小説 水嶋ヒロに関するニュース

【ウラ芸能】田中聖、外野の声にカン違い

NewsCafe / 2015年07月31日15時00分

デスク「とうとう累計発行部数が144万部だってな」記者「お笑い界初の芥川賞作家となったピース・又吉直樹(35)のことですね」デスク「芸能界も出版界も二匹目のドジョウを狙って、売れる小説を書いてくれそうな芸能人の名前が次々上がってる…」記者「劇団ひとり(38)や爆笑問題・太田光(50)あたりが本気出せばひょっとしたら…って思わないでもないですね」デスク「お笑 [全文を読む]

『等伯』で直木賞の安部龍太郎氏 家狭く便所で執筆した過去

NEWSポストセブン / 2013年01月22日16時00分

「歪んで伝えられている日本の歴史を少しでも是正できるような仕事ができたら、というのが小説を書く大きなモチベーションです」 “史上最年長”と“戦後最年少”が話題になった第148回芥川賞・直木賞の合同会見で、最後に登壇した安部龍太郎氏(57歳)は、ベテラン作家らしく貫禄十分に語った。 しかし、前回直木賞候補になったのは第111回というから実に19年前。なので「 [全文を読む]

「カッコ良すぎ!」「激ヤセしてトカゲっぽさが…」3年ぶりにバラエティ出演で話題の水嶋ヒロ

メンズサイゾー / 2013年09月10日21時30分

その後には、匿名で小説を投稿して新人賞を獲得して作家デビューまでしていますし、水嶋ヒロというブランドは、なかなか簡単には廃れませんね。当時の事務所離脱にしろ作家デビューにしろ、いろいろ憶測は飛び交っていますが、そういった騒動も含めて、水嶋ヒロという名前に付加価値がついたんでしょう。ネット上で話題になるというのも、そうした経緯があったからといえます。良くも悪 [全文を読む]

ハルキスト猛反発中!? 爆笑問題・太田光“村上春樹叩き”の是非

日刊サイゾー / 2013年05月14日11時00分

その後は事あるごとに批判的な見解を述べており、10年ほど前にも同ラジオ番組の中で「村上春樹の小説は中身がない。よくわからない。でも自分の好きな海外の小説家が“ムラカミは面白い”と言ってるから、わかんない自分が悪いのかもしれない。そのことで悩むこともある」と発言。 数年後には「あんなのは海外小説のパクリだ。見せかけだ。クソだ。村上、お前だよお前、お前が純文 [全文を読む]

村上春樹 32年前の「最高傑作」で日中関係暗示していたとの評

NEWSポストセブン / 2012年10月13日16時00分

数々の長編作品が世界中で話題を集めていますが、その真骨頂は、長い演説のようになりがちな恋愛長編小説よりも、むしろ、人と人、人と社会との関係を一瞬に、そして鮮やかに切り取る短編小説にこそ詰まっている――私はそう思います。 あなたにとって村上作品の最高傑作は何か?と聞かれたら、私は迷わずこう答えます。 「中国行きのスロウ・ボート」(1980年4月 『海』)と。 [全文を読む]

「CLOとか、ブランディングディレクターとか……」水嶋ヒロ“ビジネスモード”の違和感

日刊サイゾー / 2016年12月19日23時30分

水嶋に付きまとう“中途半端感”は言うまでもなく、小説の第2作目が一向に発表されないこと。 「10年に執筆活動に専念したいと所属事務所を辞めたその1ヵ月後、処女小説の『KAGEROU』が第5回ポプラ社小説大賞を受賞しました。なのに次作は発表されないままですからね。文学賞受賞なんて、出版社が話題づくりのために下駄を履かせただけなのに、本人だけがわかっていない。 [全文を読む]

押切もえの小説『永遠とは違う一日』、「山本周五郎賞」受賞で、「又吉コース」をたどれるか、それとも「水嶋ヒロ」コースか!?

おたぽる / 2016年05月12日22時00分

歴史ある文学賞「山本周五郎賞」の候補作に、モデルでタレントの押切もえが執筆した小説『永遠とは違う一日』(新潮社)がノミネートされ、話題となってから1カ月弱。いよいよ受賞作発表が来週16日(月)に迫り、動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、「第29回三島由紀夫賞・山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)の選考会が独占生中継されることも決まった [全文を読む]

第2の「又吉」の可能性

NewsCafe / 2016年05月04日16時00分

モデルの押切もえ(36)が書いた小説「永遠とは違う一日」(新潮社)が、山本周五郎賞の候補作品にノミネートされ話題になっている。 5月16日の選考会で受賞を果たせば、芥川賞を受賞したピースの又吉直樹(35)に続いて芸能界からは2年連続での快挙となるが、押切の受賞の可能性はどうなのか? 「もしかしたら、受賞するかもしれません」と言うのは全国紙の文芸担当の記者。 [全文を読む]

仲里依紗の夫・中尾明慶が“デキ婚“への芸能界の圧力を暴露? なんで産んじゃいけないんだ!との怒りを小説で

リテラ / 2016年02月23日08時00分

俳優の小説家デビューといえば、約5年前に『KAGEROU』(ポプラ社)が話題になった水嶋ヒロや、最近ならNEWSの加藤シゲアキの名が思い浮かぶが、昨月、意外な俳優が処女小説を発表し、にわかに話題となっている。その人物とは、中尾明慶だ。 中尾といえば2000年に子役でデビューし、『3年B組金八先生』『GOOD LUCK!!』(TBS)など数々のドラマに出演。 [全文を読む]

【ウラ芸能】水嶋ヒロ、結局作家は廃業?

NewsCafe / 2013年09月16日15時00分

デスク「しばらく鳴りを潜めていた俳優で大ベストセラー作家の水嶋ヒロ(29)が復活したって?」記者「人気漫画が原作の映画『黒執事』(来年1月公開)に主演していおり、その宣伝で露出を増やしていて、先日『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、本人によれば3年以上ぶりのバラエティー出演を果たしました」デスク「ずいぶんブランクがあった感じだけど…」記者「改めて水嶋の [全文を読む]

フォーカス