仕事 水嶋ヒロに関するニュース

水嶋ヒロをまだ「ヒモ扱い」して罵倒したい連中の男性観

messy / 2016年04月24日21時00分

先日「週刊文春」(文藝春秋)が、<ママ歌姫絢香が仕事ゼロのヒモ夫水嶋ヒロを追い出した!>という見出しの小記事を掲載した。2009年に結婚してからほぼ俳優としての活動をしていない水嶋ヒロ(32)を、結婚・出産にかかわらず歌手活動を継続して売り上げを伸ばす絢香(28)の「ヒモ」と嘲笑する声は一向に止まない。 09年、交際8カ月で結婚を発表。会見で水嶋は「恋愛の [全文を読む]

俳優の「育休宣言」をヒモ呼ばわり…「働く男」へのまなざしは変わらないのか?

messy / 2015年05月26日18時30分

いずれは仕事に復帰する考えのようだ。育休夫はヒモではないんですが 妻の大渕愛子も、夫の育児休業についてブログで言及している。息子が生まれてからの2カ月間は「私が主に育児をして仕事を控えていた」ため、「彦さん(=金山)が率先して、『次は自分が主に育児を』と言ってくれました。とは言っても、2人でやっていくんですけどね」と説明する大渕。両親で協力して子供を育て、 [全文を読む]

水嶋ヒロ「リゾートイクメン姿」に、羨望のまなざし

日刊大衆 / 2017年02月09日20時00分

こうした俳優以外の活動が目立つ水嶋は、今年に入ってインスタグラムで仕事関連で訪れたモルディブからの写真を多数投稿。1月31日に更新されたブログでは、2週間ほどの旅行を終えたことを報告し、「旅は人との繋がりだけじゃなく、自分のなかの何かも確実に拡げてくれる」とつづった。 「イケメン俳優として人気を博した水嶋ですが、モルディブ滞在中に投稿した写真は、娘さんと [全文を読む]

水嶋ヒロのイクメンぶりに女子ため息! でも、イクメンって実際どうなの?

アサジョ / 2016年04月02日17時58分

「1歳から保育園に預けて妻も仕事を続けているのですが、どちらかがお迎えに行くために時短勤務は必要だったんです。最初は先輩たちも応援してくれていたんですけど、40代以上の部長や役員には渋い顔をされました。『仕事を大切に思っているのか』って‥‥。結果、居づらくなって退社、去年から自分で小さな会社を立ち上げました」 男性が育児参加すると、どうしても上司からの評価 [全文を読む]

絢香と水嶋ヒロにすきま風?三下り半で共同事務所が分裂へ

デイリーニュースオンライン / 2016年04月28日12時10分

歌手の絢香(28)と水嶋ヒロ(32)の仕事よりも愛を貫いた姿勢は、2009年の結婚当時、高く評価された。しかし、6年が経過した今、2人の間には溝ができているという指摘もある。「週刊文春」が絢香と水嶋ヒロの事務所分裂を報じたのだ。 2人は2009年2月に結婚。同年12月に絢香が、翌年10月には水嶋が当時の所属事務所・研音を退社し、以降2人は、絢香の親族とエイ [全文を読む]

「ヒモ夫」の迷走か正しい選択か。水嶋ヒロの海外進出に賛否

messy / 2015年08月19日19時00分

また一緒に仕事ができることを願っている」と絶賛。水嶋が出演する『GIRLS』シーズン5は、スターチャンネルにて来年放送予定。 水嶋の俳優としての活動は、2014年の主演映画『黒執事』以来だが、それが海外作品への出演ということで大きな注目を浴びている。ネットでも話題になり、「頑張ってほしい」「帰国子女で英語もできるし海外ドラマはピッタリ」と応援の声がある一方 [全文を読む]

広末涼子バツ2危機!? すれ違いから別居準備へ

メンズサイゾー / 2012年07月25日17時00分

結婚前は、彼の主催するイベントや出演する野外フェスに広末もついていき、どこでも一緒という感じでしたが、次男がまだ幼いうえ仕事も普通にこなしていたら、以前のようにはいきません。特に3.11の大震災以降、キャンドル・ジュン氏は東北の復興活動に力を入れていて、毎月頻繁に被災地を訪問しているためあまり自宅にいられない。夫婦それぞれに別の仕事をしているのだから、すれ [全文を読む]

