ドラマ 松本潤に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

山下智久&新垣結衣の月9も期待薄?懲りない”安易なキャスティング”

デイリーニュースオンライン / 2017年03月17日11時50分

山下智久(31)主演のドラマシリーズ、『コード・ブルー~ドクターヘリ救急救命~』(フジテレビ系)の第3シーズンの製作が決定したことが伝えられ、早くも話題になっている。第2シーズンから7年ぶりに放送される本作は、7月からの“月9”ドラマ枠として放送される。山下智久が月9ドラマで主演をつとめるのは、2013年に放送された『SUMMER NUDE』(同)以来4年 [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

最近のドラマではだいぶ少なくなったヤンキードラマ。深夜枠で時々放送しているとついつい観てしまう・・・なんて事はありませんか?アクションや人情、そして青春と、人より少し熱い青年・少年たちの活躍。なぜかワクワクドキドキしてしまいます。そんな、今だから観直したい、心が躍り出しそうなヤンキードラマ。懐かしいものから厳選して10作品集めてみました。意外なあの人も出演 [全文を読む]

外国人が気付いた「日本のドラマ」3つの特徴 日本ドラマオタクの外国人妻が分析

東洋経済オンライン / 2017年03月11日08時00分

突然ですが、ドラマ、見ていますか? 若年層を中心に「テレビ離れ」が叫ばれて久しいですが、それでも日本には高視聴率をたたき出したり、社会現象になったりするドラマが少なくありません。昨年10月から放送していた「逃げるは恥だが役に立つ」も話題になりましたよね。日本のドラマが大好きな私、実はギリシャ生まれのギリシャ育ちという、生粋のギリシャ人です。日本人男性と結婚 [全文を読む]

今年のドラマ・映画界を盛り上げる男性俳優は!?2017年に活躍を期待する注目の若手俳優5選!

日本タレント名鑑 / 2017年02月06日14時40分

今年もまた、ドラマ・映画界の中心で大活躍を見せるであろう若手俳優たちが、すでに何人も頭角を現してきています。今回はそんな、“2017年に活躍を期待する注目の若手俳優”を5人ピックアップし、紹介させて頂きます。 竹内涼真(たけうちりょうま)身長185cm、東京都出身のイケメン俳優、竹内涼真さん。お母様やお子様には、「仮面ライダードライブ」と言った方が分かりや [全文を読む]

憧れて真似した事ありませんか?“心に残るドラマのキスシーン”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月19日09時55分

今までに放送されたたくさんのドラマ達。人それぞれに憧れた思い出深いキスシーンがひとつくらいはあるのではないでしょうか?キスシーンは、やはりドラマの展開においても山場である事が多く、役者さんも心をこめて演じ、制作側も役者さんにこたえるように最高のシチュエーションで臨んでいます。キスシーンというだけで、どれもこれも名シーンではあるのですが、今回はその中でも特に [全文を読む]

「アナ雪」強し! 2014年上半期エンタメ事情まとめ

Entame Plex / 2014年07月14日12時38分

まず、「2014年上半期で一番面白かったドラマは?」という質問に対しては、意見が分かれるなか見事1位に輝いたのは、1〜4月にオンエアされた松本潤主演のドラマ「失恋ショコラティエ」(15%)。次いで、沢尻エリカ8年ぶりの地上波連ドラ主演&ハードな内容で話題を呼んだ「ファースト・クラス」(12%)。その後は団子状態で、視聴率的には上半期でもトップクラスだった「 [全文を読む]

第15回「2016テレビの記憶」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月28日18時39分

今年は総じて連ドラにとって厳しい年になったが、その一方で、視聴率はさておき、SNSで盛り上がるドラマも少なくなかった。それは悪くない話。1月クールの連ドラ『ナオミとカナコ』もその1つだった。同ドラマ、大学時代からの親友同士のナオミ(広末涼子)とカナコ(内田有紀)が共謀して、佐藤隆太演ずるDV夫を殺して埋めるが、被害者の姉(吉田羊)から執拗に追い詰められ、や [全文を読む]

嵐・松本潤は弁護士役をどう演じる? 『HERO』木村拓哉に匹敵できるか

リアルサウンド / 2016年03月09日06時10分

4月からTBSの日曜劇場枠で放送されるドラマ『99.9−刑事専門弁護士−』が非常に面白そうだ。大きな話題を呼んだ『失恋ショコラティエ』以来2年ぶりとなる嵐の松本潤の主演作で、しかもTBSのドラマ枠で最も注目を集める日曜9時の枠なだけに、期待が膨らむ。同じ4月クールには局と曜日は違えど、大野智の主演ドラマ『世界一難しい恋』も控えているだけに、嵐メンバー同士の [全文を読む]

日テレ「土曜夜9時」伝説の名作ドラマを振り返る

日刊大衆 / 2017年03月18日12時05分

1973年から続いている日本テレビ系の“土曜夜9時”枠ドラマ。現在放送中の『スーパーサラリーマン左江内氏』が終了すると、4月から土曜のドラマ枠は午後10時の放送へと移動する。ここでは、40年以上お茶の間を楽しませ、時代を代表する名作を生み出してきた「日テレ土曜夜9時ドラマ」を振り返ってみよう。 まず1980年代を彩った名作といえば『池中玄太80キロ』。この [全文を読む]

フォーカス