小説 水嶋ヒロに関するニュース

【ウラ芸能】田中聖、外野の声にカン違い

NewsCafe / 2015年07月31日15時00分

デスク「とうとう累計発行部数が144万部だってな」記者「お笑い界初の芥川賞作家となったピース・又吉直樹(35)のことですね」デスク「芸能界も出版界も二匹目のドジョウを狙って、売れる小説を書いてくれそうな芸能人の名前が次々上がってる…」記者「劇団ひとり(38)や爆笑問題・太田光(50)あたりが本気出せばひょっとしたら…って思わないでもないですね」デスク「お笑 [全文を読む]

『等伯』で直木賞の安部龍太郎氏 家狭く便所で執筆した過去

NEWSポストセブン / 2013年01月22日16時00分

「歪んで伝えられている日本の歴史を少しでも是正できるような仕事ができたら、というのが小説を書く大きなモチベーションです」 “史上最年長”と“戦後最年少”が話題になった第148回芥川賞・直木賞の合同会見で、最後に登壇した安部龍太郎氏(57歳)は、ベテラン作家らしく貫禄十分に語った。 しかし、前回直木賞候補になったのは第111回というから実に19年前。なので「 [全文を読む]

「カッコ良すぎ!」「激ヤセしてトカゲっぽさが…」3年ぶりにバラエティ出演で話題の水嶋ヒロ

メンズサイゾー / 2013年09月10日21時30分

その後には、匿名で小説を投稿して新人賞を獲得して作家デビューまでしていますし、水嶋ヒロというブランドは、なかなか簡単には廃れませんね。当時の事務所離脱にしろ作家デビューにしろ、いろいろ憶測は飛び交っていますが、そういった騒動も含めて、水嶋ヒロという名前に付加価値がついたんでしょう。ネット上で話題になるというのも、そうした経緯があったからといえます。良くも悪 [全文を読む]

ハルキスト猛反発中!? 爆笑問題・太田光“村上春樹叩き”の是非

日刊サイゾー / 2013年05月14日11時00分

その後は事あるごとに批判的な見解を述べており、10年ほど前にも同ラジオ番組の中で「村上春樹の小説は中身がない。よくわからない。でも自分の好きな海外の小説家が“ムラカミは面白い”と言ってるから、わかんない自分が悪いのかもしれない。そのことで悩むこともある」と発言。 数年後には「あんなのは海外小説のパクリだ。見せかけだ。クソだ。村上、お前だよお前、お前が純文 [全文を読む]

村上春樹 32年前の「最高傑作」で日中関係暗示していたとの評

NEWSポストセブン / 2012年10月13日16時00分

数々の長編作品が世界中で話題を集めていますが、その真骨頂は、長い演説のようになりがちな恋愛長編小説よりも、むしろ、人と人、人と社会との関係を一瞬に、そして鮮やかに切り取る短編小説にこそ詰まっている――私はそう思います。 あなたにとって村上作品の最高傑作は何か?と聞かれたら、私は迷わずこう答えます。 「中国行きのスロウ・ボート」(1980年4月 『海』)と。 [全文を読む]

「CLOとか、ブランディングディレクターとか……」水嶋ヒロ“ビジネスモード”の違和感

日刊サイゾー / 2016年12月19日23時30分

水嶋に付きまとう“中途半端感”は言うまでもなく、小説の第2作目が一向に発表されないこと。 「10年に執筆活動に専念したいと所属事務所を辞めたその1ヵ月後、処女小説の『KAGEROU』が第5回ポプラ社小説大賞を受賞しました。なのに次作は発表されないままですからね。文学賞受賞なんて、出版社が話題づくりのために下駄を履かせただけなのに、本人だけがわかっていない。 [全文を読む]

押切もえの小説『永遠とは違う一日』、「山本周五郎賞」受賞で、「又吉コース」をたどれるか、それとも「水嶋ヒロ」コースか!?

