小説 真田幸村に関するニュース

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

私たちがゲームや映画・ドラマ・小説・漫画などで知っている「真田幸村」は、徳川家に最後まで立ち向かい、「日本一の兵」と言われた名将の一人。豊臣軍の五人衆とも呼ばれました。これは事実ですが少し大袈裟に表現されています。 信繁が取りたてられたのは、あくまで有能な武将である父や兄の血を引く「真田の者」としての評価。いわば親の七光ですし、実は袂を別ってからはあの有 [全文を読む]

全国のサークルK・サンクスで「戦国無双4 Empires」コラボキャンペーン開催!

PR TIMES / 2015年12月11日11時39分

[画像1: http://prtimes.jp/i/16474/1/resize/d16474-1-573908-1.jpg ] 今回のコラボキャンペーンでは、「戦国無双4 Empires」に登場するキャラクターの中から、ドラマや小説の主人公としてしばしば描かれ、歴史ファンにも人気の高い真田幸村や、『戦国無双』キャラクター人気投票で1位を獲得した石田三成ら [全文を読む]

中村勘九郎は火まみれ、松坂桃李も華麗な殺陣披露!

Smartザテレビジョン / 2016年03月25日17時12分

さらに、出版化も同時期に予定されており、映画×舞台×小説という、メディアミックスの最終形としてハリウッドも震撼の超大作が出陣する。 主人公・猿飛佐助を演じるのは、歌舞伎の舞台公演に留まらず、映画・ドラマ・CMなど幅広い分野への挑戦を続ける中村勘九郎。本作で描かれる猿飛佐助は“歴史を変える大うそ”で真田幸村を天下一の武将に仕立て上げる「真田十勇士」の中心的 [全文を読む]

三谷幸喜「真田丸」と池波正太郎「真田太平記」

クオリティ埼玉 / 2016年01月22日11時02分

週刊誌編集部で池波氏の連載小説「忍びの女」を担当していた私は毎週、武蔵小山商店街に近い池波邸に伺った。ある時、池波夫人が出てきて、「今日はNHKの人が来ていまして……」と言って、応接間ではなく茶の間に案内してくれた。夫人によれば先客は大河ドラマ班幹部で、「真田もの」のドラマ化の話だという。 池波氏は昭和49年1月より週刊朝日に「真田太平記」を連載していたが [全文を読む]

2016年「真田イヤー」のラストを飾る「真田幸村フェア」、再見参!

PR TIMES / 2016年12月01日19時21分

戦国時代モチーフの個室居酒屋で、いま、圧倒的な人気を誇る伝説の戦国武将のメニューを展開!株式会社ダイヤモンドダイニング(本社:東京都港区、代表取締役社長:松村厚久)が運営する新宿『乱世の個室 戦国武勇伝』では、2016年12月1日(木)~12月31日(土)の期間、2016年の大河ドラマで注目され、小説や女性向け恋愛ゲーム化など多様な展開を見せる戦国武将『真 [全文を読む]

中村勘九郎「家族全員が本好き。我が家の本棚はカオスです」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月06日17時30分

「一昨年、初演を演じるにあたり、過去の映画を観たり、数多くの小説も読んで、自分なりの真田十勇士、猿飛佐助像をつかもうとしたのですが、マキノノゾミさんの台本を開いた瞬間、“あ、これ、全部意味なかったな”と(笑)。飛び込んできた一文は、“嘘かまことか、まことか嘘か……”という歌で、まさにその通りだよなぁと。さまざまな文献などから研究はされているけど、歴史上の人 [全文を読む]

「真田十勇士」のクールなキャラポスターが一挙解禁!

Smartザテレビジョン / 2016年08月28日18時01分

さらに、出版化も同時期に予定されており、「映画」×「舞台」×「小説」というメディアミックスの最終形として、日本映画“最後の”超大作が出陣。このたび、映画公開まであと1カ月ほどに迫った本作から、キャラポスター12種類が解禁された。 本作の見どころの一つが、実力派俳優陣によって描き出される個性豊かなキャラクターたちの物語。主演の中村勘九郎をはじめ、半数以上が [全文を読む]

本格戦国シミュレーション小説! 『幸村軍戦記 3 下 大和郡山城の死闘』(津野田幸作=著)が、Kindleストアなど5電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2016年07月01日16時30分

―― 2013年9月18日(水)オープン!! ――ゴマブックスがプロデュースする電子書籍投稿サイト『BookSpace(ブックスペース)』http://www.ebksp.jp/ 【会社概要】会社名:ゴマブックス株式会社代表者:代表取締役 赤井 仁所在地:東京都港区南青山六丁目6番22号TEL:03-5468-8370FAX:03-5468-8371UR [全文を読む]

中村勘九郎×松坂桃李×大島優子、決死のアクション&キレキレの殺陣を披露

モデルプレス / 2016年06月09日12時00分

また、全国公開と同時期に、堤監督演出での舞台上演も決定し、さらに出版化の予定もされ「映画」「舞台」「小説」という映画、演劇界にとって初の試みが明かされた。 ◆大島優子、堤監督作品3作出演 大島は、堤監督作品3作目にして、本格時代劇初出演。佐助と才蔵(松坂)の幼馴染で、才蔵に対して密かな感情を抱きながらも、女忍びとして彼らの命を狙う”くのいち”火垂を演じるに [全文を読む]

松坂桃李「オワッ!ゾクッ!」キレキレの殺陣に手応え

Smartザテレビジョン / 2016年06月09日12時00分

さらに、出版化も同時期に予定されており、「映画」×「舞台」×「小説」というメディアミックスの最終形として、日本映画“最後の”超大作が出陣。このたび、メーキング満載の特別映像が公開された。 天下の名将と名高い真田幸村が実は“腰抜け”の武将であった、という人気脚本家・マキノノゾミが大胆な発想で手掛ける本作。幸村を本物の立派な武将に仕立てるため、猿飛佐助が超個 [全文を読む]

フォーカス