマ『新参者』、スペシャルドラマ『赤い指』『眠りの森』、映画『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』と続いてきた同シリーズは本作で完結を迎える。 原作の「加賀恭一郎シリーズ」の10作目で、第48回吉川英治文 [全文を読む]

片瀬那奈、美脚披露で変わらぬ“きれいなおねえさん”ぶりに称賛の声 SM女王役でM男の心を鷲掴みに!

おたぽる / 2016年11月30日12時00分

07年に発売された『FRIDAY』(講談社)で、19歳の時に咥えタバコをして撮った画像が掲載されてしまったことで、一時、『きれいなおねんさん像を汚した』と批判の声を浴びてしまった時期もありましたが、35歳になっても衰え知らずの美貌で、今もファンを魅了しています」(芸能関係者) 片瀬といえば、最新家電に詳しい“家電の女王”としてバラエティ番組でも人気を獲得し [全文を読む]

笑福亭鶴瓶が上岡龍太郎と松嶋菜々子から受けた影響

NEWSポストセブン / 2016年09月12日11時00分

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。現在公開中の映画『後妻業の女』にも出演中の笑福亭鶴瓶の言葉から、落語と映画・ドラマ、バラエティ番組とあわせて三足の草鞋を履く意味をお届けする。 * * * 笑福亭鶴瓶は2002年から落語に本格的に乗り出す。それに呼応するかのように役者としての映画・ドラマの出演も増え、バラエ [全文を読む]

戦後70年を迎えて

クオリティ埼玉 / 2015年08月16日21時07分

今年、日本アカデミー賞を受賞した映画「永遠のゼロ」もそうだ。 岡田准一演じる主人公は「生きろ!」と最後まで訴えていた。 とはいえ、私たちは戦争を知らない。いかに残酷で無情なものかを映像や文字でしか知ることができない。 だからこそ、より身近に、こういったドラマや映画などで伝えていくことこそ、儚くも尊い命をより再確認できるはずだ。 命を奪うのは戦争だけではな [全文を読む]

松嶋菜々子に「急激劣化」「白塗りオバサン」の罵声。年相応は悪なのか?

messy / 2015年08月05日17時00分

若さ至上主義で美しさを評価し、中年世代を劣化だなんだと酷評していては、ドラマも映画も10~20代の若手だけがライトを浴びる学芸会になってしまう。若い役は若い女優が、中年女性の役は中年世代の女優がやればよく、様々な年齢の役者が集うのが普通ではないだろうか。いつまでも若作りで新人風の役どころを演じる女優、たとえば20代に見える40代女優など、それこそお払い箱で [全文を読む]

「サンミュージックに連絡なし......」覚せい剤事件から復帰間近の酒井法子を取り巻く日中謎人脈

日刊サイゾー / 2012年07月29日08時00分

出版社からのヘアヌード写真集や過激なSM映画『花と蛇』シリーズへの出演要請などの"エロオファー"も数多く、それらはさすがに富永会長が断っていたという。 そんな中で、行方が気になるのは、すでに当コラムで報じた(※記事参照)が、昨年4月に酒井が中国の"禁毒大使"に選ばれた時に、日本の代理人を務めた芸能プロのK氏が持ち込んだという映画の話だ。その作品とは、ジャッ [全文を読む]

共演から交際、結婚へ ドラマから生まれるロマンスを期待されているのは?

THE PAGE / 2017年09月11日18時06分

3年前に公開された人気コミックを実写化した映画「好きっていいなよ。」は、福士が日本アカデミー賞の新人俳優賞に輝いた出世作の一つ(ほか、2作も対象)だが、相手役は川口だった。モテモテのイケメンながらも純愛を貫くストーリー展開は、ファンの心をつかんだ。そして、映画の公開イベントではマスコミのカメラマンたちへ絵作りのサービスも兼ね、MCからうながされる形で、川 [全文を読む]

フォーカス