映画 深津絵里に関するニュース

西川美和 師匠・是枝裕和に“似ない言い訳”

ソーシャルトレンドニュース / 2016年09月29日20時17分

■師匠の影響や、小説と映画の創作の差を聞く西川監督は1996年に就職活動の面接で是枝裕和監督に見いだされ、映画の業界へ。その後の是枝作品『ワンダフルライフ』から関わり、今も是枝さんを中心とした映像制作者集団『分福』で行動を共にしている、是枝監督の弟子のひとりでもある。とはいえ、もちろん、2人は似た作品を作り続けてきたわけではない。むしろ、もうひとりの弟子で [全文を読む]

スマホも家電も使えない世界でダメ家族がサバイバル!? 矢口史靖監督「ヒーローよりも凡才に光が当たる瞬間が好きなんです」

週プレNEWS / 2017年02月11日15時00分

やっぱり映画はお客さんのもので「ああ、そういう反応なのか」という発見が完成した後にいろいろあります。だから、こう観てくださいとか、違いますよとかいう気持ちは毛頭なくて。同じ場面でもそれぞれの視点で反応が分かれるっていうのが、やっぱり面白いと思います。 ―それもあって、小説版のほうでは家族4人それぞれの視点から描いている? 矢口 そうですね。4人分の視点で描 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】深津絵里×浅野忠信。映画『岸辺の旅』と『寄生獣』に見る俳優の真髄。

TechinsightJapan / 2015年04月28日16時55分

黒沢清監督による映画『岸辺の旅』が第68回カンヌ映画祭に招待された。本作でW主演する深津絵里&浅野忠信といえば、映画『寄生獣 完結編』でも重要な役どころを演じている。全くカラーが違う2作で共演しているこの2人、偶然と言えなくもないが、俳優としての資質があればこそ続けて顔を合わせることになったのだろう。 映画『岸辺の旅』が第68回カンヌ国際映画祭の“ある視点 [全文を読む]

妻から夫へ、読まれることのなかった手紙… 映画「永い言い訳」公式サイトで書き下ろし短編小説『ラブレター』公開

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月28日18時00分

現在ロングランヒットを続けている映画「永い言い訳」の公式サイトで、2016年11月22日(火)=いい夫婦の日を記念して、書き下ろし短編小説『ラブレター』が公開された。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 映画「永い言い訳」は、妻を旅先の事故で失うものの、悲劇の主人公を演じることしか出来ずにいた夫・衣笠幸夫が、同じ事故で亡くなった妻の親友の遺族と出会 [全文を読む]

<埋もれた名作を観よ>映画「ホテルコパン」は今年ナンバー1の邦画

メディアゴン / 2016年02月17日11時30分

映画「ホテルコパン」(監督 門馬直人)。筆者は、この作品を、今年ナンバー1の邦画として推す。いささか早すぎするだろうか? そうかもしれない。けれど筆者は確信しているのだ。強いて対抗馬があるとすれば、秋公開予定の「永い言い訳」(監督・西川美和/主演・本木雅弘、深津絵里)くらいだろう。「ホテルコパン」は、本当に素晴らしい映画だ。ちなみに「コパン」とは「仲間」と [全文を読む]

意外と知らない!?今をときめく人気俳優たちの昔の出演作品!

日本タレント名鑑 / 2016年02月02日13時55分

日ごろ見ない時間帯にテレビを見たり、深夜に放送される懐かしのドラマや昔の映画を見ると“意外と知らなかった”新たな発見があってなかなか楽しいものです。 筆者自身も、1987年の映画『湘南爆走族』を深夜に視聴し、織田裕二さんや江口洋介さん、清水美沙さんなど、今もドラマ界を賑わす大人気俳優さんたちが出演されているのを知り、その姿に衝撃を受けたのを覚えています。 [全文を読む]

深津絵里、ビートたけし、西村まさ彦…実は“改名していた”有名俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月27日07時00分

