過去 松嶋菜々子に関するニュース

菅野美穂『砂の塔』に“松嶋菜々子は悪くない”劇団登場!「犯人、岩田だろ」の大合唱も……?

日刊サイゾー / 2016年12月13日00時00分

イジメの主犯格を不幸にして、視聴者にすっきり感じを味わわせたいのかもしれませんが、イジメ展開はもう、遠い過去って感じで……。 残された亜紀(菅野)は、弓子(松嶋菜々子)の過去を知るために、荒又刑事(光石研)に接触。荒又が言うには、弓子は自活するために大学時代にホステスをしていましたが、その客の1人がストーカー化。健一と結婚し、ホステスをやめ、和樹(佐野勇斗 [全文を読む]

松嶋菜々子が怖すぎる! 視聴者を戦慄させる演技力に「鬼気迫ってる…」感嘆多数

messy / 2016年10月19日18時40分

タワマン・子持ち主婦・悪意……といった設定だけ聞くと、『名前をなくした女神』(フジテレビ系/2011)や『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』(TBS系/2015)などの過去作品を連想しがちだ。二番煎じの懸念もなくはなかった。しかし蓋を開けてみれば、ものすご~~~く怖いサスペンス! 特に視聴者が釘付けになったのは松嶋菜々子の演技だった。世間からは「松嶋さんが [全文を読む]

2位宮沢りえ「ホクロが色っぽい芸能人TOP10」を付けボクロでマネっこ

美レンジャー / 2017年07月06日07時30分

誰を真似する?ホクロメイクでプチイメチェン 『美レンジャー』過去記事「“波瑠ぼくろ”で色気5割増!眉ティントで描く…ほくろメイク流行中」では、眉ティントを使ったホクロメイクをご紹介しています。 今回のランキングにも入っている波瑠の“口元ホクロ”はセクシーなイメージに、そして松嶋菜々子の“目尻ボクロ”はミステリアスなイメージになるようです。 ティントであれ [全文を読む]

中国で元SMAPメンバーたちを阻む「3つの壁」

文春オンライン / 2017年06月30日11時00分

過去の一時期(1990年代から2000年代前半まで)、中国でジャパニーズカルチャーが国民的な人気を博したことは事実である。娯楽の絶対数が少なく、いっぽうで中国政府による国民管理も官民の著作権意識も弱かった当時、『星の金貨』『ロングバケーション』『GTO』といった日本のドラマは、安価な海賊版の記録媒体を通じて全中国的に消費され、人気を集めた。当時、酒井法子 [全文を読む]

恐怖のベビーシャワー…ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』不幸の連鎖が止まらない!

Woman Insight / 2016年10月28日20時00分

やっぱり怖い松嶋菜々子の悪役 そんな中、無事に迎えたベビーシャワー当日に事件が! 寛子が亜紀の知られたくない過去を参加者の前で話し出し空気は一変。ケータリングの料理をわざと床に落として片づけさせるという暴挙に閉口…。それを見ていたた亜紀の娘・そら(稲垣来泉)が「ママ、いじめられてるの?」と悲しそうな顔で言った瞬間、私の涙腺は崩壊。子どもの前でこんなことを [全文を読む]

三上博史、『柿崎真一』で再ブレイクか? 90年代スター俳優が今もフレッシュな理由

リアルサウンド / 2016年08月08日06時10分

横浜を舞台としながらもどこか無国籍感が漂っていて、ジョニー・デップのような風貌で、一見だらしないが人情味があり、謎の過去を持つ主人公・柿崎真一の怪しげな魅力をさらに引き立てている。また、破天荒な推理を展開しながらも、いつも円満に問題を解決するのも観ていて気持ちがいい。近年はシリアスな作品に出演することが多かった三上だが、「もう一度自分に挑戦してみたかった」 [全文を読む]

