小説 真田幸村に関するニュース

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

私たちがゲームや映画・ドラマ・小説・漫画などで知っている「真田幸村」は、徳川家に最後まで立ち向かい、「日本一の兵」と言われた名将の一人。豊臣軍の五人衆とも呼ばれました。これは事実ですが少し大袈裟に表現されています。 信繁が取りたてられたのは、あくまで有能な武将である父や兄の血を引く「真田の者」としての評価。いわば親の七光ですし、実は袂を別ってからはあの有 [全文を読む]

全国のサークルK・サンクスで「戦国無双4 Empires」コラボキャンペーン開催!

PR TIMES / 2015年12月11日11時39分

[画像1: http://prtimes.jp/i/16474/1/resize/d16474-1-573908-1.jpg ] 今回のコラボキャンペーンでは、「戦国無双4 Empires」に登場するキャラクターの中から、ドラマや小説の主人公としてしばしば描かれ、歴史ファンにも人気の高い真田幸村や、『戦国無双』キャラクター人気投票で1位を獲得した石田三成ら [全文を読む]

中村勘九郎は火まみれ、松坂桃李も華麗な殺陣披露!

Smartザテレビジョン / 2016年03月25日17時12分

さらに、出版化も同時期に予定されており、映画×舞台×小説という、メディアミックスの最終形としてハリウッドも震撼の超大作が出陣する。 主人公・猿飛佐助を演じるのは、歌舞伎の舞台公演に留まらず、映画・ドラマ・CMなど幅広い分野への挑戦を続ける中村勘九郎。本作で描かれる猿飛佐助は“歴史を変える大うそ”で真田幸村を天下一の武将に仕立て上げる「真田十勇士」の中心的 [全文を読む]

三谷幸喜「真田丸」と池波正太郎「真田太平記」

クオリティ埼玉 / 2016年01月22日11時02分

週刊誌編集部で池波氏の連載小説「忍びの女」を担当していた私は毎週、武蔵小山商店街に近い池波邸に伺った。ある時、池波夫人が出てきて、「今日はNHKの人が来ていまして……」と言って、応接間ではなく茶の間に案内してくれた。夫人によれば先客は大河ドラマ班幹部で、「真田もの」のドラマ化の話だという。 池波氏は昭和49年1月より週刊朝日に「真田太平記」を連載していたが [全文を読む]

2016年「真田イヤー」のラストを飾る「真田幸村フェア」、再見参!

PR TIMES / 2016年12月01日19時21分

戦国時代モチーフの個室居酒屋で、いま、圧倒的な人気を誇る伝説の戦国武将のメニューを展開!株式会社ダイヤモンドダイニング(本社:東京都港区、代表取締役社長:松村厚久)が運営する新宿『乱世の個室 戦国武勇伝』では、2016年12月1日(木)~12月31日(土)の期間、2016年の大河ドラマで注目され、小説や女性向け恋愛ゲーム化など多様な展開を見せる戦国武将『真 [全文を読む]

中村勘九郎「家族全員が本好き。我が家の本棚はカオスです」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月06日17時30分

「一昨年、初演を演じるにあたり、過去の映画を観たり、数多くの小説も読んで、自分なりの真田十勇士、猿飛佐助像をつかもうとしたのですが、マキノノゾミさんの台本を開いた瞬間、“あ、これ、全部意味なかったな”と(笑)。飛び込んできた一文は、“嘘かまことか、まことか嘘か……”という歌で、まさにその通りだよなぁと。さまざまな文献などから研究はされているけど、歴史上の人 [全文を読む]

「真田十勇士」のクールなキャラポスターが一挙解禁!

