現在 織田裕二に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■水曜10時の女性タイム現在、連ドラで視聴率が取りやすい枠というと、『相棒』でお馴染みのテレ朝水曜9時枠と、『ドクターX~外科医・大門未知子~』や『DOCTORS』のテレ朝木曜9時枠。それに日テレの水曜10時枠である。あっ、ここへきて『逃げるは恥だが役に立つ』のTBS火曜10時枠も注目されつつあるけど――まっ、もう少し様子を見ましょう。中でも、日テレ水曜1 [全文を読む]

夢への道も時代で変わる!?女優のオーディション事情を変遷と共に追ってみた!

日本タレント名鑑 / 2015年05月27日15時55分

現在主流のタレントプロダクションですね。ほとんどの人は事務所に所属し、マネージャーが仕事を取ったりスケジュールを管理します。 1970年代は公開オーディション番組全盛期。『スター誕生!』に素人が出演し、事務所が芸を見てスカウトするというスタイルです。タレント側からみれば、幅広い事務所のオーディションを一度に受けるのと同じで手間が省け、事務所側から見れば、番 [全文を読む]

「紅白に出てほしい’80年代アイドル」ランキング男性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

だから現在は俳優で活躍している方にも、アイドルの過去があるんです。当時のアイドルは、キラキラして手の届かない王子様という感じ」 そんななか圧倒的な得票集めたの1位は、解散後もメンバーの多くが音楽活動を続けるチェッカーズ。「実力もあって、当時もすごい人気。でも、亡くなってしまったメンバーもいるので、全員そろった姿はもう見ることはできません」 2位の光GENJ [全文を読む]

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

しかし、現在のドラマと言えば3カ月クールが基本。気が付いたら終わっていた・・・なんて事も多く、後からじわじわタイプの作品も増えています。 人気作にもそれぞれありますが、今回はそんな「じわじわ評価ドラマ」をいくつか集めてみました。 放送前から好評価。放送中にじわじわ!右肩上がりで伝説の作品に!放送中に話題を呼び、大きく人気が上昇した作品といえば、最近ではやは [全文を読む]

フリッパーズ・ギターの知名度とリアルタイム世代の出世との関係性とは

しらべぇ / 2015年07月28日09時00分

だが、現在この曲を知っている人はどれくらいいるのか。ここでもアンケート https://mind-sonar.com/target/Wc3a68463-063b-453e-8e52-bb09f28faf63 をおこなった。 【質問】『恋とマシンガン』(フリッパーズ・ギター)という曲を知っていますか? また前の質問と同じように、30代、40代の回答をピックア [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

現在放映中の最新作でシーズン12を数える。今作の開始直前、主人公・加納倫太郎を演じる渡瀬恒彦サンが亡くなられたのは承知の通りである。 しかし――同ドラマは代役を立てず、係長不在のまま放映に踏み切った。もはや弔い合戦だ。それはとりもなおさず、9係は渡瀬サンと心中するという意味合いを持つ。 思えば、日本の刑事ドラマの元祖『ダイヤル110番』が始まったのは、19 [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

それは他局にも波及し、現在に至るまで、まるでテレビタレントのような「女子アナ」が花形職業になる。「女子アナ」もまた、フジテレビが火付け役だったのである。■カリスマの死去1988年4月、フジサンケイグループの鹿内春雄議長は、ゴルフ中に体調を崩すと、大事を取って入院する。その顔は妙にどす黒かったが、周囲はゴルフ焼けと見ていた。本人もベッドの上で翌月にカラー化を [全文を読む]

福山、織田の作品も 今秋の映画が「中年の哀愁」だらけの訳

NEWSポストセブン / 2016年10月15日07時00分

10月1日に封切られた映画『SCOOP!』は、かつては伝説的スクープをモノにしてきたものの、現在は芸能スキャンダル専門、46歳のやさぐれカメラマン都城静(福山雅治)のストーリー。 10月8日に公開されたコメディ『グッドモーニングショー』はかつて報道番組のエースだったものの、ある現場のレポートが批判されて降板。現在担当している唯一のワイドショーも打ち切りを [全文を読む]

秋ドラマの注目は変人ヒーロー 大型の刑事ドラマがズラリ

NEWSポストセブン / 2016年09月20日07時00分

そして今年の秋も、国民的刑事・事件ドラマの『相棒 season15』(テレビ朝日系)が放送されますが、元を正せば水谷豊さん演じる杉下右京も、シリーズ初期は現在よりも変人のキャラクターが際立っていました。 いずれ劣らぬ名優のなかでも、最注目は織田裕二さん。法門寺は、「常に暇を持て余し、自らが解くに値する“美しい事件”を求めてさすらい、『ああ、暇だ暇だ。どこ [全文を読む]

斎藤工、大沢たかお、そして坂上忍も…歌手デビュー経験のある意外な(!?)男性俳優

日本タレント名鑑 / 2016年06月28日09時55分

旬のオトコ・斎藤工は多才さを生かして歌手活動現在多くのドラマ、映画に主演、今最も旬の俳優の一人、斎藤工さん。以前は『ミュージカル テニスの王子様』に忍足侑士役で出演していました。2.5次元俳優が劇中で歌う曲をCD化するケースは多いですが、斎藤さんも『ベストアクターズシリーズ004』と題したCDに参加しています。 また2007年にはインディーズからアルバム [全文を読む]

鈴木保奈美、和久井映見…「月9ドラマ」30年間の知られざる秘話を公開!

