映画 深田恭子に関するニュース

第20回「若者のテレビ離れはない」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月11日17時44分

多くは少女コミックを原作とする、いわゆる“壁ドン”“胸キュン”“顎クイ”と呼ばれる類いの映画だ。 基本的にラブストーリーか青春ドラマで、共通していえるのは、10代から20代の若者たち、特に若い女性が多く劇場に足を運んだ映画ということ。事実、これら11本のうち、全国週末興行成績ランキング(興行通信社調べ)でベスト10に入ったのは、実に8本。アニメやディズニー [全文を読む]

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優

日本タレント名鑑 / 2016年06月22日11時55分

現在ドラマや映画で活躍する人気女優の中には、以前歌手としてデビューした経験のある人も多いものです。内田有紀さん、広末涼子さん、上戸彩さん、沢尻エリカさんといったヒットチャートを賑わせた人もいますが、「えっ!?この人も?」という意外な女優もいます。 デビュー当時、音楽活動にも積極的だった仲間由紀恵女優業と並行し、音楽番組『MUSIC FAIR』の司会も務める [全文を読む]

アイドル女優が「最も輝いた瞬間」徹底討論(映画編)深田恭子、長澤まさみ…

アサ芸プラス / 2015年06月20日17時59分

ドラマでも映画でも、どこか現実離れしたキャラクターの作り方はピカイチであるが、路線を決定づけたのが「下妻物語」(04年、東宝)ということになる。土屋アンナ扮するヤンキーに対し、フカキョンはゴスロリ少女の役だった。映画パーソナリティのコトブキツカサ氏が言う。「実は当初、深田がヤンキーの役という設定だったんです。結局、実現しなかったおかげで、深田の魅力を最大 [全文を読む]

【コラム】悲報:ついにウォンビンも往く

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年06月07日00時30分

「若いころのキムタクさんそっくりやな」と一緒に映画を見ていた母がつぶやいていたように、本当に生粋のイケメン俳優だった。絶頂期だった2005年、惜しまれながらも入隊。が、“男になって戻ってきます!”と華麗なるカムバックにはならず、膝を痛めたため、半年で除隊。ほとんど見かけることがなくなり、この頃から日本では人気の陰りが見え始める。そして待つこと数年、2009 [全文を読む]

最恐戦慄迷宮と映画「ルームメイト」が戦慄のコラボレーション

PR TIMES / 2013年10月22日17時24分

今夏新たに、一切の光も届かない暗黒病棟エリアが加わり、さらなる恐怖を極めた『最恐戦慄迷宮』と、日本映画界をリードする北川景子と深田恭子が初共演、信じる人が一瞬で恐怖に変わる、美しいほどに恐ろしい戦慄のサスペンススリラー『ルームメイト』(11月9日公開)、この2つが体験者に与える“戦慄の恐怖”が見事に一致することから、この度の“戦慄の”コラボレーションが実 [全文を読む]

2018年朝ドラ『半分、青い。』ヒロインに抜擢!永野芽郁ってどんな子!?

日本タレント名鑑 / 2017年07月12日16時15分

小学生の時に地元・吉祥寺でスカウト 今年公開の映画での“聖地”ロケに感激永野さんが芸能活動を始めたきっかけはスカウト。小学生の時に地元・吉祥寺の商店街“サンロード”にて、母親と靴屋で買い物中にスカウトされました。その後は子役としてドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日系)で主演の吉瀬美智子さんの小学生時代を演じたり、NHK大河ドラマ『八重の桜』に出演するなど、 [全文を読む]

日本橋三越に大名行列がタイムスリップ!映画『超高速!参勤交代』公開記念イベント開催

FASHION HEADLINE / 2014年06月18日22時00分

映画『超高速!参勤交代』の公開を記念し、6月18日、日本橋三越本店本館1階中央ホールで展示イベント「五街道の起点 日本橋『江戸茶屋』」がスタートした。24日まで。 イベント初日の18日には、オープニングイベントとして先払侍、駕籠かき奴、長槍持侍など約20人による大名行列が同店内を闊歩した。会場では、同映画主役の佐々木蔵之介や女優の深田恭子が撮影時に着用した [全文を読む]