おたぽる / 2016年05月12日22時00分

歴史ある文学賞「山本周五郎賞」の候補作に、モデルでタレントの押切もえが執筆した小説『永遠とは違う一日』(新潮社)がノミネートされ、話題となってから1カ月弱。いよいよ受賞作発表が来週16日(月)に迫り、動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、「第29回三島由紀夫賞・山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)の選考会が独占生中継されることも決まった [全文を読む]

第2の「又吉」の可能性

NewsCafe / 2016年05月04日16時00分

モデルの押切もえ(36)が書いた小説「永遠とは違う一日」(新潮社)が、山本周五郎賞の候補作品にノミネートされ話題になっている。 5月16日の選考会で受賞を果たせば、芥川賞を受賞したピースの又吉直樹(35)に続いて芸能界からは2年連続での快挙となるが、押切の受賞の可能性はどうなのか? 「もしかしたら、受賞するかもしれません」と言うのは全国紙の文芸担当の記者。 [全文を読む]

仲里依紗の夫・中尾明慶が“デキ婚“への芸能界の圧力を暴露? なんで産んじゃいけないんだ!との怒りを小説で

リテラ / 2016年02月23日08時00分

俳優の小説家デビューといえば、約5年前に『KAGEROU』(ポプラ社)が話題になった水嶋ヒロや、最近ならNEWSの加藤シゲアキの名が思い浮かぶが、昨月、意外な俳優が処女小説を発表し、にわかに話題となっている。その人物とは、中尾明慶だ。 中尾といえば2000年に子役でデビューし、『3年B組金八先生』『GOOD LUCK!!』(TBS)など数々のドラマに出演。 [全文を読む]

【ウラ芸能】水嶋ヒロ、結局作家は廃業?

NewsCafe / 2013年09月16日15時00分

デスク「しばらく鳴りを潜めていた俳優で大ベストセラー作家の水嶋ヒロ(29)が復活したって?」記者「人気漫画が原作の映画『黒執事』(来年1月公開)に主演していおり、その宣伝で露出を増やしていて、先日『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、本人によれば3年以上ぶりのバラエティー出演を果たしました」デスク「ずいぶんブランクがあった感じだけど…」記者「改めて水嶋の [全文を読む]

水嶋ヒロが俳優復帰作で大ヒンシュク “超俺様”態度にスタッフあぜん

メンズサイゾー / 2013年04月07日08時00分

その後は小説『KAGEROU』(ポプラ社)で作家デビューし、11年にGIRL NEXT DOORのPVで原作・脚本・出演を務めるなど活動の場を模索していた。妻・絢香と提携するエイベックスのサポートもあって、今回の映画主演で水嶋は晴れて芸能界復帰を果たすことになる。 この映画出演に関しては、原作者の枢氏が水嶋の主演を条件に実写化を承諾したとされ、共同監督を務 [全文を読む]

島田荘司の最新作は前衛的かつ型破り 驚天動地のエピローグ

NEWSポストセブン / 2012年11月16日07時00分

小説のなかにもうひとつの小説がある。 読者はここまでなんとかミステリを読んで来たのに突然、別の小説へ入りこんだ気分になる。そして驚天動地のエピローグ。詳しく書くことは許されないがここまでは書いてもいいだろう。戦争と原爆、アルカトラズとわが日本の軍艦島(端島)が結びついた時、この傑作の全容が……。 ※週刊ポスト2012年11月23日号 【関連ニュース】65万 [全文を読む]

榮倉奈々の妊娠に周囲困惑?身勝手な”第2の水嶋ヒロ化”の懸念

デイリーニュースオンライン / 2017年03月20日11時45分

その後、水嶋は2010年に事務所を退所、同年には小説『KAGEROU』を本名の名義で出版したり、2014年には映画『黒執事』に出演するなどもあったものの、その後の俳優活動はほとんどなく事実上の引退状態となっている。 「妊娠することは本来ならおめでたい話ですが、きちんと事務所と段取りを組むべき。事務所側は、かつての水嶋のような行動に『またか』とかなり怒ってい [全文を読む]

