現在 真田広之に関するニュース

親権を持たないのは“悪い母親”か? 葉月里緒奈「奔放愛」、小日向しえ「浮気疑惑」、そして中山美穂

messy / 2017年05月16日23時00分

記事によると葉月は2015年に都内・高級住宅街に建つ地下1階・地上3階の豪邸を出ており、現在その家には別れた夫と現在12歳になる娘が住んでいるのだという。芸能関係者の話によると、葉月がこの事実を公表しなかったのは娘に迷惑がかかることを考慮したためだそう。離婚当時、娘は10歳。これから思春期に突入していくという年齢であるからして、葉月が「騒がれたくない」と考 [全文を読む]

【真田丸】大河で見る石田三成 「佞臣」から「悲劇の人」へ

しらべぇ / 2016年08月07日05時30分

■山本耕史の「三成」の魅力今現在放映されている『真田丸』の三成も話題を呼んでいる。演じているのは山本耕史。この三成はいかにも官僚タイプといった性格で、物事をはっきりと言うため冷酷にも見える。だが部下である真田信繁(幸村)のことを気遣っていて、彼が窮地に陥った時は助け舟を出してくれる。無表情だが、じつは優しい上司という位置付けだ。歴史は敗者に対して厳しい。敗 [全文を読む]

NHK朝ドラ女優「表舞台から静かに去って…」

アサ芸プラス / 2013年06月25日10時00分

さまざまな事情を抱えた美女たちの歴史と現在を大追跡。意外な姿、知られざる秘話をスクープ発掘した。 昨年の「梅ちゃん先生」に続き、「あまちゃん」が快進撃を見せる朝の連続ドラマ。1961年のスタートからこれまで延べ87作品、次々にヒロインが誕生した。だがその陰で、静かに表舞台から去っていく姿も‥‥。 * 朝ドラをステップにビッグチャンスを手にした女優の代表格と [全文を読む]

「仕事を選んでいる場合じゃない?」鈴木京香が元恋人・堤真一との共演を決断した理由

日刊サイゾー / 2012年04月28日08時00分

おまけに、鈴木はネット上で嫉妬に狂った山田のファンから袋叩きにされてしまった」(テレビ関係者) 鈴木はこれまで自ら確立してきた"ブランド"に陰りが見え始め、「現在、個人事務所に所属しているが、ドラマ・映画のブッキングに強い大手事務所への移籍を切望しているという話も聞こえる」(同)というから、かなり崖っぷちのようだ。そんな現状を打破するためか、かつて交際し「 [全文を読む]

女優たちの「初濡れ場」メモリアル(3)薬師丸ひろ子が挑んだ真田広之とのラブシーン

アサ芸プラス / 2017年04月04日12時57分

現在、トップ級のアイドル女優は当時17歳。体当たりで難役に挑んでいたことは称賛ものである──。 [全文を読む]

ローラに窪塚洋介…日本人のハリウッド進出ラッシュに明暗

デイリーニュースオンライン / 2015年10月23日08時00分

現在ハリウッドで活躍する日本人といえば ハリウッドに進出した日本人といえば、『インセプション』『GODZILLA ゴジラ』に出演した渡辺謙(55)を思い起こす人も多いだろう。事実、渡辺は今年ミュージカル『王様と私』でトニー賞・ミュージカル部門主演男優賞にノミネートされるという快挙も達成している。 だが実際、ハリウッドに“定着”したとなれば、真田広之(55 [全文を読む]

結婚目前カップル・鈴木京香と長谷川博己が同棲解消 “鈴木京香の恋人”という肩書きに嫌気?

messy / 2015年07月16日18時00分

記事によれば、長谷川は現在、鈴木のマンションから歩いて20分ほどのところにある別宅で暮らしているという。彼は昨年夏から仕事部屋としてこの部屋を借りたが、その時点では鈴木との同棲は続いていた。しかし、今年は年内の公開を控える映画『MOZU』の撮影などで忙しい長谷川と、今年に入ってからは仕事をセーブし、主演映画『おかあさんの木』のPRと、1~3月に放送された [全文を読む]

