家族 西田敏行に関するニュース

香取慎吾 '16年1月期の日曜劇場で結婚できない男に

Smartザテレビジョン / 2015年11月12日06時00分

TBS系では、'16年1月クールの日曜劇場枠で「家族ノカタチ」(仮)を放送することが決定。“珠玉のホームドラマ”を実現すべく、主演には国民的アイドルグループSMAPの香取慎吾が起用されることも発表された。香取の同枠での主演は、「MONSTERS」以来3年ぶり。 香取演じる主人公・永里大介は、結婚に後ろ向きな39歳独身男性。だが、決してモテない男ではない。自 [全文を読む]

「おとぼけ課長」にあって「課長 島耕作」にないもの “4コマ漫画の巨匠”植田まさしロングインタビュー #2

文春オンライン / 2017年07月16日11時00分

あと、家族です。「おとぼけ課長」はすぐ家に帰るんですよ。仕事より家庭が主軸なんです。 ―― 確かに。年頃の娘もいますけど、家族みんな仲良しですもんね。 植田 こういう家庭がいいよな、っていう理想像を描き続けることには意識的かもしれません。リアルな現代の家族像を描く漫画もたくさんあると思いますけど、やっぱり「いい家族」をずっと描き続けたい。長続きするものって [全文を読む]

木村拓哉「アイムホーム」がスタート!初回ゲストは?

Smartザテレビジョン / 2015年04月16日04時30分

「それでも自分には大切な家族がいる」と、久は手にしていた鍵を使い、閑静な住宅街にある一軒家に入っていく。無人の家に入ると、突然雨が降って来たため、慌てて庭の洗濯物を取り込み、それらにアイロンをかける。すると、娘のすばる(山口まゆ)と“元妻”香(水野美紀)が帰宅し、そこに久がいることに驚がくする。 記憶があいまいで忘れやすくなっているため、日々起きたことを [全文を読む]

家族ノカタチ 日9に「リアル家族問題」が苦戦理由との指摘

NEWSポストセブン / 2016年03月02日07時00分

香取慎吾主演ドラマ『家族ノカタチ』(毎週日曜午後9時放送)の平均視聴率は9.1%。香取以外に上野樹里、西田敏行、風吹ジュンら話題のキャストを揃えたが、それも数字には結びついていないのが現状だ。いったい、なぜか? コラムニストのペリー荻野さんが独自の視点で解説する。 * * * 香取慎吾主演の日曜劇場『家族ノカタチ』が視聴率的に苦戦している。ドラマは、文房具 [全文を読む]

木村拓哉&上戸彩が会見で指輪を披露!

Smartザテレビジョン / 2015年04月07日17時50分

司会を務めた大下容子アナは、久の息子・良雄役の高橋を膝に乗せて座っている木村に、思わず「すてきな家族ですね」とポツリ。 これに木村は「本当は宣伝部の皆さんに(高橋用の)椅子があるんで座るようにって言われていたんですけど、会見直前に“どうする?”って聞いたら“僕ここ(木村の膝の上)がいい!”って言われてしまって(笑)。ちょっと右足がしびれてきてます(笑)」 [全文を読む]

待望の新ドラマ版『釣りバカ日誌』 笑いとアドリブの舞台裏

NEWSポストセブン / 2017年04月21日11時00分

「放送時間の金曜の夜8時は、家族で食事をしながらテレビを観る時間帯。奥様方が食事を作りながらでも家族と笑いながら、皆で安心して観ることのできるドラマです」(浅野氏) 釣りバカでなくても楽しめる珠玉の娯楽ドラマのスタートはもうすぐだ。 撮影■中原一彦、取材・文■小野雅彦 ※週刊ポスト2017年4月28日号 [全文を読む]

『西郷どん』の配役発表 過去には西田敏行から響・長友まで

しらべぇ / 2017年03月29日10時00分

■「西郷の家族」の顔ぶれも3月27日、NHKは『西郷どん』のキャスト一覧を公式サイトで公開。まず、西郷隆盛の幼馴染であり政敵でもある大久保利通は、瑛太が演じる。前回の大河出演は2008年の『篤姫』で、この時は小松帯刀役だった。また、西郷3番目の妻である岩山糸(西郷糸子)は黒木華、西郷の妹の西郷琴には大河初主演の桜庭ななみが抜擢された。『西郷どん』では従来の [全文を読む]