アサ芸プラス / 2017年06月05日17時58分

現在放送中の「貴族探偵」が視聴率2桁を割り込み、今や“オワコン”扱いのフジテレビ月9ドラマ。しかし、かつては「月曜の夜はOLたちが一斉に帰路を急ぐ」とまで言われたこともあった。そんな輝いていた時代には、驚くような秘話が残されている。 初めて視聴率30パーセント超えを記録した「東京ラブストーリー」(1991年)は、奔放な女性を演じた鈴木保奈美と、彼女に翻弄さ [全文を読む]

K-POP最前事情! ポストBIGBANGの座を狙い各グループが仕掛ける洋楽路線

messy / 2017年04月02日06時00分

が、その勢いは失速し、現在所属するのはfrom 愛知なAK-69というラッパーだけ。防弾少年団のファンからすれば“誰それ?”で、AK-69のリスナーからすれば、防弾少年団という名前はギャグにしか聞こえない。つまり、両者のコラボや化学反応は期待できません。しかも、いまの若者のあいだではデフ・ジャムというブランド力はほとんどゼロに等しい、というかゼロ。デフ・ジ [全文を読む]

成宮寛貴の薬物疑惑報道でディーン・フジオカファンが激怒するワケ

アサ芸プラス / 2016年12月02日14時25分

また「相棒」以外にも、現在放送中の人気ドラマまでが封印の危機にあるという。「成宮は、現在放送中である織田裕二主演のドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)第5話にゲスト出演しています。もし違法薬物で逮捕という事態になるのであれば、再放送やDVD化は不可能となり、関係者へのギャラも支払われなくなる。また同ドラマは、人気イケメン俳優ディーン・フジオ [全文を読む]

4年ぶりの主演映画が大コケ! 織田裕二の“オワコン”ぶりが露呈してしまった……

日刊サイゾー / 2016年11月25日09時00分

現在は、TBS系ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』で偏屈な貴族の末裔を熱演。20日放送の第5話まで、毎回2ケタの視聴率をキープしてはいるのだが……。 「『踊る』以降の織田の方針として、役のイメージがつくのを嫌がり、同じ役は引き受けない。『IQ246』は、視聴率次第では映画化する話も浮上しているが、“オワコン”ぶりが明らかになり、崖っぷちの織田なら、方針 [全文を読む]

観月ありさのインスタ画像に「ジョニデ、小っちゃ!」と衝撃走る 16億円新居には「脱税してない?」

おたぽる / 2016年11月24日12時00分

「『女性自身』の記事によれば、都内の高級住宅街にある、約600平米もの広大な土地に、現在、新居が建設されているということですが、観月が昨年3月に結婚を発表した青山光司は、年商150億円ともいわれる建設関連会社の社長を務めているだけに、ネット上では『それぐらいの豪邸に住むのが妥当なんだろうな』『人気女優からセレブ妻へ。世の女性の憧れ』などといった声が広まっ [全文を読む]

織田裕二、土屋太鳳から“練られた演技”と絶賛に「え?」 中島美嘉のサプライズ潰しに「ボケた?」の声

おたぽる / 2016年11月15日12時00分

6日、女優の土屋太鳳が自身のブログで「織田さんはやっぱりすごいな」と、現在放送中のドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)で共演している織田裕二の演技を絶賛したのだが、ネット上では「え? あの演技のどこが練られてるの?」「失笑ものの演技なんだけど」などといった否定的な声が飛び交っている。 『IQ246~』で織田は、警察の事件捜査に首を突っ込む、貴 [全文を読む]

織田裕二の心変わりで「東京ラブストーリー」続編のドラマ化が可能に?

アサジョ / 2016年10月30日09時59分

ところが、現在放送中のドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)に織田の主演が決定し、番宣で出演した10月14日放送『ぴったんこカン☆カン』(TBS系)で事件は起きたのです。なんと司会の安住紳一郎アナと織田が『東京ラブストーリー』の永尾完治と鈴木が演じた赤名リカのセリフを再現。これには視聴者からの反響も大きく、一気にツイッターの検索ワード上位に『織 [全文を読む]

柳葉敏郎も大爆笑!陣内孝則が織田裕二のクソ生意気な天狗時代をぶちまけたッ

アサ芸プラス / 2016年10月05日09時59分

ただ、その数年後に織田と再会した時にはとても礼儀正しくあいさつをしてもらったようで、その時に織田への認識は改まり、現在は仲良しなんだとか。 このエピソードを聞いた視聴者からも「昔、天狗で有名だったからな」「映画撮影でもすごいナルシストなんだろ?」「織田はあまりいいイメージない」など、陣内に共感する声がネット上にあがった。しかし、それは一部。多くは番組で陣 [全文を読む]

織田裕二、IQ246の“天才貴族役”に「ミスキャスト!」の声 ディーン・フジオカとの交代要請止まず?

おたぽる / 2016年09月19日12時00分

しかし、その一方で、現在ギネスブックで、“最も高いIQの持ち主”として認定されているアメリカ人女性のIQは228ですから、それを上回るIQ246という数値は、ありえない数値ということで、『天才と馬鹿は紙一重っていうから、コメディタッチなんじゃない?』『蓋を開けてみれば、通常運転の熱血キャラを演じているのでは?』などと指摘する声も飛び交っています」(芸能関係 [全文を読む]

意外と知らない!?今をときめく人気俳優たちの昔の出演作品!

日本タレント名鑑 / 2016年02月02日13時55分

あの人の若い頃前出の『湘南爆走族』のように、現在も第一線で活躍する人気俳優さんのデビュー作や過去作品で、意外と世間や特に若い世代の方に知られていない作品はたくさんあります。 たとえば、現在活躍している男性俳優の中でもトップクラスの人気を誇る西島秀俊さん。月9ドラマ『あすなろ白書』でメイン5人のメンバーの一人、“御曹司”で“同性愛者”というミステリアスなイ [全文を読む]

フォーカス