著書 松本清張に関するニュース

「やりたいことは無数にあるが残された時間がない」(松本清張)【漱石と明治人のことば75】

サライ.jp / 2017年03月16日06時00分

著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。 [全文を読む]

SMAP・中居正広の生き方を社会学者が分析――実は読書家で、MC進出も長期計画に基づく戦略!?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月23日06時30分

また著書の太田氏は『紅白歌合戦と日本人』(筑摩書房)などの著書のある社会学者。膨大な参考資料をもとに綴られる文章では、中居クンの個人史や人柄が、SMAPという集団や社会との関係で分析されていくのが面白い。 少年野球で1番サードを務めていた中居クンが、小4の頃に「自分がピッチャーになったら、このチームは強くないからそれはやめたほうがいい」と考えるようになっ [全文を読む]

「北朝鮮」を存続させた2人のダメ指揮官

プレジデントオンライン / 2017年09月03日11時15分

おもな著書に、『世界一おもしろい世界史の授業』(KADOKAWA)、『経済を読み解くための宗教史』(KADOKAWA)、『世界史は99%、経済でつくられる』(育鵬社)、『“しくじり”から学ぶ世界史』 (三笠書房) などがある。 ---------- (著作家 宇山 卓栄 写真=時事通信フォト) [全文を読む]

中居正広、本人が語らない「メモ魔の素顔」

日刊大衆 / 2016年11月27日16時00分

SMAPとして活動していくうえで、中居が参考書としていたのは、プロ野球の名監督、野村克也の著書『野村ノート』(小学館)だ。野村が語る、チームを勝利に導くための方法、分析、戦略などのノウハウは、SMAPというチームを続けていくため、勉強になったのかもしれない。 中居は今年1月に『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)に出演したが、「ネタを7つくらい準備し [全文を読む]

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「あの山崎豊子は盗作の常習犯?」

アサ芸プラス / 2015年09月12日17時55分

これだけでも十分すぎるほどの“前科”だが、96年にNHKでドラマ化され、大ヒットした「大地の子」でも、筑波大名誉教授・遠藤誉氏の著書「〓子(チャーズ/〓は[上/ト])」からの数十カ所に及ぶ盗用疑惑が発覚。遠藤氏が提訴する事態となる。「山崎氏が『〓子』を参照していたのは間違いありません。ただし裁判は山崎側の勝訴。裁判所の判断は『2冊の本はおおまかな筋では共通 [全文を読む]

プライベートもSっ気たっぷり! 米倉涼子の毒舌な素顔

メンズサイゾー / 2014年07月21日11時00分

(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/) 著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書) [全文を読む]

杉良太郎 ゴールデン枠2本でもテレビ時代劇を休業した理由

NEWSポストセブン / 2014年04月13日07時00分

著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』(PHP新書)ほか新刊『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)が発売中。 ※週刊ポスト2014年4月18日号 [全文を読む]

ダイナビジョン、伊勢にて櫻井 秀勲氏との講演会を夏至の日(6月21日)に開催~テーマは開運学。才能を開花させ、幸せを手に入れる方法について~

@Press / 2013年06月14日09時30分

初めての著書『女がわからないでメシが食えるか』はシリーズ40万部のベストセラーとなりました。以後、運命学・女性学など、その著作数は200冊を超えます。2009年より早稲田運命学研究会を主宰しています。2013年、82歳で「きずな出版」を立ち上げ若い作家を育てることに尽力するとともに、自身の執筆活動にも意欲的に活動中。『パーフェクト リバティー教団第二代教祖 [全文を読む]

フォーカス