事務所 西島秀俊に関するニュース

干され俳優・野久保直樹が“第2の西島秀俊”になる!? 羞恥心姿に「1人オーラなし」の声も…

おたぽる / 2015年12月20日12時00分

「独立騒動は、野久保が09年4月、アメーバブログにてブログ『フルカウント Never Give Upな人生』を開設した際、『突然ですが、今年の4月1日より《自立》しました!!ん…間違えた…《独立》しました!』と、事務所ワタナベエンターテインメントとの契約が続いているにもかかわらず、勝手に“独立宣言”したことに端を発し、同日中にブログは閉鎖。この影響により [全文を読む]

綾瀬はるかVS長澤まさみ ついに共演!「海街diary」で巨乳対決!(2)僅差の判定で綾瀬有利?

アサ芸プラス / 2014年07月09日09時58分

綾瀬はドラマ「JIN-仁-」(09年)で共演した大沢たかお(46)のマンションに通う姿がキャッチされたことがあるが、 「仕事やさきざきのことを考え、事務所に別れるように言われて破局しました。その後は、昨年のNHK大河『八重の桜』で共演した西島秀俊(43)との噂が浮上しています」(芸能ジャーナリスト・安良佳人氏) とはいえ、男女2人組の友人と旅行に行くとこ [全文を読む]

西島秀俊は民放5年出禁…「羞恥心」野久保直樹は7年目のテレビ復帰なるか?

アサジョ / 2017年02月06日10時14分

だが、事務所からの独立騒動が勃発し、10年には事務所の公式サイトから野久保の名が削除された。 これに対し野久保は、自身でブログを立ち上げ独立したことをアピールしたが、事務所サイドは「依然契約下にある」と報道各社にFAXし、幹部が各局を回り説明。これによって野久保は、業界から干されることとなる。 しかし、1月29日に行われた、ヘキサゴン時代に世話になったとい [全文を読む]

内山理名、結婚のうわさ! マスコミ関係者が頭を悩ませる“元カレ”東山紀之の影

サイゾーウーマン / 2014年12月01日12時00分

当時ジャニーズ事務所はノーコメントでしたが、内山は事務所を通じてハッキリと交際を認めていました。基本的に異性との交際自体を良しとしないジャニーズ事務所、しかも後輩への指導者という立場でもある東山だけに、この事態に業界も騒然となっていました」(同) また内山の所属事務所・スウィートパワーは、堀北真希や黒木メイサ、桐谷美玲ら人気女優を擁する中堅プロ。内山はいわ [全文を読む]

元キャンパスナイターズ!? 西島秀俊の16歳年下妻がついに特定される?

messy / 2014年11月28日18時00分

現在は事務所も辞めているはずだが、かつてモデル・コンパニオンとして所属していたキャスティング事務所には、まだ彼女のプロフィールが残っている。名前はMさん。大学で音楽学科に学び、中学・高校の音楽教諭免許を取得している。だが彼女が進んだ道は教職ではなかったようだ。在学中に学祭のミスコンで優勝してからはタレント活動に進出し、2009~2010年に放送された女子 [全文を読む]

「心にぽっかりと穴が…」竹野内豊と倉科カナに破局説浮上!! 2人同時の意味深コメント

messy / 2017年09月11日21時00分

2人は、2014年10月に交際を報じられた際に、双方の事務所が交際を認めた。その後、何度も結婚を予想する記事が出回ったが、竹野内&倉科カップルは沈黙を続けていた。 今回の会見では、舞台のタイトルにちなんで「“籍”を入れる予定は?」と質問を受けた倉科だが、「そうですねー……」と返答に詰まり、共演者の田辺誠一と木村佳乃から「言わなくて大丈夫!」「内緒、内緒! [全文を読む]