現在公開中の映画『家族はつらいよ2』に出演している西村雅彦が、西村まさ彦に改名しました。同時期に、俳優の真剣佑も新田真剣佑(あらた・まっけんゆう)に改名し、所属事務所を移籍。子役として活躍していた吉田里琴も吉川愛と改名し、2016年4月の芸能界引退から、心機一転の再デビューを果たしています。 今回は、実は過去に改名をしていた有名俳優たちをピックアップ。その [全文を読む]

【試写会プレゼント】結婚・恋愛に関するお悩みをお持ちの方へ

Woman Insight / 2016年09月20日20時30分

10月14日(金)公開の映画『永い言い訳』のイベント付き特別試写会が、映画の公開に先駆け10月3日(月)に行われます。 今回、その特別試写会にWoman Insightの読者20組40名様をご招待します! ■妻が死んで、一滴も涙を流せない男の、ラブストーリー。 映画『永い言い訳』は、『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、直木賞候補 [全文を読む]

WOWOW FILMS『岸辺の旅』主演・深津絵里が第89回キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞を受賞!

PR TIMES / 2016年01月07日14時49分

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)の劇場用映画レーベルWOWOW FILMS『岸辺の旅』主演の深津絵里が、第89 回キネマ旬報ベスト・テンにおいて主演女優賞を受賞いたしました。同作品が国内外の賞を受賞するのは、第68 回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 監督賞に続き二度目となります。 「キネマ旬報ベスト・テ [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『岸辺の旅』コラボ企画「夫婦の旅」に関するアンケート調査を実施!

PR TIMES / 2015年09月26日10時57分

~抽選で5組10名様に映画鑑賞券、10名様に非売品プレスシートをプレゼント!~ ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万2,000円、東証第一部上場、代表取締役 花房伸晃】は、映画『岸辺の旅』(10月1日(木)より公開予定)の公開を記念し、コラボ企画となるキャンペーンを9月25日(金)から実施いたします。 [画像: http [全文を読む]

SMAP中居正広、深津絵里に映画に誘われてガチ照れまくって可愛すぎるwww

AOLニュース / 2015年09月15日22時00分

9月14日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で、SMAPの中居正広が、女優の深津絵里から映画に誘われ、思わず照れてしまう場面があった。 この日は「BISTRO SMAP」のコーナーに、映画『岸辺の旅』に出演する深津と俳優の浅野忠信がゲスト出演した。深津は、SMAPのメンバー全員とドラマで共演したことがあり、番組では共演したドラマとして『ナニ [全文を読む]

小泉今日子、深津絵里、竹内結子……黒沢清が描く“女”たちはどう変化した?

リアルサウンド / 2016年06月29日06時00分

それはまた、近年における黒沢清映画の変貌を考察すると同義になるはずだから…。参考:黒沢清監督が仕掛ける“違和感”の意味ーー『クリーピー 偽りの隣人』の演出を読む 『クリーピー』前半は犯罪心理学者の西島秀俊が過去の未解決事件を趣味で(!)捜査していく犯罪映画の流れである。その裏面で彼より一足先に異界への門を叩くのが、妻を演じる竹内結子だ。引越し先の近隣住民に [全文を読む]

黒沢清監督語る浅野忠信&深津絵里 ラブシーン撮影日に異変

NEWSポストセブン / 2015年10月02日07時00分

今年のカンヌ国際映画祭「ある視点部門」で日本人初の監督賞を受賞した黒沢清監督。その映画『岸辺の旅』が10月1日から公開されている。主演は浅野忠信と深津絵里。日本を代表する映画俳優といっても過言ではない二人の魅力や撮影秘話について黒沢監督に語ってもらった。 ――この映画には原作がありますが、映画を撮るきっかけは?黒沢:原作はぼくが見つけたわけではなく、プロデ [全文を読む]

WOWOW FILMS最新作『岸辺の旅』2015年公開決定!