深田恭子、またまたヌード情報が浮上! アラサーになっても尽きないエロ需要

メンズサイゾー / 2014年01月24日14時00分

昨年11月に公開された映画『ルームメイト』で、共演者の北川景子と女同士のキスを披露するなど、レズシーンを演じて話題になった女優の深田恭子。10代でのデビュー以降、数々の映画やドラマに出演し、31歳となった今も“深キョン”の愛称で親しまれ活躍し続けている。そんな深田に、ヘアヌードの噂が浮上しているようだ。 現在発売中の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)による [全文を読む]

柳ゆり菜、ショートヘアー美人化でブレークの法則に乗る? セクシーな回し蹴りには「蹴られたい!」の声

おたぽる / 2017年05月13日12時00分

6日、グラビアアイドルで女優の柳ゆり菜が、主演映画『ヴァンパイア ナイト』の初日舞台あいさつに登場。13日にはヒロイン役を務める映画『破裏拳ポリマー』の公開も控えているということで、ファンの間では、「もうこれ、ブレークと言っても過言ではないよね?」「今年に入ってから女優としての露出が激増した」などと、その活躍ぶりを褒め称える声が飛び交っている。 2013年 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】鈴木亮平、坂口健太郎、永野芽郁 『俺物語!!』の3人集結も、男性陣が変わりすぎ!

TechinsightJapan / 2017年01月11日11時38分

モデルで女優の永野芽郁が映画『俺物語!!』で共演した鈴木亮平、坂口健太郎とのスリーショットを公開した。久しぶりの3人での集合写真にファンは大喜びしながらも、映画出演当時と外見が激変した男性2人に驚きの声があがっている。 少女漫画としては珍しい強面の巨漢男子を主人公にした純情ラブコメディを実写化した、2015年公開の映画『俺物語!!』。主人公・剛田猛男を演じ [全文を読む]

『君の名は。』声優でブレイク!上白石萌音が開く新たな“女優アイドル”の世界

ガジェット通信 / 2016年12月15日07時00分

大ヒットのまま快進撃を続けるアニメ映画『君の名は。』。監督の新海誠氏や、音楽を担当したRADWIMPSなどの名が多くの人に知られることとなったが、もう一人、ブレイクを果たした人がいる。 それが、女性側の主人公、宮水三葉の声を演じた、上白石萌音だ。 彼女は、鹿児島県出身の18才。2011年に東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞して芸能界入りし、2 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】佐々木蔵之介、深田恭子の「殿、飲みに行きませんか」お誘いを断っていた

TechinsightJapan / 2016年09月15日15時35分

映画で共演してよく飲みに連れて回ったが「一緒に飲んだ人の中でも酒が強い」という。 9月14日放送のバラエティ番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)に佐々木蔵之介がゲスト出演した。MCの香取慎吾、山崎弘也(アンタッチャブル)と3人で“3人で1,000円!満腹はしごメシ”をテーマに激安グルメ店を巡る車中で食事の話題になった。ひとり暮らしの佐々木は外食中心だが [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】深田恭子 “超高速!参勤交代 リターンズ”Tシャツ姿が可愛すぎ「こんな30代いない」

TechinsightJapan / 2016年08月28日11時30分

深田恭子が“鬼嫁”役で出演すると話題の映画『超高速!参勤交代 リターンズ』のタイトルをデザインしたTシャツ姿をInstagramに公開して「深キョン可愛すぎる~、こんな30代はいない」と反響を呼んでいる。「私も深キョンみたいに素敵な30代になりたいな~」というコメントもあり男女に限らず憧れるようだ。 2014年に大ヒットした佐々木蔵之介主演の痛快歴史エンタ [全文を読む]

