ドラマ 松本幸四郎に関するニュース

腹の底から笑いたい!この夏に観直したい“コメディドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月19日14時59分

しかし、元気がどうしても出ない時、こんなドラマを観てみてはいかがでしょうか?ドキドキしたり笑ったり、時々ハラハラしたり・・・。この夏にぜひ観直して頂きたい、思わず笑顔になってしまう“コメディドラマ”を10作品選んでみました。 あり得ない設定だからこそ面白い!学園コメディ『毎度おさわがせします』『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』『マイ☆ボス マイ [全文を読む]

CMも民放も!? 朝ドラ『カーネーション』人気にあやかる人々

サイゾーウーマン / 2012年03月01日12時00分

最終話の平均視聴率が40.0%となった『家政婦のミタ』(日本テレビ系/視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)をはじめ、軒並み好調だった前クールのドラマに比べ、いまひとつ話題性・視聴率ともに抜きんでた存在の少ない今クールのドラマ。その中で現在、NHK朝ドラ『カーネーション』が一人勝ち状態になっている。今回ツッコませていただくのは、大好評ドラマ『カーネーショ [全文を読む]

視聴率ベスト3はあのコンビが独占…「フジ月9」トリビア6

WEB女性自身 / 2017年04月02日06時00分

移り変わりの激しいテレビ業界で、つねに話題を提供してきたフジテレビのドラマ枠「月9」が 17年4月に30周年を迎える。 30年にわたるその歴史のなかでは、驚くべきエピソードもたくさん生まれている。そんなトリビアを、『月9 101のラブストーリー』(幻冬舎新書)の著者・中川右介さんとともに振り返っていこう。 ■スタート当初は撮影優先の鉄則から、ゲリラ撮影がひ [全文を読む]

松本幸四郎、今井翼、相武紗季出演の傑作ドラマ「ナイフの行方」が書籍化!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月16日18時00分

2014年12月にNHKで放送された山田太一脚本ドラマ「ナイフの行方」。松本幸四郎、今井翼、相武紗季など豪華俳優陣が出演したそのドラマでは、「人間は変わらない」「みんなが人間を信じすぎている」といったセリフが観る者の胸を深く突き刺し、今でも視聴者の心に強く残っている。その『ナイフの行方』が、書籍となって2015年6月19日(金)に刊行される。 【画像あり】 [全文を読む]

「人間を信じすぎるな」――山田太一18年ぶりのドラマシナリオ本『ナイフの行方』が書籍化!

PR TIMES / 2015年06月11日12時39分

「人間は変わらない」、「みんなが人間を信じすぎている」などのセリフが胸に突き刺さる山田太一の傑作ドラマ『ナイフの行方』(NHK/2014年12月放送)のシナリオを完全収録した書籍が発売決定! [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/1561/resize/d7006-1561-522261-1.jpg ] 2014年12月22~23 [全文を読む]

榮倉奈々、結婚で分かった「肉食系」

NewsCafe / 2016年08月19日13時48分

「2人は2年前に共演したドラマ『Nのために』(TBS系)がきっかけで仲よくなり、約1年の交際期間を経てゴールインしたそうです。今年3月にも都内で食事をしたり、海外旅行を楽しんでいる様子が伝えられていたので、結婚は間近ではないかと言われていました」(女性誌記者) 榮倉の事務所はこの結婚に賛成だった? 「大反対でした。前クールに放送されたドラマ『99.9-刑 [全文を読む]

渡辺謙が癒えぬ心を抱く孤独な男を熱演!