小栗旬の主演ドラマがカンヌプレミア上映決定!海外進出が本格化する理由

messy / 2017年02月20日20時00分

アメリカには“SAG-AFTRA”といった役者のための組合があるが、日本ではこれに匹敵するような大規模な組合はなく、タレントは事務所の都合に大きく左右される。その現状に小栗は「みんなけっこう、いざとなると乗ってくれないんですよ」「たぶん傷つきたくないからだと思うし、今の自分の立場を失いたくないからだと思う」「やっぱり組織ってとてつもなくでかいから、“自分は [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】はるかぜちゃん、子役時代に直面した監督の死を振り返る「ぼくには初めてのことでした」

TechinsightJapan / 2016年10月28日14時35分

はるかぜちゃんこと春名風花は4歳頃からモデル事務所に所属し、2007年4月に放送されたテレビドラマ『怪奇大作戦 セカンドファイル』の第2話「昭和幻燈小路」に少女・平岡光子役で出演している。同番組の主人公・牧史郎役は西島秀俊が務めていた。 今では15歳となった彼女が10月27日、『はるかぜちゃん(harukazechan)ツイッター』で第2話「昭和幻燈小路」 [全文を読む]

「キャバ好き」渡部篤郎、中谷美紀を捨てて“再婚”報道に非難! 俳優同士の変わった「結婚観」とは

日刊サイゾー / 2016年02月23日17時00分

その直後に中谷が渡部と同じ事務所をやめ、個人事務所を立ち上げました。もう顔も見たくないということですね」(芸能記者) 渡部はコンスタントにドラマ・映画に出演する売れっ子ではあるが、中谷のほうが世間一般の浸透度も高く、芸能界的には「格上」。そのあたりを渡部がコンプレックスとして感じていたという話や、一度離婚をしているため、いつまでも結婚に踏み切れなかったとい [全文を読む]

意外と知らない!?今をときめく人気俳優たちの昔の出演作品!

日本タレント名鑑 / 2016年02月02日13時55分

西島さんはこの作品の後、事務所移籍などもあり5年ほど地上波への出演が少ない時代もありましたが、映画には継続して出演。数々の賞を受賞後、北野監督作品『Dolls』に出演。その後、2006年の朝ドラ『純情きらり』で全国区になったのはご存じの通りです。 『純情きらり』の津軽弁もかわいかったですね。朴訥なところが放っておけない感じでキュンキュンしたものです。90 [全文を読む]

女王・上戸彩は弱い後輩の尻拭い!? 嵐独占は今年まで……CM起用ランキングの「裏側」

日刊サイゾー / 2015年12月10日17時00分

ただ、その影には所属事務所「オスカープロモーション」の窮状があるという推測もなされている。近年“ゴリ押し”と揶揄され続けた武井咲・剛力彩芽・忽那汐里の「オスカー3人娘」は、揃って大ブレイクにはいたらず。武井は今年も9社と一定のCM本数を確保しているが、一昨年に女王を獲得した際の「17社」からは大きく後退。来年はさらに減少する可能性もある。剛力もテレビに出 [全文を読む]

事務所“指定”の支店だった可能性も……りそな銀行からジャニーズタレントの個人情報がダダ漏れに!?

日刊サイゾー / 2015年06月11日11時00分

「基本的にジャニーズ事務所のタレントは多忙なため、不動産の物件や駐車場を自分で探したりすることが難しく、そういう雑務を専門に行っている社員がいる。そのため、大倉、中居のみならず、タレントたちが同じ銀行の同じ支店で口座を作るよう事務所から決められている可能性が高い。そうなると、その問題行員がこれまで何人ものジャニタレの情報を漏えいしており、たまたま大倉と中 [全文を読む]

妻夫木聡、3月結婚観測広まる 知人にはオープンな関係、双方事務所も交際公認か

Business Journal / 2015年01月18日17時00分

公の場で認めたということは、双方の事務所できちんとした話し合いができたとみて間違いないでしょう。私自身は結婚の正式な報告は受けていませんが、マイコさんの30歳の誕生日は3月15日。その頃には妻夫木さんは主演映画のプロモーション活動もちょうど一段落ついている頃ですし、今クールは連ドラのお仕事も入っていません。そのため、妻夫木さんの周囲ではマイコさんの誕生日に [全文を読む]

西島秀俊、妻のアブナイウワサ

NewsCafe / 2014年11月28日17時00分

「生涯一俳優を目指す西島はかつて、アイドル路線で売りたい事務所とモメて移籍。映像の仕事を干されていた時期もありました。最近は人気、実力ともに認められ、いい時期だと思ったんでしょう」(先のライター) このA子さん、大手自動車メーカーショールームのコンパニオンだったが、女子大生時代から各種イベントのコンパニオンや撮影会の仕事もこなすような目立ちがり屋だったそ [全文を読む]

結婚で話題の西島秀俊、ナベプロに干されていた過去が!