真田広之も出演の全米大ヒットドラマ、dビデオ®にて配信決定

Entame Plex / 2014年10月23日12時00分

現在、dビデオ® powered by BeeTVでは本作のオリジナル予告編を公開中。また本作を見れるのはdビデオ® powered by BeeTVだけとなっており、第一話は会員以外でも視聴可能になっているとのこと。 © 2014 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved. [全文を読む]

『ウルヴァリン:SAMURAI』真田広之、「ヒュー・ジャックマンとは1カットで分かり合う仲」

AOLニュース / 2013年09月25日12時08分

『ウルヴァリン:SAMURAI』より 実際にヒューと仕事をしたことで、「今回で改めて彼の魅力、現在のポジションを築いた大きな要因を知ったと思います」と語る真田。しかもそれは、長期間の撮影を通してではなく、"一瞬"のことだった。「現場でカメラを前にして対峙すると、一番、相手のことがわかるような気がします。まさしく10年の飲み友達よりも、1カットを一緒にやる [全文を読む]

「ギャラの9割+運転手」を要求!! 鈴木京香がケイダッシュに仰天売り込みで門前払い

日刊サイゾー / 2012年01月30日08時00分

鈴木京香という"ブランド"は非常に魅力的だったものの、あまりにかけ離れた要求だったので、交渉のしようもなかったようですが」(前同) 現在、『理想の息子』(日本テレビ系)で「私のために立派に育って家を買え!」と息子を操縦する母親役を熱演中だが、プライベートとあまり変わりがないようだ。【関連記事】・「ついに真田広之とゴール!?」鈴木京香が事務所辞めLAに豪邸購 [全文を読む]

葉月里緒奈の離婚で蒸し返される「イチローとの交際」「壺投げつけ事件」って!?

日刊サイゾー / 2017年05月29日07時00分

葉月の母親が『誰かが娘に嫌がらせをしている』と騒ぎ立てましたが、結局、現在まで真相はやぶの中です」 離婚を機に、葉月が芸能活動を本格化させるにつけ、こうした“過去”がまたぞろ蒸し返されるかもしれない。 [全文を読む]

葉月里緒奈 芸能界復帰で「遠野なぎこ枠」を奪い取る!?

アサ芸プラス / 2017年05月20日17時59分

二度目の結婚後、目立った芸能活動を行っていなかった葉月だが、独り身となった現在、芸能界復帰に意欲を見せているようだ。「本格復帰に向けて、彼女の事務所も着々と動いているようですよ」と語るのは放送作家。「今年3月、日テレ系の『結婚して幸せ!?世界ビックリ人間の妻たち 波乱万丈レポーターが密着SP』という番組にレポーターとして出演して、業界内でも話題になりまし [全文を読む]

「炎上タレント枠」狙い!? “元祖魔性の女”葉月里緒奈が極秘離婚で本格復帰へ

日刊サイゾー / 2017年05月18日09時00分

所属事務所が猛烈に営業をかけていたようです」(テレビ関係者) その時点で葉月は「過去の人」という扱いだったが、近年のテレビ界のトレンドは、現在・過去を問わず“お騒がせタレント”の再イジリに向かっている。 「フジテレビの『バイキング』がいい例。片っ端から炎上タレントを起用して、視聴率を稼いでいる。そう考えると“元祖魔性の女”である葉月さんは打ってつけ。これか [全文を読む]