Smartザテレビジョン / 2016年06月24日05時00分

テレビ朝日系で、渡辺謙が主演を務める「山田太一ドラマスペシャル 五年目のひとり」が、今秋放送されることが分かった。数々の名作を生み出してきた脚本家・山田太一が、東日本大震災の5年後をオリジナル脚本で描く本作は、渡辺演じる癒えぬ心を抱く孤独な中年男・木崎秀次と多感な少女の不思議な出会いがもたらす再生の物語。山田が手掛けた作品としては、'04年にテレビ朝日開局 [全文を読む]

松村邦洋の大河ドラマ道(2)メイク技術の凄さに驚いた

アサ芸プラス / 2013年07月10日10時00分

敗者側の生き方を見せてくれたドラマは初めてだったかもしれないですね。今、放送中の「八重の桜」(13年)も会津目線の物語ですけど、そのはしりだったんじゃないでしょうかね。 視聴率は悪かったけど、昨年の「平清盛」(12年)だって本当におもしろかったですよ。今まで、やはり源氏側のストーリーばかりだったので、平家の目線がよかったですね。 学校の授業でも清盛はいつ [全文を読む]

「歌がうまい女優」2位高畑充希、1位はあの人!?

日刊大衆 / 2017年08月16日18時05分

さらに、福山雅治(48)とのユニット“KOH+”として、福山と共演したドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)の主題歌を担当するなど、音楽シーンでの活躍もめざましい。彼女を選んだ人からは「女優なのに“うまい”と思った」(26歳女性)、「『黄泉がえり』の歌がすてき」(46歳女性)などの意見が。多くの人が、映画やドラマの主題歌で彼女の歌唱力の高さを知ったようだ。 第 [全文を読む]

【アニメレビュー】スタイリィッッシュ! けど思ったより格好いい!? 時代劇アニメ『鬼平』1話目「血頭の丹兵衛」レビュー!!

おたぽる / 2017年01月12日23時00分

ここばかりは実写時代劇ドラマを上回っていたと断言してもよいと思う。 深夜の放送枠といえば、冒頭の拷問シーンをきっちり描いていたのも好印象。『鬼平犯科帳』では、結構男女の痴情のもつれから事件につながるパターンも多いので、色っぽいシーンからも逃げずに描いて欲しいものだ。期待しています! また、OPEDから、気合を感じられたのもうれしいところ。OP曲「鬼平~江戸 [全文を読む]

堀北真希は大丈夫? 松本幸四郎を激怒させた山本耕史の女癖

NEWSポストセブン / 2015年09月02日16時00分

2009年のドラマ共演で知り合った当時から山本は堀北に好意を抱いていたが、全く相手にされなかった。だが今年5月に舞台『嵐が丘』で恋人役として再共演が決まると猛アタックを再開。 「交際できないなら結婚してください」とプロポーズし、直筆の手紙40通を送り続けた。最後は堀北が仕事で京都に行くことを知り、山本も勘で新幹線に飛び乗る。その車内で見つけた堀北に指輪を [全文を読む]

第一子妊娠の松たか子 妊活のため禁酒禁煙HERO出演断る

NEWSポストセブン / 2014年12月06日16時00分

2001年に放送された前作では木村拓哉(42才)とのコンビが大好評で平均視聴率34.3%の国民的なドラマになった『HERO』。そんなドラマを断ったために、“松が木村に共演NG”を出したなどといった報道まで飛び交った。 「もちろん松さんの元にも出演オファーが届いたんですが、妊活のために泣く泣くあきらめたんです。決して木村さんとの共演が嫌だったとかではなく、 [全文を読む]

「ナイフの行方」松本幸四郎が撮影を経て今井翼と仲良しに!?

Smartザテレビジョン / 2014年11月27日02時19分

12月22日(月)、23日(火・祝)にNHK総合で放送される特集ドラマ「ナイフの行方」の試写会と記者会見が11月26日に同局内で行われ、主演の松本幸四郎と、脚本を手掛けた山田太一が登壇した。 同作は、格差社会で生きる若者との向き合い方を描いたドラマ。週2回子連れの家政婦・香(相武紗希)が来るのを楽しみにしている孤独な老人・拓自(松本)は、街でナイフを振り回 [全文を読む]

退院1か月市川染五郎 “どうしても”と出席した姉の挙式で涙

NEWSポストセブン / 2012年11月03日16時00分

10月29日、松本幸四郎(70才)の長女・松本紀保(41才)とドラマ『相棒』シリーズの伊丹憲一役で知られる川原和久(50才)の結婚披露宴が都内のホテルで開かれた。 「紀保さんは女優としてデビューしてからもあまり芽が出ず、妹の松たか子さん(35才)とずっと比較されてきたんです。“妹はあんなに人気なのに…”って。仕事がなく、一時、幸四郎さんやたか子さんの付き [全文を読む]

