離婚 松嶋菜々子に関するニュース

円満離婚じゃなかった! "のりピー弟逮捕"で明らかになった高相家との温度差

日刊サイゾー / 2012年04月07日08時00分

その後、2009年に2人はともに覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受け、翌10年に離婚が成立。当時を知る関係者は「離婚を強行したのは酒井さんサイドで、高相さん側は『もう1度やり直したい』と切望していた。彼の両親も復縁に賛成だったが、結局、酒井さんサイドが『この男と一緒にいたら、ろくなことがない』『子どもの教育にも悪影響をおよぼす』と離婚を譲らず、そのまま押 [全文を読む]

【緊急アンケート】芸能界に離婚ラッシュが到来 / 離婚しそうな芸能人ランキングベスト10を大発表!

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年05月15日06時00分

2016年は不倫を報じられる芸能人のニュースが非常に多かったのは記憶に新しいところですが、2017年の芸能界では離婚のニュースが目立っています。ココリコの田中直樹、小倉優子、ともさかりえなど、ビッグネームが次々と離婚を発表していますよね。 まだまだ離婚する芸能人が増えるかも…… 芸能界に限らず、昨今の日本では昔よりも離婚をすることのハードルが下がったのか、 [全文を読む]

ドーベルマン訴訟の損害賠償が4倍に跳ね上がった反町隆史・松嶋菜々子夫妻に離婚危機か

日刊サイゾー / 2013年11月14日11時00分

結婚当初は誰もが羨む美男美女夫婦だったが、別れの時は近いかも!? [全文を読む]

菊池桃子 結婚式延期のショックでコップ1杯分吐血した過去

NEWSポストセブン / 2012年02月03日07時00分

1月28日、ホームページでプロゴルファーの夫・西川哲(43)との離婚を発表した菊池桃子(43)。結婚後、菊池は芸能活動をセーブし、プロアスリートである夫を“内助の功”で支えてきたが、結婚生活17年目にして終止符が打たれた。そもそも結婚する直前から、トラブルに見舞われていたのだ──。 ふたりの出会いは1993年5月、男子ゴルフトーナメント『フジサンケイクラシ [全文を読む]

視聴率低迷でテコ入れ必至?反町隆史『相棒』降板説で崖っぷちに

デイリーニュースオンライン / 2017年02月21日08時05分

子育てもほったらかしになっている今、松嶋から離婚を切り出されるのではと心配する声も多くなっているようです」(芸能記者) かつては“イクメン”としての評価も高かった反町だが、それも過去の話。業界内だけでなく、家庭でも居場所がなくならいないことを願うばかりだ。 文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライター [全文を読む]

「砂の塔」最終回の犯人探しより気になるココリコ田中の“クズ夫”ぶり

アサジョ / 2016年12月14日10時15分

ちょっとわかりやす過ぎる悪旦那設定ですが、当然、ドラマに熱中している主婦層からは『こんな夫なら言われた瞬間、離婚する』という罵声があがるほど嫌われ男になっています」(エンタメ誌記者) そして期待に違わず、9日放送の第9話でも思わずツッコんでしまうゲスっぷりが目立ったようだ。 高野家に隠しカメラを設置し、生活を監視するなど高野家に執拗な嫌がらせをしてきた弓子 [全文を読む]

菅野美穂『砂の塔』に“松嶋菜々子は悪くない”劇団登場!「犯人、岩田だろ」の大合唱も……?

日刊サイゾー / 2016年12月13日00時00分

「殺人犯の息子にしたくない」と和樹を気遣い、健一に離婚を申し入れたそうです。あれ? 第5話で荒又が弓子のことを「ある事件の容疑者でな……」って語るシーンがあったけど、バリバリ犯人じゃん。途中で設定変えたのかしら……? また、これまで弓子が殺人鬼であるかのような言い草をしてきた荒又ですが、「自分の人生を捨ててまでも、和樹を守った」などと、急に同情的に語りだし [全文を読む]

夫500人に聞いた「生まれ変わっても妻と結婚したい?」多かったのはYESかNOか

WooRis / 2016年07月17日22時00分

それなのに、「夫婦仲が微妙……」「夫とは家庭内離婚状態」という場合は、「こんな結婚はもういやだ」と思われていても不思議ではありません。しかし、お互い好き合って結婚した仲。そんな状態のまま、ずるずると一緒に暮らしていくのは苦しいものです。そこで、過去記事「努力なしでは枯れていく!“夫婦仲をラブラブに保つ”3つの秘訣とは」でお伝えした、夫婦仲改善の秘訣をおさら [全文を読む]

「相棒」抜擢で反町隆史が松嶋菜々子から子育てのイニシアチブを奪取

アサジョ / 2015年12月15日09時58分

格差婚が叫ばれ、離婚するのではないかという噂も出ました。でも、人気シリーズ『相棒14』に起用され、しかも1本あたりの出演料がおよそ200万円と高額。このところ鼻息が相当荒いようです」(女性誌記者) その話を裏付けるような話が聞こえてくる。「松嶋さんは娘のお受験についてとても熱心で、娘をお嬢様学校の東京女学館に入れると、さっそく英語塾に通わせるなど教育ママぶ [全文を読む]

こんな恋愛してみたい!ドラマから選ぶ“恋する名カップル” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月26日09時55分

縁側でのんびり~、心ほっこりあったかカップル『ぶちょお&蛍』 ひょんなことから同居することになった、干物ОL・蛍(綾瀬はるかさん)と、離婚間際の高野部長(ぶちょお・藤木直人さん)の、全く熱くない恋愛模様を描いた『ホタルノヒカリ』。完璧主義で世話焼きの高野部長は、加藤和樹さん演じる誠に片思いする蛍を応援しつつ、世話を焼きまくります。そのうちにお互いなくては [全文を読む]

