映画 菅原文太に関するニュース

菅原文太のラストインタビューをいま再び…「ヤクザも百姓も、男は道を極めるために生きてナンボだろ」

週プレNEWS / 2014年12月18日06時00分

映画『仁義なき戦い』シリーズなどで知られる名優、菅原文太がこの世を去った。 最期のメッセージとして菅原が遺した言葉を2回にわたって伝えた記事が週プレNEWSでも大反響(http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/08/40282/ http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/16/40645/)。 そこで熱烈 [全文を読む]

映画人・菅原文太が溺愛した息子との知られざるエピソード

デイリーニュースオンライン / 2014年12月02日10時57分

偉大なる映画界の大先輩ですが、それ以上に子煩悩な1人の父親、私にはその印象があまりにも強くて――」 2001年に事故で亡くなった菅原文太さんの長男で俳優の加織さんのお別れの会に参加した俳優は、今でも父・菅原文太さんから配られた加織さんの名前の入ったぐい飲みを大切に持っている(下の写真)。 父・菅原文太さんとは親しくはなかったが長男の加織さんとは仲が良かった [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宇梶剛士と田中要次が“男の生き様”を語る。「菅原文太さんのイメージ…」

TechinsightJapan / 2014年09月02日15時55分

映画『チング 永遠の絆』のトークイベントに作品のイメージにぴったりな男。俳優の宇梶剛士と田中要次が登壇した。プライベートでも仲が良いという2人だけに、田中が「宇梶さんはこの映画にふさわしい過去をお持ちなので」と笑いながら冗談を飛ばす場面もあった。その宇梶からは「菅原さん…」とあの大物俳優との思い出も飛び出していた。 幼なじみの男の子4人が青春時代を過ごしな [全文を読む]

宮崎あおいに中居正広…劇場型犯罪の“犯人役”を演じた意外な俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

これまでも『22年目の告白―私が殺人犯です―』のように、劇場型犯罪を扱った映画は幾つか作られており、有名俳優たちがその犯人役を演じているようです。今回は、その中から意外なキャスティングが光った作品を3つご紹介します。 中居正広が冷酷無比な天才的犯罪者を熱演!…『模倣犯』(2002年) 宮部みゆき原作の本格ミステリー小説を映画化した『模倣犯』は、天才を自称 [全文を読む]

「僕、皆さんが思ってるほど、カルトじゃないですよ!」俳優・佐野史郎が、独自の視点で今年の映画を総決算!『銀幕ラジオ』

PR TIMES / 2014年12月22日16時31分

2014年12月30日(火)15:00~15:55放送 TOKYO FMでは、俳優・佐野史郎が独自の視点で今年の映画を振り返るスペシャル番組『銀幕ラジオ』を、12月30日(火)15:00~15:55に放送致します。今年を代表する大ヒット作はもちろん、自身も出演したハリウッド版「GODZILA」のエピソード、さらには今年逝った名優・高倉健、菅原文太の思い出な [全文を読む]

菅原文太のラストインタビューをいま再び…「だから俺は、土とともに生きる百姓を選んだんだ」

週プレNEWS / 2014年12月17日06時00分

映画『仁義なき戦い』シリーズなどで知られる名優、菅原文太がこの世を去った。 最期のメッセージとして菅原が遺した言葉を2回にわたって伝えた記事が週プレNEWSでも大反響(http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/08/40282/ http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/16/40645/)。 そこで熱烈 [全文を読む]

<追悼・菅原文太>今でもそらんじることができる「仁義なき戦い」広能昌三のセリフ

メディアゴン / 2014年12月03日00時02分

リチャード・ディック・ホークスビーク[古書店経営]* * *小さな頃から映画館に通って覚えた「仁義なき戦い」のセリフ。映画館を出る時は、観客みんながまるで菅原文太のように肩で風を切って歩いていた。母親はこの映画を見るのを嫌がったが、変わり者の叔父は、筆者をこの映画に必ず誘って映画代金をおごってくれた。変わり者の叔父は真似するのも山守親分・金子信雄だった。そ [全文を読む]