Kindleストアにて、映画ライター・長野辰次による電子書籍『パンドラ映画館』シリーズ(株式会社サイゾー刊)が販売開始いたしました。

DreamNews / 2015年12月18日16時00分

株式会社サイゾー(東京都渋谷区道玄坂/代表取締役:揖斐 憲)発行の、映画ライター・長野辰次による電子書籍『パンドラ映画館 美女と楽園 ベストセレクション』『パンドラ映画館 コドクによく効く薬 裏ベストセレクション』(本体価格:共に734円)が、Kindleストアにて12月18日より販売開始いたしました。株式会社サイゾー(東京都渋谷区道玄坂/代表取締役:揖斐 [全文を読む]

亀梨和也主演『ジョーカー・ゲーム』こだわりの舞台裏

Movie Walker / 2015年01月30日17時00分

日本映画界になんとも魅惑的なスパイが参上。演じるのは亀梨和也。タイトルは『ジョーカー・ゲーム』で、第30回吉川英治文学新人賞ほか数々の賞を受賞した柳広司の同名ミステリー小説の映画化作品だ。メガホンをとった入江悠監督と、原作者の柳広司にインタビュー。2人が映画の舞台裏とその魅力を語ってくれた。第二次世界大戦の時代、亀梨和也演じる青年は、謎の男・結城(伊勢谷友 [全文を読む]

深田恭子写真集『(un)touch』が2014年3月13日(木)発売!

PR TIMES / 2014年03月13日09時27分

以降、数々の映画・ドラマに出演。最新作は、映画『偉大なる、しゅららぼん』(公開中)、ドラマ10「サイレント・プア」(NHK総合、4月8日より放送開始)。また2015年公開予定の映画『ジョーカー・ゲーム』にも出演が決まっている。 <商品情報> 書名:深田恭子 写真集 『(un)touch』 著者:深田恭子 撮影:ND CHOW(アンディ・チャオ) 発売日:3 [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

そして2017年は『きょうのキラ君』『ReLIFE』と2本の主演映画の公開が予定されています。今年公開の『四月は君の嘘』同様、漫画原作の実写化作品ですが、まるで少女漫画から抜け出したような爽やかイケメンぶりは、『四月は~』で共演した同じ事務所の山崎賢人さんと並んで、今後も漫画原作の実写作品の主演候補に挙がりそうです。 さらに今回の秀頼役で役者としての評価 [全文を読む]

映画「超高速!参勤交代」佐々木蔵之介 「もう速く走れない」

NEWSポストセブン / 2016年09月13日07時00分

2014年に公開され、異色の時代劇エンターテインメントとして話題を呼んだ映画『超高速!参勤交代』が帰ってきた! 体を張った熱演が光る主演の佐々木蔵之介が、『超高速!参勤交代リターンズ』 (公開中)への思いや撮影のマル秘エピソードをユーモアたっぷりに明かしてくれた。 * * * 前作が公開されて1か月後くらいに、プロデューサーから「参勤で江戸に行ったので、続 [全文を読む]

<Wコラム>いま読みたい! 人気俳優物語~ウォンビン(前編)

Wow!Korea / 2016年08月18日17時04分

彼が大衆的に広く愛されるようになったドラマ『秋の童話』から数えると、大衆が知っている彼の出演作はドラマと映画を全部入れても一ケタだ。彼の場合は、とにかく空白期間が長すぎるのだ。どんなスターでも長く活動しなかったら、ほぼ引退したと認識されやすい。移り変わりの激しい芸能界、その中でファンに愛されたり記憶されたりするのはほんの一部に過ぎない。ましてウォンビンは出 [全文を読む]

大人になってさらに魅力的に…“フカキョン”がふたつの顔を見せた写真集が同時発売!

週プレNEWS / 2016年07月15日23時30分

ドラマ、CM、映画の吹き替えなど、多方面にわたって活躍する深田恭子の写真集『AKUA』『This is Me』が7月23日(土)2冊同時で発売される。『週刊プレイボーイ』と女性ビューティー雑誌『MAQUIA』がそれぞれ責任編集したもので、オールハワイロケ。フカキョンの魅力がたっぷり詰まった2冊となっている。 『週刊プレイボーイ』が手がけた『AKUA』では、 [全文を読む]

フォーカス