Smartザテレビジョン / 2016年08月28日18時01分

さらに、出版化も同時期に予定されており、「映画」×「舞台」×「小説」というメディアミックスの最終形として、日本映画“最後の”超大作が出陣。このたび、映画公開まであと1カ月ほどに迫った本作から、キャラポスター12種類が解禁された。 本作の見どころの一つが、実力派俳優陣によって描き出される個性豊かなキャラクターたちの物語。主演の中村勘九郎をはじめ、半数以上が [全文を読む]

本格戦国シミュレーション小説! 『幸村軍戦記 3 下 大和郡山城の死闘』(津野田幸作=著)が、Kindleストアなど5電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2016年07月01日16時30分

―― 2013年9月18日(水)オープン!! ――ゴマブックスがプロデュースする電子書籍投稿サイト『BookSpace(ブックスペース)』http://www.ebksp.jp/ 【会社概要】会社名:ゴマブックス株式会社代表者:代表取締役 赤井 仁所在地:東京都港区南青山六丁目6番22号TEL:03-5468-8370FAX:03-5468-8371UR [全文を読む]

松坂桃李「オワッ!ゾクッ!」キレキレの殺陣に手応え

Smartザテレビジョン / 2016年06月09日12時00分

さらに、出版化も同時期に予定されており、「映画」×「舞台」×「小説」というメディアミックスの最終形として、日本映画“最後の”超大作が出陣。このたび、メーキング満載の特別映像が公開された。 天下の名将と名高い真田幸村が実は“腰抜け”の武将であった、という人気脚本家・マキノノゾミが大胆な発想で手掛ける本作。幸村を本物の立派な武将に仕立てるため、猿飛佐助が超個 [全文を読む]

大河『真田丸』スタート 真田幸村の魅力を松平定知氏が紹介

NEWSポストセブン / 2016年01月09日07時00分

* * * 江戸時代の軍記物や明治から大正にかけての講談本、そして現代の小説やゲームで伝説的な戦国武将として描かれ、いつの時代でも高い人気を誇るのが真田幸村(信繁)です。大阪城の売店で聞いた話ですが、秀吉よりも幸村の関連グッズは売れているそうです。 彼は天下をとったわけでも、天下人の名参謀だったわけでもなく、常に存亡の危機に晒された小大名の息子にすぎませ [全文を読む]

「真田幸村」フェア見参!新宿・戦国居酒屋で、いま圧倒的な人気を誇る武将の生きざまを体感!

PR TIMES / 2016年01月08日19時18分

大河ドラマ化・小説化・女性向けゲーム化で男性はもちろん、若い女性からも大注目!伝説の戦国武将をモチーフにしたお食事をご用意株式会社ダイヤモンドダイニング(本社:東京都港区、代表取締役社長:松村厚久)が運営する新宿『乱世の個室 戦国武勇伝』では、ドラマや小説、ゲーム化されいま圧倒的な人気を誇る戦国時代の武将『真田幸村』(さなだゆきむら)のフェアを開催いたしま [全文を読む]

今年の10冊に選ばれた!ベテラン文芸評論家が大絶賛!!阿波踊りを始めた殿様を主人公とした小説『殿さま狸』・・・20代若手作家による痛快な物語を、是非ご堪能ください!

PR TIMES / 2015年12月16日15時46分

阿波踊りを始めた蜂須賀家二代目が、関ヶ原合戦で仕掛けたアッと驚く奇策とは?ベテラン文芸評論家2人から今年の10冊に選ばれる!今年3月に発売した簑輪諒(みのわ・りょう)著の 『殿さま狸』(学研プラス刊)が、「オール讀物」(12月号)での縄田一男さん選出による「時代小説これが今年の収穫だ! 当代きっての目利きが選んだ絶対よむべきベスト10」や「本の雑誌」(1月 [全文を読む]

戦国時代最強の武将 ゆかりの地をめぐる『まっぷる 真田幸村』新発売

PR TIMES / 2015年12月10日10時26分

教科書にはほとんど登場しませんが、大坂夏の陣において敵の総大将・徳川家康に自害を覚悟させた勇猛さや、不遇の人質時代を乗り越えたドラマチックな生涯、忠義を貫く生き様などが人気を集め、小説やゲーム、漫画などで数多く題材とされています。2016年にはNHK大河ドラマにてその生涯を描く「真田丸」が放送されることでますます注目が集まっています。 このたび、話題の真田 [全文を読む]

発売1か月でたちまち増刷! 来年の大河ドラマの主人公で話題の真田幸村(信繁)の新しい伝記まんがが学研から発売! 小学生から大人まで、オールカラーで美しく大迫力で迫る勇将の人生を体験しよう!