榮倉奈々の妊娠に周囲困惑?身勝手な”第2の水嶋ヒロ化”の懸念

デイリーニュースオンライン / 2017年03月20日11時45分

これ以上問題を起こすようなら、水嶋ヒロ同様に業界から消えてしまう可能性も否定できません」(芸能関係者) 出家騒動で話題となった清水富美加(22)も「干されてしまうという恐怖の中で仕事をしていた」と発言していたが、芸能人にとって芸能事務所は仕事をする上で、なくてはならない存在でもある。自分の幸せを叶えることは大変いいことだが、仕事をしている以上は周囲に迷惑を [全文を読む]

第1子誕生の水嶋ヒロ、“現場での悪評”と“絢香の束縛”で「一生ヒモになるしかない?」

日刊サイゾー / 2015年06月25日11時00分

しかしなかなか第2作が出ず、俳優として再起をかけた主演映画『黒執事』以降、まったく仕事がない」(映画関係者) 『黒執事』では共同プロデューサーとして本名の齋藤智裕でもクレジットされているが、「現場のことをあまりわからないのにあれこれ口出し。スタッフたちは『アイツと仕事をするのはもう懲り懲り』と口をそろえていた。プロデューサーとしては失格だった」(同)という [全文を読む]

松嶋菜々子が反町隆史と別れない理由は「スーパーイクメン」ぶりにあった?

アサ芸プラス / 2015年05月28日09時59分

仕事はさっぱりで、低視聴率俳優と揶揄されるほど冴えないが、子育てには熱心で、実直な姿に世間の見る目もしだいに変わってきた」(芸能ライター) 松嶋は、稼ぎの少ない夫に代わり、一家の大黒柱に。4年前の連続ドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)で最高視聴率40.0%を叩き出してからは、高視聴率女優として再ブレイク。出演作のオファーを厳選、拘束時間の短いCM、単発 [全文を読む]

水嶋ヒロ、“ヒモ夫”状態なのに億ション生活の怪!? 絢香が大金を稼げる理由とは

サイゾーウーマン / 2015年04月10日13時00分

また同記事では、2人の仕事面についても詳報。09年に事務所を設立後、絢香は病気によって活動休止を余儀なくされたが、11年末に復帰。昨年3月発表の「にじいろ」がNHK朝の連続ドラマ小説『花子とアン』の主題歌に起用されヒットとなり、同年末の『第65回NHK紅白歌合戦』にも出場するなど、闘病や妊婦生活の中でも仕事に励んでいるという。しかし一方の水嶋はというと、 [全文を読む]

絢香の妊娠発表に祝福ムード、その裏で夫・水嶋ヒロの「ヒモ化」「引退状態突入」を危惧する声

メンズサイゾー / 2014年12月27日12時00分

絢香は結婚会見でバセドウ病を公表し、体調を重視して仕事をセーブしてきた経緯があるが「結婚会見以来ご心配頂いてます絢香の持病についてですが、復帰してからも体調を第一に考えられるペースでお仕事を組ませて頂いてきた甲斐もあり、昨年の暮れには主治医にお墨付きを頂くほど安定した数値が検査結果で見られるようになりました」と説明。続けて「それが大きなきっかけとなり、夫婦 [全文を読む]

「あんたバカ」絢香の暴君ぶりに夫・水嶋ヒロは手出しできず!?

messy / 2014年07月10日16時00分

しかしそんな彼女は意外なことに、業界で「一緒に仕事をしたくない芸能人No.1」として嫌われているのだという。発売中の「アサヒ芸能」(徳間書店)にて、仕事現場に居合わせたスタッフたちが彼女の裏の顔を告発し、波紋を呼んでいる。 今年2月に開催されたソチ五輪のフジテレビ系列の中継テーマ曲を手がけていた絢香は、フィギュアスケートの選手たちに歌を送るというセレモニー [全文を読む]