元議員の圧力とゴリ押しで東京五輪開会式の演出が大迷走!?「小池知事が賛成なら、俺は絶対反対だ!」

週プレNEWS / 2017年02月05日06時00分

ただ、大物のようですが、予算枠5億円は守れますかね?」 元議員「だから、予算枠は20億だと何度も言ってるだろう! それに、もし小池知事がそいつの起用に賛成なら、俺は絶対反対だからな!」 どうやら現在、この元議員が口を開くたび勉強会の迷走が深まる状況のようだ。参加者のひとりが苦笑する。 「小池知事と森会長のバトルが終結しない限り、演出家も決まらないのでは。い [全文を読む]

「第2回 あなたが選ぶ海ドラアカデミー賞!!」

PR TIMES / 2016年12月05日10時40分

ここでしか聞けない裏ネタ満載の“海ドラ10大ニュース”や、クイズ当選者にはプレゼントもあり!現在、海ドラカフェのHP(http://kaidracafe.com/)にて参加者(参加無料)を募集中。 【キャンペーン実施概要】 ・キャンペーン名:「第2回あなたが選ぶ海ドラアカデミー賞!!」 ・キャンペーンURL: http://cdvnet.info/kd20 [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(2)観月ありさが「高校教師」女子高生役を断った理由

アサ芸プラス / 2016年09月11日17時57分

同じく現在、騒動に見舞われているのは高島礼子である。出世作となった「さまよえる脳髄」(93年、ヒーロー)は、映画初出演にして、神田正輝に「ガラス窓に乳房を押しつけられる」激しいカラミも披露。一気に知名度を上げ、テレビや映画で売れっ子になった。ところが‥‥、「最初は秋吉久美子に決まっていて、撮影もスタートしたんです。ところが、クランクイン直後に『降りる!』 [全文を読む]

阿部寛・堤真一・椎名桔平から内村光良まで! “東京オリンピック生まれ”は良い男だらけ

ガジェット通信 / 2016年09月01日17時00分

4年後の「東京オリンピック」へ期待が高まる中、東京で初めてオリンピックが開催された1964年に生まれた、現在52歳の”東京オリンピック生まれ”のメンツが良い男だらけですので、皆さんにご報告したいと思います。 1:『疾風ロンド』『恋妻家宮本』……常に次回作が途切れない個性派俳優・阿部寛 持前の彫りの深い顔立ちとスタイルの良さを生かしてローマ人を演じることも [全文を読む]

時代劇研究家が選ぶ大河ドラマBEST10 6位~10位

NEWSポストセブン / 2016年08月20日16時00分

現在放送中の大河ドラマ『真田丸』は好評を博しているが、歴代最高の大河ドラマは何なのか? 時代劇研究家・春日太一氏とともに50年超の放送史を振り返り、名作を完全ランキング化した。春日氏が選んだベスト10の中から、6位~10位の作品を春日氏の寸評(「」内)とともに紹介しよう。【6位『太平記』(1991年)】主演/真田広之(足利尊氏)、原作/吉川英治、脚本/池端 [全文を読む]

手塚理美が真田と復縁希望!「恨みもつらみもない」と告白

しらべぇ / 2016年07月08日18時30分

現在はそれぞれの道を歩んでいるがお互いに再婚はしておらず、離婚後も年に数回子供を含めた家族で食事会などを開いている。そのような理由から「こんなに会っているならヨリを戻してもいいかな、と思う」とコメント。さらに「嫌いで別れたわけではないし、恨みつらみもない」と発言した。当時を知るものにとっては衝撃的だ。■離婚後に仲良くできる人は少ない普通なら離婚した旦那とヨ [全文を読む]

真田広之の理想の“老い方”とは?深作欣二監督との思い出も明かす

Movie Walker / 2016年03月16日16時22分

現在、55歳となった真田。「年齢に抗うのではなく、心のシワをどう刻んでいくかが課題」というが、そのためには「人間としても俳優としても目の前にあること、今しかできないことをしっかりと背負って立って生きていく。地に足をつけて生きていくことしかないと思うんです」とじっくりと語る。「そしてその先に、素晴らしい老い方ができればいい。どんな老人になるかは、今の積み重ね [全文を読む]

フォーカス