離婚 松嶋菜々子に関するニュース

円満離婚じゃなかった! "のりピー弟逮捕"で明らかになった高相家との温度差

日刊サイゾー / 2012年04月07日08時00分

その後、2009年に2人はともに覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受け、翌10年に離婚が成立。当時を知る関係者は「離婚を強行したのは酒井さんサイドで、高相さん側は『もう1度やり直したい』と切望していた。彼の両親も復縁に賛成だったが、結局、酒井さんサイドが『この男と一緒にいたら、ろくなことがない』『子どもの教育にも悪影響をおよぼす』と離婚を譲らず、そのまま押 [全文を読む]

「砂の塔」松嶋菜々子、長台詞で魅せた鬼気迫る演技に絶賛の声「眼力凄すぎ」「圧倒された」

モデルプレス / 2016年12月03日14時54分

◆第8話 ※ネタバレあり 和樹(佐野)の実の母親であり、健一(田中)と離婚し離ればなれになってからもずっとその成長を見守ってきた弓子は、和樹が3年もの間いじめに苦しんでいたことも知っていた。 母親でありながら、和樹のいじめにも、実の子どもではないと知っていたことにも気づかなかった亜紀に苛立っていた弓子は、「私の方がずっと母親にふさわしいわ。あなたが母親だと [全文を読む]

【緊急アンケート】芸能界に離婚ラッシュが到来 / 離婚しそうな芸能人ランキングベスト10を大発表!

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年05月15日06時00分

2016年は不倫を報じられる芸能人のニュースが非常に多かったのは記憶に新しいところですが、2017年の芸能界では離婚のニュースが目立っています。ココリコの田中直樹、小倉優子、ともさかりえなど、ビッグネームが次々と離婚を発表していますよね。 まだまだ離婚する芸能人が増えるかも…… 芸能界に限らず、昨今の日本では昔よりも離婚をすることのハードルが下がったのか、 [全文を読む]

2位は宮沢りえ「自分の母親だったらいいな」と思う女性芸能人1位は

VenusTap / 2016年03月26日19時40分

先日離婚を発表したばかりですが、2009年に実業家と結婚し、同年に第一子を出産しています。「凛としていて美しいから友達に自慢できそう」「教養がありそう」という声が聞かれました。 そして第1位~第4位までアラフォー世代が並ぶなか、唯一アラサー世代でランクインしたのが里田まい(31歳)です。 2012年に田中将大選手と結婚し、2016年2月に第一子を出産したの [全文を読む]

ドーベルマン訴訟の損害賠償が4倍に跳ね上がった反町隆史・松嶋菜々子夫妻に離婚危機か

日刊サイゾー / 2013年11月14日11時00分

結婚当初は誰もが羨む美男美女夫婦だったが、別れの時は近いかも!? [全文を読む]

菊池桃子 結婚式延期のショックでコップ1杯分吐血した過去

NEWSポストセブン / 2012年02月03日07時00分

1月28日、ホームページでプロゴルファーの夫・西川哲(43)との離婚を発表した菊池桃子(43)。結婚後、菊池は芸能活動をセーブし、プロアスリートである夫を“内助の功”で支えてきたが、結婚生活17年目にして終止符が打たれた。そもそも結婚する直前から、トラブルに見舞われていたのだ──。 ふたりの出会いは1993年5月、男子ゴルフトーナメント『フジサンケイクラシ [全文を読む]

視聴率低迷でテコ入れ必至?反町隆史『相棒』降板説で崖っぷちに

デイリーニュースオンライン / 2017年02月21日08時05分

子育てもほったらかしになっている今、松嶋から離婚を切り出されるのではと心配する声も多くなっているようです」(芸能記者) かつては“イクメン”としての評価も高かった反町だが、それも過去の話。業界内だけでなく、家庭でも居場所がなくならいないことを願うばかりだ。 文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライター [全文を読む]

「砂の塔」最終回の犯人探しより気になるココリコ田中の“クズ夫”ぶり

アサジョ / 2016年12月14日10時15分

ちょっとわかりやす過ぎる悪旦那設定ですが、当然、ドラマに熱中している主婦層からは『こんな夫なら言われた瞬間、離婚する』という罵声があがるほど嫌われ男になっています」(エンタメ誌記者) そして期待に違わず、9日放送の第9話でも思わずツッコんでしまうゲスっぷりが目立ったようだ。 高野家に隠しカメラを設置し、生活を監視するなど高野家に執拗な嫌がらせをしてきた弓子 [全文を読む]

菅野美穂『砂の塔』に“松嶋菜々子は悪くない”劇団登場!「犯人、岩田だろ」の大合唱も……?

日刊サイゾー / 2016年12月13日00時00分

「殺人犯の息子にしたくない」と和樹を気遣い、健一に離婚を申し入れたそうです。あれ? 第5話で荒又が弓子のことを「ある事件の容疑者でな……」って語るシーンがあったけど、バリバリ犯人じゃん。途中で設定変えたのかしら……? また、これまで弓子が殺人鬼であるかのような言い草をしてきた荒又ですが、「自分の人生を捨ててまでも、和樹を守った」などと、急に同情的に語りだし [全文を読む]

「砂の塔」お兄ちゃん(佐野勇斗)涙の告白「いつか言ってくれると…」どちらの母を選ぶのか?視聴者に衝撃走る

モデルプレス / 2016年12月03日13時02分

一時は離婚も考えたがやはり家に戻りたいと気づいた亜紀は、クリスマスツリーの前で健一、そらと落ち合い、「これからも高野家のお母さんでいさせてください」と頭を下げ、やり直すことを約束する。 遠くからその光景を見ていた和樹は、血の繋がりのない自分に引け目を感じながらも、亜紀たちの元へ駆け寄ろうとしたが、弓子に「約束したわよね。本当のお母さんのことが知りたいから、 [全文を読む]

フォーカス