PR TIMES / 2014年06月19日14時35分

劇場用映画レーベル「WOWOW FILMS」で『岸辺の旅』の製作が決定いたしました。 本作は、初めて夫婦役を演じる深津絵里と浅野忠信をW主演に迎え、“愛する人との永遠の別れ”を描く、究極のラブストーリーです。 原作は、2010年に発表された湯本香樹実の同名小説『岸辺の旅』(文藝春秋刊)。映画『悪人』で第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞を受賞した深 [全文を読む]

新作『サバイバルファミリー』で矢口史靖監督が語る 「3.11を意外とみんな早く忘れるんだと思って、作るなら今だろうと」

週プレNEWS / 2017年02月10日11時00分

都市部の電気が止まるだけでこんなことになるのが、僕としては映画になると確信を得た事件で、どうしても映画化したいとその時思ったんです。 ―しかし実現にはずいぶん時間がかかりましたね。 矢口 すごい世界になると確信してプロットを書き始めたのですが、スケールがでかすぎて難しいと言われて。その後、他の映画を撮る間もずっとやりたいと思っていたんです。企画会議のたびに [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

実際、初めて連ドラに挑んだ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系/2000年)は一躍彼自身の名前を有名にしたし、初の映画脚本の『GO』(行定勲監督)も映画賞を総ナメにした。初めてフジテレビで書いた『ロケット・ボーイ』(フジ系/01年)は平均18.8%の高視聴率だったし、初めて東野圭吾作品に取り組んだドラマ『流星の絆』(TBS/08年)は、最終回で驚異の22 [全文を読む]

深津絵里に宮崎あおい“そばかす”は美女の証?

日刊大衆 / 2017年01月22日22時00分

映画にドラマに相変わらずの人気ぶりで、若く見える彼女も、もうすぐアラフィフとは驚きですね。変わらぬ少女のような透明感は、やはりそばかすあってこそ。点在したそばかすが色白の肌を引き立てています。私生活ではテキーラ7杯でも酔わない酒豪として知られている彼女、ほどよい(?)お酒が、美肌の秘訣なのかも!? 2005年、映画『NANA-ナナ-』でブレイク、2008年 [全文を読む]

WOWOW FILMS『岸辺の旅』が第70 回毎日映画コンクール 日本映画優秀賞を受賞!

PR TIMES / 2016年01月21日14時41分

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長 田中 晃、以下「WOWOW」)の劇場用映画レーベルWOWOW FILMS『岸辺の旅』が、第70 回毎日映画コンクールにおいて日本映画優秀賞を受賞いたしました。同作品が国内外の賞を受賞するのは、第68 回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 監督賞、キネマ旬報ベストテン主演女優賞に続き三度目となります。 「毎 [全文を読む]

WOWOW FILMS『岸辺の旅』第68回カンヌ国際映画祭正式出品決定!

PR TIMES / 2015年04月16日20時30分

WOWOWの劇場用映画レーベルWOWOW FILMSの最新作『岸辺の旅』が、2015年5月13日からフランス・カンヌで開催される第68回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」に正式出品されることが決定しました。WOWOW FILMSのカンヌ国際映画祭への正式出品は、昨年の『2つ目の窓』に続いて2年連続の快挙となります。 本作は、2010年に発表された湯本香樹実の [全文を読む]

“なりきり高倉健”フォトコンテストに応募殺到で主催者驚く

NEWSポストセブン / 2012年10月29日07時00分

高倉健主演の映画『あなたへ』(全国東宝系)のワンシーンかと思いきや、よくみると一般の人。実はこれ、映画のロケ地の山口県下関市が観光PRをかねて開催した「なりきり『高倉健』フォトコンテスト」の様子なのだ。 市が7月に投稿写真を募集したところ、映画公開とともに、みるみるうちに“なりきり健さん”が殺到したとか。 「まさか、こんなに多くの人から投稿いただけるとは思 [全文を読む]

フォーカス