フジ・松嶋菜々子『吉良奈津子』7.7%の衝撃! ヒット作の寄せ集めに「何を描きたいのかわからない……」

日刊サイゾー / 2016年07月29日17時00分

全体に漂うトレンディードラマ臭の中に、『半沢直樹』(TBS系)的な逆転要素、『昼顔』的な不倫恋愛要素、さらにベビーシッターが怪しい動きを見せるミステリー要素など、過去のヒットドラマの要素を、手当たり次第にぶち込んでいる印象。脚本家が、フジの安易な発注に振り回されているとしか思えない」(テレビ誌記者) フジといえば、前期に放送された福山雅治主演『ラヴソング』 [全文を読む]

劣化囁かれる松嶋菜々子が絶対に「修正」を指示するポイントとは?

tocana / 2016年05月26日09時00分

過去に一度、ある出版社が他のホクロを消し忘れてしまったことがあり、彼女の所属事務所から大目玉を食らっていました」 テレビや雑誌などで見る松嶋の顔を思い浮かべると、確かに目尻のホクロしか思い出せない。そこで、ネットで画像を検索してみたところ、そのほとんどが目尻以外はつるんとした美しい肌。涙袋のホクロがうっすら確認できるものも見つかったが、鼻筋のホクロは見当た [全文を読む]

松嶋菜々子に土下座交渉?地に墜ちたフジテレビのブランド力

デイリーニュースオンライン / 2016年05月25日08時01分

「視聴率低下にあぐねるフジがとった方針は、『HERO』『GTO』『ショムニ』など、過去のヒット作のリメイクです。結果、視聴者からは『昔の方がよかった』『つまならい』という意見が噴出し、ブランド力をさらに低下させてしまった。そこで次は、過去のヒット作の主演なら視聴率を獲れると、俳優頼みのキャスティングに走りました。しかし、『ガリレオ』で平均視聴率20%を出 [全文を読む]

ゼクシィ、リハウス、きれいなおねえさん!CMでブレイクした女優・俳優たち!

日本タレント名鑑 / 2016年03月22日13時55分

過去には『JR東海シンデレラエクスプレス』でも美少女が話題になりました。出演された牧瀬里穂さんは、当時右に出る者がいないほどの人気でしたし、横山めぐみさん、深津絵里さんなど、現在大活躍中の女優さんも、このCMからブレイクしました。 リハウス&クレアラシル&カルピスウォーター、そしてきれいなおねえさん! 宮沢りえさんの、「リハウスしてきた白鳥麗子です」が大き [全文を読む]

名女優はコント番組で作られる!? 清水富美加は篠原涼子や松嶋菜々子に続けるか

メンズサイゾー / 2015年09月07日10時00分

だが、過去を振り返ってみれば、有名女優たちがコント番組に出演していたケースは多い。たとえば、主演映画『アンフェア the end』が公開されたばかりの篠原涼子(42)は、90年代にフジテレビ系の『ダウンタウンのごっつええ感じ』に女性レギュラーとして出演。全身タイツ姿になったり、過酷なリアクション芸を強いられたり、ダウンタウンらとともにカラダを張ったにコン [全文を読む]

こんな恋愛してみたい!ドラマから選ぶ“恋する名カップル” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月26日09時55分

結果的に過去を変えるのではなく、今を変える選択をした健と受け止めた礼の気持ち、ぜひ見習いたいですね。 いい歳をしたアラフォーだって、恋愛に関しては若い世代とかわりません。『結婚できない男』の桑野信介(阿部寛さん)は、「仕事ができてたまに思いやりがあり、時々かわいいところのある」(部下談)イケメンエリート建築家ですが偏屈で面倒くさい男。早坂夏美(夏川結衣さん [全文を読む]

江口洋介が『救命病棟24時』降板でフジに激震、松嶋菜々子は激怒!?