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(4)意外なお宝編・あの今井美樹も…

アサ芸プラス / 2016年06月23日05時57分

あんたこれ、真珠がなんぼ入っとるんや?」「4つや」 何ともエロティックな会話をする“ピン子の映画デビュー”であった。 美人ジャズシンガーの草分けである阿川泰子(64)は、もともとは文学座に所属した女優。チョイ役ながらいくつかの映画に出演しており、吸血鬼を題材にした「血を吸う薔薇」(74年、東宝)にも女学生役で出ている。吸血鬼に襲われ、乳首がチラリと見える“ [全文を読む]

高倉健・菅原文太が共演した【封印された】任侠映画の決定版とは?

tocana / 2014年12月28日08時00分

両雄の悲報は、昭和期に映画を娯楽としていた世代に大きな衝撃と落胆を与えた。そんな折、メディア各局で2人の出演作品が次々と追悼特集されているのだが、共演作品となるとなかなか放送してくれない。中でも私が最も観たいのは、東映が製作した『山口組三代目』だ。この作品はかつてビデオで発売されていたのだが、ビデオ時代が終焉した後は一向にDVD化の兆しがない。 ■東映悲願 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】菅原文太さんの訃報に坂上忍、篠原ともえがコメント。「仁義なきお仕事はしない方だった」

TechinsightJapan / 2014年12月02日12時15分

坂上忍は、映画俳優の文太さんが連続ドラマの主演に挑んだ『中卒・東大一直線 もう高校はいらない!』で息子役を演じている。また、篠原ともえは草なぎ剛主演のテレビドラマ『先生知らないの?』で校長役だった文太さんの娘役を演じた。 映画『仁義なき戦い』、『トラック野郎』シリーズから『ボクサー』、『青春の門』、『鉄拳』、『わたしのグランパ』など数え切れないほどの作品で [全文を読む]

高倉健と菅原文太 極道現役幹部が“男の器量”度を徹底比較!(1)健さんは精神的に“男”

アサ芸プラス / 2014年12月22日09時56分

極道映画で一世を風靡した2大俳優の急逝の衝撃がいまだ収まらない。高倉健が「耐え忍ぶ美徳」を演じれば、菅原文太は銀幕の中で飢えた狼のように暴れまくった。双方たまらなく魅力的だったが、どこか役柄を彷彿させる私生活の言動も含め、「男の器量」はどちらが上か。まさに2人が演じた「極道」の現役幹部たちが大激論した! 「高倉健(享年83)の演じる、ガマンしてガマンして、 [全文を読む]

細田守監督の新作アニメ『バケモノの子』、来年7月11日の公開を発表。菅原文太への誓いを語る

Movie Walker / 2014年12月11日16時43分

修行成長アクション映画です」と細田監督。これまでは女性ヒロインを多く描いてきた細田監督だが、「少年が修行を通して成長していく物語は、王道のようでありながら、振り返ってみると今はあまりない。王道でありながら新鮮なもの」とアピール。そこには、自身が2歳児の父親であることも影響しているようで「子どもはたくさんの人から影響を受け、たくさんの人に育てられていくんじゃ [全文を読む]

菅原文太さんの“親友”愛川欽也が暴走?親交ない?突然菅原さん批判展開し記者困惑

Business Journal / 2014年12月02日22時00分

2人は愛川が企画して大ヒットしたシリーズ映画『トラック野郎』(1975~79年)で10作にわたり、“一番星”こと星桃次郎と“やもめのジョナサン”こと松下金造の名コンビを演じた。著名人の訃報が入ると、各メディアはこぞって人脈を探ってゆかりのある著名人たちから思い出話やお悔やみのコメントを集めるもの。 「まずはインターネットで検索しました。『トラック野郎』で [全文を読む]