石坂浩二「フジテレビから1000万円借りた」古き良き時代のエピソード明かす

ORICON NEWS / 2017年09月05日20時20分

『スター千一夜』が終わった後も、昼のドラマのナレーションも2年くらいタダでやりました」と、まさに古き良き時代のエピソードを披露した。 石坂の「お宝」とは、借金して手に入れた「モローの絵画」ではなく、「あの時、お金を貸してくれた人たちのことが忘れられない。絵よりも宝物です」。いまも石坂の家に飾られているモローの絵画を毎日眺めては「お金を借りたことを思い出すま [全文を読む]

市川染五郎の“変人エピソード”が強烈すぎる!?

日刊大衆 / 2017年05月24日18時05分

ドラマや映画、舞台にも出演するなど多方面で活躍する、歌舞伎界を代表する人物だ。2018年には10代目松本幸四郎を襲名することが発表されるなど、その勢いは止まらない。 しかし、私生活では“変わり者”といわれているようで、番組では「カブキ者じゃないよ 変わり者だよ007」と題し、その変わった私生活にスポットを当て、人間性に迫るコーナーが設けられた。 まず変わっ [全文を読む]

各々方、覚悟はよろしいか。仮名手本忠臣蔵の「仮名手本」って何?

まぐまぐニュース! / 2016年12月10日09時00分

「忠臣蔵」のドラマなどを見ると「ああ、年末だな」なんて思ったりもしますよね。ところで、なぜ赤穂浪士の討ち入りの話を「忠臣蔵」というのでしょうか。無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』で詳しく紹介されています。 古くからのユニットAKO47? 12月14日。時代劇好きな人にはそれだけでピンとくるであろう、赤穂浪士の討ち入りの日です。実際の討ち入りは、旧暦の [全文を読む]

「妬むより妬まれろ」3歳娘にたたきこんだニナガワの”10カ条”

WEB女性自身 / 2016年09月04日06時00分

「よくドラマで夫が手を握って『よく頑張ったね』とか奥さんに言うシーンがあるじゃない。私もそれを期待していたんだけど、パタパタとスリッパの音が聞こえたと思ったら蜷川の第一声は『ひどい顔だな、帰るときには顔にガーゼをかぶせるか』です」 演出家の故・蜷川幸雄さん(享年80)の妻であり、写真家・蜷川実花さん(43)の母、蜷川宏子さん(75)は、 あの日のまま とい [全文を読む]

宇多田ヒカルも反発!? 平蔵がイケメンで細くてカッコいいアニメ『鬼平』に対するファンの期待と不安とは

おたぽる / 2016年09月01日18時00分

累計発行部数2,700万部を誇る池波正太郎の超人気シリーズで、八代目松本幸四郎(松たか子の祖父)、丹波哲郎、萬屋錦之介、二代目中村吉右衛門といった名優たちによるTVドラマ、『ゴルゴ13』のさいとうたかをによるマンガ(脚色:久保田千太郎)、さらに映画化、舞台化も幾度となくされてきた『鬼平犯科帳』が、2017年に誕生50周年を迎えることを機に、『鬼平』とタイト [全文を読む]

大河偏愛芸人・松村邦洋が選ぶ『真田丸』名場面BEST5

NEWSポストセブン / 2016年08月28日16時00分

大河ドラマの大ファンとして知られる松村邦洋(49)は、現在放送中の『真田丸』も「史上屈指の作品になること間違いなし」と太鼓判を押している。そんな彼が心に残るシーンをセレクトした! 【1位/三成と清正の「水垢離」】 「脇役の2人ですが、男気を感じてベストシーンに選びました。石田三成(山本耕史)と加藤清正(新井浩文)は、仲が悪いように見えて、実は真の友情で結ば [全文を読む]

フォーカス