反町隆史、松嶋菜々子と止まらぬ格差! 家庭に居場所なくバス釣り三昧

サイゾーウーマン / 2013年08月01日13時00分

このまま一直線に離婚危機に陥らなければいいのだが……。 [全文を読む]

“嫌い”1位は紗栄子…好き&嫌いなママタレランキング

WEB女性自身 / 2013年04月08日07時00分

【『好き』なママさんタレント】第1位・北斗晶(45)「すごく子供思いだし、お金がない時代もあったから」(27・主婦)/「芸能人にありがちな、上品ぶった生活を感じさせないから」(60・主婦)/「節約術や生活の知恵など参考になる点があるから」(35・主婦)第2位・松嶋菜々子(39)「子供を2人産んでも若々しくきれいだから」(47・医療)/「ママになってもきれい [全文を読む]

芸能人ギャラ・ボッタクリ女王大発表、小雪を鈴木京香が猛追

アサ芸プラス / 2013年01月07日10時00分

及川との離婚騒動が続いており、芸能記者としては本当にありがたい存在(笑)。閉店セールをやっている郊外の紳士服店みたいだが、ぜひ来年も騒動を続けたまま離婚寸止めで過ごしてほしいです」 25位に入っているのは、松嶋菜々子(39)だ。「家政婦のミタ」でテレビドラマ史上、歴代3位となる40%という驚異の最高視聴率を記録した。が、「ミタ」ブランドをひっ提げてのフジ月 [全文を読む]

4位にヒロミ&伊代!「理想の芸能人夫婦」第1位は?

日刊大衆 / 2017年05月26日07時05分

“不倫”や“離婚”など、最近はネガティブなニュースばかりが目立つ「芸能人夫婦」。しかしその陰で、円満な結婚生活を送っている芸能人夫婦は多い。そんなおしどり夫婦のエピソードを聞いて、幸せな気分になる人も多いことだろう。そこで今回は、未婚の男女100人に「憧れの芸能人夫婦」を聞いてみた。 第5位(6%)には、反町隆史(43)と松嶋菜々子(43)夫妻がランクイン [全文を読む]

北川景子ほか、共演から結婚した芸能人は意外に多い!

日刊大衆 / 2017年02月06日15時00分

後に離婚の危機という噂が流れたこともあったが、きっぱり否定し、現在も夫婦が仲むつまじいことをアピールしていた。 そして現在の“相棒”である俳優の反町隆史(43)は、最高視聴率35.7%を記録した大人気ドラマ『GTO』(フジテレビ系)で共演した女優の松嶋菜々子(43)と、撮影終了から約1年後の1999年11月に交際開始。2001年2月にフジテレビのスタジオで [全文を読む]

松嶋菜々子「あのドラマで夫婦共演!?」低迷する視聴率女王の“秘策”

日刊大衆 / 2016年09月26日13時30分

以前、及川光博が元日SPでの共演を機に、檀れいと結婚しましたが、その後、“離婚間近”とマスコミに騒がれるたび、“馴れ初めは相棒SP”と書かれたのが不快だったとか」(前出の芸能記者) 一発逆転を狙う松嶋の秘策。ただ、その前に、打席に立たせてもらえない?週刊大衆2016年10月03日号 [全文を読む]

不倫辞職の“イクメン”宮崎謙介元議員「AKB48メンバーと合コン」の過去発覚で再起不能か

日刊サイゾー / 2016年03月08日13時00分

初婚の妻と離婚後、金子恵美議員と再婚するまでの独身期間のことだが、「当時、すでに金子議員と付き合っていることは関係者間で知られていて、直後に『週刊新潮』(新潮社)にも報じられた」というから、これが事実なら特定の交際相手がいながらの火遊びだったことになる。 「自民党のネットメディア局次長という肩書で、メディアの美人どころとも次々に会っていたんですが、そのひと [全文を読む]

重要なのはその後の出演作…幸せになった朝ドラヒロイン6

WEB女性自身 / 2015年11月28日06時00分

結婚、離婚も経験しましたが、40年後の今も活躍しています」(ペリー) 【田中裕子】「『マー姉ちゃん』( 79年)にヒロイン・熊谷真美の妹役で出演し、一気にブレーク。その後『おしん』( 83年)や『わかば』( 04年)、最近では『まれ』( 15年)にも出演。 朝ドラといえばこの人 というくらいの貢献度でしょう」(田幸)「お嬢さん、お母さん、そしてお婆さん役ま [全文を読む]

NHK新大河ドラマ『真田丸』に藤原紀香が熱烈オファー? 三谷幸喜・堺雅人の意向は……

日刊サイゾー / 2015年03月19日11時00分

その女優のヒントを尋ねると、「巨乳」「離婚歴」だという。思い当たるのは藤原紀香あたりか。言われてみれば紀香は、消防士たちの活躍を描いた小池徹平主演の『ボーダーライン』でNHKから高い評価を得たばかり。一方、現場でのワガママな振る舞いから、共演者やスタッフ受けは悪いという話もあるが、どんなに売り込みをかけようとも難しいのは、関係者が言うとおり、三谷と堺のハ [全文を読む]

反町隆史の人気復活か? 『限界集落株式会社』農家役がハマっていると話題に!

tocana / 2015年02月04日08時30分

反町といえば、松嶋に食わせてもらっているという説、そして離婚の噂が流れるほど、趣味のバス釣りに熱を上げていることで有名。それも1000万円以上するボートや別荘を購入するという本格派志向。釣りに飽きたら、その次は山にこもって有機農業を始めるなんて可能性もありそうだ。 ※画像は「限界集落株式会社」より [全文を読む]

フォーカス