西田敏行、初の自伝『役者人生、泣き笑い』発売! 芸能デビュー50周年・古希記念出版。生い立ちから現在まで、痛快無比な人生70年を赤裸々に明かす

PR TIMES / 2016年10月26日15時56分

古希を機に、生い立ちや家族、そして役者人生を赤裸々に綴る初の自伝。監督、俳優、友人との交流や制作等の面白秘話も明かす![画像: http://prtimes.jp/i/12754/51/resize/d12754-51-872267-0.jpg ]河出書房新社は、この度、西田敏行さんの初めての自伝『役者人生、泣き笑い』を刊行いたします。西田敏行さんは、今年 [全文を読む]

濱田岳 CM量1位に輝くも「休日は家族と100円均一」の堅実

WEB女性自身 / 2016年04月06日06時00分

この日は 家族の休日 を過ごした濱田だが、休みはほぼ ナシ 。CM以外でも売れっ子ぶりを発揮している。 「昨年、『釣りバカ日誌』のテレビシリーズの主役に抜擢された際には、『西田敏行の後を継ぐ主演は彼しかいない』という声も上がったなど、実力は折り紙付きです。羽生結弦選手も出演した今年公開の映画『殿、利息でござる!』でのナレーション出演も含め、5月だけで、3本 [全文を読む]

水原希子の出演で加速!? 香取慎吾主演ドラマが放送前から大コケ認定

デイリーニュースオンライン / 2015年12月13日16時00分

SMAP・香取慎吾(38)が主演を務め、来年1月スタートの連続ドラマ『家族ノカタチ』(TBS系)が、業界内外で早くも“大コケ”認定されている。放送枠は阿部寛(51)主演で高視聴率をキープしている『下町ロケット』 の次クールという悪条件だが、あるキャストの出演で“爆死”要素が増加してしまったようだ。 『家族ノカタチ』では、多趣味でモテないわけではないが、結婚 [全文を読む]

ドラマ版『釣りバカ』スーさん役 ダメ元で西田敏行に依頼

NEWSポストセブン / 2015年11月23日07時00分

そんな時、家族で見られるような作品であり国民的シリーズ『釣りバカ日誌』のドラマ化というお話を松竹さんからいただいたんです。──映画版でハマちゃんを演じていた西田敏行さんが、今回のドラマ版ではスーさんを演じています。この配役は、最初から決まっていたんですか?浅野:スーさんの配役については、プロデューサー陣で何度も話し合いました。どうしても映画版の三國連太郎さ [全文を読む]

ドラマ『釣りバカ日誌』プロデューサーが語る舞台裏「みんなが待ってる“合体”を金曜8時でどう描くか…(苦笑)」

週プレNEWS / 2015年11月20日06時00分

昔だったら、「太陽にほえろ!」とか「金八先生」とかありましたけど、今のご時世、金曜8時に家族みんなでドラマを見るという時代ではなくなりつつあるような気がします。視聴率はいいに越したことはないけれど、「お茶の間にドラマを復活させたい」という思いがあります。 実際、この「釣りバカ日誌」は子供や若い女性も見てくれているし、幅広い世代に受け入れてもらえていたら嬉し [全文を読む]

「下町ロケット」後番組発表で早くも不安視される上野樹里の“思い込み”

アサ芸プラス / 2015年11月16日09時59分

現在放送中の大人気ドラマ「下町ロケット」(TBS系)に続く日曜劇場枠で「家族のカタチ(仮)」を放送することが決定した。主演はSMAPの香取慎吾、ヒロイン役に抜擢されたのは上野樹里だ。 結婚に後ろ向きな39歳の男と、再婚しないと誓っている女を通して結婚や家族について描くというこのドラマ。発表された情報としてはこのほか、主人公の父親役に西田敏行、ヒロインの母親 [全文を読む]

西田敏行がスーさん、濱田岳がハマちゃんの『釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助~』 意外にも評価は上々!?