ヒモ? 実業家? 小説家? 謎の“CLO”就任の水嶋ヒロに「何がしたいのかサッパリ」の声

日刊サイゾー / 2016年06月05日12時00分

迷走の一言に尽きますね」(芸能ライター) 水嶋の“脱芸能”志向の根源となっているのは、なんといっても10年に処女小説の『KAGEROU』が第5回ポプラ社小説大賞を受賞したことだろう。これを機に、執筆活動に専念したいと所属事務所を辞めたものの、2作目は一向に発表されず、現在に至っている。 「文学賞受賞なんて、出版社が話題作りのために下駄を履かせただけなのは一 [全文を読む]

ヒモ亭主を返上?水嶋ヒロ、転職サイトの役員就任で泥沼の迷走へ

デイリーニュースオンライン / 2016年06月04日17時07分

もともと所属していた事務所・研音も退職し、小説家に転身すると発表してからはすっかり表舞台から姿を消してしまった。 「本人としては“表現者”という言い方をしていましたが、小説も2010年に発表した『KAGEROU』(ポプラ社)以降公に作品が発表されたわけではありません。また俳優としても2014年に映画『黒執事』に主演をつとめて復帰作とされていましたが、こちら [全文を読む]

山本周五郎賞ノミネートの押切もえ、「第2の又吉」か「水嶋ヒロコース」か

日刊サイゾー / 2016年04月26日13時00分

モデル・押切もえの2作目の小説『永遠とは違う一日』(新潮社)が、山本周五郎賞にノミネートされた。同作は文芸誌「小説新潮」に連載された6本の短編集で、仕事や恋愛、結婚など、人生の岐路に立つ女性の心情を描いている。 同賞の候補作はほかに、湊かなえ氏『ユートピア』(集英社)や相場英雄氏の『ガラパゴス』(小学館)など。受賞できるかどうかはさておき、押切サイドが狙う [全文を読む]

水嶋ヒロをまだ「ヒモ扱い」して罵倒したい連中の男性観

messy / 2016年04月24日21時00分

水嶋は小説「KAGEROU」(ポプラ社)で鮮烈な作家デビューを果たしたが、その後は作品を発表しておらず、絢香の仕事に帯同することが多いという。この“だらしない夫”に絢香がシビレをきらした、というのだが。 へえそうなんだ、そりゃそうだよね、と納得できる流れではない。普通に見れば、絢香はエイベックスが本格的にマネジメントを担当すべく移籍となっただけのことで、水 [全文を読む]

水嶋ヒロが愛娘と絢香リハ現場見学…“ヒモ芸”も板についてきた!?

デイリーニュースオンライン / 2015年12月23日16時00分

同年10月に、本名の「齋藤智裕」名義で執筆した小説『KAGEROU』(ポプラ社)で「第5回ポプラ社小説大賞」を受賞したが、未だ次作の発表はない。 また、水嶋は2014年の映画『黒執事』で久々に俳優復帰し、主演と同時に共同プロデューサーも兼任したが、同作品は酷評を浴びた。妻の絢香が妊娠中にアルバムをリリースしたり、出産から半年経たずにコンサートツアーを決行し [全文を読む]

水嶋ヒロのイクメン披露に皮肉コメントが殺到「さすがプロのヒモ師」

デイリーニュースオンライン / 2015年11月28日12時00分

しかし、一部からは「さすがプロのヒモ師」「嫁のマネージャー?」「セルフプロデュースこじらせた小説家志望の元俳優の顔に見える」と笑えない皮肉が飛んでいる。 一方、絢香は出産後に元気に音楽活動を再開し、新曲「A Song For You」を発表。現在は、全国ツアー「レインボーロードTOUR 2015-2016 〜道は続くよ〜」で日本中を駆け回っている。水嶋は妻 [全文を読む]

ピース・又吉直樹、芥川受賞で文芸編集者がウワサする「疑惑の候補作選び」

サイゾーウーマン / 2015年07月24日13時00分

初めて書いた長編小説『火花』(文藝春秋)で第153回芥川賞を射止めたお笑いコンビ・ピースの又吉直樹。同作の単行本累計発行部数は124万部を記録し、まだまだ伸びる勢いだ。しかし、今回の又吉受賞に関しては、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスター・古舘伊知郎が「芥川賞と本屋大賞の区分けがなくなってきた感じがするんですけど」と苦言を呈すなど、「話題作り先 [全文を読む]

フォーカス