リテラ / 2014年11月27日21時30分

しかし、西島はアイドルとして売ろうとする当時の所属事務所・渡辺プロダクションと対立、結果としてナベプロを退社している。そのときの心境を、本人は『西島秀俊―新世紀のスピリチュアル・アクターズシリーズ』(2006年/キネマ旬報社)でこのように語っている。 「実は僕、この仕事を始めてから、俳優をやめようかなと思った時期があって......。すでにテレビの仕事は [全文を読む]

「西島秀俊のクールさの原点」はロックバンド! 同級生が語るモテ男の原点

アサ芸プラス / 2014年11月27日09時59分

「女性が少ない大学でしたからチャラチャラすることもなく、体育の授業も真面目に出席していました」(大学時代の知人) また、その頃所属していた事務所の後輩俳優によれば、 「当時はアイドル的な俳優だったので、その路線からの脱却を深刻に考えるあまり、現場に遅刻して怒られることもありましたね」 西島のストイックさが開花し始めたのは、青山真治監督の映画「CUT」(2 [全文を読む]

「あの女はヤバイ」西島秀俊“新妻”、マスコミがうわさする素顔と結婚計画

サイゾーウーマン / 2014年11月22日09時00分

また所属プロダクションは、バーターやゴリ押しといった“戦法”を使わない役者事務所だけに、昨今の大ブレークは完全に西島個人の魅力、役者としての実力によるものでしょう」(芸能プロダクション関係者) 今回の結婚報道に際し、西島ファンの女性からは“悲鳴”とともに、「羨ましすぎる」「一体どうやって出会ったの?」といった結婚相手の女性に対する羨望の声が噴出。しかし、実 [全文を読む]

「民放5年間出演禁止」で干され続けた西島秀俊がブレイクした男前な理由!

アサ芸プラス / 2014年06月25日09時59分

事務所移籍とひきかえに、民放ドラマ5年間出演禁止という条件をのまされた。大手プロに逆らったことで、見せしめのために干され続けたんです」(芸能ライター) その結果、97年から02年までNHKのドラマ以外はマイナーな映画のみの出演となり、民放ドラマブームにあって忘れ去られた存在になってしまう。救いの神になったのは、北野武監督。02年に同監督の映画「DOLLS」 [全文を読む]

サービスショットも盛り込んだのに……視聴率低迷の『MOZU』に西島秀俊が大ショック!

日刊サイゾー / 2014年04月29日09時00分

事務所はノーコメントを貫いていますが、女性ファンは愕然としたそうです。初スキャンダルを報じたフライデーは、今年一番の売り上げだったとか(笑)。ストイックな西島さんだけに『視聴率が伸びないのは自分が撮られたせいだ』と思いつめているでしょう」(芸能プロ関係者) あまりに落ち込んで、自慢の筋肉まで萎まなければいいが……。 [全文を読む]

大沢樹生と喜多嶋舞の長男問題 「本当の父親は誰?」ささやかれる噂

AOLニュース / 2013年12月27日23時00分

まず俎上にあがったのは週刊新潮が名前をあげた石田純一と奥田瑛二だったが、2人は即、 「本人は連絡先も知らないと話していた」(石田純一の事務所) 「全くの事実無根です」(奥田瑛二) と、関係を否定。このほかネット上では、過去に公開された長男の画像や、喜多嶋の妊娠当時の仕事ぶりから推測し、光GENJIの赤坂晃や山本淳一、和泉元彌、西島秀俊らの名前が浮上している [全文を読む]

フォーカス