日刊サイゾー / 2015年11月05日13時00分

家族と大笑いしながら見ることができるいいドラマ」「ハマちゃん、スーさんはもちろん、脇役の演技も全員光ってる」「濱田の抑え気味な人の良さげな演技は秀逸」「映画もすべて見たが、濱田のハマちゃんはホッコリしてて最高。西田のスーさんも素晴らしい」「最初はハマちゃんがスーさんになってて、おかしな感じがしたけど、話が進むにつれ、なじんできた」といった具合で、おおむね好 [全文を読む]

竹野内豊、西田敏行の「釣りはやらない」発言にびっくり

Movie Walker / 2015年10月01日15時46分

竹野内は「『池中玄太80キロ』は家族といっしょに子どもの頃に楽しみながら拝見させてもらってました。大好きなドラマでした」と思いの丈を語った。 『人生の約束』は、西田敏行主演ドラマ「池中玄太80キロ」シリーズなど、数々のテレビドラマを手掛けてきた石川監督が満を持して放つ映画監督デビュー作だ。「撮るにあたって新人でありたいなと思いました。直球でストライクをと。 [全文を読む]

「そろそろ恋しかった」米倉涼子“家政婦”が復活!

Smartザテレビジョン / 2015年08月04日08時00分

信子が派遣される資産家・岩倉家の家族構成は、異母きょうだい、愛人の子供たちという、秘め事があって当然の複雑な家庭環境。 一族は宝石業「帝国真珠」を経営しているが、異母きょうだいでその実権争いをしている。そんな異母きょうだいの兄には西田敏行、妹には財前直見が扮し、家庭内で奇妙な争いを繰り広げる。 また、同居家族には池田鉄洋、菜々緒、金子貴俊といったキャラクタ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】西田敏行が映画『マエストロ!』で指揮者役。キャラクター列伝に新たな歴史つくる。

TechinsightJapan / 2015年01月31日21時20分

仕事はそこそこにひたすら趣味の釣りに没頭し、家族や職場の同僚たちを振り回す文字通りの自由人だ。そのどこか憎めないキャラクターは西田の最大の当たり役となった。そんなハマちゃんの姿を見て、“あんな風に生きられたら楽しいだろうな”と思ったサラリーマンも多いはずだ。また、アグレッシブに攻める西田は人間以外の奇抜な役にもチャレンジした。テレビドラマ『西遊記』の猪八戒 [全文を読む]

北野武監督、『アウトレイジ ビヨンド』プレミアで「新しい時代の映画」と自信

AOLニュース / 2012年09月19日10時57分

監督: 北野武 キャスト:ビートたけし 、西田敏行、三浦友和、加瀬亮 他 上映時間: 112分 2012年/日本 オフィシャルサイト 【関連記事】第69回ベネチア国際映画祭 『アウトレイジ ビヨンド』プレミアブラピ&アンジー、家族で来日!!『マネーボール』PR今回は自信あり!? 婚前契約をしないポール・マッカートニー [全文を読む]

林遣都、出演作を「人生におけるテーマが散りばめられている」

ザテレビジョン / 2017年09月22日07時00分

家族の間で確執があり、夢を選ぶのか家業の鮮魚店を継ぐのか。その選択に悩んでいる青年です。――廣木監督とは、ドラマ「火花」でタッグを組んでいましたね。廣木監督は、俳優が気持ちを込めて強い思いを持ちながら役に取り組めば取り組むほど、それ以上のもので返ってくるような監督。自分の役は誰よりも理解すべきものだし、自分で作るものだということを大切にしながら僕らに接して [全文を読む]

星野源・春風亭昇太・浅利陽介、旬の俳優たちの共通点は“同じ一門” 12年前にドラマで共演

ORICON NEWS / 2017年09月02日08時00分

そんな虎児が落語家として成長していく姿をユーモアと家族愛を交えて描いた。 前述のキャストのほか、伊東美咲、阿部サダヲ、塚本高史、宅間孝行、蒼井優、荒川良々、桐谷健太、尾美としのりら豪華レギュラー陣に加え、北村一輝、大森南朋、森下愛子、古田新太、薬師丸ひろ子、小日向文世ら実力派俳優・女優がゲスト出演。虎児が古典落語をベースに現代風にアレンジした演目を披露する [全文を読む]

フォーカス