結婚 真木よう子に関するニュース

“決断できない女”になってない? 男をイライラさせる「優柔不断女度」をチェック

ウートピ / 2015年05月13日18時00分

でもなぜか結婚に至らない……」このような悩みを抱えるアラサー女子は多いのでは? 映画『脳内ポイズンベリー』の主人公いちこ(真木よう子)もそのひとりです。表向き結婚を望んではいませんが、年下の彼氏を得て、30才という年齢に焦りを感じている様子が映画から垣間見られます。とはいえ、いちこみたいな女って、なかなか結婚できないかも……。彼氏はできても結婚できない女性 [全文を読む]

椿鬼奴、真木よう子、宇多田ヒカル…「格差婚」の定義、そもそもおかしくない?

messy / 2016年05月05日23時00分

昨年、後輩芸人の「グランジ」佐藤大(36)と結婚した鬼奴は、「妊娠ではなく幸せ太りです」とマスコミに対応。夫婦生活について「ご飯は作ってくれるし、家事もやってくれるいい主人なんです」「ちょっと収入がねぇ、少ないんで。その分、私が補填してます」と話した。 鬼奴と佐藤は13年来の友人だったが、お互い酒飲みということで意気投合し、交際1年4カ月で婚約。ただ交際中 [全文を読む]

真木よう子離婚で注目、深刻な「夫が低収入」問題 ケチくさい夫にウンザリ…

Business Journal / 2015年09月30日22時00分

結婚6年10カ月での離婚となったが、その理由について、一部では女優として順調な活躍をみせる真木と夫の「収入格差」が背景にあったとも報じられているが、過去に離婚した芸能人カップルでもこの収入格差が取り沙汰されたケースは多い。 「有名どころでは、藤原紀香・陣内智則、宮崎あおい・高岡奏輔、三原じゅん子・ハッピハッピーといったところでしょうか。歌手のダイアモンド [全文を読む]

デート・◯◯妻・レストラン!あの人気ドラマのあらすじと後半戦の注目ポイントを大公開!

ANGIE / 2015年02月21日08時59分

これさえ読めば、途中からでも人気のドラマを楽しめること間違いなし! 恋をしなくても結婚するって!?【デート〜恋とはどんなものかしら〜】 Photo by「デート~恋とはどんなものかしら~」公式HP 東大の大学院卒の国家公務員・藪下依子(杏)、自分の計画したペースで動く超合理主義者の自称「高等遊民」のニート谷口巧(長谷川博己)の物語。 それぞれ「恋愛」とは [全文を読む]

2位竹内結子「バツイチでもモテモテだと思う女性芸能人」1位の50歳は

VenusTap / 2016年07月20日12時40分

もちろん芸能界にも離婚経験者は多く、中には過去記事「5位舛添要一!結婚回数多すぎて“結婚に向いてない”と思う有名人1位」で紹介したように、2度3度と経験しているツワモノも。かつて離婚歴は、とくに女性においては“出戻り”などと言われ、世間から冷たい視線を浴びせられることも。しかし、いまや離婚に対するイメージは変わり、バツがついていても恋愛を謳歌している人も多 [全文を読む]

瑛太に長塚圭史…「格差離婚」した真木よう子の男遍歴

デイリーニュースオンライン / 2015年10月01日12時00分

11月7日公開の映画『劇場版 MOZU』にも出演している女優・真木よう子(32)が9月25日、2008年に結婚した元俳優・片山怜雄(33)と離婚したことが明らかになった。以前からすれ違いが報じられていた夫婦だったが、関係者の間では片山の“ヒモっぷり”が真木よう子に離婚を決断させたという話が広まっている。 2人が出会った頃、真木は既に多くのドラマや映画に出演 [全文を読む]

2013年100大予測(3)黒木メイサ、上戸彩「離婚・不倫ダービー」

アサ芸プラス / 2013年01月16日10時00分

「もともと三浦皇成(22)の周囲から反対されたうえでの結婚。三浦はタニマチから若い女を紹介されることが多く、ステマ騒動も相まって浮気に拍車がかかり、ほしのが捨てられる可能性大です」(芸能関係者) さらに第三子を妊娠中ながら“仮面夫婦”の噂が絶えないのが、元モー娘の辻希美(25)だ。芸能評論家の三杉武氏が言う。 「辻も夫の杉浦太陽(31)も遊び好きで、結婚 [全文を読む]

また?3位紗栄子…何度デキ婚しても驚かない女性芸能人ランキング

VenusTap / 2016年12月09日21時40分

“おめでた婚”、“授かり婚”とも言われるようになり、すっかり結婚の前向きなきっかけの1つになった感もある“できちゃった婚”(以下、デキ婚)。特に芸能人は、妊娠発覚と同時に結婚するカップルがよく見られます。しかも何度も離婚と“デキ婚”を繰り返すという強者も! そうなると、さすがに驚かなくなりますよね。そこで今回『VenusTap』では、一般男女500名に「“ [全文を読む]

真木よう子 7年目の離婚の背景に「専業主夫とのスレ違い」

NEWSポストセブン / 2015年10月01日07時00分

3年の交際を経て、2008年11月に結婚を発表。その時、真木のお腹の中には長女(6才)がいた。 当時、真木は『ベロニカは死ぬことにした』や『ゆれる』などの名作映画で濡れ場に挑戦し、ドラマ『SP』(フジテレビ系)では激しいアクションに挑むなど、着実に演技派女優の道を進んでいた。 一方の片山氏も『WATER BOYS』(フジテレビ系2003年)など話題のドラマ [全文を読む]

常盤貴子、長塚圭史と離婚できないのは「まれ」の貞淑な妻役が原因?

アサ芸プラス / 2015年08月21日09時59分

「常盤は劇作家にして演出家、そして俳優の長塚圭史と6年前に結婚しました。03年に公開された映画『阿佐ヶ谷スパイダーズ』での共演が出会いのきっかけとなり、それから6年の交際を経てのゴールインとなったのですが、なにせ長塚氏の女癖がひどくて‥‥」 そう語るのは、二人をよく知る舞台関係者。彼によると、結婚前から長塚氏には女性の噂が絶えず、いろんな女性とデートする姿 [全文を読む]

フォーカス