メンズサイゾー / 2013年03月30日12時00分

何とかこの窮地を逃れようと、過去の人気ドラマを復活させようとしている。 視聴率低迷が叫ばれるようになって久しいが、フジテレビは他局と比べて“懐古主義”が目立つ。4月クールでは福山雅治主演の『ガリレオ』の第2シリーズをスタートさせ、今秋には1988年に社会現象まで巻き起こしたW浅野(浅野ゆう子・浅野温子)主演の『抱きしめたい!』のその後を描いたスペシャルドラ [全文を読む]

「フジは韓流に頼り過ぎ。手抜きで数字取れぬ」と日テレ社員

NEWSポストセブン / 2012年11月17日16時00分

相変わらず医療現場やミステリーものが多く、いかに過去の話題作をパクっているか。 フジB:医療現場が多いのはコスト削減と無関係ではないでしょう? 病院内が主な舞台となっているから、ロケが少なくセットでスケジュール通り撮影を終わらせることができる。医療ドラマは過去のドラマのセットを使い回すのが常識だし、医療機器のセットは実際よりカネがかかっているように見えるか [全文を読む]

好スタートのAKIRA版『GTO』 反町版と比べ賛否両論の声

NEWSポストセブン / 2012年07月08日07時00分

【関連ニュース】松嶋菜々子の飼い犬が隣人咬み5000万円超裁判トラブルになるEXILEがレモンサワーで誕生会 過去に2500杯飲んだことも夫婦仲良くなったビッグダディ「なぜ喧嘩しない」と電話殺到堀北も苦労の朝ドラ過酷現場 宮崎あおいは過去にトラブルも花田虎上氏 ちゃんこ店を巡り「2億円返せ」と訴えられる [全文を読む]

若っ!2位木村佳乃…20代女子が「こんな40代になりたい」芸能人1位は

美レンジャー / 2017年07月19日20時00分

基本的に、過去に紫外線を多く浴びた人は、たるみやシワが多くなる傾向にあります。また、筋肉は使わなければ衰えていくので、年齢に伴い表情筋の質が低下し、その衰えた筋肉が直接付着している皮膚にシワをつくってしまいます。たるみやシワをなるべく増やさないようにするためには、外側からのスキンケアに加え、内側の衰えた筋肉を鍛えてあげることも大切なのです。ほうれい線も撃退 [全文を読む]

阿部寛と松嶋菜々子が初共演 『新参者』シリーズ最新作『祈りの幕が下りる時』映画化

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年06月28日18時00分

一方の松島は、「私が演じる浅居博美という役は、悲しい過去を背負った陰のある女性という印象です」と役柄について話す。また「撮影にはこれから合流となりますが、レギュラーの出演者の皆さんと共に素敵な作品にできたらと思っております」と意気込みを語っている。 原作者の東野が「ついにこの小説が映像化されるのかと思うと、感慨深く、そして末娘を嫁に出すような寂しさがありま [全文を読む]

阿部寛「新参者」シリーズ完結へ 最大の謎が明らかに

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年06月26日20時19分

過去の作品で何度も触れられていながらも、解き明かされなかった“最大の謎”がついに明らかになる。 加賀役の阿部のほか、加賀のいとこで警視庁捜査一課刑事・松宮役の溝端淳平、加賀の父親を看取った看護師・金森役の田中麗奈、加賀と確執のある亡き父・隆正役の山崎努らレギュラーキャストが続投。さらに、今作のキーとなる女優・演出家の浅居博美役に松嶋菜々子がふんする。 阿部 [全文を読む]

「新参者」シリーズ、映画で完結!阿部寛×松嶋菜々子「祈りの幕が下りる時」で初共演

映画.com / 2017年06月26日05時00分

そして、自らの役どころについては、「悲しい過去を背負った陰のある女性という印象です。撮影にはこれから合流となりますが、レギュラーの出演者の皆さんと共に素敵な作品にできたらと思っております」と話している。 原作者の東野氏は、「ついにこの小説が映像化されるのかと思うと、感慨深く、そして末娘を嫁に出すような寂しさがあります」と吐露。それでも、「阿部さんはもちろん [全文を読む]

視聴率低迷でテコ入れ必至?反町隆史『相棒』降板説で崖っぷちに

デイリーニュースオンライン / 2017年02月21日08時05分

子育てもほったらかしになっている今、松嶋から離婚を切り出されるのではと心配する声も多くなっているようです」(芸能記者) かつては“イクメン”としての評価も高かった反町だが、それも過去の話。業界内だけでなく、家庭でも居場所がなくならいないことを願うばかりだ。 文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライター [全文を読む]

フォーカス