自称ヒモなのに「イクメン」賞賛のアレクサンダーと、事業家なのに「ヒモ」と叩かれる水嶋ヒロとの違い

messy / 2017年09月03日16時30分

インタビューでは、仕事と子育てを両立するために「子どもが寝たあと21時頃には寝て、毎日朝4時に起床してリビングで仕事をしています」と語っている。娘の教育環境を考えて、自身が生まれ育ったスイスに移住することも検討しているそうだ。 “良い父”であり、アレクサンダーとは違って浮気癖もない水嶋だが、イクメンに励む姿に対しては以前から「今ではすっかりヒモ」「完全に主 [全文を読む]

水嶋ヒロ、朝は4時起床!娘のためにスイス移住も検討

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月31日07時00分

また仕事と子育てを両立するために「子どもが寝たあと21時頃には寝て、毎日朝4時に起床してリビングで仕事をしています」と言う水嶋。さらに「子育てが忙しいといっても、皿洗いやおむつを替えているときなど、頭のなかで仕事のことを考えるすき間は生活のリズムのなかで、意外とけっこうありますからね」とも話す。 そして将来住んでみたい場所について「もう一度スイスに住んで [全文を読む]

じげんCLO水嶋ヒロ氏が「暮らし」への想いを発信する連載コンテンツを「ミノリノ倶楽部」に提供決定

PR TIMES / 2017年07月27日15時17分

たとえば家に友達を呼んでパーティーをしたい人、子育てを最優先に住まいを考えたい人、趣味に没頭する空間が家に欲しいという人…年齢やライフステージ、家族構成や仕事、価値観などによって実りの(ミノリノ)ある暮らしのあり方はそれぞれ異なるはずです。ミノリノ倶楽部はどれか一つを正解とするのではなく、多様な選択肢の中から1人1人が自分らしい暮らし、そしてその実現のため [全文を読む]

水嶋ヒロに忽那汐里、実は帰国子女だった有名タレントたち

日刊大衆 / 2016年10月10日19時00分

話題の映画『シン・ゴジラ』で消防隊隊長役を演じている俳優の小出恵介(32)は、有名企業で働いていた父親の仕事の都合で、小学校2年から5年生までインドのニューデリーで3年間を過ごした。現地ではインターナショナルスクールに通っていて、英語とヒンディー語を習得したそうだが、現在はヒンディー語はほとんど忘れてしまったそうだ。英語以外にも大学で学んだ中国語も話せる [全文を読む]

奥菜恵、“水嶋ヒロよりひどいヒモ旦那”との結婚に「持って3年?」と心配の声

アサジョ / 2016年03月19日09時58分

そんなに仕事ないんでしょ」との意見も。「木村はホリプロ所属でデビュー当時から演技力は評価されていますが、ここ数年は舞台が仕事の中心です。また、奥菜は2015年以降、女優としての活動はしていません。それでもIT企業社長の藤田晋氏と離婚した際に、莫大な慰謝料をもらったといわれていますから、生活に困ることはないんでしょう。木村は結婚報告で“家族を守る”と言ってい [全文を読む]

SMAPメンバーは独立しても干されないのか? 弁護士と考える国民的アイドルの行く末

ウートピ / 2016年01月16日15時32分

SMAPのうちの4人が事務所から独立した際は「事務所の妨害で、もう芸能界では仕事ができなくなるのでは」という心配の声も。確かに、事務所から独立、移籍をしたことで仕事をなくした芸能人は枚挙にいとまがない。ウートピでは、芸能界でよく起こる事務所移籍や独立でタレントが“干され”てしまう現象について、弁護士に聞いた。(編集部)CDデビュー25周年の年に突然起きた解 [全文を読む]

水嶋ヒロが愛娘と絢香リハ現場見学…“ヒモ芸”も板についてきた!?

デイリーニュースオンライン / 2015年12月23日16時00分

俳優・水嶋ヒロ(31)が12月22日に自身のInstagram上で、2009年に結婚した歌手・絢香(28)の仕事姿を愛娘と一緒に見学している写真を公開した。6月に誕生した娘に向けて「おぼえてるかな キミは去年もここにいたんだよ」などと書き添えられている写真がフォロワーの感動を誘っている一方、一部ネット上では「ほんと、ヒモ感増してきましたね(笑)」と呆れられ [全文を読む]

フォーカス