映画『プラチナデータ』の天才科学者の部屋がクール過ぎるので真似してみた

ガジェット通信 / 2013年03月19日15時00分

映画『プラチナデータ』を観てそう思った。二宮和也演ずる主人公の天才科学者、神楽龍平が最高にクールなのだ。 ベストセラー作家、東野圭吾の小説を大友啓史監督が映画化した『プラチナデータ』は、近未来の日本が舞台だ。DNA捜査により検挙率100%、冤罪率0%となった社会。警視庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者、神楽龍平は連続殺人事件の捜査を担 [全文を読む]

80代からが人生の黄金期だ「八名信夫」(1)80代にして初めての監督に

アサ芸プラス / 2017年05月30日12時57分

昨年には、初監督した映画が公開されるなど意気軒昂。全国の上映会にも足を運ぶというバイタリティはどこから湧き出るのか。本人を直撃すると、思わぬ答えが返ってきた。── 昨秋完成した映画「おやじの釜めしと編みかけのセーター」で、生まれて初めてメガホンを取りました。劇場公開ではなく、申し込みをいただいたホールや公民館などでの無料上映会という形式で観てもらっています [全文を読む]

『仁義なき戦い』のモデル美能幸三 頭がキレ愛読書はモーム

NEWSポストセブン / 2015年02月28日07時00分

『仁義なき戦い』は抗争の渦中を生き抜いた美能幸三(美能組初代組長)の手記を元に、作家の飯干晃一が解説を加えたもので、映画で菅原文太が演じた広能昌三は美能のことである。ただ、『仁義なき戦い』で描かれた広島抗争ドキュメントは美能の手記が叩き台のため、すべて美能史観でしかないとフリーライターの鈴木智彦氏は指摘する。7年にわたり合計700枚もの手記を書き上げたヤク [全文を読む]

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(4)「仁義なき戦い」は俳優の“アドリブ演奏”のようだった

アサ芸プラス / 2015年01月03日09時55分

ともに従来の映画界の「定型」にこだわらないタイプで、その強烈な個性同士がぶつかり、激しい“化学反応”を起こしたのだ。文太が語った伝説のヤ○ザ映画への、たぎるような思いとは──。 鶴田浩二や高倉健で一世を風靡したそれまでの着流し任侠映画が正調ド演歌であるなら、「仁義なき戦い」で展開されていたのは、まさにモダン・ジャズのような世界であったろう。 文太自身、昭和 [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(10)23歳の松方が高倉と初共演

アサ芸プラス / 2015年01月02日09時55分

映画賞を独占した「幸福の黄色いハンカチ」や遺作の「あなたへ」がラインナップされたが、残念なことに現在の地上波で任侠映画を観ることは不可能に近い。あの日、劇場に「健さん!」の声がこだましたのは、まぎれもなく任侠の傑作群ではなかったか──。 高倉健(享年83)、菅原文太(享年81)と続いた訃報に、同じ時代を生きた松方弘樹は、虚空を見つめながら語った。 「健さん [全文を読む]

緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(7)“刑事役”と“舟唄”を結ぶ線

アサ芸プラス / 2014年12月25日09時55分

それは、映画に取り組むための過酷な儀式であった──。 「この歌、流してもらえませんでしょうか‥‥」 高倉健(享年83)は1本のカセットテープを取り出した。CMのロケでスペイン・マドリードへ向かう車の中、八代亜紀の「舟唄」が聴きたいと言ったのだ。 その車には脚本家の倉本聰、映画プロデューサーの田中壽一が同乗している。マドリードの風景に似つかわしくない歌ではあ [全文を読む]

元メンズナックル編集長に聞く、「不良」と「ファッション」と「モテ」の意外な関係とは?

AOLニュース / 2014年12月16日12時00分

戦後の娯楽の代表各と言えば映画。その中でも任侠映画は娯楽の定番だった。なぜ、任侠映画はそこまで人気があったのか?そこには若者たちを引きつけるものがあった。以前、egg休刊の話の時に、「ギャルは不良文化の元に成り立っている」という話をして頂いた、元メンズナックル編集長の篠塚雅也さんに、不良文化と若者文化の関係性を聞いた。まず「不良はモテる」っていうのは昔から [全文を読む]

フォーカス