PR TIMES / 2015年12月07日11時01分

このまんがでは、考証に基づき背景や服装などを描いていますので、小説などではイメージしづらいものもわかりやすく知ることができます。また、巻末には年表、地図、人物紹介などをまとめた学習ページも設けられているので、より深く幸村を知り、彼をとりまく真田昌幸、信幸(信之)、徳川家康などについての理解も深まります。[画像3: http://prtimes.jp/i/7 [全文を読む]

11/5は「いい男の日」!土方、幸村…歴史上のモテ男から学ぶ『いい男』とは【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年11月05日12時55分

ここ数年、小説やゲームの影響で女性にも大人気の幸村。その男らしさからイケメンと称されていますが、なぜここまでもてはやされるようになったのでしょうか?≪どんな人?≫秀吉亡き後、天下を狙う徳川家康と豊臣勢が戦った「大阪冬の陣」「夏の陣」で豊臣勢の武将として大活躍しました。 [全文を読む]

「真田幸村」の本当の名前、御存知ですか? 「真田三代戦国歴史検定」 2014年11月30日開催

DreamNews / 2014年08月01日14時00分

この3人からなる「真田三代」の歴史は、これまでも小説や時代劇のテーマとして人気を博してきました。来年、2015年は幸村が大活躍した大坂夏の陣から400周年、さらに翌16年にはNHK大河ドラマ「真田丸」の放映も決定しており、真田三代に対する注目度は今後ますます高まっていくと思われます。当検定では、戦国史研究の第一人者である小和田哲男氏(静岡大学名誉教授)監修 [全文を読む]

学研の歴史漫画 史実の正確性を追求も偉人のイケメン化はOK

NEWSポストセブン / 2014年06月28日07時01分

小説の挿絵に時代考証が必須ならば、当然、歴史を扱うマンガも時代考証抜きには語れまい。しかし、エンタメに徹した(振り切った?)作品の場合は、たとえば織田信長をはじめとする戦国武将が、誰もかれも生身の人間とも思えぬ超人、もしくはアメコミの主人公張りにスタイリッシュなヒーローと化している場合も見受けられる。 旧日本海軍の艦艇を美少女のキャラクターに擬人化した『 [全文を読む]

NHK大河「おんな城主」が男だけじゃないギョーテン新説!(3)「仁徳天皇陵」は「大仙古墳」

アサ芸プラス / 2017年01月23日05時54分

明治半ば以降、龍馬を主人公にした新聞小説などがブームになったのですが、その時に作られた話じゃないかと言われています」(前出・安田氏) 龍馬英雄化の背景には、倒幕後の政府の要職を薩摩と長州に奪われた土佐の不満を解消する、という一面もあった。ブームの中核になった、1883年(明治16年)発表の龍馬小説「汗血千里駒」の作者・坂崎紫瀾も土佐藩出身である。 志士と敵 [全文を読む]

【真田丸】後藤又兵衛の壮絶な最期を記録した新史料が見つかる

しらべぇ / 2016年11月20日10時00分

■想像以上の壮絶さ「真実は小説より奇なり」と言われる。ことに今年の大河ドラマは、「放映中の新史料発見」が目立つ。そしてそれらを紐解いていくと、現代人のイメージ以上の壮絶な光景が繰り広げられていた。戦国時代は、人として大切なことをすべて教えてくれる。後藤又兵衛という武将は、「負けゆく者の美学」を後世の人々に伝えた。その記憶は、永遠に消え去ることはないだろう。 [全文を読む]

男が駆け抜けるのは、戦いの世か、鉄路か、ターフか――? 戦場はいつでもそこにある。大人のエンタメノベル、ノベルゼロ。10月新刊いよいよ発売!!

PR TIMES / 2016年10月15日11時19分

戦国時代を舞台とした伝奇アクションに、鉄道員たちの戦いを描くバトルアクションなど、今月の“NOVEL Ø”は超級スケール作品目白押し!今月の新刊で最大のトピックは、なんといってもこの男! ライトノベルを中心に幅広いジャンルで活躍してきた「600万部の男」友野詳が、ついにノベルゼロ参戦! 描くのは、魔界戦国を舞台に繰り広げられる「真田」の戦い! 友野詳一流の [全文を読む]

フォーカス